無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

ゲルマンスタイルのお肉屋さん@Los Altos

週末にマウンテンビュー方面に家族で買い物に出かけたワキ家、帰り道に「そういえば、パロアルト付近にドイツ系のお肉屋さんがあるみたいなのよね、気になるわ〜」という嫁。聞けば El Camino 沿いだというので、じゃあついでに寄っていってみるかと立ち寄ったお肉屋さんがコチラ。
20170119_100.jpg
Dittmer's Gourmet Meats & Wurst-Haus

ドイツ、お肉、って聞くと、やっぱりソーセージを思い浮かべてしまうジャパニーズな僕達。
20170119_101.jpg
そして、きっちり沢山のソーセージでそんな我々を迎えてくれるお肉屋さん。素敵です。バーバリアン地方の白ソーセージ系とか、ハーブの効いたやつとか。そして手前は、我々の言うところのフランクフルトやウィンナータイプのソーセージまで色々とあります。

対面式の冷蔵庫から、向かいにあるパック商品のほうに目を向けると、こちらも加工肉などの真空パックが沢山。
20170119_102.jpg
マスの燻製や、ニシンの酢漬けなどの、北欧チックな食材もありました。

そしてお肉屋さんだけあって、こんなのも売っています。
20170119_103.jpg
Rendered duck fat のパック。アヒルの脂ですな。アヒル脂かぁ、どういう料理に使うのだろう。その他にも、腸詰め用の腸とか、売っていました。

その日の夜は、Dittmer's スペシャルプレートで、ビールをいただきました。
20170119_104.jpg
茹でた白ソーセージに、プレッツエル。どちらも粒マスタードで美味しい、美味しい。ザワークラウトも、量り売りでハーフパウンド買ってきたのですが、素朴な味わいでGood。10歳児も、このキャベツ美味しいね、とバクバク食べていました。

ごちそうさまでした。

Dittmer's Gourmet Meats & Wurst-Haus
4540 El Camino Real
Los Altos, CA 94022
(650) 941-3800

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2017.01.22    [ Category : SFの南Life ]

プレザントンの街にアンティークハントへ

先週末はロングウィークエンドでしたね。ワキ家は、プレザントン(Pleasanton)の街に行ってきました。ダブリンの街の南側ですね。

なんでプレザントンに出かけたかというと…

コレですよ、コレ。またしてもコレ。ワキ嫁の強い希望で…。
20170119_000.jpg
プレザントンのオールドダウンタウンから少し離れた所にあるアンティークモールなのですが、こちらが移転セールか何かのセールをやるとのことで、朝っぱらから一家で突撃なのです。

子供達はゲーム機を抱えて完全防備。お母さんがハンティングに向かっている間は、お父さんと車の中でゲームをやって待機!だったのですが、まぁお父さんもちょっとは見てみたいよね…ということで、嫌がる子供達を連れて突撃。
20170119_001.jpg
毎度思うのですが、こういうアンティーク釣り具って、誰が買うんだろう。。使いやすさや釣り心地だけ考えたら、新しい道具のほうが断然良いですし、正直ガラクタばかりで、使用に耐えうるくらい良い状態のモノは見たこと無いしなぁ。綺麗に磨いてインテリアとして使うのはアリだと思うのですが。

アンティークモールでの買い物を終えたら、オールドダウンタウン方面へ。
20170119_002.jpg
お〜、なかなかカワイイダウンタウンではないですか。

この日は週末ということもあって、ファーマーズマーケットが開催されておりました。おかげで駐車場争いがなかなか熾烈でしたが、ぐるぐると何周か回っていたらナイススポットが空いてくれて、良い場所に止めることが出来ました。
20170119_003.jpg
色とりどりのカリフラワー。カリフラワーはあんまり好きじゃないなぁ。知らない街のファーマーズマーケットって、いつもとは違うお店が出ていて、ちょっと楽しいですね。ここで、いくつかの野菜と果物をゲット!

ここでちょうどお昼ごはんタイム。いつものようにYelpでチェックして、よさそうなビストロがあったのですが、30分待ちだったので、近くにあった地中海料理(ギリシャ料理) のお店に突撃!グリークなんて何年ぶりだろう。
20170119_004.jpg
パスタ、スパゲッティ、イタリアンが食べたい!と言っていた10歳児はチキンパスタをチョイス。もちもちっとしたオレキエッテパスタに満足しておりました。生意気〜。

お父さんは、サテーのプレート。
20170119_005.jpg
サテーとピラフとスープのランチセットです。ピラフって日本だとお米を炊いたものですが、なんかお米のような麦のような穀物でした。この日のスープは豆のスープ。お豆の香りがおしるこみたいな感じで美味しかったです。

こちらはスクランブルエッグにソーセージ、カントリーポテトのブランチプレートですね。
20170119_006.jpg
サイドについているパンは、スパナコピタ(Spanakopita)というパイです。フィロという薄いパイ生地に、ほうれん草とフェタチーズ。

プレザントンのダウンタウンでも、アンティークや子供服のお店でちょっとショッピングしたら、リバモアのダウンタウンまで足を延ばすことに。
20170119_007.jpg
ってことで、30分ほど走って、リバモアのダウンタウンでアンティークハンティング。

リバモアでは2軒ほど回りましたが、最初のアンティークモールで、Peanuts(スヌーピー)のグラス発見!
20170119_008.jpg
マクドナルドの広告商品らしいのですが、5種類中3種類しか持っていなくて、残り2種類を探していたのですが、一つ発見!やったね!

プレザントンの街は初めてでしたが、なかなか良い感じの街でした。あの感じのオールドダウンタウンは好きですね。

その日の夜は、ファーマーズマーケットで買ってきたお野菜で。
20170119_009.jpg
このじゃがいも、美味しかったです。ただグリルしただけで美味しいよ!とお店の人が言っていたそうで、本当にただグリルして塩かけただけなのですが、美味い!

みなさま、一日お疲れ様でした。

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2017.01.21    [ Category : SFの南Life ]

スモッグテストに行く

嫁の乗っている車の登録の更新時期がやってきました。DMVから来たレターを確認すると…

SMOG Certification Required (See reverse side of notice)
Please take this notice to a SMOG check station

と書いてあります。

Smog inspection って、排気ガスのテストなのですが、ガソリン車で製造年から6年以下であればテストは不要(ただし最初の6年間は、ライセンス更新時に$20-のテスト免除費用が上乗せされている模様)。で、製造年からそれ以上たっている車は、2年に一回の排ガステストが義務付けられていると。これはカリフォルニアのDMVで説明されているレギュレーションなので、州によっては違うルールだったりするようです。

初めてのスモッグテスト通知なので、いったい何をしたらいいのかしらん?と、レターを確認していくと、SMOG CHECKしてくれる所にこのレターを持っていくと、チェックして結果をDMVに知らせてくれる模様。検査した検査者からの通知と、所有者(この場合は、私)からのライセンス更新費用の振込の両方が揃ってから、新しいライセンスシールの発行というフロー。

この排ガス検査、ガソリンスタンドなんかでも直ぐにやってくれる所もあるみたいだし、フリーウェイ脇の倉庫街や産業道路なんかを走っていると、SMOG CHECK と書いてある修理工場はたくさんあります。でも何処が良いのかわからないので、とりあえず Google先生に聞いてみました。そしたらYelpでかなり評判の良い所があったので電話をしてみると、いつでもいいよ!との事だったので、すぐに行ってきました。
20170111_600.jpg
行ったのは、ベルモントにある Golden State Smog Center。101の脇、下町工場区域にある、絵に描いたような車屋さん。

行ってみると、「お、来たね!中で待っててくれよ」と、待合室に通され、あとは待つだけ。この書類に名前と住所とサインだけお願いね〜と言われ、10分ほどしたら完了!
20170111_601.jpg
さすがYelpで300レビュー以上ついているのに 4.9/5 という良評価だけあって、フレンドリーで丁寧な対応でした。ネットにクーポンがあったのでプリントして持って行き、お値段はクーポン割引で $39.75 + $8.25 の 計$48.00-。下を見れば安いところはもっとあるようですが、Google先生の言う所には $29.95 から $69.95 が相場みたいです。ま、ケチって面倒くさいことになるより、評価の高いところでスッキリ終わらせたいですよね。基本的にチップとかは不要と思いますが、兄ちゃんの対応が良かったので「休憩にコーヒーでも飲んでよ」と、コーヒー代だけ置いてきました。

ちなみに更新料はDMVのサイトで支払うと思いますが、このテスト結果がDMVに通知されていないと、まだSMOG INSPECTION の結果が来てないよ、待ってから払ったらどう?的な事を言われます。ただ支払期限までに払わないとペナルティで更新料が高くなってしまうので、その場合はとっとと払っちゃってね、みたいなことも書いてあったかな。ま、更新通知は2ヶ月以上前にやってくるので、とっととやってしまいましょうってことですな。

Golden State Smog Center
1150 Old County Rd A,
Belmont, CA 94002

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2017.01.17    [ Category : SFの南Life ]

ディズニー博物館へ The Walt Disney Family Museum

このところずーっと、嵐のベイエリアでしたね。。そんな嵐の先週末、久しぶりに家族でサンフランシスコ市内へ。雨がふったり止んだりという不安定な天気のなか、ゴールデンゲートブリッジの近く、プレシディオ地区にやってきました。
20170111_200.jpg
目的地はココ!The Walt Disney Family Museum (ウォルト・ディズニー・ファミリー博物館)です。到着したときは、暴風雨…。風が凄い。でもおかげで、週末だというのに人出も少なくて良いかも。もうこうなると傘をさしても、強風で傘が破壊されるだけなので、フードをかぶって雨の中走るべし!

ここはウォルト・ディズニー本人の生涯にフォーカスした博物館です。
20170111_201.jpg
おじいさんの代から、ディズニー一族がどのようにアメリカにやってきて、どのようにウォルトが誕生し、成長していったのか。同時にそれは、アメリカにおけるアニメ産業の歴史とリンクしていて、なかなか面白いです。

ウォルトの幼少期、学校新聞に描いていたイラストやカトゥーン、初期のアニメーション、ミッキーマウス誕生前夜、初の長編映画「白雪姫」でハリウッドを席巻、その後の成功と挫折、ウォルトの晩年まで。
20170111_205.jpg
子供達が飽きないように、途中の展示物に細かい仕掛けなどもあったりしますが、基本的にはアニメを見るというより、写真や手紙、当時の絵コンテやポスターとそれに添えられた長文の文章の展示を追いながら、ウォルト・ディズニーの生涯を辿っていくというものです。情報量が多すぎて子供にはきつかったかも。登場人物もめちゃくちゃ多いので、メモ取りながらじゃないと途中で迷子になりそうだし。お父さん、お母さんは、結構楽しんじゃいました。でも全部のヒストリーを読み切るには数時間じゃ足りません。半日は必要かも。そうなると、子供は飽きちゃって可哀想ですよね。大人のためのミュージアムだと思います。

アニメを撮影するカメラとか、おぉぉ!と唸らせる展示物も多々ありましたが、一番だったのはこれかな。
20170111_202.jpg
ディズニーランドのジオラマです。これ、凄いです。これには子供も夢中。

回り終えたら、出口近くのカフェで軽めの昼食。
20170111_203.jpg
ウォルト・ディズニーの好物だったというチリを頂きます。チリも最初はあまり好きではなかったのですが、今はかなり好きな料理です。うん、悪くない。悪くないけど、すごくイケてるわけでもなく、普通のチリでした。

カフェで軽くランチを終えたら、次は別館で開催中のピノキオの展示へ。またしても雨のなかダッシュ!
20170111_204.jpg
これは、映画「ピノキオ」誕生物語といった展示でした。絵コンテや、登場人物がどのようにしてデザインされたかなどが紹介されていました。こういうのを見ると、映画も見たくなっちゃいますねぇ。家にピノキオのDVDあったな、見ようかな。

ということで、ディズニー博物館でした。ディズニーランドのノリで行くというよりは、大人の時間潰しスポットだと思います。個人的には、オススメです。

The Walt Disney Family Museum
104 Montgomery St,
San Francisco, CA 94129


↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2017.01.14    [ Category : SFの南Life ]

Gilroy のダウンタウン散策

サンノゼの南、プレミアムアウトレットとニンニクの街、Gilroy(ギルロイ)。

プレミアムアウトレットもあるというし、ちょっと気になるから行ってみよう!ということで、ワキ家で突撃!こっち方面には、数え切れないほど釣りに突撃しているお父さんではありますが、ワキ家がギルロイの街に来るのは初めてかも。
20161230_000.jpg
街巡りということで、まずはオールドダウンタウンへ。

ギルロイは、ニンニクの栽培で有名。101沿いにも、ニンニクファーマーズマーケットがたくさんありますし、この一角は走行しているとニンニクの匂いがしてきます。
20161230_001.jpg
オールドダウンタウンの建物の壁に、ギルロイの歴史が書いてあったのですが、最初にニンニクの商業栽培を始めたのは”Jimmy" Hirasaki,"さんという人みたいです。お~、ニンニク始めたの日系の人なのか。調べてみると、Kiyoshi Jimmy Hirasaki さんという人は、ギルロイの初代ガーリックキングと言っても過言ではない人とのこと。しかしながら、その功績はあまり知られていないようです。気になったので少し調べてみたのですが、なかなか面白いヒストリーだったので、機会があればこのブログでサマリーを書いてみたいと思います。

オールドダウンタウン散策の目的は…
20161230_002.jpg
ここでもやっぱりアンティーク(笑)。ハマっているというわけではないのですが、とりあえずプラプラ歩きの目的がひとつ出来たって感じですね。なかなか良い感じのアンティークショップが数件ありました。

当たり前ですが、子供達にとってはアンティークショップ巡りは退屈です。お父さんと外でポケモンGoしてみたり、アンティーク玩具や絵本などを見て時間を潰したりしているのですが、とあるアンティークショップでお父さんが見つけたこのボールに10歳児大興奮。
20161230_003.jpg
Foreign Coins 25cent each. って書いてあります。ま、まさか500円玉とか無いよね〜と中をチェックしたお父さんでしたが、な!なんと!500円玉発見!100円玉も。。

退屈で不貞腐れていた10歳児に、「おい10歳児、ちょっと来てみな!お小遣いに1ドルあげるから!」と、500円玉を見せると、「えーーー!お父さんマジ?」と目を輝かせる10歳児。
20161230_004.jpg
結局500円玉は一枚しかなかったのですが、100円玉3枚も発見し、合わせて800円。1ドルが800円になりました。ニヤニヤが止まらない10歳児。案外アンティーク巡りも楽しいね、って思ったかも。

この後、プレミアムアウトレットにも行きましたが、アウトレットはいまいちだったかな。。

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2017.01.01    [ Category : SFの南Life ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ