無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

帰国メモその8、小学校転校編

さて、ゆるゆると書いている帰国メモですが、その8は小学校転校編です。

我が家には小学生の10歳児がいますが、日本の小学校に転校(編入)するために、いくつかの書類を用意しないといけません。それは、「在学証明書」と「成績証明書」。

まずは「在学証明書」ですが、嫁いわく
 ・学校の最終日に、学校のオフィスでもらえるので、事前にオフィスに用意しておいてもらう

 ・ということで学校の最終日の2週間くらい前にオフィスに行って、「日本に帰国することになったので、準備しておいてください」と頼んだら、「それ何?そんなものは無いわよ」と言われた…

 ・「おいこら!」憤慨しつつ、ベテラン職員っぽい人にも訪ねてみたら、「あぁ、Last day paper ね!オッケー!」と、あっさり終了

 ・最終日に無事にゲットしてきました

 ・やっぱりアメリカだから、職員によって結果が大分変わるから、長くいそうなベテラン職員さんに聞くのがいいね
とのことでした。

成績証明書」は、いまのところ日本で出番は無いのですが、

 ・最後の学期の成績書

があればいいみたいです。ただ帰国子女お受験とかになると、もしかしたら必要かもしれないので、成績書のコピーは保管しておいたほうが良いかもしれません。

20170417_000.jpg
日本に戻ったときの注意点ですが、義務教育の日本。住民票を入れた時点で、学区の学校に連絡が行き、すぐに通わせないといけません。私は、家族を実家に残して一人で家のセットアップをしているときに家族分の住民票を入れてしまったので、すぐに10歳児を学校に入れなくてはならない事態に…。とはいえ、まだ10歳児は新居に引っ越してきていないので、通わせられません…。新居も家族を迎え入れられる準備できてないし。。ここは転入先の小学校の校長先生と相談して事無きを得ましたが、ココ注意した方がいいです。

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2017.04.17    [ Category : 帰国準備編 ]

帰国メモその7、車を売るのだ!

さて、帰国メモその7は愛車の売却です。

我が家は車が2台。お父さんの愛車は、Daly City のトヨタで買ったミニバン。8人乗りのシエナ。
20170408_000.jpg
2万マイル代で購入したのに、4年弱で8万7千マイルくらいになっていました。9万5千キロくらい走ったのか。通勤で使っていたのもあるのですが、毎週末釣り場を探して数百マイル走り回ったからなぁ。我ながら凄いな。

逆に嫁のRav4は、数千マイルしかメーターが進んでおりません(笑)。こちらは子供の送り迎えくらいにしか使っていませんからね。週末の買い出しも、お父さんの車だし。(「それでも頑張って結構運転したよ!」と、アメリカ生活で運転が一番ストレスだった嫁は言っておりますが(笑))

で、本題の車の売却ですが、こちらはガリバーさんに頼みました。楽ちん!とっても楽ちんです!CraigsListなどで個人売買したほうが少しお高く売れるようですが、小さな商談でもないですし、売る際にや売った後にトラブったら、面倒臭いことこの上ないので、ガリバーさんにおまかせしました。

手順は

 ・まずはガリバーさんに連絡。HPから連絡できます

 ・電話がかかってくるので、見積もりに来てもらう日を設定

 ・ガリバーさんも忙しいので、余裕をもって2ヶ月前くらいから動いたほうが良いです

 ・見積もってもらったら、もうその場で引き渡しの手順の相談。小さい子供がいる我が家は、空港での引き渡しが理想だったのですが、ANA便は朝イチなので厳しいということで前日に宿泊しているホテルでの引き渡しに。

 ・代金は、振り込みで支払ってくれます。小切手に比べると、こちらの手続きが不要なので嬉しいです。

 ・さらに振込先は、アメリカの銀行か、日本の銀行か選べます。日本の口座になると、日本円に両替しての振込になるので為替の影響を受けますが、我が家はアメリカの口座はそのまま放置ときめたので、日本での車購入費にあてるために、日本に入金してもらいました。
 ・一週間以内に入金されて、本当に楽ちんでした。

ガリバーさんの見積もりを元に、個人売買というのもアリとは思いますが、相手が信頼できる知人や同じ日本人ならまだしも、その場合は、先にも言いましたがトラブルには十分に注意したほうが良いです。帰国直前の引き渡しになるでしょうから、そこで「やっぱりこの金額では買いたくない」とか、「お金ないから、やっぱり分割払いにしてくれ」とかゴネられたら大変ですし(実際、私の知人はコレを喰らったそうです…)。

ただのガリバーさんの宣伝になってしまいましたね(笑)

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2017.04.08    [ Category : 帰国準備編 ]

帰国メモその6、いろいろ解約編その2

さて、帰国解約編、今回は携帯電話(Verizon)とケーブルTV・インターネット(Comcast)です。

結論から言うと、この2つの解約は想像以上に楽ちんでした。正直、契約時の面倒臭さから言って、この2つは間違いなく解約も面倒くさい(揉める)だろうなぁ、、、と思っていたのですね。そしたら、これが滅茶苦茶あっさり。

Verizon
まずは携帯電話(Verizon)なのですが、何があるか分からないので、携帯は出国するその瞬間まで必要です。なので、ブリッジポイントのVerizonまで帰国日の数日前に行って、店頭で直接解約手続きをお願いしました。一応先方のセールストーク(なんで解約するの?理由教えてよ)とかありますが、「日本にVerizonないからさ」と言えば瞬殺です。日時指定しての解約は面倒くさいかと思ったのですが、日時してはできず、シンプルに次回の月の決済日(我々の場合は3月15日)で契約が終わるだけ、というものでした。3月15日までの基本料金はすでに支払ってあるので、その場で2年契約のキャンセルペナルティ料を支払って携帯電話(iPhone)を買い取ったら完了。入店からモノの5分で終わりという、あっさりしたもの。この後、国際電話とか基本料金に含まれないオプションサービスを使ってしまうと、3/15に請求書が来ちゃいますが、そういうのを使わなければ、追加支払いも無くこれですべて完了です。

しかし、契約や買い替えの時は、何故か設定が上手く行かずに揉めに揉めまくって数日かかったというのに、解約がこんなにあっさりできるなんて…、ちょっとビックリ。あと、Verizon の LTE(4G)端末はSIMロックはかかっていないので、使うかどうかは別として、その気になれば日本でも動きます。

Comcast
最後の大物はComcast。こちらもインターネットはギリギリまで必要だったので、引っ越し(荷物搬出)の日に解約としました。FosterCityにあるComcastのショップにモデムとセット トップ ボックスを持ち込んで、その場で解約手続きするのが楽そうに思えますが、あのショップいっつも混んでいるので、事前に手続きしました。まずは、いつものテキストチャットで、カスタマーサポートセンターの兄ちゃんとチャットです。あれって、きっと東南アジアとかインドとかのアウトソースですよね。おかげさまで、夜遅い時間でもチャットが繋がるので、重宝します。

で、チャット開始。混雑時は10分以上待たされますが、この時はあっというまに繋がりました。早速、「引っ越すので解約したいんだよね。」と切り出すと、「理由は?」「親族友人にアカウント引き継げるけど?」「近い将来また戻ってきて再契約する予定はない?」と、なんとしても顧客を引き留めようとする顧客引き止めマニュアルのコピペと思われる質問をかいくぐり、ようやく解約手続き。こちらももはや解約以外の選択肢なし!となってからは、あっというまに手配してくれました。あとはショップに機材を返却すればOK。ちなみに、梱包して最寄りのUPSに届けるだけでもOKみたいです、試してないですが。

ただコチラは、解約日で日割りで料金を払い戻してくれるので、チェックを受け取るアメリカの住所が必要です。息子の小学校のお友達のお家に送ってもらうことにしました。ちなみにComcastもVerisonも、オンラインアカウントは解約日以降もしばらくの間は生きているので、なにか追加料金の支払いとかあれば、銀行口座かクレカさえキープしていれば、そこで支払えます。

ただ…、Comcastは安定のComcastクオリティといいますか…、解約した次の月の支払い請求書を送ってきたりします…。これ、払っちゃダメです。すぐにまたチャットで、「おいこら!これ何だよ!」と確認しましたが、「めんご、めんご。オンラインの手続きがちゃんと終わってなかったみたい。支払いの代わりに$○○の払い戻しになるから安心して。オンラインできている請求書は取り下げまでしばらく時間かかるけど…」ということでした。これ、ちょっとドキドキしますよね。ここで不正請求を滞納扱いされてクレジットヒストリーが傷ついたりしたらねぇ…。

ということで、全て解約!結局、電話することもなく、全てがオンライン、eメール、 チャットで済みました。こういうところは便利で良いですね。

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2017.04.05    [ Category : 帰国準備編 ]

帰国メモその5、いろいろ解約編その1

さて、いざ帰国!ともなると、いろいろなモノを解約しないといけません。電気とか、インターネットとか、電話とか。

銀行口座
 まず気になるのは、銀行口座ですが、銀行口座は残しておくことにしました。銀行口座とクレジットカードが無いと諸々の公共料金の最後の支払いが出来ないですし、タックスリターンはまだある訳で、そこで税金の支払いや還付金もあるかもしれないし。ということで残しておきます。将来出張にでも来たら、その時解約するなり何なりすればいっかと。

PG&E
 つぎはPG&Eですね。PG&Eの支払いは、いつもオンラインサイトからやっていましたが、そのオンラインサイトから簡単に解約手続きができます。オンライン最高です。オンラインアカウントはしばらく残っていたので、日本に帰国してから、いつものようにオンラインで支払いました。その後、しばらくしたらオンラインアカウントは消えてはいないけれど非アクティブという状態になっていたので、支払い請求がきたら素早く支払っちゃうのが良いかと。

水道
 次は、水道。水道は Foster City にメールで、転出するんだけどどうしたら良いかしらん?と訪ねてみたら、このページみてね!(Page)と返信が会ったので、そこのページにあった Termination Form に記入して、シティーホールに持っていきました。
20170403_000.jpg
シティ・ホールに入ったのは、実はこの時が初めてでした。カウンターのオバちゃんに、「水道止めたいの」って紙を出したら、あっという間に終了です。簡単、簡単。

リコロジー
 続いてはゴミ。アパートならゴミの回収はマネジメントがやってくれるので問題ないと思いますが、タウンハウスや一軒家だと自分でリコロジーと契約しているので、リコロジーに連絡しないといけません。リコロジーの契約をする時は、webからメールで連絡したので、今回もメールで連絡を取ろうとリコロジー・サンマテオのページへ(web)。WEBページが前より進化して、ちょっと今っぽくなっていました。ここから、POPULER CHOICES -> CONTACT US とメニューを選んでいくと…

……
なんかバグっていて、コンタクトページが開けないというエラーになります。おいこら、リコロジー。2017年4月の現在も、バグったままですね。なんとなくどんなポカやらかしているのか想像もついたので、本来開くべきページのアドレスにダイレクトでアクセスしたらいけましたが…。。いやぁ、世界に名だたるベイエリアだというのに、まともなエンジニア使っていないのか、リコロジー(笑)。で、そこからメールフォームで、「この日に解約したいんだけど、解約手続きの手順を教えてください」と連絡したら、そのメールで「じゃあ解約手続きしておくから、あとはOK!」と帰ってきました。WEBページはバグっているけど、サービス対応はメチャ迅速で気が利くじゃないか、リコロジー。

次回は、コムキャストと携帯電話(Verizon) の解約に関しての予定です。

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2017.04.03    [ Category : 帰国準備編 ]

帰国メモその4、不用品を売るのだ!編

さて、リコロジーに持ち込んで廃棄したり、スリフトショップにドネーションしたり…、ではなく、今回は「不用品を売るのだ!」編です。よく帰国家族合同ガレージセールなどをやっているのも見かけますが、ソーシャル性に欠けるワキ家、ガレージセールなんてやっても声をかける知り合いもそんなにいないし、ここは一つベイエリアっぽく Craigslist を活用してみました。

90年代そのままなWEBデザインの Craigslist ですが、まだまだその勢いは健在。毎日のように様々なモノや情報がUPされる、活気あふれるオンラインマーケットです。住んでいたタウンハウスも、Craigslistで探して大家さんと交渉して決めたのですが、自分から何かをポストして売るのは初めてでした。

Craigslist の使い方ですが、想像以上に簡単です。'Craigslist' '売る' などでGoogle先生に聞いてみれば、とても丁寧に使い方や注意点を説明してくれているサイトは沢山ありますので、ここでは使い方の説明は省きますね。

我が家が売却した品々は以下。

まずは電気グリル。
20170401_000.jpg
本ブログの、目指せアメリカンダディ(記事)で活躍してくれた、グリルくん。韓国系の若いご夫婦に、$40- で引き取られていきました。

こちらは、アメリカに来てすぐに買ったガーミンのカーナビ。
"http://blog-imgs-102.fc2.com/t/o/r/toronto08/20170401_001.jpg" target="_blank">20170401_001.jpg
初めの頃は使っていたのですが、スマフォのGoogleMapで十分だという事がわかってからは、ダッシュボードの奥に眠ったままでした。もう4年落ちのカーナビなんて誰も欲しがらないよね、と思ったのですが、状態も良いし、マップやソフトウェアを最新版に更新して $15- で出してみたら、ものの数時間で何通もの問い合わせメールが!あっという間に商談成立して引き取られてきました。びっくり。

テラスのパティオアンブレラと、土台。
20170401_002.jpg
わざわざクパチーノからお爺ちゃんがやってきて、もらっていってくれました。これも冬のこの時期にターゲットで買ったアンブレラなんて欲しがる人いるのかな?と半信半疑で出したのですが、人気でしたね〜。

電子レンジ。
20170401_003.jpg
こちらの家って、最初から電子レンジが備え付けのケースも多いし、そんなに高級なレンジでもないし、買い手はでないかなぁ、ドネーションに持っていこうか、とも思ったのですが、$10- くらいだったら誰かもらってくれないかな?と出してみたら、一晩で買い手が見つかりました。会社行く前に寄ってもらっていくよ!と、次の日の朝には処分完了!

そして、こちら。カリフォルニア釣行を助けてくれた、釣り戦車!バークレーのフィッシングワゴンです。
20170401_004.jpg
これは、ミニバンかピックアップ、大型SUVじゃないと積載できないサイズの一品。しかもオカッパリ専門の釣りバカ以外には無用の長物。正直ポストしたところで、誰も見ないんじゃないかと思っていたら!1週間くらいかかりましたが、「オレも釣り大好きなんだよ!」というオッサンが現れて、引き取っていってくれました。やっほぅ。

この他にも、小さな家具やテレビなんかも出したのですが、残念ながらタイムアップで不用品として処分したり、ドネーションセンター行き。テレビは子供達が使うので、引越し前日まで粘って最後の最後に出品。買い手は現れたのですが、土壇場で買い手にバックレられました…。トホホ…。2回位こういうのありました。仕方ないですね。

Craigslistをやってみた思ったことは
 ・とっても簡単。お手軽

 ・MovingSaleで他より断然安い値段で捌いていたからか、値切ってくる人は少なかったです

 ・多数きたメールのなかから、この人にしよう!と、他をお断りして商談進めたのに、途中で連絡不通になったり、取引日にドタキャンとかも2回ほどありました…。ぐぅぅ。

 ・電化製品などは人気ジャンル。定期的にウォッチしている人も多いのでしょう。ポストするとすぐに反応があります。「今晩取りに行くよ!」とか、「明日のランチタイムに引き取りに行きたいんだけど」、とか。なので、基本的に自分に時間がない場合はキツイと思います。それなりに時間に融通が効く状況でないと、大変かもしれません

 ・レンジやグリルは、電源を入れて動作をしっかり確認してから持っていってもらいました。「お前を信用しているから、別にいいよ!」とか言って、動作確認や細部の確認もせずに持っていこうとする人が多いですが、トラブっても嫌なので目の前で動作確認はするようにしていました。

 ・最後に。Craigslist は、地域のクラシファイドです。従って、基本的には自宅に引き取りに来てもらったり、近所のカフェなどで会って取引する事になると思います。実際に買いに来てくれた人達は、みんな良い感じの人でしたが、人気のない所で取り引きしない、メールでのやり取りで先方の名前や連絡先を言ってこないような変な感じの人は避ける、など用心するにこしたことはないかと思います。

帰国準備編、不用品処理、不用品を売るのだ!編でした。

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2017.04.01    [ Category : 帰国準備編 ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ