無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

FOODYMARTで珍品発掘! 印度白珈琲

印度白珈琲

酔っ払った若者で溢れるトロントの深夜のクラブ街をとぼとぼと家に帰ってきたら、嫁がなんだか謎の飲料を飲んでいた…

印度白珈琲!?

20100430_000.jpg
ぐっすり濃い口に合った白いコーヒーって…
SUNRISE DAY SPECILLY BREWED WHITE CAFE って…SPECILLYって…誤字だよね…

なんでも今日嫁友と買出しにいった豊泰超市(記事)で仕入れてきた一品とのこと。

20100430_001.jpg
印度の白コーヒーってなんなんだよ!とよく袋をみてみるとPRODUCED IN マレーシアって書いてあって、製造している会社は台湾とベトナムの会社。…どこが印度!?
そして「厳選された大粒と独自の製法でしました。芳醇な香りとこくどうぞ」とものすごい謎かけのような日本語が書いてある。作り方のところには「沸騰した約85℃のお湯を入れろ」って…沸騰してないし…うわぁ…間違いだらけだぜ……

嫁が一杯入れてくれたんだけど、味は…
これは!!甘くて美味しい。なんだろう…そうか!これはコピ!?
なんか甘いコーヒーって普段あまり飲まないんだけど、甘いミルクコーヒーとしてはなかなか美味しいわ。

12個入りでC$7.99- Foody価格にしては、ちょっと高い部類だけどね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.30    [ Category : 徒然/第一章 ]

ダイナー巡り Diners Drive-ins and Dives

Diners Drive-ins and Dives

DinersDriveinsAndDives_002.jpg
我が家のケーブルテレビ(Rogers)でもっとも視聴されているチャンネルといえばダントツで幼児向けテレビ局 TreeHouse と値段は高いけど唯一の日本人向けテレビの TV Japan なのだが、それに続く人気局といえば FoodNetwork(食べ物チャンネル)、HGTV(ホーム & ガーデン。かなり本気な人たち向け)、TLC(ライフドキュメンタリー)といったところである。HGTVは何故か嫁がはまっているのだが、意味が良くわからん…

DinersDriveinsAndDives_001.jpg
さて今日はそんなテレビ局のなかから FoodNetwork の人気番組 Diners Drive-ins and Dives の一コマです。なんでかこのアメリカンダイナー巡りのこの番組は大好きで、休日ドライブとかでアメリカンダイナーに行ってスリーエッグとか食べるようになったきっかけの番組。

いろんなダイナーフードがでてきて楽しい。
DinersDriveinsAndDives_000.jpg
このオッサンのTシャツ…味の素ってプリントシャツちょっといいよね。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2010.04.29    [ Category : 徒然/第一章 ]

グリフィン Griffon Extra Pale Ale (McAuslan Brewing)

Griffon Extra Pale Ale

StAmbroiseGriffon_000.jpg
今宵のケベックビールは先日に引き続き St-Ambroise ブランドで有名なモントリオールの McAuslan BrewingGriffon Extra Pale Ale です。

StAmbroiseGriffon_001.jpg
本ビールは1996年のWorld Beer CupでGolden Canadian Ale部門の金メダルホルダーであるとのこと。

StAmbroiseGriffon_002.jpg
アルコール度数5.0%のクリアな金色のビール。香りは、金色ピルスナー系の苦味ホップの香りはあまりなく、ライトモルトと穀物系の香りが薄っすらと香ってくる程度できつくは無い。飲み口はクリーンでライトでフレッシュ、炭酸も程よく効いたバランスのいい金色ビールで、ビスケットモルトの軽い香りと甘み、後味には薄っすらとした苦味と炭酸のリフレッシュというバランスの取れたイージードリンクビール。

イージードリンクとはいえアメリカ量販系に多い水っぽいやつではなく、ライトだけれども、しっかりとした芯のあるきっちりとしたビールです。悪くないですよ!
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2010.04.28    [ Category : BEER (Quebec) ]

あんずのビール St-Ambroise Apricot Wheat Ale (McAuslan Brewing)

St-Ambroise Apricot Wheat Ale

StAmbroiseApricotWheatAle_000.jpg
さて今宵のケベックビールは McAuslan BrewingSt-Ambroise ブランド(記事/記事)から St-Ambroise Apricot Wheat Ale です。アプリコット!杏、杏子、あんずですね。

StAmbroiseApricotWheatAle_001.jpg
力強いイラストが素敵なラベルです。フランス語では ABRICOT なんですね。

StAmbroiseApricotWheatAle_002.jpg
アルコール度数5.0%のダークゴールドカラーのビールです。香りはアプリコットジャムのような甘いフルーツの香りが、ビール注いだグラスをテーブルに置いているだけでもほんわりと漂ってきます。
飲み口もそのままスウィートな飲み口ですが、Wheat Aleらしく鼻に抜ける食パンのような柔らかい穀物の香りもあり、ベタつくかと思いきやボディは意外と軽めだし炭酸もビシッと効いているので意外と爽やかなフィニッシュ。なんというかアプリコットシロップとビールを混ぜただけのなんだかよく分からんカクテル系ビールだったらちょっとな…と思っていたけど、そういう軽いビアカクテル調のモノではなく炭酸の効いた飲みやすいフルーツビールです。

StAmbroiseApricotWheatAle_003.jpg
アプリコット好きは Don't miss it! ですね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.27    [ Category : BEER (Quebec) ]

世界の果て La Fin du Monde (Unibroue)

La Fin du Monde

LaFinDuMonde_000.jpg
今宵はまたオンタリオビールではなくケベックビール、描きこまれた絵の楕円ラベルと金・銀でラップされたボトルトップが特長の Unibroue から La Fin du Monde です。

LaFinDuMonde_001.jpg
このビールはトロントのLCBOでも普通に売っていて、オジさんが初めて喰らったケベックビールがこれでした。La Fin du Monde とは英語で The end of the World 世界の果てですね。

LaFinDuMonde_004.jpg
アルコール度数9.0%の攻撃的なビール。色はライトオレンジで、香りは深く吸い込むと甘みの中にスパイシーなシトラスの感覚もあるけれども、基本は甘くマッタリした完熟フルーティイーストモルトの芳香で、あんまり深くシミジミ嗅いでるとクラっとくるから要注意。どうも白ビール系スパイス(オレンジピールとコリアンダー)も投入されているようだね。飲み口はこのアルコール度数にしてはしっかり炭酸も効いていて、苦味はほとんど感じさせず、甘さとストロングアルコールの具合が良い感じ。まったりクリーミィスムーズなんだけど、その飲み口にしてはフィニッシュはコリアンダーなどの酸味成分と炭酸のおかげで結構さっぱりというか。

LaFinDuMonde_002.jpg
で、このビールはベルギー仕込みの triple fermentation 仕込みということだけど「それって何?」と調べてみたら、どうも3回にわけてモルトを投入して発酵させるらしい。この工程のおかげでこの強アルコール度数のビールが出来るというわけだ。さらに澱を濾さずにボトルにつめているので瓶内自然発酵もしているっぽい。

LaFinDuMonde_003.jpg
うーん、なんだかよく分からなくなってきたけど成分や仕込みを考えるとつまりこれは「白ビール系スパイスビールのストロングアルコールエール」というジャンルのビールになるのか。うん、この強アルコールにやられて上手くまとめられないわ(笑)
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.26    [ Category : BEER (Quebec) ]

はかないアップル Ephemere Apple (Unibroue)

Ephemere Apple

EPHEMERE_Apple_000.jpg
さて続けてUPするのは UnibroueEphemere Apple です。前記事は Ephemere Black Currant (記事) でしたが、今回はそのアップル版です。

EPHEMERE_Apple_001.jpg
たしかにこの女神みたいな人までは同じラベルだけど、彼女の下におかれている収穫カゴのに中から溢れるカシスが青リンゴに変わっています!

EPHEMERE_Apple_002.jpg
アルコール度数5.5%の白ビール。前回のカシスのやつが真っ赤ななかなかない色合いだったのでこれもどんな色かと思ったけど、濁りの入った薄ゴールドの典型的な白ビールカラー。ボトルの栓を抜いたとたんに香る青リンゴとシトラスの芳香はアップルサイダーを彷彿とさせるが。しかしグラスに注いで深く匂いをかいでみると、ベルギーのヴィットビアのスパイスの効いた小麦系の香りである。飲み口もベルギーのヴィットの持つ軽やかな酸味と渋みの代わりに最初にフルーティな青リンゴ果汁っぽい味わいがきて、その後舌に残る酸味や鼻に抜ける香り、炭酸の具合はイーストの効いた典型的なベルギー白ビール。

EPHEMERE_Apple_003.jpg
ラベルの裏にはゴートチーズやポーク、チキンなんかと相性が良いと書いてあるけどどうだろうか。

それにしても Unibroue のビールはとにかく濾過しないビールが多いね。ケベックビール全体がそうなのかもしれないけど。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.25    [ Category : BEER (Quebec) ]

はかないカシス Ephemere Black Currant (Unibroue)

Ephemere Black Currant

昨日は良い天気でしたが、今日は雨模様のトロントでしたね。
20100424_000.jpg
土曜の夜のCNタワー。

EPHEMERE_000.jpg
さて大量にビール倉庫に眠っているモントリオール仕込みのケベックビールを先週もちびりちびりと消化していきました。なんて発音するのか分からないんだけど… UnibroueEphemere Black Currant です。どうも英語にしたら ephemeral 「つかの間の」「短命な」とかそういうはかなげな様を表す単語のようです。

EPHEMERE_001.jpg
Black Currant、クロスグリという果物のビールとのことだけど、何?なになに?
調べてみよう

……
フランス語で…カシス!カシスビールか!

このラベル見たときこの黒い粒粒はキャビアだとばっかり思ってました…

EPHEMERE_002.jpg
アルコール度数5.5%の真っ赤なビール。というか、これはビールなのかという赤さ!遠くから見たらレッドアイのようだとも思ったが、カシスビールってだけあってそのままカシスソーダの色だね。もう完全にフルーティです。ビール飲みすぎて麦酒に対して完全に麻痺したオジさんは最初はなんだこのファンタ・フルーツパンチ?と思ったのだけれども、よくよく味わえばなかなかしっかりした味わいのビールである。ビールというかビアカクテルかな。嫁はカシスでフルーティだけどやっぱりこれはムギだね、ビールだね、と言っていたのでビールに麻痺していない人にはしっかりビールの部分が主張しているようだ。
ちょっと珍しいタイプなので MUST TRY! かも。まぁ実際、オジさんもこういうの嫌いではない。蒸し暑い夏の夕暮れに枝豆と一緒にコイツが出てきたら悲しいけど。

EPHEMERE_003.jpg
そんな夜には冷やし中華。写真で見るとただのサラダにしか見えないな…キューカンバーを不倶戴天の敵としているオジさんの冷やし中華には毎度さまざまなキューカンバーの代用品が乗っかっている。本日はオクラ。美味しくいただきました。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.25    [ Category : BEER (Quebec) ]

機関車公園 Steam Whistle Pilsner (Steam Whistle Brewery)

Steam Whistle Pilsner

今日はなにやらAmazing Raceをやっている人たちが沢山いたトロントでしたね。

まだまだケベックビールが大量にビール倉庫に眠っている(記事)のですが、今夜はトロントビールです。トロントビール界の緑のイカしたピルスナーといえば…

SteamWhistle100_000.jpg
スチーム・ホイッスル!!

SteamWhistle100_001.jpg
スチーム・ホイぃッスル!!

SteamWhistle100_002.jpg
スチぃーム・ホイぃぃッスル!!

SteamWhistle100_004.jpg
スチぃぃーム・ホイぃぃぃぃぃぃぃぃッスル!!です。

SteamWhistle100_005.jpg
Steam Whistle に関しての詳しいことは過去の記事(記事)を見てください。

トロントビールといえばブリュワリーの有無と商品の流通具合からいっても、SteamWhistle, Amsterdam, MillStreetが3台巨頭ではないだろうか。Cool Brewing なんかのほうが大手かもしれないけど、地ビールっぽさからいったらやっぱこの3つを推したい。
個人的なお気に入りは Tilted Kilt (記事) や Big Wheel (記事)といったウマビールを持つ Amsterdam なのだけれども、トロントビール界でイカした本格派ピルスナーといったらこの Steam Whistle BrewerySteam Whistle Pilsner で決まりかな。ブリュワリーがトロントの象徴であるCNタワーとRogersCentreの隣っていう立地も評価点だよね。

SteamWhistle100_006.jpg
ミニバーガーとホットドッグでいただきます!ホットドッグとトロントピルスナーってのはまた相性が良いです。


……
久しぶりにのんだけど、こんなに美味しかったっけ?最近はケベック白ビールとかが中心だったので、ホッピーな本格派ピルスナーはしばらく飲んでいなかったので、ちょっと感激。

SteamWhistle100_003a.jpg
Steam Whistle のあるラウンドテーブル広場には昨年遊具の完備された公園が出来たのだけれども、その近辺にはミニ線路が引かれていて、いずれはミニSLなにかが通るのかねぇなんて話はしていたのだけれども、どうやら近日中に本当に開通するようだ。

SteamWhistle100_003.jpg
これは先週の写真なのだけれども、おっさん達が最終調整を行っていた。あの奥に見える機関車がシュポポー!と走るのだろうか。そんなことになったら、我が家の機関車大好き3歳児は毎日通いたがるだろうなぁ…

Steam Whistle Brewing
The Roundhouse – 255 Bremner Blvd
Toronto, Canada, M5V 3M9
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.24    [ Category : BEER (Ontario) ]

週末ブランチ Milestones Restaurants

Milestones Restaurants

さーて週末です!久しぶりに朝ゆっくり起きて、今日も清々しい陽光のトロントです!天気も良いので…こういう週末は……会社へGo(笑)!

で、なんだか会社で仕事だけではもったいないので、昼食へは家族と会社前で待ち合わせてブランチに出かけました。

MilestonesRestaurants000.jpg
やって来たのは John x Richmond の Milestones Restaurants 。結構いろんなところに展開しているチェーン店だね。

MilestonesRestaurants001.jpg
ちょっとお洒落な感じの店内ですが、ハイチェアもブースターチェアも用意されていて幼児も問題なしです。まぁ夜はちょっと大人の雰囲気なので避けておいたほうがいいとは思うけどね。

MilestonesRestaurants002.jpg
キッズメニューのキッズバーガー。くるくるのフレンチフライってどうやって作るのかな。

MilestonesRestaurants003.jpg
嫁チョイスは Grilled Shrimp California Benedict なる一品。アボガドサルサとベーコンのエッグベネディクトに大ぶりな焼きシュリンプというシュリンプ好きな嫁にはたまらない一品。

MilestonesRestaurants004.jpg
オレチョイスはCalifornian Omelette。こっちも同じくアボガドサルサのオムレツ。なんだかいつもエッグは目玉焼きばかりでオムレツを外で食べたの始めてかも…オムレツもいいね。美味しいね。

MilestonesRestaurants005.jpg
会社の同僚と夜に来たことはあったのだけれど、昼間のブランチも店員さんが何だかとても丁寧でなかなかサービスも良かったです。

Milestones Restaurants
Downtown - John and Richmond
132 John St.
Toronto, ON
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (3)   2010.04.24    [ Category : Food (Ontario) ]

ビーツとビール Creemore Springs Premium Lager (Creemore Springs Brewery)

Creemore Springs Premium Lager

CreemorePremiumLager000.jpg
今宵のビールは、オンタリオの誇る芳醇ラガービール、Creemore Springs BreweryCreemore Springs Premium Lager で行ってみましょう。Creemore Springs Brewery はトロントの北北西の Creemore にあるマイクロブリュワリーで現在は Molson の傘下。urBock (記事)以来の登場。

CreemorePremiumLager001.jpg
トロントにやってきてまず経験するカナディアンビールはラバット・ブルーモルソン・カナディアンリカーズアレクサンダー・キースムースヘッドってところだと思うのですが、まず最初に経験するオンタリオビールといえばスリーマン、その次に多いのがこのCreemoreのラガーではないかと思う。
そしてこれを飲んだ日本人は一様に「うまっ」というのだ。

CreemorePremiumLager002.jpg
アルコール度数5.0%の赤銅色がかった濃い目のハニーゴールドといった感じの色のラガービール。甘めのパンモルトとキャラメルモルトの混じった香り。飲み口はマイルド芳醇ラガービール。クリーミーな感触で、ホップの苦味はあまり主張せず、ハニーっぽさもあるモルトの甘みや、日本人がラガーと効いてイメージするちょい効き目の炭酸などの要素が程よくバランスが取れており、日本人にはとても手の合うラガービールだと思う。常飲用に良いタイプ。

CreemorePremiumLager003.jpg
今日は先日セントローレンスマーケットでゲットしたキャンディビーツ(記事)のカプレーゼでいただきます。嫁がビーツにはまるきっかけになった、このピザ屋さんのランチの前菜に出てきた一品(記事)がお手本。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.23    [ Category : BEER (Ontario) ]

あじせんらーめん Ajisen Ramen‎

味千ラーメン

先日スパダイナに出来たという味千ラーメンに行ってきました。

Ajisen201004_000.jpg
出来立ての頃みながいつの間に造ってたいたのかと不思議がっていたが、確かにこんな餃子楼の並びという目立つ場所に何時の間に出来上がっていたのだろうか…

Ajisen201004_001.jpg
ノースヨークに比べると狭い店内。しかし店員構成はノースヨークと同じくチャイニーズで構成されており、どことなくツンと突き放した感じのオネーさんと、せわしなく動き回るフロア長。

Ajisen201004_002.jpg
生姜焼き定食です。若干漬け汁の色が薄めに見えましたが、普通に美味しい生姜焼きとのこと。お手ごろ値段の日式定食はちょっと嬉しいよね。

Ajisen201004_003.jpg
そして我が輩は牛鉄板焼きラーメンです。

いただきま~す。

……
………
あれ?麺変わった?

麺が変わったのではないかという噂は聞いていたけど、ちょっと細くなって仕上げのどーしょーもないソフト麺感覚も改善されている気がする。侮れないぜ…あじせん。

Ajisen201004_004.jpg
うーん。この相撲取りの絵はなんともフュージョンですね。

Ajisen Ramen‎
332 Spadina Ave.
Toronto, ON M5T 2G2
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.22    [ Category : Food (Ontario) ]

赤スリーマン Sleeman Rousse (Sleeman Brewing)

Sleeman Rousse

SleemanRousse000.jpg
今宵のビールはモントリオールの酒屋の冷蔵庫にあった Sleeman BrewingSleeman Rousse。トロントでは見かけたことがないので買ってみた。

SleemanRousse001.jpg
ググってみると、どうやら Sleeman Red Ale として流通しているものの様である。これもモントリオールで買ったのでラベルは ROUSSE とフランス語表記なのだろうか。

SleemanRousse002.jpg
アルコール度数5.5%と若干高めのレッドエール。香りはスウィートモルトの香りにハニーかドライフルーツかのような甘い香りもまじる、あぁこれはSleemanだなぁという香り(どんな香りだ?)。味のほうは、典型的な甘めでミディアムボディのレッドビール。炭酸はそこそこ効き目。もう少しボディが太くてもいいかなと思うけれども、個人的には好きなタイプです。

SleemanRousse003.jpg
この手の琥珀色や赤色、軽いブラウンのビールっていろいろ飲んできたけど、大きく分けて3つ
 ・苦ビター本格派琥珀系ビール
 ・フルーティ赤ビール
 ・芳醇ブラウンエール
と大きく3つ分かれる気がする。で、このビールはこれはフルーティ赤ビールの分類かな。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.21    [ Category : BEER (Ontario) ]

トロントの美味小籠包 Din"G" Tai Fung 鼎泰豊

さて、先日トロント北方にある小籠包で有名な鼎泰豊に行ってきました!あの、台湾発信の小籠包の名店Din Tai Fungサイト)と一字違いのトロントの名店Din'G" Tai Fungです。

DingTaiFung000_000.jpg
こっちのほうに来るたびに何度か寄っていますが、ひさしぶり!

DingTaiFung000_001.jpg
小籠包!小籠包!

DingTaiFung000_002.jpg
今日も兄ちゃんたちがせっせと握っています。

DingTaiFung000_003.jpg
このプリプリの海老が素敵な海老炒飯はあっさりとした味付けて非常に美味しい!オススメの一品です。

DingTaiFung000_004.jpg
そしてボクチョイ。いまだにこれが正式にはどういう野菜なのか知らない(記事)のですが、好きです。とりあえず青物食っておくかぁって時はボクチョイか空芯菜を反射的にチョイスしてしまいます。

DingTaiFung000_005.jpg
きました!小籠包!

DingTaiFung000_006.jpg
オーソドックス小籠包と、ホタテ貝柱の憎いヤツと、蟹カニ小籠包で攻めます。いつも家族で来ると夫婦2名+3歳児ではこんなにいろいろ試せないのですが、今回はオジさん4名での突撃なので厚めに攻めます!

DingTaiFung000_007.jpg
調子にのって海老餃子も追加!

DingTaiFung000_008.jpg
調子にのって焼売まで追加!出てきてビックリ、糯米と焼売仕上げにした炭水化物を炭水化物で巻いたという、肉汁と脂で膨れたオジさん達の五臓六腑に重たいボディブローの一品です。コイツは効いたぜ。。。

DingTaiFung000_009.jpg
実は今回は2週間前にシンガポールで(本物の)鼎泰豊を食べてきたばっかりという御仁をお連れしたのですが、ちょっと脂と味付けが濃いようにも思えるけど十分美味い!とのこと。

オジさんもシンガポールで有名な鼎泰豊はじめ南翔饅頭店などで小籠包は食べたことはあるけれども、ここトロントのDin"G" Tai Fungの小籠包もなかなかイカすヤツだと思います。

Ding Tai Fung Shanghai Dim Sum
3235 Highway 7
Markham, ON, Canada
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (6)   2010.04.20    [ Category : Food (Ontario) ]

おフレンチの香り Cheval Blanc (Les Brasseurs RJ)

Cheval Blanc

想像していた以上にバラエティに富んだ果物が手に入るトロントですが、今日はマンゴーを剥いてもらいました。

20100419_000.jpg
家で数日寝かしておいたので良い感じで熟してます。

ChevalBlanc000.jpg
さてそんなトロピカルフルーツな夜はケベックビールで攻めてみます。

今宵のケベックビール(記事)は「苦悩する白シャツ」でおなじみ?の Coup De Grisou (記事)と同じくLes Brasseurs RJからやってまいりました、Cheval Blanc です。

ChevalBlanc001.jpg
苦悩するオッサンのラベルに比べると、なんとも美しいフレンチの香り満載の白馬のラベルが素敵です。Cheval Blanc ってフランス語でそのまま「白い馬」という意味らしい。

ChevalBlanc002.jpg
アルコール度数5.0%のライトゴールドカラーのビール。「白馬」という名のビールだし、ちょっと白濁しているようにも見えるので今回のケベックビールも白ビールか?と思ったら、やはりそうでした。柑橘系の爽やかな酸味交じりのベルジャン・ヴィット特有のイーストアロマが程よく香ります。味のほうはライトボディでドライ&フレッシュでとても飲みやすい。薄っすら口中に広がる柑橘系の酸っぱい苦味がちょっと良い感じ。Blanche De Chambly (記事)を柑橘系のサワー&スパイシーはそのままに、もう少しボディをライト&ドライにした感じかなぁ。

ChevalBlanc003.jpg
白ビールって瓶の底に沈殿物が溜まるよね。だから最後のほうって結構な白濁になる。それを避けるために、瓶を開ける前に振って混ぜたりしたら炭酸ガス大爆発するし、なんか栓抜いた後に瓶をクルクル回したりしたらせっかくの炭酸ガスが抜けちゃう気もするし…
一気に瓶の中身全部を大き目のグラスなりジョッキなりに注いでしまえばいいのかなという気もするのだけれども、オジさんは目の前のグラスに入っていると一気にグビグビ喉越し最高!って飲み干しちゃうタイプなので、味わうためにはチョコチョコ注ぎながら「ふむぅ」とか「うぐぅ」とかブツブツ言いながら飲むスタイルじゃないと燃費が悪すぎてダメなんだよねぇ。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.19    [ Category : BEER (Quebec) ]

ディスティラリーで珈琲 Balzac's Coffee Roastery

Balzac's coffee

土曜日のこと、寒風とミゾレ混じりの小雨の降る中ディスティラリー地区にちょこっと行ってきました。
BALZACSCOFFEE000.jpg
待ちに待った週末だというのに寒い……そして誰もいない。

とりあえず日本からの来賓をトロントの名所に案内しようと思ってやってきたのですが、寒くて誰もいないとココはただの廃墟ですね…

BALZACSCOFFEE001.jpg
寒いのでMillStreetのブラックビール、CoffeePorterにも使われているというバルザック珈琲を買って帰りましょう…

BALZACSCOFFEE002.jpg
さすがディスティラリー地区に店を構えるだけあって洒落た店内です。

BALZACSCOFFEE003.jpg
こういうレトロチックなメタルボード、最近大好きです。

BALZACSCOFFEE005.jpg
ボールド(濃い目)の珈琲を買いました。

カナダの珈琲って基本的に薄いですよね…クラシックヘヴィーメタルとヘヴィー珈琲を愛する中年男性にはカナダの珈琲は量は多いけど苦味と渋みのダンディズムに欠ける感じが残念なのですが、ここの珈琲はなかなか風味も濃さもナイスです。

BALZACSCOFFEE004.jpg
カフェLOVERで有名な19世紀フランスの文豪オノレ・ド・バルザックにちなんでのBalzac's coffeeという店名ということなので、なんとなく今日は珈琲と洒落た感じでかいてみましたよ。

Balzac's Coffee Roastery
55 Mill Street, Building #60
Toronto, ON, M5A3C4
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.18    [ Category : Food (Ontario) ]

春のマーケット

春のセントローレンスマーケット

先日、久しぶりに土曜の朝のセントローレンスマーケットに出撃しました。
201004StL000.jpg
あいにくの天候。

201004StL001.jpg
お目当てはフレッシュなタマゴです。すき焼きをやろうと思ったので、新鮮な生でイケるタマゴが必要だったのです。木曜日に採ったということなのでOKでしょう。

201004StL002.jpg
そして…やっぱりセントローレンスマーケットといえば生皮はがされた子豚ちゃんですね。

201004StL003.jpg
ドナドナド~~ナ、ド~ナ~。

201004StL004.jpg
野菜もいろいろ出てきました。

201004StL005.jpg
ビッグな茄子も美味しそうです。

201004StL006.jpg
これはキャンディビーツというものらしいです。最近ビーツに凝っている嫁のお目当ての一品。

201004StL007.jpg
最後にメープルシロップを買って30分くらいの朝の買出しでした。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.18    [ Category : 徒然/第一章 ]

苦悩する白シャツ Coup De Grisou (Les Brasseurs RJ)

Coup De Grisou

CoupDeGrisou000.jpg
さて今宵のビールはケベック州のブリュワリー Les Brasseurs RJ からやってきた Coup De Grisou です。1998年にケベックにあった3つのマイクロブリュワリーが合併して誕生したブリュワリーとのこと。
モントリオールの酒屋でゲットしたやつ(記事)です。

CoupDeGrisou001.jpg
見てください。この謎のラベル!この白シャツは何を苦悩しているのでしょうか?たぶん…

パターンA:
 (冷蔵庫を開けて、)うぉー!!ビールがない!!そういや全部飲んじまったよ!!あぁ!でも今日は日曜日だった!!もうLCBOもビアストアも閉まっちまったよ!!

パターンB:
 うぉー!!タバコ吸いてぇ!!ニコチン!ニコチン!けどこんな周りに誰もいない田舎の山道でライターのガス切れちまったよ!!

パターンC:
 うぉー!!トイレどこぉぉぉぉ!!

たぶんパターンC。
ちなみにオジさんはタバコは数年前に止めましたが、かなりのヘビースモーカーだったのでタバコが切れると凄い勢いで悶絶してました。

あっ、でもこのシャツが釣りバカだったらたぶん…

パターンD:
 うぉー!!釣れねぇ!!!魚どこ行っちまったんだ!!

パターンE:
 (魚をバラしてしまい…)マジかよ!!今の超デカかったぜ!!うわぁぁぁぁん。悔しいぃぃぃ。

パターンF:
 (素人同然の嫁に過去最大級の魚を先に釣られてしまい…)Noooooo!!!W~h~y!!!この世に神はいないのかぁ!!!(記事)

CoupDeGrisou002.jpg
アルコール度数5.0%のカッパーレッドに近いゴールドとオレンジの中間カラーのビール。ちょっと濁っていたのでこれ白ビール系?と思って香りをかいだら、コリアンダーなどのスパイスを使ったベルジャン・ヴィット特有の香りが強烈。お味のほうは柑橘とアンズやオレンジなどの混じったようなあっさりとしたフルーティな甘みが広がり、苦味はあまりなく、炭酸は良くきいていてフレッシュ。カッパーカラーの色のとおりにボディはミディアムでドライという感じではなく、白ビールの中でも個性の強いほうで好きな人にはたまらない、このムギムギ&コリアンダーなヴィットビアのアロマが苦手な人にはうげぇなにこれってなビールですね。

ケベックビールは個性がきいてるという勝手なイメージを持っているので、こういう個性的なビールはちょっと嬉しい。

CoupDeGrisou003.jpg
ところで Coup De Grisou とはフランス語で『坑内事故』という意味らしい。炭鉱なんかで発生する落盤事故のことだね。なんでまたそんな名前をビールにつけるかねぇ…と思ったら、どうやらこれ生ビールらしい!生!瓶内発酵が売りみたい!
なるほど!もしかして瓶内発酵していろいろウマミやアロマなんかが瓶内にたまっていき栓を抜いたら一気にエクスプロージョンする様をこの『坑内事故』って名前で表現しているような…気がする。と、なるとこのラベルのシャツは、「あぁ!!落盤かよ!!オレ閉じ込められちまったよ!!あぁぁあ…」という『絶望』を表現しているのかな…
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.17    [ Category : BEER (Quebec) ]

ヒデキ・マツイを観戦

トロントにエンゼルスがやってきました!

エンゼルスの4番打者といえば…松井秀喜です!ちょうど日本から我が社のVIPが来加していたこともあり、お誘いして観戦に行ってきました。

20100416_000.jpg
さぁまもなくプレイボールです!

20100416_001.jpg

……
閑散…
客が…いなくないか?居なさ過ぎないか??
大丈夫か?ブルージェイズ?

20100416_002.jpg
まぁなにはともあれ腹ごしらえ!
我が家では、ここ QUEEN STREET

20100416_003.jpg
Smoke BBQ Chicken Nachos が大人気の一品です。美味い!ビールがすすむ!野球観戦って半分以上はビール飲むための方便だからね。美味しいツマミは必需品だよね。

20100416_004.jpg
松井です!
万が一守備についたときに備えてレフトスタンドの座席を確保したのですが、予想通りの指名打者!くぅぅ。

20100416_005.jpg
我らが松井!ヒット打ちました!!

20100416_006.jpg
今日一番松井がレフトスタンドに近づいた瞬間は、このセカンドベースに進塁した時でした。
がっ!!しかーし!!直後に代走を送られ交代。うーん。もうちょっと近くで活躍を見たかった。

20100416_007.jpg
RogersCentre…大丈夫かな。もうちょっと客入らないとやばい気がする。頑張れジェイズ!

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2010.04.16    [ Category : EVENT/第一章 ]

微炭酸モルソン Molson M (Molson Coors Brewing)

Molson M

イースターのモントリオール小旅行の時、モントリオール市街を散策していたら遠くにMOLSONの工場が見えた。
MolsonM004.jpg
そう、カナディアンで有名なモルソンはモントリオールから始まったブリュワリー。

MolsonM000.jpg
夜、コンビニで寝酒に買ったのはシルバーの缶に黒のラベルがモダンな感じの MOLSON M

MolsonM001.jpg
John Molsonのサイン。John Molsonが1786年にモントリオールに建てられた北米最初のビール醸造会社、それが MOLSON なのです。2005年にクアーズと合併して Molson Coors Brewing となったのでカナディアンビール会社というより北米を代表するビール会社になってしまいましたが。

MolsonM002.jpg
アルコール度数4.9%のラガービール。"M" は Microcarbonated の意味らしい。炭酸ガス注入量がとにかく少ない新技術とのことだが、微炭酸ビールってことだね。香りは普通に量販系ラガービールの香りでカナディアンにあるような独特な甘くて湿った感じの香りとは違う。飲み口もまぁこれと言った特徴もなく細かい炭酸でホップの苦味もあまりなくライトボディのイージードリンク系のラガービールです。

我が家の旅はホリデーインが結構多い。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2010.04.16    [ Category : BEER (Canada) ]

18とドライオレンジビール OrangePeelAle (Great Lakes Brewing)

OrangePeelAle

昨晩、家に帰ったらミッキーの手人形が何か着せられていた。

20100415_000.jpg
この青い洋服は?

20100415_001.jpg
嫁が暇だったので、息子の着ていたインディアナ・コルツのクォーターバック、ペイトン・マニングの背番号18のついたジャージ(記事)を眺めながら、同じもの編んでミッキーに着せて喜んでいたらしい。

最近は暇さえあればかぎ針握って何か編んでいるな。まぁ旦那は暇さえあればビール飲むか釣り竿握ってるわけなので何も言えないんだけど。

OrangePeelAle000.jpg
さて、大量のケベックビールがオジさんに飲まれるのを待っているわけですが、その前にビール倉庫と化した棚に入っていたオンタリオビールを飲んでしまいましょう。これはトロントの西エトビコにあるGreat Lakes Brewing(記事)のOrangePeelAleです。Great Lakes Breweryは過去数本のビールを本ブログでも紹介していますが、正統派ビールから変化球まで幅広い品揃えで、なかなかお気に入りのブリュワリーです。有名どころは 666 Devil's Pale Ale (記事)。

OrangePeelAle001.jpg
650mlサイズのポップなプリントの瓶が素敵な感じではありませんか。2月に飲んだ同じくGreat Lakes BreweryCanuck Pale Ale(記事)と同じラインの瓶ですね。

OrangePeelAle002.jpg
アルコール度数5.3%のオレンジアンバーのビール。モルトの香りにオレンジピールの香り。味は…ドライ。ミディアムボディだけれどドライで苦味もあり、その後にじわりと柑橘系の甘みとフルーティな香りが聞いてる。オレンジの絵からフルーティな甘みと角の取れた苦味のレッドビールを想像していたけれど、ドライでホップの苦味の効いたアンバービールにオレンジピールのフルーティ、シトラス、スパイシー、渋み、苦味という特徴をうまくブレンドした感じです。オレンジピールってなんか大人の味わいでいいよね。

ocb.jpg
Great Lakes BrewingはOntarioCraftBrewersのひとつ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.15    [ Category : BEER (Ontario) ]

ブルー vs ブルー Labatt Blue (Labatt Brewing)

Labatt Blue

今日も良い日差しのトロントでしたね。

LabattBlue000.jpg
Labatt Blue です。カナダNo1ブランド、ラバットの主力製品です。

LabattBlue001.jpg
そしてLabatt Bleue です。

LabattBlue002.jpg
モントリオールのマーケットのデリの冷蔵庫でみつけたこれは、なんと綴りが違います!さすがおフレンチ。

…っておい!良く見ろ!オレ!
英語の BLUE のほうがアルコール度数 0.1% 高いみたいだぞ!別物なのか!?

…よく見りゃメープルも違うなぁ。
あっ、これケベック州の州旗にかかれているあの百合の紋章!?wikiによるとケベック州の紋章とメープルリーフの両方を足したデザインの模様。やるなぁケベック。

LabattBlue003.jpg
そういうことであれば飲み比べてみるしかないわけです。

LabattBlue004.jpg
アルコール度数4.9%のフレンチ・ブルーのほうは明らかに色がライト金色です。そしてお味は…うん。普通に爽やかあっさりライトピルスナー、北米量販系ラガービールにそこはかとなくカナダ的フレッシュさの混じったラバット・ブルーのお味です。

で、アルコール度数5.0%のイングリッシュ・ブルーのほうは明らかに金色がフレンチより濃い目です。そしてお味は…うん。ブルーです。でもなんかフランチ・ブルーよりちょいいろいろ濃い目です。これがアルコール度数0.1%の差か、コクというかボディもちょっぴりだけ太い感じがします。フレンチ・ブルーのほうがライトでドライです。

LabattBlue005.jpg
ラバットは John Labatt さんが1847年にオンタリオ州ロンドンに創設したのがはじめ。モルソンも John さん(John Molson)だから、彼らのカナダビール市場シェア戦争は John vs John なんだな。

1995年にStella Artoisなどのブランドを保有するベルギーのインベブ(InBev)に買収されてしまい、2008年のInbevのAnheuser-Busch(バドワイザーの会社)の買収合併によって出来た世界最大のビール会社Anheuser-Busch InBev(アンハイザー・ブッシュ・インベブ)の主要ブランドの一つ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.14    [ Category : BEER (Canada) ]

かぼちゃトマトと白ケベックビール Blanche De Chambly (Unibroue)

Blanche De Chambly

今週も暖かくなりそうなトロントですね。

さて、先日Sobeysで不思議な野菜を見かけました…かぼちゃのような…
UnibroueBlancheDeChambly004.jpg
トマトです。通常のトマトコーナーの端っこのほうにおいてあったので、てっきり形があまりも悪いので隔離されているのかと思ったのですが…こういうものらしいです。しかも高い!お値段なんど1個で6ドル!!普通にフードコートでご飯一回食べられるぞ。

HEIRLOOM TOMATO というものらしい。エアルームっていうのは「先祖伝来の家宝、伝統」みたいな意味でと言う意味で、エアルーム品種とは「固定種」「在来種」や「伝統品種」みたいなモノみたい。ネットでは
 ・園芸家やその家族が北アメリカに移住した時にもたらされ、アメリカ原住民やアーミッシュによって栽培され続けてきたもの。
 ・どんな園芸植物であれ、それがある家族の中で先祖伝来の宝石や家具のように歴史を持っている品種。
とかかかれているけど、まぁ品種改良して画一化したものではなく原種に近いワイルドな野菜ってことみたい。

UnibroueBlancheDeChambly000.jpg
で、そんな今宵のビールはモントリオール仕込み(記事)のBlanche De Chambly です。

UnibroueBlancheDeChambly002.jpg
醸造している ユニブルー(Unibroue) はケベック州シャンブリーにあるブリュワリーで、2004年にスリーマンに買収されている。ってことはスリーマンはその後サッポロに買収されたので、サッポロ傘下のブリュワリーってことか。

ここのビールはオンタリオのLCBOでも普通に手に入るのだけれども、モントリオールに行ったときにたくさんの種類を買ってきました。

UnibroueBlancheDeChambly001.jpg
こちらのビールは結構アルコール度数高めのヤツとかユニークなのが多いのだけど、ケベックビールには結構多い濃いデザインのラベルがかなり印象的です。このラベルは結構あっさりしているほうかな。

UnibroueBlancheDeChambly003.jpg
アルコール度数5.0%の白ビールです。スパイスとしてコリアンダーとオレンジピールが入っているようで、爽やか爽快のヴィットならではの風味ですが、深く吸い込むとバナナのようなパンモルトの深い香りが鼻に抜けてなかなかGoodです。ボディはライトですが細かい炭酸が良い感じに効いていて爽快。ライトボディではありますが、全体的にしっかりとした味わいで、甘み、酸味、さっぱり後味、全ての面でナイス白ビール!と言って良いのではないかな。

UnibroueBlancheDeChambly005.jpg
おつまみには件のトマトをタコとマリネにしたもの。うーん。美味いぜ!タコ!タコ好きなんですよねぇ。タコっていいですよねぇ。なんかこうシコシコしたところとか、噛めば噛むほど滲み出る旨みとか。場末の割烹のカウンターの隅で熱燗チビチビやりながらタコをしみじみつまむような親父になりたいですね。

で、トマトは…なんとも形容しがたいのですが、スゲェ!こんなトマト食ったことねー!さすが6ドル!イカすぜ!このトッメェ~トォ!なんてことはなくって、なんか昔懐かしい感じのトマトでした。なんか昔のトマトってこんなだった気がする…みたいな。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2010.04.13    [ Category : BEER (Quebec) ]

いざモントリオールへ その14 番外編

モントリオール小旅行 番外編

いざモントリオールへ その1(記事)へ

イースターウィークエンドのモントリオール写真を整理していたら、どんだけ撮ったんだよってくらい大量の写真がありました。その中からいくつか…

Motreal013_000.jpg
あっ!これは大好きなスウェーデンのアウトドアメーカー、フィル・ラーベンのバッグ!カナダではじめてみた!とバッグに夢中になっていたら、隣のかわいいブルは本物の犬でした。街角のショーウィンドウで日向ぼっこしてたみたい。動いた瞬間ちょっとびびったが、超キュート。

Motreal013_001.jpg
バスのデザインもなんだか北米的力強さのトロントのTTCのバスよりモダンに見える。

Motreal013_002.jpg
でも消防車はやっぱり無骨。ガイィーン!って感じ。

Motreal013_003.jpg
救急車は…黄色い。なんでだ…

Motreal013_004.jpg
旧市街の観光地では観光用の馬車が沢山走ってました。ちょうどお尻のところにバケツがおいてあって、走りながらボトボトとウン○をバケツに落としてました。道バタに平気で落として去っていくトロントの騎馬警官の馬と比べると、まぁお行儀がいいわ。

Motreal013_005.jpg
これは…派手馬車…メルヘンですな。

Motreal013_006.jpg
なんか風景がおかしいぞ…なんだこの違和感と思っていたら、嫁が気が付いた。
「ねぇねぇ、ここの車って前のナンバープレートがないよね。」
!おぉ!!違和感の正体はこれか!!ここでは前のナンバープレートなくてもいいのかな。なんかちょっと…しまりのない顔に見える。

Motreal013_007.jpg
たぶん…モントリオール、また行っちゃうな。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.12    [ Category : 2010Montreal ]

なんとなくアクトン その2

なんとなくアクトン その2

その1(記事)より続く

先ほどの手芸屋のおばぁちゃんに聞いたのだけれども、今日はベテラン(退役軍人)パレードが行われるそうな。どうりで閑散とした商店街にちらほらと正装したオジいちゃんたちを見かけたわけだ。

で、ダイナーでランチをしているとなにやら目抜き通りにいきなりパレードがやってきた。

20100411_ACTON010.jpg
おぉ!なかなか立派なパレードだ!

20100411_ACTON011.jpg
ジープ。ジープ。ユニオンジャックとカナダ国旗とオンタリオ州旗がついてますね。

20100411_ACTON013a.jpg
パレードも終わったので近くの公園にある水辺に向かいました。3歳児は三輪車で爆走です。

20100411_ACTON013.jpg
何か小魚釣れるか…

……
生体反応なし!天気は良いけど強風!強風止まず!総員退避!撤退!
トホホ。

20100411_ACTON014.jpg
帰りにアクトン近郊のファームマーケット MacMillan's に寄ってきました。

20100411_ACTON015.jpg
ファームマーケットと思っていたら…なんと冷凍食品のお店でした。野菜も果物もキロ単位で冷凍されています!瞬間冷凍新鮮素材がウリのお店のようです。
野菜、果物、肉、魚からパン生地、パイ、アイス、フローズンヨーグルト、乳製品、パスタやカレーなどの冷凍惣菜などいろんなモノがありました。

20100411_ACTON017.jpg
戦利品。クロワッサンのパン生地そら豆(Fave Beans)です。

20100411_ACTON018.jpg
帰宅してさっそくそら豆を茹でてもらいました。

ビールには枝豆!枝豆!大豆の緑色のヤツ!が基本だろうし、枝豆も大好きなんだけど、たまにそら豆がでてくるとちょっと小躍りしたくなるくらいドキドキするオジさん。

20100411_ACTON019.jpg
嫁が早速クロワッサンも焼いてみたようです。まぁお味は普通でした。15個入って5ドルは安いのではないかな。

アクトンへの半日の小遠足でしたが、なかなか楽しかったです。

MacMillan's
R.R.#1
Acton, Ontario. L7J 2L7
Tel: 519-853-0311
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.11    [ Category : 週末DRIVE/第一章 ]

なんとなくアクトン その1

なんとなくアクトン その1

今日もなかなか素晴らしい朝の陽光だったトロントでしたね。

嫁子供はなにか疲れが溜まったのか今日は遅くまでベッドの中でスヤスヤ寝ていましたが、オジさんは朝からビール写真の整理。いやぁビール溜まってるわぁ。

で、あまりにも陽光がキラキラなので昼頃とにかくどこか郊外に(竿を持って)行きたくなってしまったオジさんは、家族を無理やり車におしこめ、googleマップで進入可能な水辺子供も遊べる公園郊外の田舎というキーワードで衛星写真とにらめっこしてココだ!と決めたアクトンという街に向かったのでした。

20100411_ACTON000.jpg
カントリーロ~ド♪テイク・ミー・ホーム♪トゥ・ザ・プレイス♪オサカナ~♪
やっぱ郊外にいくと落ち着くわ。

20100411_ACTON001.jpg
で、トロントから1時間ちょい。アクトンに到着しました。想像通りの絵に描いたようなオンタリオ郊外の田舎街です。

20100411_ACTON002.jpg
目抜き通り。日曜の昼下がり、閑散としています。

20100411_ACTON003.jpg
お昼でも食べようとテクテク散歩していたら、なかなか味のある手芸屋さんを発見。ここは、かぎ編みマニアの嫁としては突入するしかありません。
中には沢山のカントリー調アクセサリーや毛糸、クロスステッチキットなどがあって、なかなか良い感じのお店でした。店員のおばぁちゃんがお茶目でコケティッシュなおばぁちゃんでした。

20100411_ACTON003a.jpg
レジ近くに地元の養蜂家の蜂蜜がおいてあったのでゲット。普通のジャム瓶で1.5ドルは安くないか。

20100411_ACTON004.jpg
手芸屋をでて昼をたべるダイナーなどを探すが。どこも午後イチまでしか営業していないようだ…これはティム・ホートンズしかないかなと覚悟しましたが、このAndy'sは午後2時まで営業だったのでぎりぎり入れました。

20100411_ACTON005.jpg
店内の様子もメニューも映画に出てくるかのような80年代くらいのレストランって感じで素敵。

20100411_ACTON006.jpg
まぁコーヒーにはミルクも砂糖も入れないのでどーでもいいっちゃぁどーでもいいのだけれども、ミルクが有無を言わさず10%ファット。良い!こういうところが良い!

20100411_ACTON007.jpg
オールディブレックファストもエッグはすべてスリーエッグ。しかも安い。5ドル程度。ベーコン、エッグはオーバーイージーで。

20100411_ACTON008.jpg
我が家の3歳児にはポーチドエッグとソーセージ。3ドルの子供セットなのにツーエッグ。安い。

さて、期待通りのダイナーランチで満腹になったところで午後の散策に出ますか!


大きな地図で見る
アクトン。

その2(記事)へ
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.11    [ Category : 週末DRIVE/第一章 ]

久しぶりの Restoran Malaysia

久しぶりの Restoran Malaysia

曇り空のトロント近郊ドライブからの帰り道、久しぶりにトロントの北リッチモンドヒルにある我が家お気に入りのレストラン Restoran Malaysia (記事)に行くことにしました。

Mal20100410_000.jpg
外に人はいなかったので週末の夜なのにもしかして珍しく空いているのか?と思ったら中は大行列。30分~1時間待ちコースでした。

Mal20100410_001.jpg
30分ほど待ってようやく入れました。我が家の3歳児が楽しみにしていたストロベリースムージーと嫁のマンゴースムージー。

Mal20100410_002.jpg
オジさんはMILOです。子供のころMILO大好きだったなぁ。最近ではシンガポールに長期出張していた時に街角の屋台でよく見かけました。オジさんは屋台に行くとすぐタイガービールを飲んでしまう習性があるので、そこではあまり飲むことはなかったのですが、メニューのなかにコールドミロを発見して嬉しくなってしまい注文。

ちなみにシンガポールで知ったのですが、ミロでは通じません。MILOはマイロと言います。カナダではどうだか分からないけどとりあえずマイロ!と力強くいったら通じたのでたぶんマイロ。

今日はいままでココで頼んだことのないメニューを頼もうというコンセプトで攻めました。

Mal20100410_003.jpg
グリーンマンゴーサラダ。うん、マンゴー美味しい。

Mal20100410_004.jpg
こちらNasi Ayamです。チキンライス!というといつも海南鶏飯(Singapore Chiken Rice)を頼んでしまうので、これは初めて頼みましたが美味い!これは美味いチキンだ。皮もパリパリだし、醤油ベース甘めのタレも日本人には合う。オススメ。ただしサイドについている辛味ミソのようなホットソースはデンジャラスな辛さなので要注意。南国の人々のかなりイカれた辛さに対する感覚を知らずに、迂闊にも「なんだろう?」と味見感覚でぺロっと舐めた嫁は開始1分で舌をやられてしまい苦しんでいました。

Mal20100410_005.jpg
そして Beef Kway Teow 。シンガポールでは屋台の定番メニューです。シンガポールの有名な「夜の街」ゲイラン地区にあるこの料理が有名なお店で食べたなぁ。。カナダで食べるのは初めてですが、これまた美味しく仕上がっていました。

Mal20100410_006.jpg
夜8時半すぎに帰るころにはじょじょにお店も空いてきましたが、それでもまだ並んでいる人たちもいました。

本当にここの料理は我が家にとっては外れなしでお気に入りです。

Restoran Malaysia
815 Major Mackenzie Drive East
Richmond Hill, Ontario
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.10    [ Category : Food (Ontario) ]

初春の小魚釣り

朝、気温はそんなに上がらなかったけれどもとても良い日差しのトロントでしたね。あまりにも良い陽光なので先週のモントリオール土産の記念撮影をして長かった小旅行記を一気に完遂。

さて、天気が悪かったら会社でも行っちゃおうかとも思っていたけれどもなんだか天気もよさそうなので今週も竿をもって小魚ハントに出かけることにする。

20100410_000.jpg
やってきたのはレイク・スクコグ。思ったより風が強い…釣り人のもちらほら。もっと沢山の小物釣り師やファミリーフィッシングの人たちがいるかと思っていたけれど、まだ寒いしシーズンにはちょっと早いのかな。あまり釣れていないようだ。

今日は浮き釣りの仕掛けで攻める。もう餌釣りはあまりやらないのだけれども、正直ウキ釣りは面白い。ウキが反応するときの興奮はトップのルアーにバガーン!と魚が出るときと双璧ではなかろうか。あっブッコミ釣りで竿先の鈴が鳴るときも、夜釣りでケミホタルが空中を踊るときも興奮するな。目に見える魚信はなんでも興奮するってことか…

20100410_002.jpg
で、ウキが微妙にしもったところで合わせてイエローパーチをゲット。

20100410_001.jpg
今日一番よかったサイズ。まぁ小さいけどね。

20100410_003.jpg
風が出てきたので、1時間くらいで切り上げて Kawartha lakes 方面をドライブ。

途中、川を見るたび様子をチェックしながらテロテロとドライブ。で、昨年通っていた川でちょこっとだけ竿を出していたら、ごっつい装備したMNR(Ministry of Natural Resources)の係官にライセンスチェックされた。「よう調子はどうだい?」ってベスト着てトランシーバーとかでフル装備のいかつい黒人のオッサンにいきなり声かけられて、「全然だめだね。ノーバイトだよ」と無愛想に答えたらMNRの係官だった。ライセンスチェックされて何狙っているのかとか質問された。

まぁライセンスも持っているし見ての通りの小魚狙いだったので何の注意もお咎めもなく「グッドラック」って言われただけだったけど、ウォールアイもバスもマスキーもまだ禁漁期間中だからね。しっかり見回っているんだねぇ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2010.04.10    [ Category : FISH/第一章 ]

いざモントリオールへ その13 戦利品

いざモントリオールへ その13 戦利品

その12(記事)より続く

トロントに無事に帰宅してから1週間かけて丸2日も滞在しなかったモントリオール週末小旅行日記がようやくあがった…正直、やりすぎました。気合入れすぎた。

さて、戦利品です。

Motreal012_000.jpg
スタバのタンブラーやマグカップに目がない嫁はスタバのマグ。オジさんにはSchwartz's記事)のマグカップ。Schwartz'sではマグやTシャツ、エコバッグなんかのお土産品も販売していました。

Motreal012_001.jpg
観光地で購入したケベック帽子とかメープル石鹸とか。

Motreal012_001a.jpg
SAQ記事)でゲットしたアップルサイダーとブルーベリーサイダーとメープルビール。

ここからがお宝。

Motreal012_003.jpg
ビール天国(記事)で仕込んだケベックビールたち。種類にしたら30種類以上、買ってきた総本数は60本ってところか。

Motreal012_004.jpg
トロントのLCBOでも一部は手に入るけども見たことないのもあったのでとりあえずあった種類全部買ってきたUNIBROUEのビールたち。

Motreal012_004a.jpg
描き込まれた丸いラベルが特徴的。

Motreal012_005.jpg
帰りに写真を撮ってきMcAUSLAN BreweringSt.Ambroise (記事/記事)や Griffon。同じくモントリオールの BIERBRIERBierbrier Premium Ale

Motreal012_006.jpg
Les Trois Mousquetaires って書いてあるのでデュマの三銃士だね。Les Trois Mousquetaires Microbrasseurs の商品。

Motreal012_007.jpg
ジャケ買いしたケベックビールたち。

Motreal012_007a.jpg
とにかく一風変わった正直売れなそうなデザインのラベルが多いのがケベックビールの特徴だと思う。

Motreal012_008.jpg
これもラベルが可愛らしいので購入。

Motreal012_009.jpg
モントリオールの Les Brasseurs RJ のビールたち。

Motreal012_010.jpg
La Messagere(記事)の Microbrasserie Nouvelle-France のビールたち。

Motreal012_011.jpg
うぉー!!飲むぞぉ!

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2010.04.10    [ Category : 2010Montreal ]

いざモントリオールへ その12 ビール天国

いざモントリオールへ その12 ビール天国

その11(記事)より続く

うわぁ、モントリオールには40時間程度しか滞在しなかったというのにその12まで記事かいてるよ。おれ…まぁもう少しで完走なので一気にやってしまいましょう。そろそろビールブログに戻らないといけないし。

Motreal011_000.jpg
イースターなのでやっているかやっていないかは分からないのだけれども、せっかくなので帰り道はSt-AmbroiseブランドのMcAUSLAN Brewingによって帰ろうとカーナビをセットして、なんだか曲がったり上ったり下ったりとやたら難易度の高いモントリオールの街中をドライブ.

Motreal011_001.jpg
その道中、偶然 Marché Atwater というマーケットの前を通りかかったので立ち寄ってみることに。

Motreal011_002.jpg
イースターサンデーなので閉まっているお店もあったけれども、中はセントローレンスマーケットのような感じ。

Motreal011_003.jpg
あっ!ビールの試飲やってる!
しかも!これはケベック産のビールたちではないですか!
「これ全部1種類ずつほしい」って言ったら、裏のチーズ屋の地下で売ってるよとのことなので突入!

Motreal011_004.jpg
裏のチーズ屋の地下は…ビール天国。すごい…ほぼ全部ケベック産の地ビールが勢ぞろいだ。数百種類のマイクロブリュワリーのビールが並んでいる。感激!感激!

Motreal011_005.jpg
まさかこんなビール天国がマーケットの地下にあるとは思ってもみなかったので、エコバッグとか持っていなかったため店員さんに段ボールをもらってケベックビールを厳選。ここぞとばかりに大量のビールを抱えて駐車場とお店を気合の2往復で店員さんにもちょっと呆れられる始末。

いやぁ素晴らしい。大満足。

このマーケット、目の前を通りかかったとき嫁が「あっ、Marcheって書いてあるからこの建物はマーケットだね。」って言わなかったら素通りしていたな。ナイス嫁。

Motreal011_006.jpg
ちょうどマーケットから高速へ向かう道の途中にあったMcAUSLAN Brewingで写真をパチリ。こちらはイースターサンデーなので休業でした。

Motreal011_007.jpg
さーて!ビールも満載したし、いざ!トロントに戻ろう!

Marché Atwater
138, avenue Atwater
Montréal, Québec H4C 2H6

その13(記事)へ
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2010.04.10    [ Category : 2010Montreal ]

いざモントリオールへ その11 名物モントリオールスモークビーフ

いざモントリオールへ その11 名物モントリオールスモークビーフ

その10(記事)より続く

さて、そろそろお昼食べてトロントに戻ろう!ところで何食べる?と頭を抱えたワキ家ですが、そういえばモントリオールといえばモントリオールスモークビーフだけどまだ食べてないね!とどこかのデリでスモークビーフサンドを食べて変えることに決定。

さて、どこ行くかと車に積んできた「るるぶ」やら「地球の歩き方」やらをチェックする嫁。と、なんか行列必至のとても有名なデリがあるみたいだからせっかくだし行ってみようということに。

Motreal010_000.jpg
そしてたどり着いたのがココ。Schwartz's です。いきなり大行列ができていてすぐに分かりました。

まぁ最悪1時間くらい並ぶのも覚悟するかぁと思って、パーキングチケットを2時間分買ったのですがなんともラッキーなことに並んでいるお客さんは大人数のお客さんが多く、ちょっと待ったところで3人分の席がスポッと空いたの結構すぐに入る事が出来ました。

Motreal010_001.jpg
中は狭い店内を店員さんが忙しく動き回るという活気溢れる下町の歴史ある有名大衆食堂みたいな感じでした。

Motreal010_002.jpg
じゃーん!噂のモントリオールスモークミート・サンドウィッチです。

Motreal010_003.jpg
美味い。
これが本場のモントリオールスモークミートか!
トロントのデリでも何回か食べているけれども、ココのミートはちょっと別モノだ。トロントで普段食べているやつは、コーンドビーフを軽くスモークしたようなハム的な感じのものが多いのだけれども、これは柔らくてジューシーで肉の身の離れがよくて食感からしてもなんかちょっと違う。これは美味しい。

Motreal010_004.jpg
セリーヌ・ディオンもハンク・アーロンもバート・ランカスターもココのスモーク食べたのか。

Motreal010_005.jpg
飲み物はみんなチェリーコークを注文していた。我が家はコーヒーにしたけど、チェリーコークでいただくのが通とのこと。また行く機会があったらチェリーコークにしよう。

Schwartz's
3895 Boul. St-Laurent,
Montreal, QC, Canada

その12(記事)へ
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (1)   2010.04.10    [ Category : 2010Montreal ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ