無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

トロント土産たち

トロント土産たち

あ〜、アルバムを眺めていたら年末に家族旅行(里帰り)したトロントのお土産の写真が出て来ました。記念なのでUPしておきます。

こちらブルージェイズの帽子です。7歳児の持っている白いジェイズのキャップがちょっと古くなってきたので新調。シーズンオフでセールをしていたジェイズショップでゲット。SFといえば、ジャイアンツですが、黒とオレンジで、日本の読売ジャイアンツと同じカラーなこともあって、いまいち素直に応援できないんですよね…。

出先でついつい買ってしまった、小物類。

BassProShops(記事)で買った、冷蔵庫につけるマグネット!カリフォルニアのBassProShopsには、ノーザンパイクのマグネットはありません!やっほぅと購入。それにティムホートンズのクリスマスオーナメントに、ハードロックカフェ・トロントで買ったピンバッジ。CNタワーが素敵です。

こちらお土産にいただいたビール(記事)。

それに一番手前のやつは、セントローレンスマーケットで買った粒マスタードですね(記事)。トロントに居た頃は家に常備してありました。やっぱりここのマスタードが美味しいよね〜と、お土産に購入。

カナダといえばやっぱりRoots。

ということでRootsで仕入れたアウターです。子どもたちには、お揃いのデザインのスタジャン。Rootsはやっぱり好きだな。

こちらは…

子供服屋さんHatley(記事)のレジに置いてあって、ついつい「これください!」と買ってしまったマグカップと、これまたマーケットで買ってきたメープルシロップですね。

これは何だっけ‥

そうだ!コーヒーだ。Musukoka Maple Coffee.。確かLongo's(記事)で見かけて、美味しそうだ!とジャケ買いしたんだっけ。

あまりお酒は飲まないのですが、デザートワインが好きな嫁は、空港でアイスワインの小さなボトルのパックをお土産に。

PELLERのアイスワインは、お土産の定番ですよね。実は懐かしのアイスワインバームクーヘン(記事)もお土産に欲しくって、お店を探したのですが、なんとオーナーが亡くなってお店を畳んでしまったのだとか。残念。あれ、美味しかったのに。

このド派手あヤンキー・グリーンのTシャツはですね…

見ての通り、トロントのローカルブリュワリー Steam Whistle (記事) のTシャツです。勢いで買っては見ましたが、改めて見ると派手だよな…。まぁ夏になったら着てみよう。

と、いうことでトロントからのお土産アルバムでした。

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2014.01.19    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その29 念願の出会い

オンタリオ湖畔からリターンズ その29 念願の出会い

さて、オンタリオからはもう帰還したのですが、思い出話をひとつ。トロントに入った次の日のことですが、「オンタリオ湖畔から」時代から、お会いしたいと思っていたファミリーと、ついに念願かなって会うことが出来ました!感動〜!

そのご家族とは、この超セクシーなルアーを作成しておられる Nishine Lure Works (blog)のニシネさん一家。

ワキ家がオンタリオに居た頃、ニシネさんご一家はブリティッシュ・コロンビアにいらっしゃったのですが、ワキ家が日本に帰国するのと入れ替わりのようなタイミングで、オンタリオ州へ引っ越しされてきたのですね。当ブログにコメントをもらったりしていたので、ニシネさんの引っ越しにあたり、ニシネさんとはメールで何度かオンタリオ情報交換などさせていただいたのですが、ついに対面は果たせず終いで、ワキ家は無念の日本帰国…。

あ〜、お会いできたら色々バスフィッシングの話とか聞きたかったのにな〜…などと思っていたのですが、今回のトロント旅行でついにお会いすることが出来ました。わ~い。

私は海専門で、バス釣りに関してはカナダで始めた&他の人と釣りをしたことがあまりないということで、完全に我流なんです。なので上手い人にいろいろと聞きたいことが沢山あったのですが、いくつかずーっと気になっていたことを聞けて、とてもスッキリ!ありがとうございました。

個人的には、時間があるとサカナ優先の旦那をもつ不幸?について、両家の嫁さん同士の愚痴トークが盛り上がっていたのが面白かったです(苦笑)。(ニシネさんの場合は職業なので、一緒にするのは失礼ですが…)

ありがとうございました〜。

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2014.01.03    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その28 帰還

オンタリオ湖畔からリターンズ その28 帰還

2014年になりました。2014年の年明けも寒いトロントでした。今日、いよいよホリデーも終わりでカリフォルニアに帰還です。

外は晴れているようにみえるのに、こういう日こそ滅茶苦茶寒かったりします。楽しかったトロント家族旅行ですが、明日からは仕事。CNタワーともお別れ。寂しいなぁ。

タクシーでピアソンに向かう途中も、沢山のコンドミニアムが建設中。ピアソンから眺めたミシサガ方面にも、多くの高層ビルが建ち並んでいました。

カナダからアメリカへの帰国の場合、ピアソンで通関します。チェックインしたら、空港内にあるアメリカの税関でアメリカの入国手続を行い、バッグをドロップ。セキュリティゲートを通って、搭乗口へ。

アメリカの通関があるので、かなり時間がかかります。通常よりも早めに到着していないと、大変なことになるので注意。我が家はシム子という乳児がいるので、セキュリティゲートの突破がいつも大変です。搭乗口に到着した時には、もうヘトヘト。

飛行機は定刻通りに離陸し、一路西へ。

シム子が興奮してなかなか寝てくれなくて、ちょっと大変でしたが無事にSFOに到着。カリフォルニアは、やっぱり温かいですねぇ。

2013年を締めくくる家族旅行、疲れたけど楽しかったです。家族は皆ちょっとホームシック。トロント、オンタリオ、いつか戻りたいなぁ。

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2014.01.02    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その27 2013大晦日

オンタリオ湖畔からリターンズ その27 2013大晦日

最後の駆け込み超UPもこれが最後。怒涛のUPでタイムラインを大いにに汚してしまい、申し訳ありませんでした。

いよいよ大晦日、2013年も終わりになります。あと1時間ちょいで、トロントも年明けを迎えます。2013年の最後を、クリクリ頭のシム子と一緒にトロントで迎えることになるとは、昨年の年末には全く想像していませんでしたね。そもそもサンフランシスコに赴任することも決まってなかったし、シム子は生まれてもなかったし。

そろそろカリフォルニアに帰る準備もしないといけないし、トロントで行きたいところはまだあるけれども、時期的にオープンしてないから仕方ない…みたいな感じで、今日もまたマーケットやイートンセンター近辺をぶらぶらです。ハイソなお店が並ぶBloor-Yorkvilleにも脚を伸ばしてみましたが、スッゲー寒い。ただただ寒い。鼻水垂らして、やっぱりイートンセンターまで撤退(苦笑)。

小腹が空いたけど、今日の夜はホテルで過ごそうと決めていたので、早めの晩御飯。Kegにでも行ってガッツリ食おうかぁなんて言っていたのですが、寒いのでイートンセンターの南の端のデパート、Bayの1階にあるカナディアン・コンフォートのお店に行ってみました。

Bannock というお店なのですが、Oliver & Bonacini というレストランの系列店。O&B という文字は、トロント市内のいろんな所で目にすることが出来ます。

嫁はシェパードパイ。

シェパードパイって久しぶりです。トロントにいたころはちょくちょくパブ飯で食べていた記憶があります。でもなんかそれらは、こんなにお洒落な感じじゃなかった気が(笑)。やるな、O&B。

オジさんも寒いので、温かい料理がいいなぁと、チキンポットパイ。

7歳児も一丁前に、シュリンプケーキ&チップスとアップルサイダーなんぞを注文。生意気~。チキンポットパイ、熱いのをハフハフしながら美味しくいただきましたが、サイドについてきたマッシュポテトがまた美味しかった~。やるな、O&B。

そして7歳児も立派に大人メニューを注文したこともあるのですが、お会計をみて…、やるな、O&B(苦笑)。

ホテルに帰ると、今日も沢山の人がロビーでカウンター待ち(苦笑)。まだまだ忙しいようです。

それに地下道にあったLCBO(酒屋)には長蛇の列ができて、入場規制が引かれてました。みんな年の暮れに飲む酒の仕入れにきているようで、ホテルのフロントのテーブルに酒瓶積んでもう始めちゃっているグループとかいましたね。

夜も更けてくると、ドレスアップした紳士淑女が沢山ロビーにいました。こちらでは、ドレスアップしてパーティナイトという年越しなのでしょうか。

我が家はといえば…

ホテルの部屋で、買っておいた Mill Street の2013年の Barley wine を飲みながらマッタリ。おつまみには Longo's (記事)のクロスティーニに、マーケットで買ってきた生ハム(記事)、それにO&Bで食べきれずにバッグでもって帰ってきたサラダで、嫁が簡単なオツマミを作ってくれました。美味しい。美味しい。幸せ。幸せ。やるなぁ、嫁。やっぱり戦闘力高いわ。

2013年もいろいろありましたが、家族全員、大きな怪我や病気もなく無事に過ごせて良かったです。2014年の年末は一体どこでどう暮らしているか想像もできませんが、なんとか家族皆で人生乗り切っていきたいなぁと思います。

では皆様、良いお年を。

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2014.01.01    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その26 大晦日のマーケット

オンタリオ湖畔からリターンズ その26 大晦日のマーケット

さて、大晦日。我々の今回の里帰りの旅もいよいよクライマックスが近づいてきております…。寂しい。そして、車もないし、赤子を連れているので、行けるところも限られており、既に是非とも行きたい所が枯渇しているのも悲しい(苦笑)。トロントって、なんだかんだ言っても、政令指定の地方都市に届くか届かないか程度の大きさで、東京のような巨大都市ではないんですよね〜。

そんなトロントは今朝も雪模様。週末は暖かかったのに、週が明けてからはまた氷点下の世界。しかも-10℃前後。寒っ!

大晦日でもやっている所…で探したら、我らがセントローレンスマーケットは大晦日も常設会場が営業中とのこと!

よし!じゃあマーケット行くか!ついでにストリートカーにも乗っておこうと、サブウェイで突撃。駅にやってきた電車が何か懐かしいと思ったら、旧車両でした!おー、これこれ。TTCといえば、この無骨で薄暗い車内照明のこの車両ですよね〜。これの終電に毎日揺られて帰ったものです…。身も心も凍ったよなぁ、あの頃。しかし、これに乗ってみると、新車両が如何に洗練されているかがよく分かります。新車両、明るくて綺麗で良いです。ボンバルディア(これらの電車を製造しているカナダ企業)、やれば出来るんじゃん!

大晦日のマーケットはそこそこの人出。

アメ横のような大賑わいというわけでもなかったですが、今までの中では一番人出があったほうじゃないかな。こちらでも、大晦日の買い出しとかあるのかな。

お気に入りのデリ。ここはチーズの試食(バイト) とかあるので、好きです。

嫁が何やら店員さんと喋っております。どうやら好物の生ハムを切ってもらっている模様ですね。こういうデリが、サンフランシスコの南のほうにもないかなぁ。

お肉屋さんには、ソーセージがたくさん。

このとぐろをまいたソーセージ。見た目も面白いし美味しいので、BBQなどで何度か買って焼いたことがあるのですが、7歳児は全く覚えていないので、「うわぁなんだこれは!」と興奮しております。

魚屋さん。今日はどんな鮮魚がいるかなぁとみてみたら…

一際目立つこのナイスサイズな魚体!60cmはあろうかというウォールアイです。金色に輝くボディ。いいなぁ、こんなの釣ってみたいなぁ。

そして鮮魚の中で他に目を引いたのはコレ。

北極イワナです。ビールを彩る食卓シリーズにも登場したことがあります(記事)。白い斑点混じりのレイクトラウトの魚体もドキドキしますし、銀色に輝くスチールヘッドの魚体もドキドキしますが、このなんとも言えない色っぽい魚体は…、トラウト系は素人なのですが死ぬまでに一度釣ってみたい。

上の写真にもボイルされて真っ赤になったロブスターが写っていますが、このひのマーケット魚屋ゾーンはロブスター祭り。

サンフランシスコだったらダンジネスクラブ、アメ横だったら荒巻鮭、そしてここトロントだとロブスターといった感じなのでしょうか。活けのロブスターを満載した水槽が特別に出ていたり、ボイルされたロブスターもたくさん売りだされておりました。

おっ、ここでも何やら嫁が買っておりますね…。

きっと大好物のスモークサーモンを買っているのでしょう。ウォッカでマリネされたスモークサーモンが、嫁の大好物のひとつなのです。

ひと通り買い物を終えたところで、地下でコーヒーブレークでも…と、コーヒーショップでコーヒーを買ってテーブルスポットで一休みしていると…

「わーい、サーモン食べよう!」と、今朝シム子の朝食用にトラベルクッカーで炊いたお米を取り出しました。なに!米、持ってきてたのかよ!と驚くオジさんの目の前で鼻歌交じりに、鮭の手毬寿司風を作り出す嫁。つ、強者だ…。いつの間にか、すげー引き出しが増えているぜ…。

これ大好物なのよね〜と、ふんふん言いながら器用に巻物にして、パクついております。一個もらいましたが、確かに美味い。7歳児も、もっともっとくれくれ〜と騒いでおります。ついでに生ハムも試そうと巻いていましたが、「巻くのはスモークサーモンに限るわ…」と言っておりました。

サーモンをぱくついて外にでると、雪はすでに止んでおり、晴れ間が出ていました。

でも、雪って振ってる時はそんなに寒くないんですよね。振り終わった後が一番寒いんですよね。

寒いので、マーケット近くのHank'sというカフェで軽くコーヒータイム。

デザート代わりに、ブラウニーとチョコチップクッキー。我が家ではアメリカン甘々デブデブスウィーツの代名詞として、ファッジと同格で下の下のスウィーツとして語られているブラウニーなのですが、なんとなく頼んだこのブラウニー、予想を裏切る美味しさで、「あれ?ブラウニーのくせに…」と嫁がブツブツ言っておりました。

あ〜、マーケットはこれが最後かな。こんなマーケットが、近所に欲しい!超欲しい!

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2014.01.01    [ Category : 2013Toronto ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ