無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

大晦日 その2 年越しそば

その1から続いて、部屋の掃除と料理の仕込みをしたあと買い物&息子のお迎えに出撃。

今年私的最大の冒険記事も駆け込みで年内UPしました。
2009年最大の冒険 パスポートレス国境横断(1)
2009年最大の冒険 パスポートレス国境横断(2)
2009年最大の冒険 パスポートレス国境横断(3)

息子を保育園に迎えに行く前に今年最後の買い物へ。
20091231_George004.jpg
FutureShopのBoxingWeekSaleでファミリーガイズのボックスとかお馬鹿映画と話題だったHotFuzzとかゲット、あとミュージカル好きの嫁にはジュディ・ガーランドの『オズの魔法使い』の公開70年記念豪華ボックス。今年の嫁へのご褒美はずーっと新調したがっていたCoachのスニーカー。

20091231_George005.jpg
今年最後のRogersCentre撮影。相変わらずの雨でCNタワーの上部は曇ってしまっているけどRogersCentreは相変わらずセクシー。

20091231_George006.jpg
年越しそば食ってTVジャパンで紅白歌合戦見るか!カマボコが美味い!ビールは会社の同僚がくれたエビスビールで。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2009.12.31    [ Category : 徒然/第一章 ]

大晦日 その1 GeorgeStreetDiner

大晦日だ!
大晦日までブログ続いたぞ!頑張ったな。オレ。今日はマルチポストで攻めるぞ!

大晦日だけど、息子は今日もナーサリースクールに出席。全然園児はいないのじゃないかと思っていたけど、思っていたより多くの園児がいたな。

20091231_George000.jpg
息子をナーサリースクールに送った帰り道、今年一番のお気に入りダイナーGeorgeStreetDinerで嫁とガッツリ朝食。

20091231_George001.jpg
まだクリスマス飾りの店内。

20091231_George001a.jpg
コーヒーで一息。

20091231_George002.jpg
今日はアイリッシュブレックファスト。卵は2エッグをオーバーイージーで。ガッツリ。ガッツリ。トマトをグリルしたやつが美味しかった。

20091231_George003.jpg
嫁は巨大な本日のスペシャル、パネットーネ(panettone/イタリアの菓子パン)のフレンチトースト。ガッツリ。ガッツリ。

やっぱりここは落ち着く素敵なダイナーだね。美味しいし。さて、お家に戻ってちょっと掃除したらどこに繰り出そうかねぇ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.31    [ Category : Food (Ontario) ]

2009年最大の冒険 パスポートレス国境横断(3)

2009年最大の冒険 パスポートレス国境横断(2) から続く

先ほどUターンした橋をこの父子はアメリカに無謀にも国際IDなしで進入しようとして追い返されたエイリアン達ですと書かれた紙を手にカナダへと戻るオレ。

とりあえずイミグレーションの建物内に案内され、係官のオバちゃんにドライバーズライセンスとエイリアン証明書を出して神妙に沙汰を待つ。
オバちゃん OK!あなた達のステータスはVALIDだからカナダには入れるわよ。
オレ (あら、意外と簡単にカナダには入れるのだな。しかし!)…いや、オレはアメリカに戻ってワイフをピックアップしたいんだけど…
オバちゃん ?でもあなたパスポート所持してないんでしょ?
オレ (またイチから説明…)
オバちゃん あなた!何をいっているの?ここがどこだか知ってるの?
オレ 知ってる。カナダでしょ。でとにかく俺達父子のパスポートはナイアガラで買い物している嫁が持ってるんだよ。
オバちゃん 私はカナダの係官だから何も助けられないわよ!とにかくアメリカには入れないわ。ワイフの電話番号は?
オレ それが…Unfortunatelyなことにワイフは今日に限って携帯を家に忘れてきたんだ…
オバちゃん オー!マイ!ガッシュ!
オレ うーん。ナイアガラのモールにワイフがいるのは確かなのでモールに電話するなりしてなんとか探すよ。連絡さえつけばどうとでもカナダに戻ってこれるだろうし。
オバちゃん ナイアガラのモールってあなた、あそこがどれだけ巨大か知ってるの?あぁもう大変だわぁ!大変だわぁ!とにかくもうワタクシの手には負えないのでそこで待ってなさい。あなたの奥さんは車もってないんでしょ?どうするの?ボスに相談してきます。

イミグレーションがなんでかガラガラだったのが救いだったな。行列とか出来ていたらなんか申し訳なくなっちゃうもんな。何も状況を知らない息子もまだ弟くんが日本から持ってきてくれたトミカのゴミ収集車で遊んでくれている。
2009News004.jpg
しばらくしたら年配のオッサンが出てきてちょっとこっちに来なさいと普通悪いことでもしないと連れて行かれないであろうイミグレのなかの個室へ通された…そこでまた事情徴収…

ボス ナイアガラって君、ここはバッファローの対岸だぞ?25km以上離れているんだが、一体全体なんでそんなことになってるの?
オレ だーかーらー!オレは嫁の買い物には興味がなくって釣り道具を買いにバッファローにちょっと息子とドライブにきただけなんだって…そこでアクシデンタリーにも川を渡っちゃっただけなんですって…
ボス おー。そうかぁ!って君ねぇ…フィッシングタックルが欲しかったと…
オレ すみません。お手数おかけしまして。まぁもうなんとかナイアガラのモールに連絡つけますので…
ボス まぁちょっとここで待ってろ。

 15分くらい待っただろうか…

ボス いまナイアガラのアウトレットモールに電話したよ。呼び出しかけてもらっているけど、もし見つかったらそこの電話か君の携帯電話に電話してもらう手筈だから電話かかってくるのをそこで待っていなさい。見つかると良いな。
オレ (えっ…そこまでしてくれるの?)サンキューサンキューソーマッチ!

……
………
また待つこと15分くらい…
ブルルルルブルルルルル。オレの携帯がバイブレーションした!嫁か!?

オレ Hello!
謎の女性 もしもし?○○さんですか?
オレ は、はい。
謎の女性 私、ナイアガラのアウトレットで働いているものですが、なんでも奥様とはぐれてカナダに戻られてしまったとか…
オレ は、はい。
謎の女性 私、ここで働いている日本人ですが、さきほどから…

どうやらpoorな日本人が何かやらやらかして困っているようだというので、この人に相談がいって先ほどからワイフと弟くんを英語と日本語交互で呼び出してくれているらしい。ただ問題はモールの廊下にはアナウンスは流れるのだが、店内にはアナウンスは入らないらしいということだ。でもこの人、見ず知らずのお馬鹿な日本人父子にもすごい親切で、4時にモールのフードコートで待ち合わせる予定と言ったら、ちょうど休み時間になるのでその時間に行って探してみますから!と。申し訳ない。申し訳ない。ありがたや。ありがたや。

もうこうなったらこの人にかけるしかない。ここで待っていてもしかたないので税関のボスに心からのお礼を述べてナイアガラフォールズへ向かうことにした。

……
プルルルルルル!プルルルルルル!
北上しナイアガラへ向かっている途中携帯が鳴った!
オレ はい。
 どうしたの!なんか凄いことになってるけど?
オレ いやはや面目ない。
 息子は?
オレ とても元気です。
 で、いまどこ?
オレ レインボーブリッジに向かっています。
 じゃあなんとかそこまで行くわ。

でもまぁ良かった、ようやく嫁に連絡がついて。嫁と弟くんにはタクシーでナイアガラフォールズのレインボーブリッジを渡ってカナダにきてもらいナイアガラフォールズで無事に落ち合うことが出来ました。いやぁ本当に弟くんには申し訳ないことをした。

2009NewsMap001.jpg

今回の失敗でわかったことは
 ・カナダ人は優しい。USAはUSAだ。
 ・ナイアガラのアウトレットにはとても親切な日本人の女性が働いている。
 ・パスポートは絶対に手放すな。
 ・携帯は忘れるな!
 ・あんなに簡単に国境渡れちゃのはおかしいぞ!北米!
 ・実はナイアガラとは発音しない。ニアゴーみたいな感じ。イミグレでみんなが何言ってるか最初全然わからなかった…
ってことか。

そして後日、衝撃の事実が…

2009News005.jpg

この地図の右上のほうのが今回の騒動のもとになったBassProShopsバッファロー店なのだが…は…FutureStore…これから作るよ…って書いてある…まじか…おれは存在しないBassProShopsを目指してあんな惨めな冒険をしてしまったのが…家族サービスをないがしろにした天罰だな。

------------------------------------------------
追記
アメリカに入国拒否された前科者扱いになったのではないかとドキドキしていたけど、11月にもう一回ナイアガラにいってみたら拍子抜けするくらい簡単に入国できた。高速降りるの忘れただけで国境に突入しちゃうような感じだから意外とパスポート不所持で国境越えようとして入国拒否される人はいるのかもね。お勧めしないけど。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2009.12.31    [ Category : 徒然/第一章 ]

2009年最大の冒険 パスポートレス国境横断(2)

2009年最大の冒険 パスポートレス国境横断(1) から続いています。

国境上の橋の真ん中でUターンかまして嫁のいるUSAに戻らんとするオレの目の前に現れたのは…そう、アメリカのイミグレーション。そうだ。そうなのだ。国境の橋って両端にイミグレがあるのだ!じゃあこの橋の上はアメリカなの!?カナダなの!?たぶんどっちでもあるんだろうね。

2009News003.jpg

とにもかくにもアメリカの税関に突っ込みID?と聞かれてわけを説明する。
オレ 『そんなつもりじゃなかったんだけど、アクシデントで橋を渡ってしまってこんなことになってしまった。ワイフのいるナイアガラに戻らなくちゃいけないんだ。通しておくれよ。』
係官 『IDは?』
オレ 『だーかーらー、ワイフのポーチの中ですと。』
係官 『ないの?ないのね?』
オレ 『ないのです。』
係官 『ちょっと待って。』となにやら無線で話してる。『徐行でついでおいで。』
オレ 『sure..』

あー…やっぱ簡単には入れてくれないよなぁ。イミグレーションの建物に連れて行かれここで待ってろと待たされる。どうなっちゃうんだろうオレ…息子の無邪気な顔だけが救いだ。でもゴメンなぁ。息子。

しばらくしておっさんにパスポートないのはお前か?ちょっと来いと呼ばれた。

おっさん 『で、なんでないの?』
オレ 『はじめから説明するよ。まず朝イチでカナダから入国して、ワイフとワイフのブラザーをナイアガラのアウトレットモールにドロップして…で、バッファローまで来たのだがアクシデンタリーに国境を戻ってしまったので橋でUターンかまして今ここなのです。ワイフが家族全員のパスポートもってるの!』
おっさん 『ふーん、で?』
オレ 『だーかーらー。ワイフのいるナイアガラに戻らして』
おっさん 『まぁ落ち着け落ち着け、なんかIDは?』

 免許証を出して息子の名前やワイフの名前など事情徴収される。
 しばらく鼻歌交じりに端末をいじくる親父。いろいろ質問される。10分くらいやってたかな。結構不安になるくらい時間がかかった。

 おっさん 『おうし、じゃあこれ持って車にもどって。あとは車の前に係員がいるからそいつの指示に従って。じゃーな。心配するな。ワイフに会えるから。これからはショッピング中のワイフをおいてどっかいったりするなよ。いいな。』
オレ 『ありがとう!ありがとう!』

車にもどり、息子をチャイルドシートに座らせて税関係員の後ろをくっついて道路にでると、なんということだろうか!係員はオレがUターンしてきた橋を指差してこのまま行けというではないか!窓を開けてまた状況を説明するオレ。しかし、パスポートないやつはUSAには絶対に入れさせん!と怒られる。
だからそこをなんか上手く処理してくれたんじゃないのかよ!ともらった紙をみてみると…

 ○○と○○の二人のエイリアンは有効なIDを持たずにUSAの国境を越えようとし、入国を拒否されました。

みたいなことが書いてある…あのオッサン…やりやがったな。なにがワイフに会わせてやるだ…しかもそうか。これでなんかケチがついちゃったら息子も齢2歳にしてアメリカ国境不法横断前科ついちゃうのかな。スマン…息子…。なんかイヤな緊張感に負けて仕方ないのでカナダに向かってまた川を横断するオレ…

2009NewsMap000.jpg

続く
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.31    [ Category : 徒然/第一章 ]

2009年最大の冒険 パスポートレス国境横断(1)

2009年も終わろうとしている。我が家的今年最大の出来事はなんだっただろう…

やっぱアレだなパスポートレス国境横断大事件だな。USAとカナダね。

2009年9月頭の連休に嫁子供を車に放り込みアルゴンキンのはるか北の湖での釣行を強行し、バイトを求め散々湖上を走り回った末に念願のノーザンパイクをゲットしホクホクの帰路オリリアにある美味い!と評判のWebers Charcoal Barbecued Hamburgersで舌鼓をうち、しばらく釣りはお預けですよ!お父さん!と嫁に釘を刺された次の週末。嫁の弟くん(ということはオレの義弟)が日本から遊びにやってきた。

2009News001.jpg
本当は2009最大のニュースになる予定だった念願の初パイク。

2009News000.jpg
旨かったWebers Charcoal Barbecued Hamburgers。

で、息子のお土産のトミカを大量に抱えてはるばる日本からやってきてくれた弟君の希望もあって久しぶりにナイアガラの滝&アウトレットに行こうということになったのだ。

すべてはここから始まった…

ナイアガラのアウトレットで買い物する気満々の嫁と弟君。しかーし!俺はバッファローにBassProShopsがあるらしいという情報をゲットしていたので、もうVaugnMillsのBassProShopsの品揃えは完全に暗記してしまってちょっと飽きていたものだから、新しい漁具を求めて嫁と弟君をナイアガラのアウトレットに残して息子とバッファローまでドライブに行くことにしたのである。

第一のミス。
 その日は運の悪いことに嫁が携帯電話を家に忘れてきており、弟君もなんでか今回の旅には国際携帯を所持してきていないのでちょっと躊躇したのだが、まぁ4時にアウトレットのフードコート集合ではぐれたりはしないでしょ!!と嫁と弟くんと別れて俺は息子とナイアガラリバー沿いに南下を始めたのであった。
2009News002.jpg
 せっかく嫁の兄弟が遊びに来ているのに、家族サービスをないがしろにして釣り具屋に行こうなんて悪い旦那にはやっぱり天罰が下るのだったが、そんなことになるとは露知らず…

第二のミス。
 南下しながらバッファローのBassProShopsをカーナビで検索。しかーし…いくら検索してもでてこない。あれれ?ないのか?もしかして…でもまぁバッファローまでいけばなんか見つかるかもしれないしドライブ、ドライブと、とにかくバッファローへ向かって高速をひた走る。そこまでやる気なら最初から住所とか調べておけよな。オレ。

第三のミス。
 遠くにエリー湖がみえてきてバッファロー到着!しかーし、高速を降りるといきなり警察車両が道路を封鎖している。なになに?と思ったら目抜き通りで何かのパレードが大々的に行われており、大通りに出る道はすべて封鎖されて、細い裏通りが大渋滞という状況!渋滞の中細い住宅街の裏道をぐるぐる回ったが、物騒な感じの下町裏町ゾーンから抜けることが出来ない。大通りに出る箇所はすべて警察車両が封鎖しているのだ。あーあー。これだからUSAはイヤだよ、と高速に戻ってちょっと北上して北から街に侵入することを試みることにした。

最大のミス。
 高速をちょっと北上したが、高速もエクスプレス車線を全部封鎖して大工事をしておりいきなり車線が2車線になったり…もうこれだからUSAは…とブツブツ言いながらちょっと北上したところで高速を降りることにした。高速を降りようとランプを曲がったオレがみたものは…橋。あれ?橋?出口じゃねーの?この川なんだろう?って橋に侵入したところでオレは気がついた!DutyFreeショップこっちですっていう標識に。なんかカーナビの拡大地図ばっかみていて標識とかぜんぜんみてなかったオレは間違ってナイアガラリバーを渡ってしまっているようなのだ!! It means オレはカナダに帰ろうとしている。

究極のミス。
 うわっ!やばっ!と思ったが高速でいきなりとまるわけにも行かない。後ろにはでかいトレーラーが。うーん。まずいぞ。考えろ…俺…どうする……っっておい!!!おれパスポート持ってねーよ!家族のパスポートは家族の頼れる大黒柱・司令塔・キャプテン・神様仏様・お嫁様のバッグの中だよ!!ってオレ国境越えられないジャン!

 ここで、もうどーしょーもない事態になってしまっていることを理解した俺はふいに思った。今はちょうど橋の真ん中だ。前方に見えるのはカナダの税関。で、オレも息子もパスポートを持っていない。これはまずい。パスポート不所持では税関通れないぞ。そうだUターンしよう!幸いにも橋に中央分離帯はないし、後ろにでっかいトレーラーがきているけど道は空いている。ここはUターンかますしか生きる道はない。ききぃl………ターン成功!びっくりしたか息子と後ろのトレーラーのおっさん。ごめん!と橋をアメリカ方面に戻る俺。そのときオレは国境というものの作りを完全に失念していたのであった。

続く
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.31    [ Category : 徒然/第一章 ]

仕事納めと年越し準備!

あぁ2009年が終わっちゃうよ!

20091230_000.jpg
と午前中に会社に行って残務処理して仕事納め完了!

20091230_001.jpg
午後は嫁と復活した息子とSherwayGerdensに買い物へ。嫁はモールに洋服を、息子はトイザラスに機関車トーマスをおねだりに。調子悪い間もずーっと『とりあえず(トイザラスと言えてない)行きたい、とりあえず行きたい!』と言っていたのでまぁ今年最後の甘やかしをしてあげよう。

20091230_002.jpg
で、ママがいない間に父に甘やかされた息子がゲットしたのは…トラックマスターシリーズのトーマスの友達ステップニーとカーズのランチョンシートとトーマスとジェームズのPEZ。PEZがbuy 1 get 1 freeだった。ラッキー!

20091230_003.jpg
食材も買いだめに中華系スーパーT&Tへ。

20091230_004a.jpg
鮮魚コーナー。シルバーブリームやスナッパー、ヨーロピアンシーバスが並ぶ。奥では良型のハタを捌いていた。癒されるわぁ。

20091230_004.jpg
ここのT&Tには鮮魚のみならず、活け魚まであるのでテンションあがる。これGreenBassとか行ってるけど、そんな魚いないし、コレはまきれもなくブラックバスだよな。っておい!ニジマスの倍の値段してるじゃん!高級魚じゃん!今度暇だったら食ってみようかな…養殖ものだろうし。

そういえばレジ前には北海道うまいものフェアって棚があってガラナジュース!が大量においてあったよ!ガラナ好きは急げ!

20091230_005.jpg
しっかりLCBOにも寄って酒類もゲットしておかないとねぇ。酒類なしでは年越せないものねぇ。

20091230_006.jpg
どうせいつかは買うんだから今日買っておこうという意味のわからない理屈でおビール様たち大量購入。いちおうすべてオンタリオ産で取り揃えてみました!飲みきれるかな。まぁ飲みきれるだろうけど年末年始にこれ全部一人で飲みきったら正気は保ってられないな。


……あれれ?
………ガーン!!お屠蘇の日本酒を買い忘れた!!!明日もLCBOだね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (1)   2009.12.30    [ Category : 徒然/第一章 ]

苦いぜ! St-Ambroise Oatmeal Stout (McAuslan Brewing)

St-Ambroise Oatmeal Stout

StAmbroiseOatmealStout000.jpg
ケベック州モントリオールのMcAuslan Breweringのオートミールスタウト。1989年1月に創設のブリュワリー。調べてみるとその後New Brunswickに本拠地を置くカナダ大手のビール会社Moosehead傘下になったようで、ケベックマーケット向けのMooseheadCarlsbergもここが醸造しているとのこと。なんかマイクロブリュワリー業界も大変だな。

で、オートミールスタウトって何?オートミールってコチラの方々が朝ご飯に難しそうな顔でスプーンですくって食べているあの穀物ミルクドロドロボールを連想しちゃうけど、まさかあれにモルトぶちこんで発酵させちゃうのか??調べてみるとどうやたオートミールエールってオーツ麦を混ぜたものらしい。

StAmbroiseOatmealStout001.jpg
アルコール度数5%。飲み口は・・・黒ビール。スタウト。エスプレッソだな。焙煎効いてるぜ…苦い…苦いぜ。最初なんともいえない酸味と苦味が口に広がり、鼻に黒ビール独特の焙煎モルトのアロマが抜けて、酸味が消えて苦味がじんわりとひろがる。で、これはギネスとは違って炭酸のキレがそこそこあるタイプなのでそのまま喉越しとともに苦味がほんのり残しながら結構プハァといろいろ抜けていく。悪くない。
1994年度のワールドビールチャンピオンシップで2位を勝ち取ったらしい(At the World Beer Championship in 1994, St-Ambroise Oatmeal Stout received the second highest rating of the over 200 beers in the competition)。やるな。

でもやっぱ苦々スタウトだからおつまみは選ぶ。
結構がっちりしたつまみじゃないと量飲むのはきついな。この手のスタウト、ダークエールの致命的なところはそういうとこだよね。カナダでは高級おつまみに分類される『柿の種』とかに絶対的に合わない…ここが痛いところだぜ。獣のジャーキーとかならあうかな・・・今度試してみよう。

StAmbroiseOatmealStout002.jpg
今宵の食卓はビーフシチューだった。シチュー&ビールってどうなのよ…あんた、ってのはあるだろうけど、まぁデミグラスソースとこの苦いスタウトはそれほど悪くなかったかな。

20091229_000.jpg
クリスマスではしゃぎすぎたのか、ここのところ息子の調子が悪くってなかなか食欲がでない。なんとか食べさせようと嫁が作成した太巻きアンパンマン。なかなかイケてるじゃん!頑張ったね。でも息子は喜んだけど鼻だけほじってあんまり食べなかったので、オレの胃の中に収まりました。ごちそうさま。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.29    [ Category : BEER (Quebec) ]

青リンゴ…カクテルでは? GreenApplePilsner (Nickel Brook/Better Bitters Brewing)

GreenApplePilsner

寒い!寒いね!吹雪いているよ。
20091228_000.jpg
寒い中会社の休み時間にキング&スパダイナに出来たLCBOまで歩いて行って買ってきた。ちょっと期待していたけど、ビールの品揃えがイマイチだったのが残念。

で、チョイスしたのがこいつだ!
GreenApplePilsner000.jpg
Nickel BrookブランドのGreenApplePilsner。ブリュワリーはBetter Bitters BrewingNickel Brookっていうブランド名が有名だけどBetter Bitters Brewing Company。この会社名をブランド名にするとBitter(苦い)なビールっていう印象になっちゃうからイヤだったみたい。ハミルトンのほうのBurlington(バーリントン)の1991年創業のブリュワリー。主力製品はOrganincLagerなんだけど、今回は変化球GreenApplePilsnerにトライ。

GreenApplePilsner001.jpg
青リンゴだわ。栓を抜いた途端に香る芳香は下手なアップルジュースを凌ぐ。アルコール度4%。軽め。飲み口は…青リンゴジュースだ!甘い。甘酸っぱい!ビール…とは思えないけど、まぁビールか。嫁に一口飲ませたら、予想通り『うわっ!』と言った後、『私これ好きかもぉ』と。StrongBowとかのアップルサイダーの感じだね。

えっと…材料は…水と麦芽とホップとイーストと…リンゴジュース!?とレモンジュース!?と蔗糖(甘味料)とクエン酸とビタミンCって…これじゃぁビールカクテルじゃないか!

まぁいいか。商品名みた時点で変化球だってことは分かっていたしな。で、これにあう料理はたぶんFish&Chipsとかカラマリフライとかはあうだろうなぁ。甘いけど酸味がきいていて爽やかなのでそういった軽い油関係の料理には合うと思うな。

で…
これに合わないのが…
よりによって今晩の夕飯だったりするわけだ。

GreenApplePilsner002.jpg
餃子。餃子 + ライス。これはミスマッチ…失敗したぜ…基本的には和食や中華などご飯関係には合わないね。

20091228_001.jpg
外は雪。ちょこっと積もって足が滑る。危険。吹雪でRogersCenterの天辺がみえない…
冬はベランダに出しておけばビールが冷えるってのは便利でいいんだけど、やっぱ好きじゃないな。

20091228_002.jpg
嫁がSecondCupのBoxingWeekセールで買ってきたワンカップ用コーヒーメーカー。夏場の釣りに重宝するかも。

ocb.jpg
Better Bitters Brewing CompanyもOntarioCraftBrewersのひとつ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.28    [ Category : BEER (Ontario) ]

山羊ビール Creemore Springs urBock (Creemore Springs Brewery)

Creemore Springs urBock

CreemoreUrBock000.jpg
オンタリオはCreemoreにあるCreemore Springs Breweryの季節限定ビール Creemore Springs urBock (ウルボック)。ここのラガーはトロントではかなりポピュラーでオレもよく飲むのだけど、そっちを差し置いてこの季節限定品からご紹介。ブリュワリーのヒストリーを調べてみたら1987年創業のようだけど2005年にMolson(モルソンクアーズ)の傘下になってるね。マイクロブリュワリー業界も大変なんだな。

CreemoreUrBock001.jpg
Bock(ボックビール)というのは、ドイツ語でストロングビールという意味らしい。Ur(ウル)は本物という意味らしいのでUrBockは真のボックビールって感じか。前に書いたMillStreetの HellesBock もBockだったな。
ドイツは基本ラガーなのでボックも黄色のラガーとかが多いみたいだけど、ドイツ以外の国では結構ダークな色合いに仕上げるケースが多いようで、これもそうだ。またラベルに山羊が書かれているけどヤギのことをボックというらしく、ヤギがラベルにデザインされるケースが多いらしい。

CreemoreUrBock002.jpg
深い琥珀色。6%のアルコールなのでボックとしては弱いのかも(ドイツではボックは6.25%以上らしい)。飲み口は見た目の通りの強めのエールなんだけど、シブシブの苦味というより角のないやさしい苦味というか、アルコール度数強めのダークエールとしては、赤いエールっぽいやさしさがあって飲みやすい。嫌いじゃない。

CreemoreUrBock003.jpg

今日はLoblawsのBBQリブ&urBock。悪くないね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.27    [ Category : BEER (Ontario) ]

ソースは多めにね! MongolianGrill

ハッピーボクシングデイ。

朝から嫁は嫁メイツさんとボクシングディのヨークデールモールに果敢に突撃!!オレは息子と留守番。昼過ぎに車でお迎えに行く。ドンバレーパークウェイは空いていたんだけど401はレズリーくらいから渋滞。ヨークデールモールに行く車線は大渋滞。ようやくたどり着いてもやっぱり駐車場も大渋滞。こりゃ中はどんだけ混んでるんだろう…と思ったら嫁いわく『そうでもなかった、日本の新春初売りのほうが殺気だったオバさんだらけで全然凄惨だよ。』とのこと。そうなのか。駐車場の仁義なき駐車スペース争いは、いつものように謙譲の精神に溢れた日本人には信じられないくらい生臭い戦いが繰り広げられていたけどね。

戦利品を積み込んでお昼ご飯はレストランマレーシアに行こう!とリッチモンドヒルまで北上するも定休日…くぅぅ。じゃあ、とにかく南に行きますかぁとドンバレーを南下してDonMillsにあるMongolianGrillに。
Mongolian000.jpg
ジンギスカーン。

Mongolian001.jpg
ビュッフェ、バイキングっていうやつだね。しかしなんでこっちの人はデザートをあんなに山盛りに盛るかねぇ…皿に2重3重って…普段もあんなに食ってるのだろうか。アイス用の茶碗にブラウニーを日本マンガ昔話の山盛りご飯のように盛ってニタリニタリとしている男の子もいたな。鼻血でるぞ。

Mongolian002.jpg
まずは中華攻撃。

Mongolian003.jpg
そしてこの店の看板システム、オリジナル焼きそば作成!このたびは牛肉、ねぎ、キャベツ、モヤシ、キノコ、タケノコをチョイス。麺は卵麺。前に来たときはちょっと薄味になってしまい失敗気味だったので今回はコリアンBBQソースを当社比50%増量のお玉1杯半投入!

Mongolian004.jpg
ソースが決め手になるから迷うよね。

Mongolian005.jpg
それをこの鉄板でおっさんに焼いてもらうわけだ。オッサン頼むぜ!いっちょう美味くやってくれ!

Mongolian006.jpg
チーン!完成!

……
薄いよ…薄いよぉ…オッサン。またしてもやっちまった。焼くときにオッサンが蒸し焼き用に水をぶちかけるのだがあれが曲者だな。………最後にもう半玉ソース投入しておけばよかったか……
しかーし!テーブル胡椒をいっぱい振ったらぺヤングソース焼きそば風になった。ぺヤング食いてぇ。

20091226_001.jpg
夜ちょっとお散歩。今日もスケートリンクはオープンしてたよ。先週より人は少なかった。CNタワーの先っちょは靄に覆われてる。

20091226_000.jpg
今日もRogersCentreはセクシー。

20091226_002.jpg
クリスマスでテンション上がりすぎた息子がちょっと調子悪くなっちゃったようなので、Rabbaでリンゴジュースかって帰宅。さて、今日もビール飲むかぁ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.26    [ Category : Food (Ontario) ]

クリスマス! 当日ですね。

12月25日です!クリスマスです!
20091225_000.jpg
朝から天気悪かったですね。でもって本当にクリスマスには都市機能停止するのね。朝窓から外をながめてびっくり。車がいない。左のほうにみえるGardinerExpressWay(首都高みたいなの)もガラガラだ…

20091225_001.jpg
朝息子を起こしてプレゼント開きして、ウダウダと日本のバラエティ番組とか見て過ごしていたけど昼過ぎにウトウトと…起きたら息子が機関車トーマスと仲間たちをリビングに勢揃いさせていた。

20091225_002.jpg
このクリスマスで息子のゲットしたプレゼントたち。カーズとトーマスがお気に入り。日本から送られてきた新幹線ドクターイエローの靴がいいよね。

20091225_003.jpg
さて、今晩もビールだな。Creemore Springsの季節限定ボックと生ハムとゴートチーズとほうれん草のサラダ。いただきます。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.25    [ Category : 徒然/第一章 ]

クリスマス! ですねぇ

クリスマス・イブですね。

嫁が嫁メイツと師走のJーTOWNに繰り出してクリスマスケーキを買ってきました。一方冴えない旦那はクリスマスも残業でやべぇ!早く帰らないと!と同僚のTとタクシーで急いで帰ったら、ぎりぎりジャストでケーキ入刀のタイミングに間に合いました!

20091224_000.jpg

これが結構美味しかったわ、というか日本の味だった。軽めのスポンジとか甘すぎないクリームとか。やるな、J-Townのベーカリー!

J-Townではなんかクリスマス・ソングのコーラス隊がクリスマスキャロルを熱唱していたとのこと。レジのおばちゃんいわく『あの人!あの人!あの人、紅白歌合戦でもすごく上手だったの!』というお兄さんも登場。JCCCで行われたというあの紅白歌合戦でイカしたボイスを披露した兄ちゃんも熱唱中とのこと。やるな、J-Town。

息子には日本のじぃたんばぁたんから届いたミニカーだけちょっとフライングして贈呈。

20091224_001.jpg

なんで子供は働く車が好きなのかしらん。彼はもう半年くらい(言えてないけど)高所作業車!高所作業車!コゥチョチョシャギョゥチャほすぃぃ!と連呼していたので大喜び。

そしてオレには並木敏成先生の本とDVDが届いたよ!! 待ってたんだわぁこれ。あぁん楽しみ。早く見たいわ。
20091224_002.jpg

会社でTとベニ男に日本から釣りのDVDが届いたから超楽しみ!って言ったら釣りってビデオで見るものなのですか!?えぇぇぇっ!って引かれた。Tもベニ男もナイスガイだけどわかってねーな。今度ウチに軟禁して秘蔵の『The Fishing』村越正海オレセレクションと『釣りロマン』ベスト・オブ・ザ・児島玲子オレスペシャルをオールナイトで喰らわせてやる。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2009.12.24    [ Category : 徒然/第一章 ]

悪魔のエール。666 Devil’s Pale Ale (Great Lakes Brewing)

666 Devil’s Pale Ale

666Devil000.jpg
WinterAleに続いて同じ Great Lakes Brewery の商品。

777はラッキーセブン!だよね。666はキリスト教においては獣の数字と呼ばれる数字らしい。で、悪魔学でも様々に解釈されるようで、まぁいってしまえば縁起の悪い悪魔の数字という感じかな?
子供のころゴールデン洋画劇場で放送されると怖くていつもびびってた(オレはホラー嫌い)、映画「オーメン」の主人公ダミアンの設定は6月6日午前6時に誕生した悪魔の子と言う設定で、頭に新約聖書のヨハネの黙示録で獣の数字とされる「666」のアザを持つという。うわぁ。
ダミアンといえば、地獄の皇太子ダミアン浜田(聖飢魔IIの創始者)も6月6日生まれだね。最近よく車中で聖飢魔IIを流していたら3歳の息子が『お前も蝋人形にしてやろうかぁ』と言う様になってしまった…

666Devil001.jpg
飲み口はまぁ苦めで重目の黒エールですわ。

ラベルを見てみると、いろいろ『6』という数字ににこだわりまくって作られているようだ。
 666キログラムのモルト!
 6.66キログラムのホップ!
 66.6分ボイルしました!
 6%のアルコール度数!
 06年6月6日にひらめいちゃった!
馬鹿だなぁ…このひとたち…

666Devil002.jpg

HPをチェックしてみよう。
 ・2006年の秋に発売開始したGreat Lakes Brewery初の季節限定商品。
 ・でも大反響だったので473ml缶で周年発売することにした。
 ・6種類の麦芽と4種類の高級ホップで醸造。
 ・クラシックなイングリッシュペールエールの名残りのようなリッチなマホガニーカラー。
 ・飲む前に香る上質のホップアロマ、ふくよかなモルティな味わい、そして
 ・さぁ悪魔の時間へようこそ…
こんな感じ。察するに2006年にハロウィン向けか何かで季節限定品で出したらコンセプトが受けたので缶で周年発売するようにしたってことか。

ocb.jpg
Great Lakes BreweryもOntarioCraftBrewersのひとつ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.23    [ Category : BEER (Ontario) ]

ハーブの味わい!? Great Lakes Winter Ale (Great Lakes Brewery)

Winter Ale

今日も寒いねぇ。今朝保育園に息子を送った帰りの車中でCP24を聴いていたらジャスティン・ビーバーなる15歳の青年が今晩MuchMusicにやってきますよ!もうすでにたくさんのファンの女の子がこの寒い中並んでいますよ!ビーバーフィーバーですね!とかレポーターが言っていて……カナディアンオヤジギャグかよ…と失笑してしまったわけだが、そのニュースの数分後にMachMusicの前を通ったら本当にたくさんの女の子が並んでた。すげぇな。ビーバー。へぇ…昨日紹介したStratford PilsnerのStratford出身のシンガーなのかぁ。(あっ…よくみたら彼、オレと同じ誕生日だ…)

そんな寒い冬の季節モノビール。Great Lakes Winter Ale

GreatLakesWinterAle000.jpg

Great Lakes Brewery の Winter Ale。季節モノだね。アルコール度数6.2%とお高め。Great Lakes Breweryは1987年に創設されたトロントでは一番古いクラフトブリュワリーらしい。場所はトロントからGardinerを西に向かってIslingtonの手前。近いな。

GreatLakesWinterAle001.jpg

炭酸の切れがあるタイプではなくじわーんとくるエール。ただし苦くない。甘い。そしてなんだか何かしらのハーブが効いている。
実はオレは鼻がつまっていた上に最近ビールは何飲んでも同じく美味い!としか感じなくなってきてしまったのでよくわからなかったんだけど、一口飲んだ嫁は『うげぇなにこれ。すごい香辛料…』と今までにあまり見せたことのない顔をした。よくよく味わってみると確かになんか違う。嫁いわく、肉によく摺りこまれているヤツが入っている感じとのことだ。

ラベルみてみてると、シナモン、蜂蜜、生姜、オレンジの皮ってかいてある。ハーブエール!?長くて寒くてなかなか明けないカナダの冬にインスパイアされて作った6.2%アルコールの真のウィンターウォーマーだ!みたいなことが書いてある。へぇ。まぁ確かに生姜はあったまるよね。

このブリュワリー結構変化球もっていて、ほかの商品ラインアップもGreenTeaAleとかOrangePeelAleとかPumpkinAleとかなんだよね。

ocb.jpg
Great Lakes BreweryもOntarioCraftBrewersのひとつ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.22    [ Category : BEER (Ontario) ]

お気に召すまま Stratford Pilsner (STRATFORD BREWING COMPANY)

Stratford Pilsner

StratfordPilsner000.jpg

トロントの西のほうのストラトフォードにあるマイクロブリュワリー、STRATFORD BREWING COMPANY の商品。

StratfordPilsner001.jpg
ここオンタリオはもと英連邦の名残なのか、イギリスの地名が多い。
イングランドのストラトフォードといえばご存知、劇作家ウィリアム・シェイクスピア生誕の地である。ストラトフォードの近くを通ったことは何度かあるんだけど、まだ行ったことない。5月にはストラトフォード・フェスティバルという古典から現代劇まで様々な時代の演劇を見せてくれる歴史ある演劇祭が開かれるらしい。そしてやはりシェークスピア作品の上演で有名とのこと。
ブリュワリーのHPにもストラトフォード賛歌と我々は街に根付いたファミリービジネスに誇りをもっているみたいなことが述べられている。

StratfordPilsner002.jpg
アルコール度数4.9%。飲み口はやさしいピルスナー。なんつーか日本のラガーピールのような炭酸のキレや苦味の効いたタイプじゃない。炭酸抑え目であとからまろやかな苦味が効いてくる感じ。まぁ悪くないんだけど、喉越しすっきりプッハー!ゲップゥ!っていう金色ラガーが少ないよね。

ブリュワリーのHPにはこんな決め台詞が。
The Stratford Brewing Company's pilsner is beer, as you like it(お気に召すまま).
As you like itってシェークスピアの『お気に召すまま』って喜劇だよね。読んだことないけどね。



View Larger Map
ストラトフォードって小さい湖と川があるのね。何か釣れるかな。

ocb.jpg
STRATFORD BREWING はOntarioCraftBrewersのひとつ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.21    [ Category : BEER (Ontario) ]

師走ですね。 ぶらぶら。

寒い。今日も寒い。午前中は完全にくたばって昼過ぎまでウトウトしたり…で、とりあえずどっか行こうと車を出すが、これといってアテもないがとりあえずドンバレーを北上。そうだ久しぶりにFAIRVIEWモールに行ってみよう!

20091220_000.jpg
すげぇ混んでたよ。まぁ午後のモールはいつもそうだけど、今日はいつもにも増して駐車するのが大変だった。ホリデーシーズン前のセール中。セール中のお店のレジは長蛇の列。

20091220_001.jpg
クリスマスまであと1週間だもんねぇ。

20091220_002.jpg
遅い昼食はKFCで済ませちゃいました。昨日日本から送ってもらったDVDみてたらカーネル・サンダースとKFCの話やっていてちょっと食べたくなっていたんだよね。胸肉の軟骨もゴリゴリ食べちゃったよ。でもやっぱクリスピーチキンは旨いな。はずせないな。

20091220_003.jpg
まぁ午前中ゆっくりしてちょっと疲れは取れたにしてもあまりにもしょぼい休日っぷりだったので、帰宅してから夜の散歩に出てみた。ハーバーフロントのスケートリンクは大盛況。CNタワーをバックにスケートかぁ。いいねぇ。オレも小学生の時以来だけどトライしてみようかなと思ったり。でもなんか初心者が練習できるような雰囲気ではなかったな。

20091220_004.jpg 20091220_005.jpg
停泊中のKAJAMA号とEMPIRE SANDY号。

20091220_007.jpg
トロントポリスの水上部隊基地。

20091220_008.jpg
マリーナにはところどころ薄っすらと氷がはっていた。ここら辺、夏場なんか釣れそうな気がするんだけど…でも誰も釣りとかしていないよね。禁止とは書いてないけど…やってもいいのかな?

20091220_009.jpg
RogersCentreとCNタワー。

20091220_010.jpg
実はオレ、夜のRogersCentreはかなり好きだ。このライティングいいよねぇ。なんかCNタワーより色気がある気がする。これシャッタースピードすごい遅くして道端のゴミ箱の上に両肘置いて震える手でカメラ押さえながら撮るのすごい大変だった…

20091220_011.jpg
Queen'sQueyTerminalのSobeys。

20091220_012.jpg
いつもは嫁の大好物の生ハムをお土産に買っていくんだけど、今日は自分用のビールのアテのGermanSalamiを買いました。

さぁ家に帰ってビール!ビール!

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.20    [ Category : 徒然/第一章 ]

師走ですね。 Cocoberry

師走ですね。寒い寒い。
Cocoberry005.jpg

さて、今日も出勤前の朝食タイム!

Cocoberry000.jpg
今朝はハーバースクエアのCocoberryというカフェに朝食に出撃。前からちょっと気になっていたのです。

Cocoberry002.jpg
やっぱりまずはサニーサイドアップ攻撃!3エッグ!

Cocoberry003.jpg
嫁のベーグルベネディクト。

…うーん…なんつーか。悪くなかったのですが普通すぎて記事にならない…しまった。良いか悪いかはっきりしてればなんとかなるが、普通だと…こういうの困るね……

そうだ!強いてあげれば今日はコーヒーのカップにスプーンが刺さってなかったよ。スプーン別だし。

…くらいか。

Cocoberry001.jpg
会社行こう。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.19    [ Category : Food (Ontario) ]

コロニュェ? Beau's Lug Tread Lagered Ale (Beau's All Natural Brewing Co.)

Beau's Lug Tread Lagered Ale
BEAUS000.jpg
なんかすごそうなので購入!Beau's All Natural Brewingというブリュワリーの商品。Vankleek Hillというところにあるらしいのだが、どこだろう・・・聞いたことないや。GoogleMapで検索!!ケベックのほうだった。オタワとモントリオールの中間くらい。ちょっと東に行ってオタワリバーを渡ったらもうモントリオール。それはさすがに聞いたことない地名でも仕方ないな。まだ我が家はトロントの東はBayOfQuinteの西止まりまでしか行った事が無くキングストンにすら辿りついていないのだ。

BEAUS001.jpg
このトラクターが良いよねぇ。味があるよねぇ。
えーっと、LUG•TREADは湧き水と厳選されたモルトによる手作りのビアーだ!この最高の金色のエールを醸造しオンタリオに並ぶものの無いラガービールをつくっちょります!みたいなことが書いてあるぞ。

BEAUS002.jpg
すごい麦のアロマが香るラガー。炭酸のキレもそこそこあり、苦味もなかなかで、これは日本人にはなかなか美味しい味わいだわ。いいわ。

なになに、このビールはドイツのCologneのクラシックビールへの我々のトリビュート(賛辞)ですとか書いてあるぞ…
Cologne コログネ?コロニュェ?なんだ…なんだ…
………………
………ケルン!!ケルン大聖堂のケルン!奥寺さんがいた1FCケルンのケルン!!
ケルンってCologneって書くのか…またビールで勉強させてもらったわ。

ocb.jpg
Beau's All Natural BrewingはOntarioCraftBrewersのひとつ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.18    [ Category : BEER (Ontario) ]

お気に入りのパブブランチ Abbot PUB & FARE

Abbot PUB & FARE
Abbot000.jpg
ローレンスの北側、ヤング沿いの商店街はなかなか楽しいねぇとかいいながら去年の初夏くらいに散策していて、ランチタイムに外にたくさんのストローラーが置いてあったのでこのパブは結構門構えは立派だけど子供もOKなのね!とトライしてみていらい結構お気に入り。場所は日本人みんな大好きの『志』の近く。

Abbot001.jpg
引っ越してからはちょっと遠くなってしまったのであまり来なくなっていたんだけど、ちょっとお昼に時間があったので久しぶりに行ってみた。
ここは夜は演奏とかあってかなり行けてるアイリッシュパブのようなのだが、残念ながら昼間のブランチタイムにしかきたことがない。
そういえば去年の今頃も日本に帰省するまえにブランチしに行こう!とやってきたなぁ。そしたらコーヒー飲んでたら、水道管がパンクしちゃってなんだかいろいろやったけどどうにもならなくて今日はもう店じまいするしかなくなっちゃったからゴメン!といきなり閉店したことがあったな。懐かしいハプニングだ。

Abbot003.jpg
嫁はチキンポットパイ。おう、熱々でこの寒い中、はふーはふーって食べるにはいいじゃない!前に食べたシェパードパイもなかなか美味しかったと言ってました。

Abbot002.jpg
Ploughman's lunch。プラウマンズランチっていうのか?難しい名前だ…結構美味しかったピスタチオパテ!?とチェダーチーズとコールスローといろんなピクルス盛り合わせ。ピクルス。オレはキュウリが大の苦手なんだけど、ピクルスは大好きという変わった人なのだ。キュウリのキュウちゃんも大好き。あの青臭い匂いがダメなのだ。だから浅漬けはNG。でもピクルスとかは大好物。におわないもん。あとコールスローも結構苦手なんだけど、このコールスローはしっかりしたやつでなかなか美味しかった。あとなんか小鉢にはいった茶色い漬物みたいな野菜の佃煮風のジャムみたいな何かがイケてた。

ここ最近スリーエッグとかギトギトポテトとかハードコアブランチ続きだったのでこのお皿とっても良かった。

ところで実はオジさんはプラウマンズランチ(Ploughman's lunch)っていったい何?って思いながらチャレンジオーダーしてみたわけだ。嫁はメニューみて直訳すると…耕す人ランチとかいう意味ね…とか言ってたけど…
で、google先生にぶちこんでみると…wikiページまであったよ。Ploughmanは多分イギリス英語なのかな…辞書ではplowmanで、意味は耕す人。すげぇ…嫁…あってるよ…。
wikiを果敢に意訳していってみよう
・プラウマンズランチ(もしくはただ単にプラウマンズ)は英国に起源をもつ冷たい軽食。
お皿は最小構成はこんな感じ。チーズ(よくあるのは厚めのチェダーチーズとかスティルトンチーズとか)と、ピクルス(ブランストンピクルス(Branston pickle)とか)と、パンとバター。
ほかの付け合せはグリーンサラダとか。他には半切りの林檎とかセロリとかパテとかクリスプとか角切りの固茹で卵とかビーツの根とかの場合もある。
・プラウマンズランチの起源は定かではない。イングランドの牛乳集荷機関(Milk Marketing Board)が全国的にチーズの出荷を伸ばそうとプロモーションしていた1960年代にはみることが出来る。で、いくつかの調査ではプラウマンズランチはこのマーケティングで作られた料理以外のなにものでもないという結論を出している。
しかし他の情報では、似たような料理が少なくとも1957年からプラウマンズランチと呼ばれており、料理そのものは第二次世界大戦前からポピュラーな料理だった可能性もある。その料理はプラウボーイズランチ(ploughboy's lunch)っていってたらしいけど。
・イギリスのパブ飯では定番メニュー。イギリス文化の象徴と考えられている。

もっといろいろ書いてあったけどね。どっちにしてもなんとなく火も使わない簡素で慎ましい『農夫の昼食』ってな感じなんだろうね。


…でさ、おじさんピクルスのところにでてきた『ブランストンピクルス』ってのにまた引っかかっちゃたわけよ。なんすかそれ?って。で、調べたらサ、結構イケてた『小鉢にはいった茶色い漬物みたいな野菜の佃煮風のジャムみたいな何か』がそれだった。
Abbot002b.jpg
角切りにしたお野菜をビネガーとかでピクルスにした英国ではとってもポピュラーなモノらしいのだが、どうやら厳密には料理とか食べ物の名前ではなく『商品名』のようだ。紫蘇のフリカケ一般名称かと思ってたら実は商品名だった「ゆかり」みたいなもんか。今度スーパーでみかけたら買ってみよう。


Abbot004.jpg
いやぁ寒い。寒い。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.17    [ Category : Food (Ontario) ]

美味しいらしいが… ブルーギル

ブルーギル

Gill0706.jpg
ブルーギル(Bluegill)ですギル。ギルってヤツ。ここ北米は原産国。gillは英語で鰓(えら)の意味なので青い鰓っていう意味のようだ。

ギルは日本語wikiもあるから楽だな。以下wikiより。
・成魚の全長は20cm前後。体は円形に近く、左右に平たい(側扁する)。
・体色は変異があるが、およそ淡い緑褐色で、体側に細い横しまが10本前後ある。
・左右の鰓蓋の上部に突出した皮弁があり、その部分が紺色になっている。この部分に由来して"Bluegill sunfish"(ブルーギル・サンフィッシュ : 青い鰓蓋のサンフィッシュ)、略してブルーギルと呼ばれる。
・日本のブルーギルは、大きくても25cm前後だが原産地の北アメリカでは40cm近くに成長する。

まじか!カナダでも40cm級捕れるってことか?それは下手するとバスより引くんじゃねーか?

日本には今上天皇経由で入ったんだね、へぇ。
以下wikiそのまま
 日本への移入は、1960年に皇太子明仁親王(今上天皇)が外遊の際、シカゴ市長から寄贈されたアイオワ州グッテンベルグで捕獲されたミシシッピ川水系原産の15匹を日本に持ち帰り、水産庁淡水区水産研究所が食用研究対象として飼育したのち、1966年に静岡県伊東市の一碧湖に放流したのが最初とされていた。2009年に三重大学生物資源学部が発表したミトコンドリアDNAの解析結果により、全都道府県の56箇所で採取した1398体全ての標本の塩基配列が、米国13地点で採取したサンプルのうちグッテンベルグで採取したものと完全に一致したことでこの事実が証明された。それについて天皇即位後の2007年第27回全国豊かな海づくり大会において今上天皇は「ブルーギルは50年近く前、私が米国より持ち帰り、水産庁の研究所に寄贈したもの。食用魚として期待が大きく養殖が開始されましたが、今このような結果になったことに心を痛めています」と発言した。

一碧湖かぁ。会社の保養所が近くにあってよく行ったなぁ。にしても15匹から日本全国まで増えるってすごいよね。15匹だぜ。1500匹なら分かるけど、その15匹は相当なバイタリティだよね。

で、もともと食用魚として…ということだから食味はいいんだろうね。そこが岩場の綺麗な湖で30cmとかつれたらちょっと食ってみたいな。たぶんフライにしたら美味しいんじゃないかな。

Gill0719.jpg
夏に行ったとあるキャナルの狭い釣り場で先行者の中国人夫婦が餌釣りをしていたので、ちょっと離れたところでやらせてもらったんだけど、嫁がいきなり釣った25cmくらいのスモールマウスを「うぉぉぉ!すげぇ!!」って羨望の眼差しみるので、「逃がすけど、もしかしている?」って聞いたら「いいの!?本当に!じゃあここに入れて!!」と、川の中から持ち上げたビクの中には10cm~15cmくらいのギルとパンプキンシードが大量にうごめいていた。

あれはもう何十年釣りしている俺の目にもすごい光景だった…えっ!?ギル…って感じだった。あのギルたち唐揚げにでもなったのかな…
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.16    [ Category : FISH/第一章 ]

肉もってこい! Mill Street Barley Wine (Mill Street)

Mill Street Barley Wine

先週1週間かけてマラソンしてきたトロントの誇る Mill Street Brewery シリーズの締めくくり(?)。ちょっと豪華なボトルのMill Street Barley Wine

BarleyWine2009000.jpg
Barley Wineってそのまま訳すと大麦ワインか。アルコール度数11%。
この手のハイアルコールビールは過去何度か飲んでいるけどもはやビールじゃないんだよな…感触が…ホッピーに焼酎の代わりにウィスキーぶち込んだとまでは言わないけど、なんか麦がブランデーのように香る弱めのウィスキーみたいな不思議な飲み物なんだよな…
その日の気分はあんまり乗り気じゃなかったんだけど、嫁がなんだかこのCHINAで出来たような容器につられて『飲みたい』『飲みたい』というのでトライ。

BarleyWine2009001.jpg
まず瓶の開け方わからなくてちょっと手間取った(笑)。

無事開封された瓶からはやはり泡の立たないアンバーレッドのトロンとした感じのヤツが。これは高アルコールビールならではアロマが。それはそれで悪くないんだけどね。

BarleyWine2009002.jpg
うむ。お味はやはり濃いアロマとアルコール刺激のハイアルコールビールそのまま。ホップのキレはなし!!まぁこのビールで喉越し最高!グッビグビ!ってやったら一撃泥酔だけどね。
で、思ったんだけど、このビールのアルコール刺激やこのビールの醸し出すまたっりした大人の態度にはアレだ!アレ!!牛だよ!牛!!ビーフってやつ。血の滴る牛肉ステーキとかにはとっても合いそうだと思う。
この日の夕飯はミートローフだったんだけど、このビールにミートローフはダメだな。弱すぎる。さすがの『地獄のロックライダー』ミートローフ様でもこいつには勝てん。こいつにはアンガスビーフレア1ポンド!とかじゃないと対抗できん。

まぁこれはその名の通りBarley Wineだね。ビール!ビール!喉乾いた!ビール!ビール!とにかく!とりあえず!すぐビール!!!って感じで飲む酒じゃないとすれば、それはそれで悪くはない。酔うけど。

ocb.jpg
Mill Street Brewery はOntarioCraftBrewersのひとつ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.15    [ Category : BEER (Ontario) ]

ワーテルローの酔っ払い Wellington County Dark Ale (Wellington Brewery)

Wellington County Dark Ale

WellingtonCounty000.jpg
前に書いたツナ缶ビールのWellington Breweryの主力製品 Wellington County Dark Ale を飲んでみました。HPをチェックするとOntario Beer Awards 2009のDark Ale部門People’s Choiceなど数々の賞に輝いているなかなかイケてる子のようだ。
で、前の記事でもかいたけど、ここはcask-conditioned Real Aleなる本物のエール醸造がウリなので、市場に流通させている商品としてはこのエールがまさに看板ビールのようだ。


WellingtonCounty001.jpg
赤みの深い琥珀色のエール。アルコール度数は5.0%。深く甘いアロマの感じといい苦味といい正統派ブラウンエールってとこかな。

ビールと関係ないんだけど、Wellington countyってウェリントン郡ってことだよな。調べてみるとこのブリュワリーのあるGuelph付近のオンタリオ州の一郡がウェリントン郡だということだ。でも英語のwikiみてたら、なんと!郡庁っていうのかな、中心機能はGuelph市にあるけど、なんだけどGuelph市そのものはWellington countyに属していないとか書いてある。意味わからん。
でもってWellingtonっていったら、1815年のワーテルローの戦いでかのナポレオン・ボナパルトを破ったあのウェリントンさんのことだよな。きっと。と思って調べた行ったら!!!
我々は世界史の授業でワーテルローって習うけど実はアルファベットにすると!!Waterloo!!英語発音でウォータールーなのね!!ぜんぜん気がつかなかったよぉ。でまたwikiみてみると、英語でウォータールー (Waterloo) は「完膚なきまでにやぶれた惨敗」の喩えとなっているとある。えぇ・・・でもWaterloo大学は相当いけてる大学だけど、なんかな…

で。ウェリントン公の肖像画みてみると、やっぱりこの缶に印刷されている人だね。ってかオンタリオ南部は本当にイギリス地名多いよね。

ocb.jpg
Wellington BreweryはOntarioCraftBrewersのひとつ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.14    [ Category : BEER (Ontario) ]

中華喫茶!? Phoenix Restaurant (Chinese)

朝から雨模様。ぱっとしないねぇ。

PhoenixRestaurant000.jpg
そして先週ちょっと飲みすぎたビールと昨日のダイナーで胃腸がなかかに重く、さすがに今日はダイナーブランチは厳しいので止めておこうと…

で、どうするか悩んだがモールにはこのところ結構行ってるし、今日は日本からメールも着てないし会社オフにして、北のJ-TOWNに日本食品を買いに出かけることにした。最近はT&TとかギャラリアばかりだったのでJ-TOWNはすごい久しぶりだ。ついでにJ-TOWNの近くにシンガポールでいつもお世話になっていた海南鶏飯(ChickenRice)を食べさせてくれる中国料理の店があるらしいというネットのうわさをゲットしていたのでそこに行ってみることに。久しぶりのチキンライスだ。楽しみだわ。

PhoenixRestaurant001.jpg
店に到着するとすごい混んでいた。ひっきりなしに人が入店してくる。これは期待できそうだ。

さて!いきなり店員さん中国語でなかなか大変だったうえにしばらく並んだけど、ぶじに席に到着。なかなか小奇麗で活気にあふれた店内だ。基本中国語だけど。

PhoenixRestaurant002.jpg
海南鶏飯!チッキンライス!ついていたソースはシンガポールでいつもついていた赤い唐辛子ペーストソースや黒い醤油ベースのソースではなかったのはちょっとガッカリしたけど、なかなか美味しい薬味でチキンはプリプリ。結構多くの人がこれを注文していたけど、このチキンはなかなかの逸品だ。ライスもなかなかの味付け。

PhoenixRestaurant003.jpg
オックステールマレー式カレー。スパイシー。いや、これスパイシー。ココナッツミルクベースの黄色いマレーシア式カレー。牛の尻尾ってなんだかなんとも言えない食感。これ、とにかく辛かったわぁ。もともと嫁セレクションだったのに嫁は一発でノックアウト!オレに回ってきた。俺、先週末から胃腸弱ってんのにぃ…普段は辛いの好きなんだけどね。

安くて美味しかったんだけど中国語の飛び交う行列店はなんだかとても疲れるね。店員さんもお客さんも基本中国語だしね。海南鶏飯もマレーカレーも美味しかったけど、やっぱ子連れでまったり鶏飯&マレー式カレーならウチは『レストラン・マレーシア』が落ち着くかな。

なんだかトーストとかハンバーガーとかもあって、どうも中国の人々の集う人気喫茶店のノリのようだ。

お腹いっぱいでJ-TOWNへ。微妙にリノベーションして肉屋さんと魚屋さんの場所が入れ替わっていた。今晩は刺身であっさり行こうかな。
PhoenixRestaurant004.jpg
鮎とヤマメの塩焼き売ってた。ちょっといいな。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.13    [ Category : Food (Ontario) ]

ロックンロールダイナー! Wimpy's Diner (American Diner)

なんかすっげぇ寒いねぇ。トロントのダウンタウンからドンバレーパークウェイに入るところの川はもう凍ってるね…

ちょっと前夜の忘年会で飲みすぎてしまった土曜日。今日は朝から歯医者に行ったり会社に行ったりで午前中はなんだか地味に忙しい。

お昼過ぎにお家に戻っていざ出発!今日はVaughan Millsのモールに行くのだ!GTA唯一の聖地!BassProShopsに久しぶりの出撃なのだ!まぁもう冬だから何も買わないけど…

Wimpys000.jpg
で、今日のブランチにVaughanの近所になんか良い感じのダイナーないかなぁ…と探したら、あったあった。ハイウェイ7からちょっと入ったところにチェーン店だけど『Wimpy's Diner』発見!webを見る限り、かなり多くのチェーン店を展開しているファーストフード店のようだけど、なかなか期待できそうだ。

Wimpys001.jpg
店内はレトロな正調アメリカンダイナー!おうおう!いいねぇ。最近60年代くらいのアメリカンダイナー風インテリアに目覚めつつある我が家はちょっと盛り上がる。

レトロ調ダイナーにエルビスとマリリンは外せないね!ロックンロールだよね。

Wimpys002.jpg
若干飲みすぎて胃の調子は最悪なんだけど…やはりここはシグネチャーディッシュ行くしかないでしょう!Wimpy's Five ☆☆☆☆☆ Combo!(ファイブスターコンボ!)。スリーエッグをサニーサイドアップで!ギットリジットリ油のソーセージ2本!分厚く鉄板で焼かれたハム4枚!肉肉しいベーコン(カリカリじゃなくて特厚のやつ)4枚!それにどうやって作ってんだかよくわからないけど攻撃的に調理されたジャガ!こいつは…なんたる攻撃力だろうか…こんなの毎日食ってりゃ成人病必須…すばらしいメタボメニュー。

Wimpys003.jpg
嫁はロースとビーフサンドwith揚げたてフレンチフライ!ディップにはなかなかエッジの効いたグレービーソースがたっぷりと供された。グレービーソースって何でできてんだ?

こりゃすげぇぜ!二つ合わせても”正統派緑黄色野菜レス”アメリカンファット育成ブランチ。いやぁ…カナダに来て1年間くらいはこういうのぜんぜん食べ切れなかったんだけどね…食べれちゃうようになるんだね…人間って、適応しちゃうんだねぇ。環境に。

Wimpys004.jpg
おなかいっぱいっすよ…

で、ホリデーシーズン前の週末のVaughan Millsはものすごい人ごみだった。
BPS000.jpg
BassProShopsに関して書き始めると大変なことになるので、BassProShopsの記事はまた今度。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.12    [ Category : Food (Ontario) ]

まだまだMillStreetで攻めるよ! Mill Street Helles Bock (Mill Street)

Mill Street Helles Bock

まだまだまだまだ続くMill Street シリーズ。

HellesBock000.jpg
Mill Street Helles Bock です。
Hellesはwikiによると、『ドイツのミュンヘンで製造されているビールのスタイル。明るい金色で、ピルスナーと同じくややホップの香りが抑えられており、より多く麦芽の風味が含まれている』とのこと。
Helles Bockは100%有機モルトとホップでできてるらしい。レーベンブロイだね。なかなか攻撃的な刺激と思ったら、アルコール度数6.2%というなかなかストロングなビールだった。

HellesBock001.jpg
ちょっと赤みがかったアンバーな色合いからちょっとスイートなアロマと舌にべとつくエール的な感じを予想していたのだけど、見た目より切れのあるホップな感触だった。そうか。これドイツ製法ってことはラガー式なのか。

ocb.jpg
Mill Street Brewery はOntarioCraftBrewersのひとつ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.11    [ Category : BEER (Ontario) ]

強そうなビールNo1 Mill Street Tankhouse Ale (Mill Street)

Mill Street Tankhouse Ale

MillStreetTankHouse000.jpg
今日は朝から雪が舞って寒いですね・・

そんなつもりではないんだけど、だんだんオンタリオ産ビール紹介ブログの様相に…まぁ日々会社勤め残業続きの何の新鮮な発見も驚きもない生活なのでこうなっちゃうのは仕方ないよねぇ。

で、まだまだまだまだ続くMill Street シリーズ。なぜっかっていうと、LCBOで Mill Street Brewery アラカルトセットを買ってしまったからさ!

MillStreetTankHouse001.jpg
Mill Street Tankhouse Ale。タンクハウスエール。MillStreetブランドの中では一番人気のエールのようだ。なんかタンクハウスって強そうだよね。醸造タンクのことだろうけど、なんでか『タンク』って聞くと戦車とかのイメージが浮かんじゃって、すげぇ強そうなビールだよなぁっていうのが第一印象。飲む前のね。

5種類のモルトを使用した風味豊かなビールで、見た目どおりホップの苦味も適度に効いていて、ネットの評判をみても軒並み評価が高い。まぁ苦味も風味もバランスが良いんだろうな。こっちの人には。

MillStreetTankHouse002.jpg
アルコール分5.2%。エール的には軽くてライトな飲み口のダークエールってことだけど、そこそこ苦味もアロマも効いた正統派エールだと思うな。で、オレはビールは目の前にあるだけ飲んじゃう典型的ダメ男タイプなので、赤や茶色系は最初ライトで苦味が後からくるうが量飲みやすくて好き。たからキースのレッドとかのほうがガブガブいけて好みだけど、まぁこれも嫌いじゃないな。

あっ!要はその日の気分なだけだわ。

意外とカナダはラガービールじゃなくてペールエールとかホップの切れとかでなく、まったりじっとりアロマと苦味が効いてくるタイプが多いよね。イギリス連邦だからかな。こっちに来る前はバドとかクアーズとかミラーとかアメリカンビール三昧になるのかと思ってたけど。

ocb.jpg
Mill Street Brewery はOntarioCraftBrewersのひとつ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.10    [ Category : BEER (Ontario) ]

コ、コーヒー… Mill Street Coffee Porter (Mill Street)

まだまだまだ続くMill Street シリーズ。

CoffeePorter000.jpg
Mill Street Coffee Porter。コーヒー黒ビール。その名の通り、コーヒー風味!飛び道具だね。webみるとA beer with cult status!って自分たちでも言ってるしな。初めてMill Street Pubいった時にこれ飲んだ時はちょっと衝撃だったな。
Poterってのは焦がした麦芽を使った黒ビールのこと。ギネスとかのスタウト(焙煎した麦芽をつかった黒ビール)よりも歴史がふるくて、彼らよりもホップの苦味が弱いビールみたい。

CoffeePorter001.jpg
で問題はこのCoffeeですよ。もともとMill Streetの醸造所があったディスティラリー地区にあるバルザックコーヒーの豆を使用しているとのこと。へぇ。あそこの美味しいコーヒー屋か。それでこいういうの作ったのね。

CoffeePorter002.jpg
アルコール度数5.5%。味はホップの苦味のきいたコーヒー風味の黒ビール。なんともいえない。うーん、ガバガバ飲むにはどうかと思うけどこれもアクセントとしてはいいな。

MillStreetのwebではシュリンプとかオイスターと一緒にどうぞみたいなこと書いてあるけど、確かに海鮮と一緒の取り合わせはいいかも。海鮮は下手にビールのむと生臭くなっちゃうけど、このコーヒー風味の黒ビールならいけるかも!今度試してみよう。

ocb.jpg
Mill Street Brewery はOntarioCraftBrewersのひとつ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.09    [ Category : BEER (Ontario) ]

スパイシー! Mill Street Wit (Mill Street)

Mill Street Wit

まだまだ続く Mill Street シリーズ。

MillStreetBelgianWit000.jpg
こちら Mill Street Wit というビール。BELGIAN WITとあるのでベルギースタイルなのか?WITビールってなんだ?

MillStreetBelgianWit001.jpg
wikiってみた。Wheat Aleというのは醸造時の穀物比率の高いビールのことらしい。また、たいがい大麦麦芽(malted barley)比率の高い上面発酵ビール。ってことはこいつは黄色いけどラガーじゃないのか。いろんな穀物をふくんでいるので、それによって風味も変わってくるらしい。

でさらにネットを掘っていくと、『WIT』というのはベルギーのWheat AleのことでドイツやアメリカのWheatビールとはまったく違うものらしい。WITは少なくとも25%の小麦麦芽で醸造されていなくてはならなくて、フルーティでかすかにレモンのような感覚。コリアンダーの種とオレンジの皮とその他スパイスを使用しているから、ということらしい。コッ!コリアンダー!?コリアンダーってパクチーだよね。パクチーなんて入ってたのか。

MillStreetBelgianWit002.jpg
Mill StreetのWITは5.2%とアルコール度数は高め。飲み口は酸味のきいた麦というか穀物とシトラス風味のミックスしたなんともいえない風味。まさにWITの説明の通りだ。なんだろう。穀物醸造したらこうなるよなってことだな。でも柑橘系ライトなのでホワイトビールのような感じもする。で、MillStreetのwebをみると、なになに、小麦とコリアンダーとオレンジの皮とスペシャルイーストって書いてある。製法、原材料もWITの説明の通りだね。

2008年、サンディエゴで開かれたワールドビールアップで銅メダルに輝いたらしい。嫌いじゃないけど、すごい特徴のあるビールなのでアクセント的な使い道でいいな。

ocb.jpg
Mill Street Brewery はOntarioCraftBrewersのひとつ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.08    [ Category : BEER (Ontario) ]

カナディアンヤンキービール! Mill Street Stock Ale (Mill Street)

Mill Street Stock Ale

Mill Street Original Organic Lagerに続いて Mill Street シリーズ。

MillStreetStockAle000.jpg
こちらも金色のラガー。HPには"export style"ってあるように5.0%とアルコール度数は高め。Original Organic Lager に比べると、同じくライトなんだけどホップの苦味も効いていてエッジの利いた飲み口。ライトだけどね。

MillStreetStockAle001.jpg
"Ultimate Hocky Beer","Ultimate Cottage Beer"とも謳ってるね。☆の瓶のラベルからしてまぁそんなアメリカンが地下室やバーで友達とチップスやウィングなんかをムシャムシャ食いながらスポーツ観戦したり、スタジアムの駐車場でバーベキューして乱痴気騒ぎしてそうな感じのビールだね。どんなビールだよ(笑)

MillStreetStockAle002.jpg
なになに、オープンローストのマスタード、チェダーチーズのターキーサンドイッチとかに合うよ!と書いてある。ふーん。まぁそういうちょいボリュームのサンドイッチ片手にすっきり飲み干すタイプのやつって感じではあるな。

ocb.jpg
Mill Street Brewery はOntarioCraftBrewersのひとつ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.07    [ Category : BEER (Ontario) ]

行列店 Cora

今日は寒かったぁ。無駄に晴天だったわ。
Cora000.jpg
雲ひとつない。けど氷点下。

今日も休日出勤なので出社前に家族で朝食をとりにいく。ぷらぷらとCNタワーの脇を抜けてダウンタウンへ。SteamWhistleの脇のラウンドハウスパークがオープンしてて、息子が引っかかりまくって思ったよりも時間がかかってしまった。

Cora001.jpg
で、今日の目的地、BlueJayWayのCoraに到着したらものすごい行列…まじか。まぁ知ってたけど、この寒いのにこ行列に並ぶのは…しかし…。まぁせっかくなので並んでみた。根性のないカナダ人がそんなに長く並べるはずはないからきっと回転が早くてすぐに中に入れるに違いない!

…と考えたのが運のつき。カナダ人は根性はないけど寒さには異常に強いのだった!!前のねーちゃんサンダルだったしな…で、ビルの日陰のなか待つこと30分・・・ようやく中に入れました。

Cora002.jpg
ようし!今日もツーエッグサニーサイドアップだぜ!Coraスペシャルはソーセージとベーコンとハムのコンボで攻めてくるなかなかの攻撃力。ハム下にクレープもついている。

Cora003.jpg
息子にはカップいっぱいのヨーグルトシリアルフルーツ。キウイとかプラムとかバナナとかパイナップルとか。

Cora004.jpg
嫁さんはクレープ&フレンチトーストの上にフルーツ盛り。なんかすげぇな。スイカも乗ってるぜ。

まぁこういうフルーツ炸裂ディッシュが売りのようだ。おフレンチ系なのね。
ポテトフライがとても軽くて美味しかった。ほかは全体的に油ぎっとりハイカロリーダイナー料理と比べるととてもアッサリしていてこれはこれで悪くない。こういうのが変なところでヘルシー志向のカナディアンに受けるのかな。フルーツ多彩でヘルシーだしな。

まぁ寒い中行列作ってまで食いたいか…といわれるとかなり微妙だけど…前通ってて空いてたら入っちゃうかな。

Cora005.jpg
会社帰りのCNタワー。クリスマスカラーだね。寒い。寒い。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2009.12.06    [ Category : Food (Ontario) ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ