無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

ベイエリアで引っ越し・DMV編

ベイエリアで引っ越し・DMV編

ベイエリアで引っ越し編は一旦終了したかと思ったのですが、昨日、まだDMVの住所変更してなかったなぁということでしてみたんです。そしたらちょっとハマったポイントがあったので、記事にしておきます。

DMVの住所変更で、変更しないといけないのは、免許のアドレスと、自動車の登録者のアドレスのふたつ。自動車の登録者のアドレスは、自動車がリースの場合、リース会社が普通そこら辺は管理してくれると思うので免許だけでOKかもしれません。

我が家は、車もリースではなく、中古車購入なので
 ・自分のライセンスと、2台の車の登録
 ・嫁のライセンス(1ユーザー1ライセンスなので、嫁の分は嫁のユーザーを作って処理)
を行う必要がありました。

これらは全てオンラインで行えます。車の登録(ライセンスプレート登録)の料金支払もオンライン決裁だし、サービス劣悪で名高いDMVに行かなくてもいいなんて素敵すぎます。というか、オンラインサービス、24時間いつでもいけちゃうし、窓口に行くために会社を中抜けしたり休んだりしなくていいので、とっても便利。カナダでもほとんどオンラインかオンラインキオスクで手続き可能だったし、日本もどんどんオンライン化していけばいいのに。

まずはカリフォルニアのDMVのサイトに行きます(web)

20150615_999.jpg

そして ONLINE SERVICE から Change of Address - Login Required を選択。ここで、まだDMVにユーザー登録していなかったら、ユーザーを作成しましょう。メアド、運転ライセンス番号、ソーシャルセキュリティ番号の下4桁で登録できます。

ユーザー登録できたら、確認のe-mailがくるので、そこでVerify。またサイトにもどって、作成したユーザーでLoginします。

住所変更は、ライセンスと車、ライセンスだけ、車だけ、のどれにする?って聞いてくるので、選んで先にすすみます。ライセンスの住所変更は、旧住所と新住所を入れて最期に確認するだけなので、とっても簡単に進みます。

ここで問題なのが!車の登録者のほうの住所変更です。ここで私はハマって、パソコン投げつけそうになりました。車の場合ですね、ライセンスプレートの番号に、VINナンバー、ライセンスプレート登録証発行日の3つを入力しないといけないのですが、これらの情報はDMVから郵送されてきた車の登録メール(ライセンスプレートに貼るステッカーが送られてきた時の書面にあります)とかを確認しないと出てきません。VIN番号なんて、凄い長い『復活の呪文』みたいな文字列だし…。書類入れをひっくり返して、DMV関係の封書を確認しながら、なんとかかんとか入力している時から、これは多分こうなるわな…とは思っていたのですが、案の定、セッションエクスパイア!再度ログインして最初から〜の巻!ここでPC投げつけそうになりました。要注意です。1台までなら入力できたのですが、2台目の書類確認中に、セッション時間切れです。

ということで、これをやるときは、別にメモ帳かテキストエディタをひらいておいて、先にそこに住所、ライセンスプレート番号とVIN番号や登録発行日などはコピーしておき、それをコピー&ペーストして進行することを強くオススメしますね!

という小さいあるあるでした。

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2015.06.16    [ Category : ベイエリアで引っ越し2015 ]

ベイエリアで引っ越し・Comcast編

ベイエリアで引っ越し・Comcast編

さて引っ越しの際のお父さんの大仕事といえばコレ!

今の時代のライフライン、インターネットの開通です。もはやネット無しでは生きていけない現代社会。様々な手続き関係も、全てネットで行っていますし、情報も全てネット上にあるわけで、引っ越し後のお父さんの最初の仕事は、これらの配線と開通です。

我が家の8歳児と2歳児、8歳児はオモチャや本で黙らせておくことが出来るのですが、デジタルネイティヴの2歳児を静かにさせておくには、テレビやネットがあると何かと便利。

ということで配線!我が家の一帯は、Comcastの支配領域にあるので、手続き編にあるように、事前にコムキャストの転居依頼はネットで手配済み。

ただ、実は最初にネットで手続きした時は、確認のメールが来なかったので、心配になって次の日にLiveChatでコムキャストに問い合わせをしました。チャットの相手は、おそらくインドかどこかでアウトソースされているオペレータと思うのですが、転居依頼がちゃんとスケジュールされているか確認してもらうと、やっぱり転居手続きはプロセスされていなかったので、その場で手配してもらいました。LiveChat、使える。電話よりもはるかに手軽で気楽だし、オペレータはチャットの終了後にRating(評価)があるのですが、それでおそらく査定されるのでしょう、サービス内容を確認して、値引きができるパッケージへの変更とかも提案してくれたり、とても対応が良いです。たまに、頼んだ案件は解決できなかったのに、評価の為に張り切って営業してくるようなオペレータもいるようですが(笑)。

そこで確認したのですが、転居先にもコムキャストのケーブルは既に通っているので、後は配線してアクティベーションすればイケるはず!作業員の手配必要なし、との事だったのですが、さて上手くいくか。。

前の家で使っていた分配器等は、そのまま外して持ってきたので、それをそのまま繋いで電源オン!



……
おー、なんか上手く行ったぞ!

なんと!繋いだだけで、ネットもテレビも行けちゃいました。マジか〜、便利な世の中になったもんだ。

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2015.06.13    [ Category : ベイエリアで引っ越し2015 ]

ベイエリアで引っ越し・手続き編

ベイエリアで引っ越し・手続き編です。

我が家はアパート住まいだったのですが、この度タウンハウス住まいになりました。となるとですね、自分たちで手配しないと行けないものが増えます。

20150606_500.jpg

アパート住まい時
 ・PG&E(ガスと電気)
 ・インターネット、テレビ(我が家はComcast)
 ・水道やゴミなどはアパートが管理。毎月の家賃に請求が乗ってくる

タウンハウス(大家さんとの契約次第ではあります)
 ・PG&E(ガスと電気)
 ・インターネット、テレビ(我が家はComcast)
 ・(プラス)上下水道
 ・(プラス)ゴミ

タウンハウスになったので、月々の光熱費などは少し増えるかな。こちらの転居処理や新規申し込みなど、役所に出向いたり、電話をかけたり…だと凄く面倒で疲れちゃいますが、今の時代は全てネットで出来ちゃうのですね。

PG&E (web)とネットはとっととオンラインで変更。上下水道は市の管轄のようでしたが、検索したら出てきたので、申し込みフォームを記入してe-mail。ゴミは recology (web)という業者に頼みます。サンマテオ郡の recology はこちらから(web)。このページの右上のメニューの Contant をクリックすると、メールフォームが出てくるので、そこで Inquiry Options: のコンボボックスで、Start New Service を選択。コンタクトを取ると、先方の担当者からメールがくるので、そこでゴミ箱のサイズとかを頼めば置いていってくれます。便利な世の中になったものです。

あとは
  • クレジットカード
  • 各種保険
  • 銀行
  • DMV(免許)
  • 在留届
ですが、これらも全てオンラインでOKでした。

ふぅ…。


↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2015.06.12    [ Category : ベイエリアで引っ越し2015 ]

ベイエリアで引っ越し・引っ越し編

さて、家もみつかり契約も済ませたら引っ越し手配です。我が家は会社に相談して、会社関係でも取引のある日本の方が経営している引越会社を紹介してもらって、そこに決めました。自分でやったり、安いローカルの引っ越し屋を探して…というのも、引越し料金を考えるとアリかもしれませんが、そんなに会社を休めないし、まだ目の離せないシム子もいるし、基本的にお友達がいない人なので自前引っ越しでもヘルプ頼む男手もそんなにないし…、ということで。実際こういうのは信頼できるプロに頼んだほうが、結果的には安くあがることのほうが多いと思いますし。自分でやったらマットレスや箪笥を担いだ瞬間に、腰とかやっちゃいそうだし。

ということで引っ越しはプロが手際よくやってくれました。事前にもらったダンボールに嫁が毎日せっせといろいろと詰めて前準備しておいてくれたのですが、当日のプロの仕事はやっぱり凄かったです。ダンボールの運び出しもあっという間だし、ベッドや家具もほいほいと搬出。やっぱりプロは凄いなぁ。

前日に食器類などの梱包をやっておいてもらったりもしたので、搬出は朝の2時間くらいで完了。手早いです。日本人の方の監督の元、マッチョで陽気なアミーゴ達が、ほいほいやってくれました。

ランチを挟んで、搬入は午後です。搬出が終わった後、自分たちで運ぶ荷物の運び出しや、ちょっとした掃除なんかをしていたら、時間が無くなってしまったので、ランチはバーガーをテイクアウトしてパクツキました。

午後は搬入開始!こちらもダンボールや家具が次々と運び込まれてきます。家具は再組み立てして設置され、ダンボールはどんどん開封。とりだせるものから取り出して、積み上げていきます。3時間ほどで完了しまし、引越し屋さんが引き上げた後には、大量の荷物の山。。。少しづつ片付けていましたが、これはどうにもならんなぁと、電気配線系を終わらせたお父さんは、スピースピーと寝てしまったのですが、その後も嫁はダイニング周りや衣類の整理、床の拭き掃除なんかをせっせとしていた様で、朝起きたら荷物で山積みだったダイニングがスッキリ!家族4人がダイニングテーブルで朝食が摂れる体制になっておりました。びっくり。凄い。素敵。ってか、申し訳ない、申し訳ない。ありがとう、嫁。

その後ちょっと家具や小物をを買い揃えたりしながら整理を続けておりますが、すべてが片付くにはまだ数週間かかりそうです。というのも、新居にはガレージがあるのですが、大家さんがガレージの内装を修理したいとのことで、あと数週間は使えない状態に…。引っ越しの1週間前にいきなりだったのですが、釣り具を始めとしてガレージに行く予定だった荷物は行き場を失い、テラスやベッドルームに仮置きです。何よりもショックだったのは、塗装等の作業のためにガレージに入れないので、ガレージにおいてある洗濯機が使えないということ。∑(゚Д゚)ガーン!嫁、相当なショックを受けていましたね。とはいえ、老朽化したガレージをそのまま貸すのは…という大家さんの心遣いでオーバーホールしてくれているので仕方ないんですけどね。

今回の引っ越しをお願いした日本の方が経営されている引っ越し会社は、Cross Nationsというところです。陽気なアミーゴたちたちの仕事っぷりもさすがプロ。とってもスムーズで満足の引っ越しでした。搬入途中で顔を出した、新居のオーナーさんも、「テキパキしていて、いいムーバーをみつけたね〜」と関心していました。連絡先はコチラです。(web)

次は所々の手続き等をまとめてみたいと思います。

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (6)   2015.06.11    [ Category : ベイエリアで引っ越し2015 ]

ベイエリアで引っ越し・家探し編その2

ベイエリアで引っ越し・家探し編その2

さて家探し編その2です。

まずはCraigsListで発見した物件4件ほどにReplyからコンタクトをとってみました。さっそくもう少し詳しいプロフィールとか教えてという返事が来たので、家族構成や引っ越しの理由、職業などを伝えました。その他に1件は既に借り手が見つかったので残念でした~という連絡があり、もう1件はおそらく先に他の人がコンタクトをしていたのでしょう、2日後くらいに「まだ興味があったら連絡ちょうだい」という連絡が来ました。

一番最初に返信があったのは、アパートの大家さん。この地域にしては比較的新しい見た目も立派なアパートで、前を通る度に「ここは高そうだよね~」なんて話していた建物なのですが、意外と平均的なお値段で出ていたのでワクワクしながら、さっそく次のひの午前中に内覧にいきました。いい物件は早い者勝ちであっという間に消えていくと聞いていたので、会社に休みをもらってまでも行くことにしたのです。

そのアパートは分譲で、リーシングオフィス等は無く、大家さん自らが直接貸し出す形。築30年とか40年とかが多いエリアにしては、築20年以内と比較的新しく、床面積も広くて天井も高く、いきなり夫婦揃ってノリノリに。大家さんはとても感じの良い中国系の女性で、「もうここで決めちゃおうか」とほぼ決まりかけていたのですが、前の住人がなんで出て行ったのかを聞いてみると、どうやら階下に住むオバアちゃんが子供の足音などに敏感で…という話が出てきました。我が家が一番気にしている問題です。ここは分譲なので、階下の人が引っ越してくれるなんて可能性もなく、一気にトーンダウン。大家さん、とても感じの良い人でしたし、正直にいろいろと話してくれて気持ちの良い人だったので、非常に申し訳ないと思いつつも諦めました。


ここで、もうこうなったらアパートはどうしてもアニマル娘の駆けまわる足音や鳴き声が気になってしまうので、タウンハウスに方針変換。2件目がちょうどタウンハウスだったのですが、最初の日に返信がなかったので諦めていました。ところが1日後に連絡が。こちらのプロフィールを伝えると、気に入ってくれたみたいで、スターバックスでまずは会いましょうということで、先方の大家さん夫妻と週末の朝にスタバで会うことに。今思えば、あれは面接だったのでしょう。気に入っていただけたようです。住居のほうは、まだ人が住んでいたので、入居者の方と連絡をとってもらい、その日の夕方に内覧できることに。まだ人が住んでいる状態でしたが、タウンハウス良い感じ。ガレージもあるしね!気に入ってくれたら抑えるけど…、と言われ、「家族会議をして、今晩中に意思決定して連絡するから待っててね!」ということにしました。

家族会議の結果は、もう同じような物件がいつ出てくるかわからないし、引っ越すってことは決めちゃった訳だから、もうエイヤでとっとと決めよう!ということで、よろしくお願いしますと大家さんに伝え、あとはクレジットチェックと契約詳細の確認を残すのみ。

クレジットチェックは、先に回ったアパートの場合は、大家さん指定のWebサイトで自分でチェックして結果を大家さんに伝えるという方式(Webサイトは有料でしたが、$1-くらいだったと記憶しています)でした。タウンハウスの大家さんの場合は、大家さんが使っている信用調査会社に依頼するとこのことで、委任状に情報を書いてサインをして大家さんに渡せばオッケー。数日かかるかもねと言っていたのですが、一晩であっという間にチェックは終わり、無事にパス。ふぅ~。

その後何度か大家さんと契約書の確認や、サイン、デポジットや最初の一ヶ月分の家賃のチェックを切ったりして、無事に成約!次は引越し屋さんの手配と、住んでいるアパートから出る30days noticeを出して、いざ引っ越しです!


↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2015.06.10    [ Category : ベイエリアで引っ越し2015 ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ