無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

ウザイRogersとコメビール La Messagere (Microbrasserie Nouvelle-France)

La Messagere

しまった、世界のビールに手を出してみたらトロントともオンタリオ湖畔とも記事内容が全然関係なくなってきた。
で、ちょっと身近にあった話でも書いてみることに。そんな今日の小噺は大変にウザいRogersのテレマーケティングから。

最近Rogersのテレマーケティングがすごい。凄い勢いで電話をかけてくる。大概無視しているのだけれども、数日前にあまりにもかかってくるので頭にきて出てみた。たいていの場合、機械が自動的にかけているだけなので無言電話なのだが、なんと驚いたことにそのときは機械の中の人がいた!!

中の人 ハロー!ミスターワキ?
オレ だれ?
中の人 ハロー!ミスターワキ?
オレ そうだけど、君はだれ?
中の人 アナタ ロジャース イロイロ ケイヤク シテマスネ。 イロイロ オトクゥナ…
(明らかにこの人はインドかパキスタンあたりの人で英語ネイティブではない。何かプロモーション用の文句を読んでいるのだがあまりにも訛りが酷くて意味が分からない…)
オレ いまのロジャースで満足してるから、エブリシング is ファインだからじゃーね。
中の人 ハロー!ミスターワキ。
中の人 アナタ ロジャース イロイロ ケイヤク シテマスネ。 イロイロ オトクゥナ…
(……えっ!?最初から繰り返し始めたよ…)
オレ だから問題ないからさ、別のそういうの要らないから。じゃーねー。
中の人 ハロー!ミスターワキ。
中の人 アナタ ロジャース イロイロ ケイヤク シテマスネ。 イロイロ オトクゥナ…
(……えっ!?また最初からかよ!)
オレ えっとWebサイトとかあるよね?
中の人 ウェッブ アリマッス。ミスターワキ。
オレ じゃあオレ自分でそこチェックするから無問題。無問題。じゃーねー。
中の人 アリガト。ミスターワキ。

こんなやりとりをして、やはり8**からかかってくる電話には二度と出るまいと誓ったのです。

LaMessagere000.jpg
で、そんな夜にはフランス産かと思って買ったらケベック産だったというオチのビール La Messagere (ラ・メサジェール)。

LaMessagere001.jpg
醸造主はケベックにあるMicrobrasserie Nouvelle-France。場所はモントリオールとケベックシティの中間くらいにあるようだ。

LaMessagere002.jpg
アルコール度数4.7%。注いでびっくり、薄黄金というか白ワインというかジンジャーエールの様なカラー。そしてなんだろう・・シトラスとホップのヴァイスビアのような香りなんだけど、ちょっとなんか独特な香り…。口当たりは爽やかでビールというよりは毛色の変わった白ワインのようだが、すごく軽い超ライトボディ。しかしこの穀物シトラスの香りと炭酸はどこかで…と思って原材料を見たら、Rice syrupとRice maltってあった。コメ!?米!?そうか!これはあれだ!発泡日本酒だ!発泡日本酒を水で薄めたらこんな感じになるんじゃないか!

で、なんでこれコメ原料のビールなのかというとセリアック病という小麦や大麦、ライ麦などに含まれるタンパク質、グルテンに対する免疫反応から引き起こされる自己免疫疾患の人たち向けに、グルテンフリーを目標に開発されたビールということ。へぇ。なので米原料なんだろうねぇ。(釣りバカにはグルテンって言えば、ヘラブナの餌だよねぇ。マルきゅー。マルきゅー。)

でもまぁ結論から言うと…これは飛び道具だね。好きな人ははまるかも。ビール!ビール!ビール飲みたい!って言った時に出されたら”えっ!?なにこれ?”ってなるタイプ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2010.03.31    [ Category : BEER (Quebec) ]

今宵はタイ Singha Beer (Pathumthani Brewery)

Singha Beer

今日は暖かいトロントでしたね。

20100330_000.jpg
嫁がバンクーバーオリンピックが終わってステイプルスで半額でたたき売りされていたマスコットを買ってきました。オリンピック期間中ちょっと欲しがっていたのですが、まさか終わってからかってくるとは…

Singha000.jpg
さて、本日の出来心で世界のビールはタイ出身のシンハービールです。SINGHA(シンハー)はサンスクリット語で「獅子」という意味だそうです。このビールはシンガポールに出張していたとき、タイガービールとローテーションで飲んでいたのを思い出しました。

Singha001.jpg
白地に金色のラベルが素敵。醸造元はPathumthani Breweryなんだけれども、シンハーは1933年創業のタイのBoon Rawd Brewery(ブンロート・ブリュワリー)のブランドで、Pathumthani Breweryはここからライセンスを受けて製造しているようだ。

Singha002.jpg
アルコール度数5.0%の薄金色に白い泡のラガービール。香りは軽いホップの香り。飲み口は炭酸が効きめのライトボディに微かな甘み、酸味まではいかないけどドライで独特の苦味の押し出しが特長的なビール。ホップの香りはそんなに強くないんだけど、苦みはかなりしっかりしている。こういう特徴的なところが、酸味と辛味のタイ料理には合うんだろうね。たぶん蒸し暑い現地で汗かきながら冷やしたコイツを飲むのと、トロントで「あぁ今週も憂鬱だわぁ・・・」って背中まるめてチビチビ飲むのでは味わいが全く違うんだろうねぇ(笑)
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.30    [ Category : BEER (World) ]

出来心でチェコ… PilsnerUrquell (SABMiller)

PilsnerUrquell

また今週は暖かくなりそうなトロント地方ですね。

PilsnerUrquell000.jpg
さて昨晩飲んだのはピルスナー・ウルケルです。チェコ出身の超有名どころです。なんといっても世界最初のピルスナー!!世界中のラガービールのお手本といわれている一品です。

…うーん、勢いでとうとう世界のビールに手を出し初めてしまいました…ビールの味なんて本当は分からない、ただの飲んだくれなのに…つい出来心で……

PilsnerUrquell001.jpg
since 1842ですね。チェコはピルゼンの町にてドイツから伝わったラガービールの下面発酵技術を用いて完成した元祖ピルスナービールです。ちなみにウルケルってドイツ語で元祖という意味みたいですね。

PilsnerUrquell002.jpg
アルコール度数4.5%の金色ピルスナー。なんていうか、今更私ごときが味の批評をするのもおこがましいのですが、これぞビールという黄金色のボディにホップのアロマも特有の苦味も強く、苦味の残るドライフィニッシュなのですがボディそのものはしっかりとしたボリュームの、まぁみんながスゲェというだけのことはある元祖ピルスナーです。ビール特有のホップが苦手で、フルーティなビールが好きな人はちょっとホップの押し出しがビールビールしすぎていてダメかも。(ウチの嫁がそんな人です。)

元祖ピルスナーにのお供は
PilsnerUrquell003.jpg
トマトとオニオンのサラダと…

PilsnerUrquell004.jpg
アスパラベーコン。アスパラベーコンは金色ビールのつまみにいいなぁ。アスパラ!アスパラ!ベーコン!ベーコン!

PilsnerUrquell005.jpg
で、ゴボウを買ってきたというので我が家には珍しく最後に豚汁がでてきました。週末は寒かったので温まりました。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.29    [ Category : BEER (World) ]

世界のビールを並べてみた

3月最後の日曜日、初春の川巡り(記事)が不発だったので、バスプロショップスからトロントに戻る途中、ウサ晴らしにLCBOによってバラ売りバスケットに入っているビールのなかからまだ記事に書いていないビールを片っ端からカゴに放り込んで帰宅。

さーて、並べてみましょう。

20100328_100.jpg
世界のビールさんたち in トロント。

今回は普段あまり買わない世界の有名どころ中心にとり揃えてみました、これらは日本でもカルフールとか行けば(一部カナダビールを除いて)手に入ったと思います。

20100328_101.jpg
ラバット・ブルー(カナダ)→ピルスナー・ウルケル(チェコ)→カールスバーグ(デンマーク)→ペローニ(イタリア)→ツボルグ(デンマーク)。

初めてみたときツボルグってツボレフみたいな語感からロシア製かと思ってた。

20100328_102.jpg
ステラ アルトワ(ベルギー)→ブルックリンラガー(アメリカ)→ラ・メサジェール(カナダ・ケベック)→ムースヘッド(カナダ)→チンタオ(中国)。

ラ・メサジェールってフランスのビールかな?と思って手にとって見たけど、ケベックのビールでした。

20100328_103.jpg
マックワンズ(スコットランド)→ハイト(韓国)→サン・ミゲル(フィリピン)→スミスウィックス(アイルランド)→シンハー(タイ)。

スミスウィックスといえば!スミスウィック社のルアーがBassProShopsにあったのでついつい買ってしまった…
20100328_104.jpg
このアメリカンルアーっぷりがたまらなくてついつい3つも…
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.28    [ Category : BEER (Other) ]

初春の川巡り

午後から雨の予報のトロント近郊…しかし今日はどうしても初春の川に様子を見に行きたい!

…ということで嫁の作ってくれたオニギリ一つ握り締めて北に向かって走ってきました。

むこう3ヶ月はバスも禁漁中につき、釣り人の狙いはクラッピーやギルなどパンフィッシュ。まぁ小物というやつです。しかし、それでもいいのだ!釣りが出来ればなんでもいいのだ!というのが釣りバカクオリティ。

まずは地図を見ながらシムコー湖南岸を彷徨います。基本的に湖岸や川岸はプライベートブロパティで進入不可能につき、とにかく地図見ながらトライ&エラーを繰り返して誰でも湖岸に侵入できるスポットを探す。

20100328_000.jpg
おっ!路駐の車発見!やった、釣り人発見!公園かな。ピクニックテーブルも置いてあり、半ピクニックファミリーフィッシングの模様。しかし、どうもイマイチのようです。見ると湖面にはまだ薄っすらと氷が張っており、狙えるのは浅場のあまりパッとしないエリアだけでした。残念。

その後、地図をたよりに川を探します。シムコーから流れているホランドリバーやブラックリバー沿いで進入できそうなエリアをガンガン当たっていきます。駐車可能、進入可能なエリアを見つけてはちょいちょい竿を出してみたりもしましたが、生体反応なし…寒い…

20100328_001.jpg
ホランドリバーにやってきました。ここは結構有名スポットらしく橋の袂に釣り人たちが見えます。バケツの中には数は少ないもののナイスサイズのパーチとギルが入ってました。橋の下にはボートが数隻。

20100328_002.jpg
橋から向こうを眺めれば数隻のバスボートとアルミボート。やってるなぁ。

20100328_002a.jpg
よっしゃぁ!と川岸を数箇所攻めて見ましたが生体反応なし!周りもまったく空振り。10分おきくらいに釣り人が来てはちょっとやって去っていって、来てはちょっとやって去っていってという感じだったので、どこもパッとしてなくてみんなRun&Gunで魚を探しているみたい。サカナの様子を見にきた兄ちゃんも「ノーバイトだよ」というと「まだ魚は一箇所に固まっているみたいだな。ちょっと早いかな」と竿も出さずに去って行ったしね。

はやく春来ないかな。

20100328_003.jpg
で…今週もまた来ちゃいました。バスプロショップ。

20100328_004.jpg
バスボートほしい。



関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.28    [ Category : FISH/第一章 ]

Earth Hour と強スタウト Russian Gun Imperial Stout (Grand River Brewing)

Russian Gun Imperial Stout

せっかくの週末なのにいきなり寒くなったトロントでしたね。とはいえオジさんは今日は朝から夜まで会社に缶詰だったのでまぁ天気はあまり関係なかったのですが。

20100327_000.jpg
今日は Earth Hour という電気を消してエコしよう!というイベントだったのですね。高速道路の案内板にも書いてあったので存在は知ってはいたのですが、すっかり忘れていました。

20100327_001.jpg
家では嫁がトマトサラダと…

20100327_002.jpg
海老ベーコングラタンと…

20100327_003.jpg
キャンドルを準備して待っていたようですが、旦那はポッケーと「うわぁぁん、仕事すすまねぇ」と会社のデスクでぼんやりしていました。
イベントは夜8時半から9時半までの1時間はみんな電気を消して地球に優しくなっちゃおうね!というものだったのですが、ぼんやりオジさんが我に返って嫁からの「ろうそく用意して待ってるよ」というメールに気が付いたのが9時25分でした。オフィスで同じくモニターに向かって仕事していたベニ男くんと二人、そういえば今日は電気消さないといけない日なのに我らのオフィスは電気が煌々と…と苦笑い。

そのころ家では嫁と3歳児が電気を消してろうそくつけて、なんでか盛り上がった3歳児がハッピーバースディ気分で浮かれていたそうだ。

RussianGunImperialStout000.jpg
そんなオジさんの今宵のおともは、Grand River BrewingRussian Gun Imperial Stoutです。Grand River Brewingはトロントの東、Cambridge市にあるブリュワリーで、紹介するのは始めてかも。

RussianGunImperialStout001.jpg
アルコール度数8.4%の黒スタウト!8.4%か!Russian Gunっていう名前からしてガツンとくるんだろうなぁとは思っていたけど8.4の黒ビールだったとは。香りはチョコレートモルトのスタウトらしい香り。口当たりは…スタウト特有の苦味が最初と後味に効いてくるが、苦味と香りが口中を支配する感じではなく、8.4%の今日アルコールの尖った刺激と炭酸とホップが効いていて、口にの中に広がったときはフルーティな甘みも押し出してくるというなかなか特徴のあるビール。フルボディでホッピィでいろいろ濃いといいう、カナディアン好みな一品。

RussianGunImperialStout002.jpg
じっくり飲むにはいいね。ホッピィだからってぷっはぁって勢いでのんだらいちころで酔っ払うから注意。

ocb.jpg
Grand River BrewingはOntarioCraftBrewersのひとつ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.27    [ Category : BEER (Ontario) ]

お別れ会と巨大ガー

春は別れの季節です。本日は会社の欧州から来ていた同僚の送別会でした。

20100326_I000.jpg
場所はトロントアイランドを望むチャイニーズレストラン、パールでした。チンタオビールで乾杯。欧州に帰っても元気でねぇ。

20100326_I001.jpg
ブルーでも乾杯。こういう決算期の送別会があると今年ももう終わってしまうのだなぁ…とちょっと焦る中間管理職。まぁ中間管理職が焦っても仕方ないんだけどね。

20100326_I002.jpg
お昼に本屋に言ってみたらBassProShopsの春カタログ発見!5ドルなり。「えっ!金取るのかよ!バスプロショップ!」とちょっと思いつつ、きっちり購入。

20100326_I003.jpg
ニヤニヤしながらページをめくっていたら…こっこれは!!!
100kgオーバーのアリゲーターガーです。これはすげぇ…いいなぁ…
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.26    [ Category : 徒然/第一章 ]

フライヤーズフレンドと温泉タマゴ

今日は冬が戻ってきたトロントでしたね。夜寒かった。

さて、深夜に家に帰ると嫁が探していたものをようやく発見したの!となにやら箱を出してきました。

20100326_001.jpg
FRYER'S FRIEND。なにこれ?

20100326_002.jpg
正体は揚げ物に使った油をストックしておく缶でした。なんでもこっちではなかなか見つからなくて、もう日本から取り寄せようかと思っていた矢先に発見したそうな。

20100326_000.jpg
で、話は変わって、最近よく食卓に温泉タマゴが出てくるなぁとおもったら、嫁が温泉タマゴの作り方をマスターしたらしい。面白くなって毎日のように作っているようだ。コレステロール。コレステロール。

20100326_003.jpg
それからビーツにもハマリだしたみたい。下ごしらえしてあるビーツならいくらでもあるから欲しかったら言ってねぇと言われても、嫌いじゃないけど毎日は要らない。

あれ、なんだこの嫁日記…
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2010.03.25    [ Category : 徒然/第一章 ]

プリン体大補給 Sleeman Honey Brown Lager (Sleeman Brewing)

HoneyBrown

今日は日差しも良く暖かいトロントでしたね。

SleemanHoneyBrown000.jpg
今宵のビールは、まぁオンタリオ人なら知らぬものはいないであろうSleeman Honey Brown Lagerの登場です。ゲルフ市の雄Sleemanの商品群のなかでも抜群の人気の一品です。

SleemanHoneyBrown001.jpg
ゴールドに赤のラベルが格好いいですね。

SleemanHoneyBrown002.jpg
そしてこのエンボス加工の瓶はやっぱり雰囲気があって美しい。

SleemanHoneyBrown003.jpg
アルコール度数5.2%のダークラガー。オレンジがかった琥珀色が美しい。香りは甘いキャラメルモルトにモルトの香りが混じり、ハニーブラウンの名の通りハニー。味とか今更語るのもあれですが、ハニーの甘みにほどよい炭酸で苦味も後からしっかり効いてきてミディアムボディでフレッシュなラガーです。嫁が一時期はまっていました。日本人はみんな好きなんじゃないかなぁ。

…個人的にも嫌いじゃないのですが、なんだか常飲ビールにする気になれないのです。同じ甘い感じのビールならフルーティ系赤ビールのほうが好きかな。ハニーブラウンはなんか常飲用というよりは、久しぶりにハニーいっとくか!という感じ。

で、久しぶりにハニーブラウン行くかぁという時は、キツいカマンベールであわせます。これが最高の組み合わせだと個人的に思っています。

20100322r001.jpg
が、今宵の我が家の食卓は…かに玉でした。

20100322r000.jpg
そして海老の豆板醤ラー油炒め

甲殻類アタック!甲殻類大好きです。甲殻類コンボにビール!プリン体大補給です。マジで関節痛くなったらどうしよう…
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.24    [ Category : BEER (Ontario) ]

セサミストリートと象のエール Dead Elephant Ale (Railway City Brewing)

Dead Elephant Ale

さて、今日のブログには何を書こう…と悩んでいたら、嫁がWALMARTで買ってきた紙皿がカワイイので写真を撮ってというのでご紹介。
DeadElephantAle000.jpg
セサミストリートです。

DeadElephantAle001.jpg
さて今宵のオンタリオビールは鉄道の街セント・トーマスの Railway City Brewing から Dead Elephant Ale です。ここのビールは Iron Spike Blonde Ale (記事) 以来2度目の登場。ここは鉄道の街に敬意を表してトーマスの仲間の中でも最速の機関車ゴードンと記念撮影。

で、以前の記事で説明していますが、この街は世界一有名といわれジャンボという言葉の語源にもなった象のジャンボが鉄道事故で亡くなったことで有名な街なのです。このビールは名前のとおりジャンボへのトリビュートです。

DeadElephantAle002.jpg
アルコール度数6.8%。おぉキツメだ。色はブロンドアンバーというかオレンジがかった金色のペールエールです。香りはサワーモルトの香りにうっすら甘いフルーティの香りが混じる。この軽い酸味がかったモルトの香りはもしかして…と思ったら、やはり強ビターのペールエールでした。色と香りに反してフルボディのポップの苦味が効いた苦味ビールで、喉越しは口中に苦味を残しながらもフレッシュフィニッシュで、金色系ビタービール好きにはなかなかたまらない一品ではないでしょうか。Webを確認したらThis is a hop bomb, there is no doubt.と書いてある。うん、その通りホップ爆弾です。良いキャッチコピーです。

DeadElephantAle003.jpg
さて、エルモとビッグバードの皿にスパイシーなドリトスを盛ってみました。これが!辛味チップスと苦味ビールって結構合う!スパイシーなものとフレッシュ苦味はイケテルマッチングなのかもしれません。

そういえば、自分のプロフィール写真はエルモなのですが…これといって深い意味は…ありません。カメラを買った日に嬉しくなった嫁が身の回りのモノを手当たり次第に写真に収めていた時に偶然撮影された1枚で、赤がとても綺麗に写っていたのでブログのプロフィール写真にしただけ…という。ちなみこのエルモ君は息子の1歳の誕生日にプレゼントしたT.M.X Elmo (Tickle Me eXtreme Elmo)です。extremeの名の通り、あまりにも激しい勢いで笑い転げるので、息子は喜ぶどころか今でもコイツには怯えまくっています…。

ocb.jpg
Railway City BrewingはOntarioCraftBrewersのひとつ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.23    [ Category : BEER (Ontario) ]

肉を焼く Korean Grill House

Korean Grill House

先日出張でトロントに来ていた同僚のお疲れ会でQueen West x University の Korean Grill House にいってきました。

20100318_000.jpg
お昼にビビンバとか食べに来るといつも結構混んでいるけど、夜も大人気。

20100318_001.jpg
さて、焼き放題の食べ放題です。韓国焼肉なので基本マリネされてます。ご飯がすすみますね。牛肉、鶏肉、豚肉、鮭、鱈、烏賊と焼き放題です。オジサンはもう味付けの濃い肉とか脂ギッシュなカルビとかをバクバク喰らうお年頃でもないのだけれど、やっぱり焼肉はテンションがあがります。

20100318_002.jpg
このソーセージ結構おいしい。

20100318_003.jpg
もくもくとひたすら焼く。そして喰らい、飲む。

20100318_004.jpg
ひとしきり焼いて幸せな気分になったら、隣のQueenMotherCafe(記事)でトロントの地ビールAmsterdamBigWheel(記事)をOnTapでいただきました!瓶で飲むときよりホップの苦味のあとにじんわりと効いてくるまろやかな甘みが素敵でした。


で、やっぱり飲みすぎて翌日はちょっぴりハングオーバーでした。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2010.03.22    [ Category : Food (Ontario) ]

デーブ・マーサー! (Dave Mercer!)

Dave Mercer

本日は前から楽しみにしていたイベントのためにトロントの街から北西にあるVaugnMillsのBassProShopsへ!

20100321_M000.jpg
ただいまセール中!しかし本日は別にほしい釣り具もそれほどないし、セールとは別の目的があるのです!

20100321_M001.jpg
あった!あったよ!Facts of Fishingのトヨタ!そう!今日はあの愉快なカナダ人デーブ・マーサーがヴォーンのバスプロショップにやってくる日なのです!

昨日のボブ・イズミに続き今日はデーブ・マーサーだ!うわーい!!Don't miss it!! だね!ってコアな釣り好き以外ではデーブ・マーサーなんて知らないわな。WFN(World Fishing Network)でFacts of Fishingというフィッシングショーを持っている愉快なオッサンです。

20100321_M002.jpg
メイン・エントランスの前でホット・ドッグとデーブのトレードマークであるSHIMANOのロゴの入った赤いキャップが売っていました。購入!

あとで知ったのですが、赤いキャップを被って働いているこの人たちはデーブのファミリーの人たちでした。デーブは癌撲滅チャリティーもやっていて、このホットドックや赤いキャップの収益はチャリティーに行くようです。赤いキャップにはCasting for a cureと刺繍してあります。

20100321_M003.jpg
デーブのイベント以外にも現在いろんなイベントをやっているようです。釣りイベントの定番の生簀。ブラックバスと良型のナマズが入っていました。

20100321_M004.jpg
ネイチャー系のレクチャーやセミナーもやってます。ボブキャット(北米に住むヤマネコ)。

20100321_M005.jpg
さて、デーブのステージがはじまるよ!準備OK!ってこの風船みればどんだけ愉快なオッサンか分かるでしょう?

20100321_M006.jpg
じゃーん。おもろいオッサン、デーブ・マーサー登場~!

20100321_M007.jpg
「釣れないのはやり方がまずいからだよ!」とか「みんなオレがボウズの回のTVショー観たいんだろ?」とかいろいろ面白い話してくれた1時間でした。

20100321_M009.jpg
最初に彼のスポンサーの商品とかを建前のように豪勢にばら撒いていたけど、最後はシマノのロッドとリールをプレゼント!サインボードを書いてきた子供達のなかから最優秀賞の子がゲットしてました。ちょっといいな。

20100321_M010.jpg
レクチャーの後は彼のスポンサーのサブウェイのタダ券(に彼のサインを入れたのを)くれました。もちろん列に並んで、「日本から来たけどこんな面白い釣り番組は日本にもないよ!」と握手とサインと写真をゲット!
ちょっとお話してくれましたが、彼の両親もアイルランドからの移民で彼自身はトロント生まれで現在はScugogに住んでいるとのこと。テレビショーそのままの気のいいオッちゃんでした。

20100321_M011.jpg
トレードマークのSHIMANOキャップ。

20100321_M012.jpg
戦利品です。サブウェイで来月から彼のボート(本当に使っていたやつらしい)をもらえるキャンペーンがあるそうだ!頑張るぞ!
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2010.03.21    [ Category : EVENT/第一章 ]

A&Wバーガー

A&Wバーガー

カナダに来て以来、気になってはいたのだけれども、なかなかトライする機会のないものの一つに日本ではなかなかお目にかかれないファーストフード店達がある。家や会社の近所にあれば、トライするチャンスもあるのだけれども、わざわざ休日に出かけていくのも何だし、時間に余裕のあるときはどちらかというとファーストフード店よりは、まだ試していないレストランやバーに行きたくなるのが心情というものだからね。

AWBurger000.jpg
で、A&W。ドライブ中に結構みかけるけれどもなかなかトライするチャンスがなくまだ2回しか経験していない。

AWBurger001.jpg
A&Wといえばルートビア。でも実際にはA&WルートビアはA&Wレストランではなくドクターペッパーの会社のものとのこと。それでもA&Wではコンボの基本セットはルートビアだけれどもね。

これはフードコートで頼んだのでドリンクはペーパーカップに入っているけれども、独立店舗で頼むとルートビア大ジョッキで出てきます。なかなかイカす!

AWBurger002.jpg
アンクルバーガーです。A&Wはパパバーガーとかママバーガーとかグランパバーガーとかそういう名前でメニュー展開しており、ポップな包装紙はママやパパなどのによってイラストが変わって結構素敵です。

AWBurger003.jpg
お味のほうは…美味しいです。まぁどこのチェーン店よりも好きとか美味しいとかそういう評はつけないけれども普通に美味しい。あ、でもマックよりは断然美味いです。個人的に、あまり良いサービスをうけたことがないのでカナダのマックは嫌いです。まぁ普通にカナダって、それなりのボリュームの食べても変に胸焼けすることもないし、安っぽくもないし、パテも野菜もしっかりしてるし、総合的にバーガーが日本より断然美味しいよねぇというのを再確認する感じです。

ちなみにwikiによると、カナダのA&W(A&W Food Services of Canada Inc.)はアメリカ本土のA&Wとはもうなんの協力関係もないんだって。カナダだけで700店舗くらいあるみたいだけど、独立した形でやっているんだね。味も違うのかなぁ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.21    [ Category : Food (Ontario) ]

戦利品 Toronto Sportsmen's Show その3

Toronto Sportsmen's Show その3

Toronto Sportsmen's Show その2はこちら(記事

2010CNSportsmensShows200.jpg
ダイワの分厚いパンフレットをもらってきました。ルアーは今回はゲーリーのチッコイグラブ2袋だけで我慢。我慢。左下の青い箱は石鹸。なんでも虫除けの効果のある石鹸らしい!結構使えそう!

2010CNSportsmensShows202.jpg
看板屋でゲットした嫁セレクションのオズの魔法使い。サームホウェーアー・オーーーヴァーー・ザ・レイィンボォォウゥゥゥ…です。

2010CNSportsmensShows203.jpg
看板屋でゲットしたオレセレクションの…こっこれは完全に下ネタですな。でも面白いからOK。飾っちゃう。

2010CNSportsmensShows204.jpg
プリントTシャツ。カナダ人はプリントTシャツが本当に好きですよね。3枚で20ドル。

2010CNSportsmensShows205.jpg
そしてベーコン!2個で25ドル。試食したら美味しかったのでガッツリ購入。

2010CNSportsmensShows206.jpg
そしてベーコンは早速アスパラと一緒に炒められました。ビールが美味しいです!

ふぅ…今日は怒涛の記事アップでした。疲れた…
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.20    [ Category : EVENT/第一章 ]

カナディアン・アーミー Toronto Sportsmen's Show その2

Toronto Sportsmen's Show その2

Toronto Sportsmen's Show その1はこちら(記事

フィッシングをメインにやっている北塔を後にしてフライフィッシングやドッグショー、ハンティングをメインにやっている南塔へ向かう。

2010CNSportsmensShows100.jpg
会場外で我々を出迎えてくれる剥製シリーズ。白熊。

2010CNSportsmensShows101.jpg
山猫を追い詰める2匹の狼の図。なんか鹿の喉元を喰いちぎらんとする山猫とかそういう迫力のシーンを切り取った剥製シリーズが多かった。

2010CNSportsmensShows102.jpg
レトロな銃器を展示していたオジさんをパチリ。「オレを撮ってレンズにヒビ入っても知らねーぞ(笑)」と言っておりました。なかなか面白いオジさんです。

2010CNSportsmensShows103.jpg
会場内ではフリークライミングコーナーもありました。子供達が頑張って挑戦しています。

2010CNSportsmensShows104.jpg
プールではカヤックのレクチャー。エスキモーロールというやつかな。沈してうりゃっと回転して起き上がるヤツとかやっていました。

2010CNSportsmensShows105.jpg
カナディアン・スポーツといったらやっぱりハンティングになるよね。猟銃コーナー。

2010CNSportsmensShows106.jpg
ウィンチェスター銃です。格好いいなぁ。

2010CNSportsmensShows107.jpg
ボウガンの矢。ボウガンも結構盛んみたい。

2010CNSportsmensShows108.jpg
キャンピングカーも結構展示されていました。

2010CNSportsmensShows109.jpg
こちらはピックアップトラックで引っ張るタイプのキャンピングカー。

2010CNSportsmensShows110.jpg
潜入。潜入。一人暮らしの部屋みたいな感じでした。ダブルベッドにユニットバスもついていて、しばらく暮らす分には問題なさそうです。ちょっと憧れです。

2010CNSportsmensShows111.jpg
キッズ弓矢チャレンジコーナー。一回2$なり。

2010CNSportsmensShows112.jpg
ラグジュアリーなジャグジーなんかも売ってます。別荘やコテージのベランダなんかに置くんだろうね。

2010CNSportsmensShows113.jpg
カナダ、アウトドアと来たら、これも外せません。燻製です!燻製!イタリアンソーセージやサラミも良いけど、ここはベーコンがとても美味しそうで、試食させてもらったらかなりイケていたので購入!

2010CNSportsmensShows114.jpg
ドッグショーコーナー。イヌ沢山いました。

2010CNSportsmensShows115.jpg
カナディアン・アーミー!本物のアーミーです。これはアーミーのプロモーションですな。

2010CNSportsmensShows116.jpg
実際に使用していた飛行機のコックピットを子供に開放しています。アーミーのオジさんが子供と親切に遊んでくれます。我が家の3歳児もスイッチと計器が山盛りのコックピットに座って操縦桿を握って大盛り上がり!アーミー好感度UP。

2010CNSportsmensShows117.jpg
特殊部隊かレスキュー隊のようなロープワークも兵隊さんが子供に指導しています。

2010CNSportsmensShows118.jpg
これは…魚雷…

こういう軍隊のプロモーションで子供に軍隊への入隊意欲を啓蒙していくのだろうね。兵隊さんって基本的に子供の目から見て格好良いから、親切に遊んでもらったりしたら結構その気になるよね。

2010CNSportsmensShows119.jpg
ふぅ…面白かった。

実は昨年フィッシングでお世話になったコテージから「出展するから見に来てね!」という手紙が去年の冬に来ていたので、近所だしちょいと会いに行きますか!程度で出かけただけで、どういうイベントなのか事前知識はあまりなかったのだけれども、コテージのオーナーとも無事会えたし、去年からにわかにアウトドアづいた我が家には相当楽しめたイベントでした。

Toronto Sportsmen's Show その3
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.20    [ Category : EVENT/第一章 ]

ボブ・イズミ! Toronto Sportsmen's Show その1

Toronto Sportsmen's Show

さて、今日はトロントのメトロ・コンベンションセンターにて開催中の Toronto Sportsmen's Show にやってきました。ちょっと楽しみにしてたんだよねぇ。

2010CNSportsmensShows000.jpg
コンベンションセンターのほかのセクションではアニメコンもやっていたので、コスプレしたお姉さんなどもいました。(エスカレータに乗っているときに発見したので写真撮れず…。遠めに見ただけだけど、結構気合はいっていたよ。)

2010CNSportsmensShows001.jpg
じゃーん!中は2月にミシサガで開催されていた Spring Fishing & Boat Show(記事)の拡大版といった感じ。こちら北塔はフィッシングフロア!バスボートも沢山即売会していました。欲しい。

2010CNSportsmensShows002.jpg
お約束のトラウトの水槽。子供向けの生簀釣り堀もあったのだけれども流石にスプリング・ブレーク(春休み)中の週末とあって、長蛇の列のため今回はパス。我が家の3歳児も釣る!釣る!とかなりやる気になっていたのだけれど。

2010CNSportsmensShows003.jpg
悪路を行くバギーやオフロードバイクなんかも結構展示、即売やっておりました。

2010CNSportsmensShows004.jpg
釣り具メーカーでいろんな竿をチェックしたりしながらブラブラしていると目の前にステージが。まだステージには誰もいないのに結構椅子が埋まっているので、いったい誰のセミナーやるんだろうと思ってスケジュール表を確認すると、ボブ・イズミと書いてある!えっ!?ボブ・イズミ来てるの?とステージの端っこのほうに目をやると、テレビでいつも見ている恰幅のいいオッサンが!ラッキー!

世間一般ではボブ・マーリーボブ・ディランってなところがボブ代表なんだろうけど、我が家ではボブといったらボブ・ザ・ビルダーボブ・イズミが2大巨頭。我が家の3歳児も知っている。

2010CNSportsmensShows005.jpg
空いている席に陣取ってボブ・イズミ先生の「いかにして魚をゲットするか!」というレクチャーを聞きました。天候や水のコンディションと魚のコンディション、キャスティングの重要性やモーターボートの操船の注意などを熱く語っていました。キャスティング練習しなくちゃ。いや、まさか毎週土曜日の朝テレビでみているボブ・イズミに家の近所で会えるとは思わなかったので一家でちょっと感激。

2010CNSportsmensShows005a.jpg
ぼーぶー!ぼーぶー!

2010CNSportsmensShows006.jpg
ボブ・イズミ先生のステージの後もぷらぷらとしていると、レトロ調のスチール看板のお店を発見。嫁と自分と1枚づつ気に入った看板をゲット。

他にも釣り具屋の出店が結構でていて、ミシサガの時に寄ったお店も出ておりしばし歓談。田辺哲男さんのノリーズのルアーもかなり揃えてあって、ルアー棚の前でノリーズとO.S.Pは日本ではどっちが上なんだ?田辺さんと並木さんは日本ではどっちが人気なのだ?日本で買うのとこっちで買うのって値段どれくらい違う?などと質問されてちょっと笑ってしまった。BassProShopsなどではお目にかかれない精巧な日本製のルアーを目の前にして本日も無駄にルアー買ってしまいそうだったが、嫁の鋭い視線を感じたので我慢。


さて、今回のイベントではBassProShops以上に様々なアウトドア用マシンが展示されていましたが、ちょっと紹介。

2010CNSportsmensShows007.jpg
一人乗りの小型ボート。エレキモーターが付いている。ちょっといいな。

2010CNSportsmensShows008.jpg
釣り仕様のカヤック。

2010CNSportsmensShows009.jpg
悪路走破用の8輪バギー。隣にはキャタピラ仕様のバギーもあった。すげぇな。

2010CNSportsmensShows010.jpg
レトロモーターコーナー(Spring Fishing & Boat Showにも出展していたレトロ船外機やレトロ船舶の協会組織かなにかの展示)には、レトロ木製ボート。かなり良い味を出してます。


そして今回とっても凄かったメカ・その1!

2010CNSportsmensShows011a.jpg
なんだこれ?すごいカッコイイ黒塗りの3輪バイク。でも前輪が2輪で後輪が1輪という仕様で、後ろにトレーラーを引っ張っている。これ一般道を走っていいのかな?

2010CNSportsmensShows011b.jpg
精悍なフロントマスク。格好いい。写真撮るのに夢中で値段チェックするの忘れた。いくらだったのかな。同じタイプの白いモデルはSOLD OUTになっていた。

そして今回とっても凄かったメカ・その2!ダイワのSTEEZスピニングリール!

2010CNSportsmensShows012.jpg
ダイワのブースでSteezのロッドやベイトリール触ってニタニタしていたら、おじさんがスピニングもあるから見せてあげるよと出してきてくれた。久しぶりに日本のハイエンドリール触ったけど、やっぱ凄いよ。ジャパン。もの凄い軽かった。ハンドルの巻いた感じやドラグの音もドキドキするね。ルックスも凄まじく格好いい。うーん…欲しい…が、我慢。我慢。


Toronto Sportsmen's Show その2
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.20    [ Category : EVENT/第一章 ]

アメリカンイタリアン EastSideMarios

EastSideMarios

ちょっと雪も混じる曇り空のトロントですが、午後はダウンタウンで開催されているイベントに行くことにしました。

EastSideMarios000.jpg
でもまずは腹ごしらえ!とフロント・ストリートのインターコンチネンタルホテルの向かいにある赤いトマトの EastSideMarios へ。

EastSideMarios001.jpg
みるからにアメリカン・イタリアンの店内です。

EastSideMarios002.jpg
そしてカナダではお約束のスプーン・イン・コーヒーです。

EastSideMarios003.jpg
美味しそうなガーリックブレッドがでてきました。パンナイフが思いっきり突き刺さっているよ!まぁ、一番安全な収納方法ではありますな。

EastSideMarios004.jpg
アルフレッドソースにシェル型パスタの一品をチョイス。マッシュルームがシューシーで美味しかったです。

EastSideMarios005.jpg
嫁のパスタです。う…うどん?と一瞬目を疑った太麺の正体は中が空洞でストロー状の洒落たパスタでした。

このパスタのニューヨークの街並みをモチーフにしたお皿がちょっといいね。

EastSideMarios006.jpg
息子はチキンとフライドポテト。最近、嫁メイツさんたちとフライド・ポテトを食べたらしく、ポテト!ポテト!ポ~テ~ト~!とポテトを連呼。

EastSideMarios007.jpg
ようし!お腹がいっぱいになったので楽しみにしていたイベントに向かいますよ!
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2010.03.20    [ Category : Food (Ontario) ]

釣りバカと編み物マニア

編み物マニア

曇り空のトロント。
20100320_B001.jpg
旦那は朝からもう夏まで待てないので、ちょっと練習がてら竿投げてきますとオンタリオ湖へ。湖面を覆う氷はすでになく、春の気配。しかし水際はやはりまだ寒く、あっという間に手がかじかんで鼻水垂れてきたので小1時間ほどキャスティングの練習をして、LCBOでオンタリオ産ビールたちを仕入れて帰宅。(ちなみに現在ほとんどの魚は禁漁期間です。)

そして鼻水垂らした父がビールの袋を抱えて帰宅してみると、リビングでは3歳児が機関車トーマスの仲間達を綺麗に並べて謎の歌を歌いながら周囲を走り回り、ダイニングでは嫁がモクモクと編みものしているという最近の我が家の日常の光景。

今日はおビール様の撮影ついでに嫁の最近の成果も記念撮影してみました。

20100320_A000.jpg
今のところこれがお気に入りの一品らしい。

20100320_A001.jpg
テントウムシが可愛いですね。何に使うのかわからないけど…

20100320_A002.jpg
昨晩からなにやら作成していたのがこのカバン。かぎ編みの針を収納するカバンとのこと。

20100320_A003.jpg
お花。どこまで花びら重ねられるかの練習の成果との話。ということは仕様用途は不明か…

日本にいた頃は編み物にこれほどハマっていなかったと思うのだけど…どうやら我が家は何かに熱中すると結構ハマってしまう一家のようだ。
20100320_C000.jpg
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2010.03.20    [ Category : 徒然/第一章 ]

嫁とビアストア Laker Ale (Brick Brewing)

Laker Ale

今週は本当に春だったトロントでしたね。

BrickLakerAle000.jpg
今日のお昼はテクテクと Richmond x Spadina の CJ LUNCHBOX へ。おっ!今日はウナギ弁当がある!ウナギ!ウナギ!とウナギ弁当をいただきました。中国産だろうけど、久しぶりのウナギでした。

BrickLakerAle001.jpg
さて、今宵のオンタリオビールはウォータールーのイノシシブリュワリー(記事)Brick Brewing出身のLaker Aleです。

BrickLakerAle003.jpg
LakerはBrick Brewingの主力ブランドで青いメイプルリーフが格好良いね!

BrickLakerAle002.jpg
アルコール度数4.8%、薄金色のビールです。香りは薄いパンモルトの香りで、炭酸効き目で全体的に薄い典型的な北米量産ビール。しかしこれは本当に薄い。薄いよ…。ホッピーを炭酸水で割ったみたいな感じ。うーん。ちょっとなぁ。まぁお値段もミネラルウォーターよりお安いお手ごろ価格だったみたいなのでいっか。

実はこのビールはまだ飲んだことのないオンタリオ産ビールを補充しておいて!という指令を受けてBeerStoreに向かった嫁がが以下のようなやりとりでゲットしたビールなのです。

 (嫁)(これはまだ家で見たことないから、たぶん旦那も飲んだことないな、とLaker Ale手に取り)これはオンタリオのビール?
 (店員) そうだよ
 (嫁)ハズバンドがオンタリオ産のビールを探しているのよね。
 (店員) でもこれはLakerブランドの中でも一番レベルが低いからオススメしないよ。いいの?
 (嫁)(でもこれたぶん飲んだことないから)うん、大丈夫。これでいい。
 (店員) うーん。ちょっと待て。本物のオンタリオビールを教えてあげるから!
   ………
   ゴソゴソ
   ………
 (店員) このMillStreetOrganic記事)は凄い美味いし、トロントで作ってるんだぜ!
 (嫁) あぁそれ美味しい。美味しい。知ってるよ。
 (店員) そうかぁ、じゃあこれもトロントで作ってるんだぜ!SteamWhistleだ(記事)!
 (嫁)うん。知ってる。ブリュワリーも行ったし。
 (店員) ……そうかぁ、これもトロント地ビールだぜ!(とAmsterdamBlonde記事)を出す)
 (嫁)そこも行ったことある。
 (店員) (Lakerと同じBrickのWaterlooDark記事)を手にとり)これはどうだ?
 (嫁)ここのブリュワリーもこの前行った。
 (店員) …それで一体なんでこんなビール買うんだよ!?
 (嫁)(…だって…旦那がアホだから…)
 (店員) まぁ、このビールは1回買えば充分だよ


このようなやりとりがあったそうなので、たぶん量産ヤンキービール系なんだろうなぁとは思っていたけど、そのままズバリの味でした。1回買えば充分だな。

久しぶりにきついスタウトとか飲みたくなってきたな。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.19    [ Category : BEER (Ontario) ]

隠れ家風カフェ TheRoasteryCoffee

TheRoasteryCoffee

今日も春の陽気のトロントでしたね。

昼に最近通いつめているLUNCH BOXの2件隣のカフェTheRoasteryCoffeeに行ってきました。

Theroasterycoffee000.jpg

前々から気になっていたのだがなんかちょっぴり小洒落た感じでおじさん一人で入るのは勇気がいるので、嫁と一緒のときにランチをすることにしていたのが本日実現。

Theroasterycoffee001.jpg

嫁のChicken Salad Sandwich。メインのサンドウィッチを選んでから好きな野菜を入れてくれるスタイル。半分ずつ食べようと思ったのに天敵キューカンバー入りで味見できず。いっぱい入れてもらった野菜がヘルシーで美味しかったようです。

Theroasterycoffee002.jpg


Turkey Bacon Wrap。「Wrapにする?Breadにする?」と聞かれ、店員のお姉さんの片手がすでにWrap用パンにかかっていたので思わずWrapをチョイス。アボカドのペーストも一緒に巻きこみさらにグリルをしてもらい完成。

Theroasterycoffee003.jpg

カナダ人はグリルサンド好きだよね。こっちにきてから食べる機会が増えたけどグリルサンドはまず間違いない。そして今回ももちろん美味しゅうございました。

Theroasterycoffee000a.jpg

店内はとても落ち着いた雰囲気で勉強や仕事をしている人や打ち合わせをしている人達などで賑わっていました。アート系の学生かな?結構おしゃれな人が多かった印象。まず入ってすぐの野菜がいっぱいのショーケースの前でサンドウィッチを注文してから、レジに移動してお会計システムでした。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.18    [ Category : Food (Ontario) ]

突撃隣の晩御飯3 St Patrick's Day

今晩のトロントの街は酔っ払いが沢山でしたね。St Patrick's Dayだもんねぇ。

帰り道にベニ男君と一杯だけ緑ビールを引っ掛けていくことに。
20100317_000.jpg
カナダ産のアレクサンダー・キースさんを緑に染めてもらいました。メロン・ソーダだな。

20100317_001.jpg
嫁メイツさんたちの編み物集会が開催されていたそうで、今日も突撃隣の晩御飯です。突撃隣の晩御飯3!

こっこれは!Squidライス!烏賊飯!イカメシではないですか!凄いなぁ。トロントでイカ飯が食べられるなんて。駐在妻の皆様は技持ってるなぁ。唐揚げも美味しゅうございます。この緑はケールの胡麻和えというそうだ。美味しい。美味しい。そして筑前煮。しみじみ。しみじみ。今日もご馳走様でした。

20100317_002.jpg
昨日と同じくRickard'sのDarkでいただきました。

で・・・我が家にも青と黄色の食紅があったので…青と黄色を混ぜれば緑になる…ということで…
20100317_003.jpg
うわぁ!入れすぎたぁ!という嫁の絶叫とともに湧き上がる深緑の泡。なんとも形容しがたいカラーのビールが完成しました。うっう…~ん。微妙なテイスト…


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.17    [ Category : 徒然/第一章 ]

メイプルビール Rickard's Dark (Molson Breweries)

Rickard's Dark

RickarsDark000.jpg
今宵のビールはカナダの誇るMolson社の看板ブランドRickard'sに最近新たに加わったRickard's Darkです。Molsonは北米最古のビールメーカーで1786年にジョン・モルソンがモントリオールにて設立。現在カナダで2番目に歴史のある企業。一番はデパートのThe Bayを経営するHudson's Bay Companyです。2005年にアメリカのCoors社を合併して現在は Molson Coors Brewing Company となっています。
Rickardsの名前はBrewマイスターのGord Rickardsからきていて、Rickardsブランドの看板商品はトロントに住んでいれば一度は飲むであろうRickard's Red。MolsonのサイトによればRickard's Redはレッド・ビール市場ではカナダNo1の売り上げを誇るのだそうだ。

RickarsDark001.jpg
アルコール度数4.8%のダークブラウンカラーのビール。香りは軽めのキャラメルモルトで深く吸うと香ばしいチョコフレーバーが広がる。口当たりは…見た目に反してライトボディで甘い。ライトな甘さ。これが…PORTER BREWED WITH MAPLE SYRUP(メープルシロップと一緒に醸造したダークビール)ってことか!うんうん。そうか。確かにこうなる気がする、というお味。シロップのような甘みが広がるのだけれども、ハニーブラウンのように厚みのあす感じで迫ってくるわけではなく、ライトに広がる。喉越しも悪くないんだけど、ライトな甘みがちょっと水っぽい感じにも感じられるかな。なかなかないから一度はお試しすることを勧めます。

RickarsDark002.jpg
今宵は春菊&牛肉のすき焼き風小皿をおつまみにいただきます。

RickarsDark003.jpg
そして今日のビールのお友達は、優しい機関車エドワードと綺麗好きな緑の機関車ヘンリーでした。

RickarsDark004.jpg
そしてひとしきり飲んだところで〆は先日日本から届いた「ぶっかけ海苔めし」のぶっかけ飯!青海苔の風味がたまりません。うわぁ…

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2010.03.16    [ Category : BEER (Canada) ]

洗車。洗車。

本気で春がきてしまったようなトロントですね。

今朝は息子を幼稚園に送った帰り、ここのところ天気も良いので会社に行く前に洗車していくことにしました。

20100316CarWash000.jpg
ごぉぉ!

20100316CarWash001.jpg
しょぱーっ!!はじまりました。一度このタイミングでワクワクしすぎて窓を閉め忘れていてひどい目にあいました。

20100316CarWash002.jpg
今日は良い天気なので奮発して色とりどりのシャンプーが出るグレードをチョイス!

20100316CarWash003.jpg
じゃぼじゃぼ流します。

20100316CarWash004.jpg
じゃぼじゃぼ流します。

20100316CarWash005.jpg
ドライヤー開始!

20100316CarWash006.jpg
強風で水の分子を飛ばしますよ!

20100316CarWash007.jpg
終了~。

20100316CarWash008.jpg
車が綺麗になってCNタワーもちょっと綺麗に見えました。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2010.03.16    [ Category : 徒然/第一章 ]

ぶっかけ海苔めしとHERP Millennium Buzz (Cool Brewing Co.)

Millennium Buzz

今日も小雨交じりでぱっとしない天気のトロントでしたね。と昨晩UPしようとしたらfc2のサーバーが落ちてた…ので時間差UP。

MillenniumBuzz000.jpg
今宵のオンタリオビールはトロント出身、Islington & QEW にある Cool Brewing Co.Millennium Buzzです。お値段なんと4本パックで5.50ドル!お手ごろ価格!

MillenniumBuzz001.jpg
アルコール度数5.0%のダークブラウンカラーのビール。ラベルのとおり何やらHERPが入っている模様。香りは甘いモルトの香りに、軽いチョコ、ナッツ、キャラメルといった焙煎系の香りが混じり、さらになんだろう…何かのHERPがかもし出す独特の香り。口当たりは色に比べて軽めのボディに炭酸も効いており喉越しは良いのだけれども、鼻に抜ける香りがすっきり抜けていく感じではなくって、まったりと鼻にまとわり付く独特の感触で…このビールはちょっと苦手かもしれない。ヴァイスビアのように穀物系だけどすっきり鼻に抜ける香りのビールは好きなのだけれども、鼻にもったりと絡みつく香りはなんだか胸焼けしてしまってどうにも苦手なのです。でもまぁそれでもうーむ…と言いながら結構グビグビ飲みますけどね。

MillenniumBuzz002.jpg
そんなBUZZのお供には、春菊のおひたしに日本から送られてきた「ぶっかけ海苔めし」をあえた一品です。もう息を吸い込むと素晴らしい海苔の香りが!うーん、やっぱ爽やか系の香りが好きだな。

20100315_000.jpg
守屋「ぶっかけ海苔めし」と一緒に千葉漁連おかず味のりも送られてきました。やはり千葉県民には千葉の海産物が最高に美味しい!あぁ今週はきっと白米が美味しいぞ!ありがとう!実家。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.15    [ Category : BEER (Ontario) ]

St Patrick'sのギネスビアカクテル Watermark Irish Pub

Watermark Irish Pub

アート・ギャラリー・オブ・オンタリオにツタンカーメンを見に行った(記事)後、トロントアイランドを望むハーバーフロントQueen's Quay Terminalにあるアイリッシュ・パブ Watermark Irish Pub に繰り出しました。

WaterMark000.jpg
三十路も後半のオジさんには、めでたいのか、めでたくないのか微妙なところだが、本日また1つ歳を重ねてしまったので外で嫁子供と祝杯という訳です。

WaterMark001.jpg
来週水曜日の St Patrick's Day (アイルランドの聖人の命日。彼の功績を称えて緑ビールのんだりギネス飲んだり飲みまくる日。たぶん。)にむけて既にアイリッシュ。グリーン一色の店内。そういえばトロント市内でもSt Patrick's Dayパレードが本日行われていたみたいだね。

WaterMark002.jpg
Watermark Irish Pub でも金曜日から St Patrick's Day スペシャル中の模様。

ようし!今日はオンタリオ産、カナダ産にこだわらないでアイリッシュ・パブだしギネスでも飲みますかぁとメニューをめくってみると今日は St Patrick's Day スペシャルでちょっと変わったブレンドビールがありました!

WaterMark003.jpg
Black Velvet. Englandの誇る爽やか青リンゴエール、Strongbow Ciderの上にギネスを注いだ一品。上澄みは完全にギネスなので、最初ギネスで飲んでいくうちに爽やかフレッシュ青リンゴになるのかと思ったら、意外とそのままミックスされたなんともいえない味わいのイカしたエールでありました。

WaterMark004.jpg
Black & Tan.アイルランドのキルケニーにあるSt. Francis Abbey Breweryの有名ブランドSmithwick'sレッドエールの上にギネスを注いだ一品。これは、ギネスのクリーミー泡の後に、良い感じにアイリッシュエールっぽい苦味と甘みのバランスになった炭酸チョイ効きミディアムボディのブラックエールが現れるというイイ感じの一品!これいいなぁ。

WaterMark005.jpg
Half & Half.これもアイルランドのHarp Lagerの上にギネスを注いだ一品。ブロンドラガー&ギネスかよ!いったいどうなることやら…と思ったら、完成品はドライギネス。おぉ…こうなるか。炭酸が効いて、ホップの風味と甘みがブレンドされた喉越し爽快ギネス。いや、こうなるか。これなら枝豆もいけるぞ。

いや、ギネス・ビアカクテル3兄弟なかなかよろしかったです。

WaterMark006.jpg
おつまみはCorned beef siders.コーンビーフとチーズのミニサンド。

WaterMark008.jpg
それから定番つまみのチキン・ウィング。辛さのスタイルはミディアムにしてみたけれど、辛いぜ…ビールが進むぜ…

WaterMark007.jpg
そしてチキンカレー。なぜか嫁がアイリッシュ・パブでカレーを食べたくなったようでオーダー。しかし!このカレーの上に角切りにされて載っている物体は…キューカンバーではありませんか?なぜ…なぜカレーにキューカンバー乗せるかなぁ。とキューカンバーが苦手なオジさんは悩むのです。

20100314_010.jpg
帰宅時にセカンド・カップでバースデー・ケーキを買いました。まぁ我が家の3歳児も期待しているし、一応みんなでケーキを食べておかないとね。

20100314_011.jpg
今日届くといいなぁと思っていたけれども、本当にタイムリーに今朝、日本から到着した釣りのDVD。待ってました!楽しみ。楽しみ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (6)   2010.03.14    [ Category : Food (Ontario) ]

ツタンカーメン in トロント

トロントアイランドにでも渡ってやろうかと思っていた日曜日でしたが、またしてもパッとしない天気のトロントなのでいっちょうファラオでも見に行くか!とTTCに乗り込む。

20100314_000.jpg

で、現在 KING TUT ことツタンカーメンの展示を行っている Dundas Street West にある AGO こと Art Gallary of Ontario にやってきました。

20100314_001.jpg
これは冥界の王、アヌビス神かな。

20100314_002.jpg
なかは写真撮影できないので写真はありません。

・13時前に到着してチケットを購入。入場制限というか30分単位に分けて人を入れているようで、われわれは14時の回だということなので、階下にあるカフェテリアで昼食をとる。
・15分前に入場して14時の回の人たち集合所に並ぶ。どうやら東京ディズニーランドのファストパスのようなシステムもあるようで、AGOの会員だとここに並ばすにファストパスコースでご案内の模様。

・14時過ぎに入場開始。ただ、入場地点から実際の展示フロアの入り口まではかなりの道のりで、結局そこへの行列の最後尾まで移動しただけ。

・行列に並ぶこと30分弱、ようやくツタンカーメンの待つフロアに突入。
・入り口でまるでアミューズメントパークのアトラクションのようなビデオ説明があり、ビデオ終了後に入場ゲートの門が厳かに開き中に入れるという仕組み。ナレーションはハリソン・フォードだし演出が大掛かりだ。有料のポータブル音声説明キットをゲットすれば要所要所の展示物でハリソンフォードが耳元でナレーションしてくれる。しかし、この音声説明などのために要らぬ混雑を巻き起こしている気がしないでもない。

・中に入ると沢山のファラオや神官の像が待ち受けている。有名人揃いではあるが、思うにちょっと古代エジプトの勉強をしていったほうがいいかも。ファラオって半端ない人数いる上に時代も2500年くらいにまたがっているから、いきなり見ても名前も読めない。まぁそれでも凄いものは凄いなぁと楽しめるけどね。
・音声説明を聴いているお客さんは音声説明つき展示物の前で完全停止してしまうため、なかなか先に進まない。でもまぁこちとら説明の英文読むのに時間がかかるから良い感じっちゃぁ良い感じなんだけどね。
・ツタンカーメンコーナーの直前に展示されていたプスセンネス1世の黄金のマスクはやっぱり凄かった。

・40分くらいの旅路の末にツタンカーメンに到達!でもツタンカーメンの黄金のマスクはない。ツタンカーメンの使っていたと思われる木製のベッドがあったが、とても小さかった。ウチの3歳児の使っているIKEAの子供向けベッドくらい。椅子も小さかった。
・ツタンカーメンの大きな棺の展示はないけれども、内臓(胃)を収納した小さな黄金の棺があった。
・ツタンカーメンの手足の指をガードする黄金の手足の指サックと黄金のサンダルがあった。なんかすげぇと思った。
・お土産屋さんは面白かったけど、ジョークで買うにはお値段がエクスペンシヴだったのでパス。
・ツタンカーメンの後ちょっとギャラリーを回ったけど、すげぇでかい。これは一日使って普通に回っても楽しいかもしれない。
・一番おぉっと思ったのは、かのアメンホテプ4世の像。きっとあんな顔してたんだろうね。

・到着するなり抱っこー!抱っこー!と言い出し、絶対に歩かないからストライキを起こした3歳児を抱えての1時間のトロトロ移動ですごい疲れた。
想像していたツタンカーメンそのものはいなかった(気がする)。

以上。感想。

20100314_003.jpg
帰り道、QueenStreetWestまでテクテクと歩いているときに見た謎の壁画。すごい味わいだ。ある意味ファラオを超えてる。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2010.03.14    [ Category : EVENT/第一章 ]

トロントのフルーツ

湖の氷が割れていないか見に行きたかったのけれども、今日も朝から天気が悪いトロントですね。昨晩から風の音がうるさいわ。

さてフルーツです。トロントではいろんなフルーツが手に入ります。
FruitTorontoA.jpg
LoblawsやSobey'sやMetroやWal-martなどでリンゴやミカンからトロピカルフルーツ、そして果物の王様ドリアンまでかなり幅広くラインアップされているので見ていてあきません。T&Tやギャラリアなど中国・韓国系スーパーに行けば柿なども普通に売っているし。

FruitToronto000.jpg
みかん。夏みかんのような小ぶりなミカン。嫁が韓国系スーパーで買ってきました。

FruitToronto001.jpg
小ぶりで色がはっきりしていて美味しそう。鼻を近づけると柑橘系の良い香り。

FruitToronto001a.jpg
ビタミンC!ビタミンC!補給!補給!

FruitToronto002.jpg
赤い洋ナシです。嫁は洋ナシが苦手だったはずなので珍しいなと思ったのですが、どうもこの赤い洋ナシは洋ナシ独自の香りがそれほど強くないので大丈夫とのこと。

FruitToronto003.jpg
賞味期限が結構ぎりぎりだったので熟れ熟れでした。熟れ熟れでまろやかな甘みでうまい。洋ナシの香りはするけれども、嫁の言うとおり確かにラ・フランスのような鼻に抜けるあの突き抜けるような香りは抑え目で、良く熟れた桃のようで美味しい。

3歳児と競ういあうようにしてムシャムシャ食べてしまいました。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (3)   2010.03.14    [ Category : Food (Ontario) ]

小龍包でペールエール St-Ambroise Pale Ale (McAuslan Brewing)

St-Ambroise Pale Ale

今日もひどい天気のトロントでしたね。

今日は朝から要人とミーティングのため会社に向かいみっちり定時勤務。まぁこんな天気の悪い週末は会社で仕事ってのも悪くはないか。

StAmbroisePaleAle000.jpg
今宵はオンタリオ州ではなくケベック州から、St-Ambroise ブランドの St-Ambroise Pale Ale です。ここのブランドは以前に書いた、渋みブラックの St.Ambroise Oatmeal Stout (記事)以来2回目の登場。

StAmbroisePaleAle001.jpg
McAuslan Breweringはケベック州モントリオールにあるマイクロブリュワリーで現在はMoosehead傘下。このSt-Ambroiseブランドのビールはオンタリオ州のLCBOには最近よく出ている。そして今宵の St-Ambroise Pale Ale は1989年2月から販売開始されているこのブリュワリーの主力商品。(ブリュワリー自体の操業開始が1989年1月。)

StAmbroisePaleAle002.jpg
アルコール度数5.0%のペールエール。ラベルにはフランス語でALE BLONDEと書いてあるけれども、色は綺麗な琥珀色で、黄色がかった泡とのコントラストが素敵。香りはフルーティな甘みの混じりのしっかりとしたホップの特徴的な香り。これはカナダ人は好きそうだ。口当たりはミディアムボディに細かく弱めの炭酸、そして香り同様しっかりとした苦味と鼻に抜けるホッピーな香り。ホップの押し出しがかなりハッキリしているので、カナダ人とかエール飲みは好きそうな感じ。
ペールエールというビールはいろんな味わいのものがあって、どういう味わいのものがペールエールなのかイマイチ掴めていないのだけれども、ビールの評価レビューサイトとかみるとかなり好評価を受けているところをみると、もしかしたらこれは一つの完成系なのかな。

StAmbroisePaleAle003.jpg
今日はT&Tで仕入れてきた冷凍の小龍包と焼売でいただきました。きっちり蒸篭で調理しているからかもしれないけれども、この小龍包はちょっとオススメです。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.13    [ Category : BEER (Quebec) ]

ワキ的 Best Beer Of The 2月

2月のオンタリオ出身のビールさんたちを総括を忘れてた!!
遅ればせながら私的ベスト・オブ・ザ・2月ビール!ビール!ビール!!を選定です!

私的2010年2月のBeerOfTheMonthは…
KingDarkLager001.jpg
青のKing Dark Lager。(記事)
KingDarkLager003.jpg
このダークラガーは美味かった。

そして次点が
KingPilsner000.jpg
緑のKing Pilsner。(記事)

ということで King Brewery のワン・ツーフィニッシュです。

KingsBrewery003.jpg
実際にこのブリュワリーを訪問したのは1月だった(記事)のだけれども、ブリュワリーの感じも良かったし、なによりもここのビールは味わいがしっかりしていてラガーなので炭酸の感じや喉越しも我々日本人にはとても馴染みのある感触でとても良かったのです。そして青と緑のラベルデザインも個人的にGood。

次に続くのはDenison's Weissbier(記事)かなぁ。この爽やかなヴァイスビアはなかなか良かったなぁ。他にはNewstadtの緑と赤も(記事記事)も良かったし。個人的好みではSaint Andre(記事)なんかも良かった。それから相変わらずAmsterdamのビールは手堅くウマかったし(記事)、GreatLakesの新作Canuck Pale Ale(記事)も良かった。

残念なニュースといえばSteelbackの倒産か。でもぎりぎりSteelbackのシリーズを飲むことが出来てよかった。

さて、3月も中盤にさしかかってきました。飲むぞ!目指せ今月中にビール記事100本超え!
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.03.13    [ Category : BEER (Other) ]

弁当の新しい波? BENTO NOUVEAU

BENTO NOUVEAU

たまにお昼にお弁当を買いに行くBENTO NOUVEAU。今日のトロントは久しぶりの悪天候だったので探検しないで会社近くのフードコートのBENTO NOUVEAUで金曜日だしちょっと奮発して握りを買ってみた。ベントーヌーヴォーってどういう意味だ?新しいベントー?ベントー革新?弁当の新しい波?まぁ自己解釈的フュージョン弁当ってことだな。きっと。

BentoNouveou000a.jpg
カリフォルニアロールのような北米系フュージョン巻物寿司の類が充実しているのだけれども、みんなキュウリが入っているのでキュウリ苦手のボクはなかなかいろいろ試せない。他にはサンドウィッチやラップ系も充実しているし、スープもいろいろあるお洒落弁当屋。

BentoNouveou000.jpg
握りです。普通に日本のテイクアウト専門寿司と同じくらい美味しいように感じます。ただ日本の寿司ずいぶん食べていないのでよく分からない…

BentoNouveou001.jpg
日本の寿司との違いその一。カニカマ寿司!ここトロントではカニといえばカニカマ。カニ頼んだら普通にカニカマが出てくるしね。そういえば今日本ではシタラバなるビールのつまみにナイスなカニカマが流行っているというニュースを見たな。ちょっと気になるな。

日本の寿司との違いその二。綺麗にかたどられたワサビ!ちなみに寿司そのものはサビ抜き仕様。しかしこの巻物の数に対してこのワサビの量は完全に罰ゲームのように思えるが。

BentoNouveou002.jpg
日本の寿司との違いその三。スモー醤油。sumofoods.caにいってみたらBENTO NOUVEAUのサイトにいったのでおそらくBENTO NOUVEAUのブランドの一つかな。…でもこの醤油、キッコーマン製だったような気がしないでもない。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2010.03.12    [ Category : Food (Ontario) ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ