無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

ケベック建設400年ビール Quatre-Centième (Unibroue)

Quatre-Centième

さて、これもケベック州から。
QuatreCentieme000.jpg
UnibroueQuatre-Centième です。

QuatreCentieme001.jpg
Quatre-Centièmeって、400っていう意味だけど、これは2008年に、ケベックシティの建設400周年を祝って作られたビールとのこと。このラベルの真ん中にデザインされているのは、Don de Dieu (Gift of God)(記事)。もうこのブログでは何度も登場している、”ヌーヴェル・フランスの父”サミュエル・ド・シャンプラン(記事)の船です。彼がケベックシティを建設した場所に上陸したのが1608年の7月3日、それから400年を記念して2008年から造られているのがこのビールです。

QuatreCentieme002.jpg
アルコール度数7.5%の美しい金色のエール。香りは典型的なベルギービールのイースト、小麦、スパイスの混じりのフルーティな香り。Blonde de Chambly (記事)に非常によく似た味で、あれを全体的に太くした感じです。美味しい!Uniboure、サッポロは日本に入れればいいのに。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2011.03.31    [ Category : BEER (Quebec) ]

ワキ一家、Thomas & Friends を観る

えー、3月中旬の週末、Sony Centre for the Performing Arts(ソニーセンター)で、機関車トーマスのショーが開催されました。
20110319_000.jpg
最近はトーマスよりもトミカとサカナに夢中な4歳児ですが、「トーマス観たい?」と聞くと「うんうんうんうん」と激しくアピールするので、まぁここは一丁行ってみますか!と突撃。

実際にはかなり早い時期にこのイベントに気がついた嫁が、早々にチケット予約していたので…
20110319_001.jpg
なんと座席は前から3列目のかぶりつき。今までオジさんのワガママで家族を連れ回してばかりで、4歳児のための観劇とかは全然なかったので、ここはひとつ奮発してみました。

20110319_002.jpg
おぉぉ、出てきた出てきたトップハム・ハット卿。雰囲気出てます!

ミュージカルだったのですが、登場する機関車は3台。
20110319_003.jpg
言わずと知れた主役のトーマス。

20110319_005.jpg
そして緑のNo.6、パーシー。パーシーがミスをしてトーマスが助けるというお約束のパターン(笑)。

20110319_004.jpg
何故か憎まれ役のディーゼル。ディーゼルは車庫から顔を出すだけで、実際に走ったりしませんでしたが(笑)

劇はトーマスとパーシーが地味に活躍するミュージカル。
20110319_006.jpg
驚いたことに演者はトップハム・ハット卿以外は、全員マルチキャスト。一人2役、3役で、合計6人くらいでやってたんじゃないかな。みんな芸達者なことにビックリしたというよりも、結構お金かかっているのに、それだけ少人数の役者でやってることに驚きました。

一度の休憩を挟んで終了。賞味1時間ちょいだったかな。2歳~7歳くらいの、小さい男の子だらけだったので、これくらいの時間でバシッと終わるのは良いですね。
20110319_007.jpg
劇の出来は、想像以上に完成度が高くてビックリ。機関車もちゃんと走るし、ミュージカルの完成度も高い。子どもを煽るのも美味いし、Playhouse Disney Live! (記事)程度なんだろうな、とか思っていたけど、出来はコチラのほうが圧倒的に良かったです。トーマス好きのお子様を持つご家庭にはオススメできます。

20110319_008.jpg
ソニーセンター、足元の広い座席でいい劇場でした。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2011.03.30    [ Category : EVENT/第一章 ]

Unibroue のダークラガー U Rousse (Unibroue)

U Rousse

さて、U Blond Pilsner (記事) に続いて、またしても Unibroue から。
URousse000.jpg
U Rousse です。

URousse001.jpg
どうやら、ダークラガーのようです。どうやら、Unibroueの中でも、U シリーズはラガー系の模様。しかも値段が他のシリーズに比べて格段に安いです。1ドル台でした。

URousse002.jpg
アルコール度数5.0%の赤味がかったブラウンカラーのビール。香りはウッスラと漂う甘いキャラメルモルトに微かにドライフルーツ。口当たりはマイルドでスウィート。角のとれた甘みがオジさん好みでいいです。軽くて、炭酸も程良く、後味は最初の甘みに比べるとややドライかな。もっと太いほうが飲みごたえはあるけど、普通に飲むビールとしては非常に上手くまとまっていて良いと思います。こういうビールはキライではないジャンルだから、ちょっと贔屓目はあるかもしれないけれども…。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.30    [ Category : BEER (Quebec) ]

Unibroueのピルスナー U Blond Pilsner (Unibroue)

U Blond Pilsner

さてケベックビールの中でも、そこそこ各地に流通しているブランドがこの Unibroue
UBlonde000.jpg
この一本は、UnibroueU Blond Pilsner です。Unibroue といえば、ベルギースタイルの本格派だけというイメージでしたが、ピルスナーも作っていたのですねぇ。

UBlonde001.jpg
Unibroue は オンタリオ州ゲルフの Sleeman 傘下のブリュワリーです、したがって、サッポロの孫会社になるのかな。サッポロ、Unibroueのビール日本で販売すればいいのに…。

UBlonde002.jpg
アルコール度数4.9%の金色ブロンドラガー。ちょっと酸味がかった麦の香りですが、それほど主張してきません。味はマイルドでライト。ユーロラガーの藁麦っぽい香りや、ホップの苦味とかはそれほどでもなく、なんというか炭酸効き目の普通の金色ビール。いやぁなんというか、ベルギースタイルの個性的なビールが多い Unibroue なので期待していたのですが、とっても普通です。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.30    [ Category : BEER (Quebec) ]

ガツンとダイナー Queensway Diner

Queensway Diner

さて、先日のこと…
20110326_100.jpg
まだまだ外は寒いですが空は晴れ渡っていたので、家族を車に押しこんでトロント近郊ドライブへ。車窓から見えたVIA鉄道をパチリ。VIA、乗ってみたいなぁ。

ホームセンターで買い物とかいろいろやることはあったのですが、まずはブランチタイム!
QueenswayDiner000.jpg
Queensway を走行中、The Grille (記事)の向かいになかなかイカした外観のダイナーを発見!!その名もズバリ Queensway Diner !

これは突撃するしかありません!
QueenswayDiner001.jpg
ゴテゴテした外観とは裏腹に、店内は明るくて綺麗で活気あり。

QueenswayDiner002.jpg
店員さんはオバちゃん中心。ちょっとヒスパニックなまりの愛想の良いオバちゃん店員がアットホームな感じで、素敵です。

早速食べましょう!
QueenswayDiner003.jpg
4歳児は、何故か外食ではパスタかハンバーガーを食べたがる率が高いです。この日はパスタ!スパゲッティ!とのこと。しかも珍しくクリームスパゲッティをチョイス。定番の茹で茹でのアメリカンスタイルです(笑)。

QueenswayDiner005.jpg
嫁はこってりアップル・クレープ。おぉぉ。凄いこってりボリュームだぜ…。これはなかなか侮れないダイナーです。

QueenswayDiner004.jpg
そしてオジさんの一品がコレ!なんだこれは!?
スリーポーチドエッグをマッシュポテトに載せて、オランデーズソースをかけた一品です。この豪快な料理、凄くないですか?これぞダイナー!ダイナー!って感じです。ダイナーでなければ、出会うことは出来ないでしょう。味のほうは、ソースがなかなかイカしていて、悪くなかったです。マッシュポテト好きだしね。

QueenswayDiner006.jpg
ハイカロリー!
ハイカロリー!

ワキ家は全員肥え気味で、少しヤバイです。

Queensway Diner
1599 The Queensway
Toronto, ON M8Z
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2011.03.29    [ Category : Food (Ontario) ]

クリスマスダブル Bière De Noël (Les Frères Houblon Microbrasserie)

Bière De Noël

さてこの一品も、ケベック州トロワ・リビエールにある、Les Frères Houblon Microbrasserie から、
BiereDeNoelDouble000.jpg
Bière De Noël です。

BiereDeNoelDouble001.jpg
これは、Bière De Noël Triple がトリプル発酵だったので、それのダブル発酵版ですね。

BiereDeNoelDouble002.jpg
アルコール度数9.0%の濁ったブラウンのエール。香りは甘いモルトとフルーツに少しスパイスの感じがあり、トリプルに比べるとほんの少しホッピーな感じ。飲んでみると炭酸効き目で、これも甘いけどトリプルに比べると、甘みよりも強力なアルコールの刺激が前面にでてきている。このあたりは好き嫌いかもしれないけど、このアルコールの攻撃力はなかなかキツイ。うーん、トリプルもダブルも期待していたのだけど、ちょっとキツかったかな。やっぱりこの手の強アルコールビールは、ふくよかな香りや甘みや旨みでどれだけアルコールの直接的な刺激を散らせるかが重要な気がする。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.29    [ Category : BEER (Quebec) ]

クリスマストリプル Bière De Noël Triple (Les Frères Houblon Microbrasserie)

Bière De Noël Triple

さて、モントリオールで仕入れてきた一本。
BiereDeNoelTriple000.jpg
ケベックシティとモントリオールのちょうど中間に位置する都市、Trois-Rivieres(トロワ・リビエール)にある、Les Frères Houblon Microbrasserie から、Bière De Noël Triple です。

BiereDeNoelTriple001.jpg
Bière De Noël なので、クリスマスのビールって事ですね。まぁもう季節は初春を迎えようとしているわけですが…。

BiereDeNoelTriple002.jpg
アルコール度数8.0%のダークブラウンのエール。香りは甘いモルトとドライフルーツのような香りで、とにかく甘ったるい。飲んでみると、フルミディアムボディで、やっぱり甘みが重くてかなりの攻撃力。なにかのシロップに強烈なアルコールを混ぜたような感じで、まぁトリプルならではの強烈さではあるのだけど、少しキツかったかな。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.29    [ Category : BEER (Quebec) ]

モダンボトルのラガー MTL Premium Lager (MTL Grand Management)

MTL Premium Lager

さて、これはモントリオールのメトロで買った一本。
MTLPremiumLager000.jpg
MTL Grand ManagementMTL Premium Lager です。

MTLPremiumLager001.jpg
ケベック産のビールのボトルやラベルデザインは、欧州調の絵画調のものなど凝った物が多いのですが、たまにこういうモダンデザインのボトルもあります。

MTLPremiumLager002.jpg
アルコール度数4.5%の金色ラガービール。香りは完全に麦藁穀物系の香りで、かなり主張してくる。飲んでみるとミディアムライトなボディで、穀物の甘くて芯のあるボディが主張してきて、鼻にぬけるのは尖った麦藁系の香り。例のヨーロピアンラガーに多いHerbal Hopというのに違いない。この臭いは好き嫌いが別れると思う。ボディや苦味とのバランスが良いととても美味しいのだけど、香りだけが主張すると途端に安っぽくなる。このビールももう少し苦味のバランスが合ったほうがよかったかも。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.28    [ Category : BEER (Quebec) ]

ビーチでブランチ Beach Bird Restaurant

Beach Bird Restaurant

これまた少し前のこと…
BeachBirdRestaurant000.jpg
ワキ家は初めてトロントの東、オンタリオ湖に面するビーチ(砂浜)を擁する高級住宅街ビーチ地区を散策していました。車で通過したことは何度もあれども、噂のビーチ地区に実際に突撃するのは初めて。

BeachBirdRestaurant001.jpg
本当はリーサイドで軽くブランチしようというつもりだったのですが、なんとなくビーチまで来てしまったので、せっかくなのでビーチ散策してみました。

BeachBirdRestaurant002.jpg
ほほぅ、さすがハイソなトロントの高級住宅地。なんだかオシャレなお店が並びます。

BeachBirdRestaurant003.jpg
ライブラリーの前には、こんななんだか酔っ払いみたいな眼つきのフクロウさんが(笑)。

BeachBirdRestaurant004.jpg
で、なんとなく目についた Beach Bird Restaurant に突撃!

BeachBirdRestaurant005.jpg
店内はこんな感じ。壁一面に描かれたトロピカルな壁画が素敵です。

BeachBirdRestaurant006.jpg
オジさんは基本のブレックファスト。ちょっとお腹が張っていたので、軽めの朝食メニューで…と思ったのですが、意外とボリューム満点です。ツーエッグはオーバーイージーで。

BeachBirdRestaurant007.jpg
嫁はワッフル!ワッフル!果物もりもりのワッフルで攻めます。4歳児が果物だけを器用にかっさらっていきます(笑)。

お味のほうはいたって普通でしたが、明るくて綺麗な店内にサービスも良かったし満足のブランチでした。

BeachBirdRestaurant008.jpg
ブランチの後は、いろいろなお店をひやかしたり、画廊に突撃してみたりしましたが、なかなか楽しい通りでした。

Beach Bird Restaurant
1955 Queen St East
Toronto, Ontario M4L 1H7 
416 698-BIRD
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2011.03.28    [ Category : Food (Ontario) ]

北欧マニア Nørrebro Julebryg (Nørrebro Bryghus)

Nørrebro Julebryg

さてこの一本もデンマークから。
NorrebroJulebryg000.jpg
Bombay Pale Ale に続き、Nørrebro BryghusNørrebro Julebryg です。

NorrebroJulebryg001.jpg
デンマークはオジさん的にはいつか訪れたい、出来れば住んでみたい憧れの地のひとつ。昔から、北欧が好きで、スウェーデンを筆頭にデンマーク、フィンランドとかに漠然と憧れております。

なんでそんなに北欧が好きなのか?と掘り下げてみると、まぁ金髪の女の子が可愛いからという理由もあったのでしょうが、いろいろ考えてみるとオジさんの人生は北欧と意外と因縁があるのです。まず、ライフタイムホビーである釣りですが、ラパラ(Rapala)、アブ(ABU Garcia)といった超有名老舗メーカーは北欧のメーカーです。そして中学・高校と部活で熱中した卓球の世界でも、当時最強を誇る中国男子を打ち倒したのはスウェーデンで、シェークハンドだったオジさんのヒーローはスウェーデンの天才ヤン=オベ・ワルドナー。そして高校・大学と夢中だったハードロックギターの世界でも、当時の日本中のギター小僧のヒーローはスウェーデン出身のイングヴェイ・マルムスティーン。様式美ハードロック小僧だったオジさんは、北欧メタルというジャンルに傾倒。家具もやっぱり北欧モダンが好きで、結婚して最初に買った家具は Innovator のダイニングチェア。うーん、北欧行きたいな。

NorrebroJulebryg002.jpg
アルコール度数7.0%の微かに濁ったような紅茶色のダークエール。甘みのあるクッキーのような香りだけど、飲んでみるとかなりスパイスがきいている。スパイス、甘み、重みのアルのボディで飲みごたえがあり、なんというか醤油のような複雑で芳醇な味わいにサワーブレッドの感触。この香りは…ライ麦かな。調べてみると、どうやらウィンターエールに属するビールのようだ。なるほど、それでこの複雑な味わいに高いアルコール度数というわけか。なかなか芯の太いナイスビールです。北欧ビール、やはり侮れないですね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.28    [ Category : BEER (World) ]

デンマークからきたIPA Bombay Pale Ale (Nørrebro Bryghus)

Bombay Pale Ale

さて、この一品は先月LCBOが入荷していたデンマークビール。
BombayPaleAle000.jpg
首都コペンハーゲンにある Nørrebro Bryghus から、Bombay Pale Ale です。

BombayPaleAle001.jpg
この北欧系ヨーロピアンモダンなデザインのラベルが素敵ではあ~りませんか!Nørrebro Bryghus は2003年に設立されたブリュワリーで、あの巨大ブランド、カールスバーグのブリューマイスターだった人が設立したそうです。近年、ビールの世界的な品評会で高評価を博しているそうで、先月LCBOが何種類か入荷していました。

BombayPaleAle002.jpg
アルコール度数6.5%のオレンジゴールドのIPA。香りはシトラス系のフルーツ酸味と甘みが素晴らしい。飲んだ感じもペールエールのジュシーボディに、オレンジ、グレープフルーツ、パイナップルのようなフルーティな酸味と甘みと香り。ホップの苦味のバランスも良くって、美味しい。アルコール度数も6.5%となかなか太くて良し!北欧ビール、侮りがたし。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.27    [ Category : BEER (World) ]

餃子!餃子! Chinese Dumpling House 真東北餃子館

Chinese Dumpling House 真東北餃子館

ちょっと前の事になりますが、トロントに小雪の舞う中、北のチャイナランドのほうに餃子を食べに行きました。
ChineseDumplingHouse000.jpg
向かった先は、J-Townの1ブロック東。スティールズ沿いのショッピングセンター。

ChineseDumplingHouse001.jpg
AsianLegendなんかも入っているショッピングセンターの一角にある、Chinese Dumpling House(真東北餃子館)に突撃!

ChineseDumplingHouse002.jpg
さてさて、何を食べようかな。

まずは…
ChineseDumplingHouse003.jpg
ピータン豆腐!以前シェパード沿いにある Dumpling Restaurant(餃子荘)(記事)で食べて、大いに気に入った一品です。ここのはソコのとはスタイルが違って、豆腐もピータンも角切りスタイルでしたが、ピータンはやっぱり良いですね。

ChineseDumplingHouse004.jpg
蒸し餃子!蒸し餃子!ここの蒸し餃子は水餃子のようにモッチリしたタイプでした。薄皮の餃子を期待していたのですが、これはこれでなかなか良いですね。

ChineseDumplingHouse005.jpg
そして、ジャージャー麺…。またやってしまった…。4歳児が麺大好きなので、何か麺を頼もうということになり、適当に頼んだらまたしてもジャージャー麺(記事)…。メニューが中国語で書いてあると、毎度間違えて注文してしまいます。

ChineseDumplingHouse006.jpg
安くて、美味しくて、お腹が一杯になる。中華はやっぱりお買い得ですよね。

Chinese Dumpling House 真東北餃子館
3636 Steeles Ave., Unit 112-113,
Markham, ON
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.26    [ Category : Food (Ontario) ]

ケベックのボック Bock De Joliette (Micro-Brasserie L'Alchimiste)

Bock De Joliette

さて、この1本もケベック州の Micro-Brasserie L'Alchimiste から。
LAlchimisteBockDeJoliette000.jpg
Bock De Joliette です。このブリュワリーのある街 Joliette (ジョリエット)の名前を冠したボックですね。

LAlchimisteBockDeJoliette001.jpg
Micro-Brasserie L'AlchimisteはIPA(記事)、ラガー(記事)、スコッチエール(記事)、ボックと、かなり様々な種類のビールを出していますが、今のどれも飛び抜けて凄いというのは無かったのですが、全て佳作揃いなので期待しちゃいます。

LAlchimisteBockDeJoliette002.jpg
アルコール度数6.1%のオレンジアンバーカラーのボック。ボックだけあって、キャラメルがかった甘いモルトの香りと、なんだか上手く表現できないけど味噌になる発酵大豆みたいな上品な香り。ミディアムライトボディだけど、水っぽいわけでもなく、なかなか良いバランスかな。ここのビールはどれもこれも太くてドーンと記憶に残るタイプのビールではないけど、どれもしっかりしていてバランスが良く飲みやすいのでオススメです。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2011.03.26    [ Category : BEER (Quebec) ]

すっきりスコッチエール L'Ecossaise (Micro-Brasserie L'Alchimiste)

L'Ecossaise

今日の1本もモントリオールで仕入れられた、Micro-Brasserie L'Alchimiste
LAlchimisteLEcossaise000.jpg
L'Ecossaise です。

LAlchimisteLEcossaise001.jpg
Ecossaise(エコセーズ)とは仏語でずばりスコットランドの意味。で、どうやら英語でEcossaiseと言うと、4分の2拍子のスコットランドのフォークダンス、スコットランド風舞曲のことらしい。かのベートーヴェンやショパンなんかもピアノ曲を作っているそうで、YouTubeなんかで聞けます。まぁ、このビールはスコッチエールですよ!ってことですね。

LAlchimisteLEcossaise002.jpg
アルコール度数5.0%のダークレッドのエール。良い色しています。焙煎系モルトにブラウンシュガーっぽい香り。口当たりはコロコロとした甘みに、じわっと広がるウマミと苦味。飲むと鼻に抜ける爽やかなキャラメルの香り。ボディはミディアムボディだけど、後味はさらっと抜けます。スモークの感じはあまりなくって、バランスが良くて、全体的に優しめで飲みやすいレッドビールという感じです。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.26    [ Category : BEER (Quebec) ]

ケベックの金色ライトビール Claire Blonde (Micro-Brasserie L'Alchimiste)

Claire Blonde

さて、この一品もモントリオールで仕入れてきたビール。
LAlchimisteClaireBlonde000.jpg
Micro-Brasserie L'Alchimiste から、 IPA(記事)に続いての登場は、Claire Blonde です。

LAlchimisteClaireBlonde001.jpg
L'Alchimiste (web)は、2001年に Joliette (ジョリエット)という街のダウンタウンに創設されたブリュワリー。ビールのラインナップをみてみると、IPAやボック、スコッチエールなどがあり、ベルギー系というわけではないようです。

LAlchimisteClaireBlonde002.jpg
アルコール度数5.0%の金色エール。軽いバナナ&イーストの香りで、ボディはかなりライト。ボディの線は細いのだけど、酸味と甘味がはっきりとしているのでライトビールとしてはなかなかイカしています。変なエグ味もないですし、軽い料理に合わせる金色ビールとしては十分な美味しさですね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2011.03.25    [ Category : BEER (Quebec) ]

すっきりIPA India Pale Ale (Micro-Brasserie L'Alchimiste)

India Pale Ale

さて、モントリオールで仕入れてきたビール達の記録です!
LAlchimisteIndiaPaleAle000.jpg
まずは、 Micro-Brasserie L'Alchimiste のビール。名前はそのまま India Pale Ale です(笑)。

LAlchimisteIndiaPaleAle001.jpg
L'Alchimiste (web)はモントリオールの北 Joliette (ジョリエット)という街にあるマイクロブリュワリー。Alchimiste は英語にするとそのまま Alchemist。意味は錬金術師ですね。

LAlchimisteIndiaPaleAle002.jpg
アルコール度数5.5%のクリアオレンジのIPA。甘いモルトにオレンジのような甘みのある柑橘の香り。口当たりはじわっと甘いパンのような感触と、ホップの軽い苦味と香りがジューシーに広がり、ドライフルーツのような甘みと香りもほのかにあって、とてもバランスが良く飲みやすいエールです。太すぎず、細すぎず、とても真面目なペールエールですね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.25    [ Category : BEER (Quebec) ]

オジさん、ピロシキを食べる

さて、最近ロシア系ビールを飲んでいたついでに…という訳でもないのですが、
20110313_000.jpg
この間、ロシアンスーパー Yummy Market (記事)に行ってピロシキを買ってきました。

ピロシキ!ピロシキ!ピロシキってなんだか可愛い言葉の響きで好きです。オジさん、ピロシキは揚げパンだとばかり思っていたのですが、日本のピロシキは揚げたものが主流だけど、ロシアや東欧では焼いたモノが主流だそうです。

20110313_001.jpg
こちら、キャベツのピロシキ。

20110313_002.jpg
こっちはミートピロシキ。ミートは人気のようで、売り切れ間近の状態でした。

本当は割ったらドーン!ドドドーン!という迫力の具を想像していたので、ちょっと具が控えめなのが残念でしたが、お味のほうはナイス!トロントはこういうエスニック料理が楽しめるところも良いです。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.24    [ Category : 徒然/第一章 ]

リトアニアンラガー Svyturys Ekstra (AB Svyturys)

Svyturys Ekstra

さて、この1本はリトアニアから!
SvyturysEkstra000.jpg
リトアニアの首都ヴィリニュスからずーっと西へ、バルト海に沿いにあるKlaipeda(クライペダ)という街の AB Svyturys という醸造所の Svyturys Ekstra です。

SvyturysEkstra001.jpg
リトアニアは中世~近世にはリトアニア大公国として北はバルト海から南は黒海までを支配下に置き、近世にはポーランドと合体してポーランド・リトアニア連合、ポーランド・リトアニア共和国として一大帝国を築きあげる。しかし18世紀になると、周囲のロシア、プロイセン、オーストリアといった列強に飲まれ、3度のポーランド分割の結果、ロシア帝国の支配下になる。その後、第一次世界大戦後にまた独立したが、第二次世界大戦中にソ連に編入される。結果、小さいころのオジさんの教科書ではバルト三国は完全にソ連の領土であった。しかし、1980年代後半から始まったペレストロイカの流れのなかで独立運動を始め、ソ連による武力制圧などを経た後、1991年に独立。1980年代はオジさんの小・中・高と多感な年頃を過ごしましたが、あの頃はあのソビエト連邦が崩壊するなんて思ってもみませんでしたなぁ。今の若い子は、ソビエト連邦とか五ヶ年計画とかKGBとかいう単語も知らないかもしれないねぇ。

SvyturysEkstra002.jpg
アルコール度数5.2%の金色ラガービール。香りは緑臭い麦藁穀物系。最近この手の香りのラガーに良くぶち当たるので、色々調べてみて知ったのだけど、どうやらこれはホップの香りらしい。ホップには色々な種類があって、香りづけのために使われたりもするそうな…。これはヨーロピアンラガーに多いHerbal Hopというモノの香りらしい。そうかぁ。この香りが強く出ると、なんだか草っぽくなってしまうんだよね…。バランス良くマッチすると良いと思うんだけど。このビールは全体的にライトなのだけど、まずまずバランスも良くて、軽いボディに細かい炭酸と共に薄っすらとした苦味。苦味はじわりと後味までしっかり残るけど、これも重くはない。フレッシュフィニッシュで飲みやすいビールです。

この日は冷凍庫で保存してあったイエローパーチ(記事)を唐揚げにしたのと一緒にいただきましたが、チーズや酢漬けのニシンみたいな冷たい料理にとても合いそうな気がします。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.23    [ Category : BEER (World) ]

アブビブコブケ!? AbBiBCbkE (Lvivska Pivovarnya)

AbBiBCbkE

さて、今日の一本は初登場の国です。
AbBiBCbkE000.jpg
東欧ウクライナの Lvivska Pivovarnya から AbBiBCbkE です。

AbBiBCbkE001.jpg
AbBiBCbkE…。もうどう読んだらいいか分からないので、アブビコブケと読むことにしましょう(笑)。
ブリュワリーはウクライナの西、ポーランドとの国境のほうにあるLviv(リヴィウ)という都市にあるようです。pivovarnya が brewery という意味らしいので、ブリュワリーの名前はきっとシンプルなリヴィウ醸造所って意味だと思います。ロシア語分からないけど…。

AbBiBCbkE002.jpg
アルコール度数5.1%の金色ラガー。藁麦のような穀物系の香りが鼻を付きます。ライトボディでいわゆる普通のライトラガーってな感じの口当たりですが、コーンかな…、ちょっぴりだけ甘めでモッタリした芯があるような気がします。フィニッシュは爽やかドライで、やっぱり鼻にぬけるのは麦藁っぽい穀物感。もう少しバランスが良いとさらにナイスですが、悪く無いです。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (3)   2011.03.23    [ Category : BEER (World) ]

ウィスキービール La Miseaprix (Le Grimoire)

La Miseaprix

このビールも、モントリオール旅行中に飲んだ一本!ケベック産です。
LaMiseaprix000.jpg
ケベックのマイクロブリュワリー、Le GrimoireLa Miseaprix です。

LaMiseaprix001.jpg
660ミリリットルボトルに描かれた、この西部劇コミック調のラベルでジャケ買いしましたが…果たしてお味の方は…

LaMiseaprix002.jpg
アルコール度数8.0%の果てしなく黒に近いダークブラウンのエール。甘いウィスキーとレーズンをミックスしたような感じの香り。飲んでみると、フルボディで炭酸はかなり弱く、とにかく甘い。苦味は殆どないけれども、飲み終わった後に微かに酸味が残る。うーん、微妙。なんとも微妙なビールである。バーレーワインのような太さだけど、なんだかちょっとビールというより、変に甘い香りのウィスキーリキュールのような面が押し出されてきて、ビール感にかけるというか…。うーん、スコッチエールのような感じならまだよかったのだけどね。まぁ、なんというか個性的。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.22    [ Category : BEER (Quebec) ]

小便小僧 Blanche de Bruxelles (Brasserie Lefèbvre SA)

Blanche de Bruxelles

これもモントリオール小旅行中に飲んだ一本。
BlanchedeBruxelles000.jpg
ベルギーの Brasserie Lefebvre から、 BLANCHE DE BRUXELLES です。ブランシュ・ド・ブリュッセル、ブリュワリーの場所を調べてみると、ブリュッセルの南のほうの町にあるみたいだけど、ブリュッセルの白ビールってことかな。

BlanchedeBruxelles001.jpg
この小便小僧のラベルを、SAQ(ケベックの酒屋チェーン)で見かけて、ついつい手に取ってしまいました。

BlanchedeBruxelles002.jpg
アルコール度数4.5%の淡黄色の白濁系ベルジャン・ヴィットです。瓶口から香る香りを深く吸い込むと、イーストの香りにバナナとパインのようなフルーティな感じが混じっています。この手のヴィットは太い本格派が多いですが、これはライトボディだけどしっかりとしていますし、アルコール度数も4.5%で気軽に飲めて良いですね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.22    [ Category : BEER (World) ]

スイスのラガー Swiss Mountain (Brauerei Locher AG)

Swiss Mountain

さてこれもモントリオール旅行中に飲んだビール。
SwissMountainBeer000.jpg
SAQ(ケベックの酒屋チェーン)で売っていたスイスの Brauerei Locher AGSwiss Mountain です。

SwissMountainBeer001.jpg
このなんとも美味いとも下手とも言えないラベルの画が素敵です。(web)

SwissMountainBeer002.jpg
アルコール度数4.8%のクリアな金色のライトラガー。穀物と麦藁のような香りがとにかく特徴的で、飲んでも鼻に抜ける香りは、なんともいえない緑臭い穀物の香り。好き嫌いは分かれそうですが、ライトボディの爽やかなラガーです。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.22    [ Category : BEER (World) ]

モントリオール2011 その11 雪の中を帰還

モントリオール2011 その11 雪の中を帰還

さて、一夜明けたモントリオールは完全に雪景色。
Motreal110_000.jpg
車を運転するには一番イヤな感じで積もってます…。除雪車も走っていますが、朝の旧市街はまだ除雪はされていませんでした。

Motreal110_001.jpg
歩道は完全に雪に覆われていて、カメラ片手に朝の雪景色を撮影にでかけましたが、すこし歩くとズボっと足が膝まで雪にとられて危険。危険。

午前中も少し旧市街散策を楽しんでから帰ろうかとも思っていたのですが、ストームアラートも出ているし早めにトロントへ帰還することに。
Motreal110_002.jpg
高速はさすがに除雪されていましたが、モントリオールを出てしまうとまだ除雪前の区間も多くて危険です。しかもやっぱりオンタリオよりケベックのほうが道が悪い気がする…。穴ポコとか。

見えてきました!見えてきました!オンタリオ!
Motreal110_003.jpg
ようやく帰ってきたよ!オンタリオ!勝手知ったるオンタリオに帰ってくると、とても安心しますね。

Motreal110_004.jpg
途中給油に立ち寄ったのは、ONroute というサービスエリア。去年までは見なかったのだけど、どうやらHWY401に昨年から建造中のサービスエリアの模様。

Motreal110_005.jpg
今回の小旅行でも何軒か見かけましたが、どれも同じような作り。カナディアンタイヤのガスステーションに、この写真のような休憩所。場所によってはバーガーキングなどのファーストフードも入っている。

Motreal110_006.jpg
建物の中はこんな感じ。夏のオンシーズンには人で溢れるんだろうなぁ。

オンタリオに入ってもキングストンの手前までは猛吹雪。都合4時間くらい吹雪のなかを走行したけど、警察が出動している事故だけでも4件から5件くらいに遭遇。
Motreal110_007.jpg
オジさんも未除雪のセクションで、こんな感じのデカイトラックをパスしようとしたら、ツルッと滑ってちょっと怖い思いをしました。いやぁ、油断大敵。油断大敵。

キングストンを過ぎたあたりから道に行きもなくなり、ようやく一安心。
Motreal110_008.jpg
陽の落ち始める頃にトロントに到着しました。

結局、ビールを買いに行っただけみたいなモントリオール小旅行でしたが楽しかったです。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2011.03.21    [ Category : 2011Montreal ]

モントリオール2011 その10 雨のモントリオール

モントリオール2011 その10 雨のモントリオール

後半は生憎の悪天候となったモントリオール小旅行でしたが、ビールも買い込んだし、スモークビーフも食べたし、一応の目的は達成。
Motreal109_000.jpg
雨の中、夕食に向かいます。

Motreal109_001.jpg
雨の石畳の旧市街をテクテクと夕飯に向かうが、週末の夜の旧市街レストランはどこも生演奏をいれていたりと、ちょっとフォーマルな感じで生意気盛りの4歳児連れで入るのは少々敷居が高かったのですが、マギル通りにある Restaurant Vallier はなかなか雰囲気も良さそうだったので突撃!

Motreal109_002.jpg
オジさんは、白馬のロゴがオシャレな Les Brasseurs RJCheval Blanc (記事)。さっぱり爽やかな白ビールです。

Motreal109_003.jpg
嫁はサングリアで、お疲れさまでしたと乾杯。

Motreal109_004.jpg
牛のタルタル。タルタルなどの生肉系がメニューにあると、ついつい衝動的に注文してしまいますね。

Motreal109_005.jpg
お魚!お魚!このお魚は中華風の味付けでナイスな美味しさでした。付け合せの細い黄色いニンジン。市場に売っているカラフルなニンジンをただグリルしただけだと思うのですが、甘くて美味しいです。

夜も更けると、雨は一段と激しくなってきました。
Motreal109_006.jpg
また雨の中テクテクとホテルに戻るので、エスプレッソで気合を入れ直します。エスプレッソには甘いファッジが添えられてきました。いいね!

最近、4歳児はレストランで勝手に注文するというテクニックを身につけたので危険です。
Motreal109_007.jpg
このアイスクリームも、テーブルの様子を見に来たウェイトレスのお姉さんにいきなり「アイスクリーム、プリーズ!」と勝手に注文した一品(笑)。危険だわぁ。

さて、夜が明けたらトロントへ帰還ですが…
Motreal109_008.jpg
WeatherNetworkはスノーストームアラートとか言ってますよ…。

Vallier Restaurant
425 McGill St
Montréal, QC H2Y 2G5
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2011.03.20    [ Category : 2011Montreal ]

モントリオール2011 その9 シュワルツ再び Schwartz's

モントリオール2011 その9 シュワルツ再び Schwartz's

ブログ、しばらく中断していましたが、再開します!3月頭に行ったモントリオール記の続きです。
------------------------------

さて、オジさん、雨のモントリオールでビールを探し求めていただけではありません。
Motreal108_000.jpg
もちろん行ってきましたよ!旅の目的のひとつ!SCHWARTZ'Sへ!

もう説明など要らないと思いますが、モントリオール名物、モントリオールスモークミートの大人気店。なんと、SCHWARTZ'S のミュージカルもやっているという、モントリオールのひとつのアイコンです。シャトー・ラムゼイ博物館にもシュワルツのプレイスマットが展示されていました。そういうお店です。
Motreal108_001.jpg
大行列を覚悟していったのですが、お昼少し前に到着すると、なんと行列がない!!

Motreal108_002.jpg
店内には人はいっぱいでしたが、並ぶことなく席に案内されました。雨の中、4歳児抱えて並ぶ覚悟していたので、超ラッキーです!!

Motreal108_003.jpg
きました!きました!このマットとみると、俄然やる気が出てきます!

では早速…
Motreal108_004.jpg
ドーン!!モントリオールスモークミートサンドです。迫力です!

前回(記事)はコーヒーなんぞを頼みましたが、今回は定番といわれているチェリーコークを頼みましたよ!
Motreal108_005.jpg
いやぁ、満足。脂の乗ったホロホロのスモークミート、美味しい。この1年でカナディアンストマックを手に入れたおかげで、ばっちり完食!

Motreal108_006.jpg
やっぱりモントリオールといったら、ココも外せませんね。

Schwartz's
3895 Saint-Laurent Blvd
Montréal, QC H2W 1X9
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.19    [ Category : 2011Montreal ]

地震

昨日の朝、テレビをみてびっくりしました。こちらのニュースでもずーっと報道しています。家族、知人、友人とは連絡をとれたので少し安心しましたが、まだまだ余震は続いているということで、とにかく早くこの状況がおさまることを祈っています。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2011.03.12    [ Category : 徒然/第一章 ]

モントリオール2011 その8 ビール馬鹿、モントリオールで狂喜する

モントリオール2011 その8 ビール馬鹿

朝起きると…雨だった。予報をみて知ってはいたけど、旅先で悪天候って凹みます。
Motreal107_000.jpg
ま、仕方ない、とりあえずビール買いに行くぞ!と、嫁が前もって調査しておいてくれたビールが沢山置いてあるというお店に向かいます。ボコボコ、くねくね、工事中、通行止めだらけの猥雑とした道を走ること15分、目的地に到着!

そのお店は、な!なんと!!
Motreal107_001.jpg
Metroです。メ・ト・ロ!旧名ドミニオンの、あのトロントにも沢山あるスーパーマーケット、メトロです。

なんでオジさんがメトロでこんなに興奮しているか、オンタリオ住まいの方なら分かっていただけるはず。オンタリオ州では酒は州の専売で、州のライセンスをうけた酒屋でしか販売していません。つまり、オンタリオのスーパーマーケットでは Loblaws であろうが、Sobeys であろうが、かのメガ企業 WALMART であろうが、酒は置いてないのです。それが、ケベックのローカルビールの穴場が、まさかオンタリオにも沢山あるスーパーマーケットチェーンだなんて…

半信半疑で突入してみると…
Motreal107_002.jpg
ドーン!!あります!あります!おビール様が。もう、イオンかジャスコかみたいに大量に置いてあります。

Motreal107_003.jpg
Unibroue もあるし、

Motreal107_004.jpg
オジさんの愛してしまった Dieu du ciel! もあります。あります。

いやぁ、凄い。こんなメトロがトロントにも欲しいです。しかも困ったことに、オンタリオで買うより安い。専売じゃないから、スーパーマーケット価格でお勉強して安くなっているのかもしれないし、オジさんのお目当てのケベック産ビールは地元の品だから安くできているだけかもしれないけど、安いのです。

Metro Bellemare
349 De L'Eglise
Verdun, Quebec

で、とりあえずいくつか購入して、次は前回の旅行で偶然発見し、オジサンを狂喜乱舞させたフロマージュ屋(チーズ屋)のある Marché Atwater へ向かいます。
Motreal107_005.jpg
ココです!この中に、凄いビール倉庫があるのです!

Motreal107_006.jpg
早速マーケットに突入!

Motreal107_007.jpg
と、その前にマーケットのベーカリーで、遅い朝御飯をいただきます。

Motreal107_008.jpg
このマーケットにはお目当てのチーズ屋の他にも、たくさんのチーズ屋、そしてデリや肉屋があって楽しいです。チーズが大好物でチーズの試食は片っ端から試したがる4歳児、チーズの冷蔵庫に釘付けです。チーズとか、サラミとか、オジさんの晩酌のオツマミを与えているうちに、なんだか変な味を覚えてしまった4歳児です…まずいなぁ。

そしてやってきました!La Fromagerie Du Marché Atwater です。
Motreal107_09.jpg
店内にはいると、ブリーとブルーとカマンベールの混じった強烈なチーズ臭。しかし、オジさんはチーズになんぞ目もくれず、奥の半地下になっているビール倉庫へまっしぐらなのです!!

Motreal107_010.jpg
あった!あった!大量のケベックビールが、一年前を変わらぬ姿でオジさんを迎えてくれました。感激だわ~。さっそくここでもカゴ一杯にビールを買います。前回はココにこんなにビールがあるとは知らず、段ボールをもらって2往復したのですが、前回の反省を踏まえて今回はバッチリLCBOのエコバッグ持参で臨みましたが、な!!なんと!!! La Fromagerie Du Marché Atwater のロゴ入りワインバッグを2つもくれました。しかも50ドル以上買ったのでサービスよ♪ってチーズまでくれました。感激。

La Fromagerie Du Marché Atwater
134, Atwater Avenue
Montreal, Quebec, H4C 2G3

Motreal107_011.jpg
そしてホテルで休憩した後に雨のモントリオール市街を西へ東へとドライブして向かったのは、iPhoneで検索してヒットした酒屋 Dépanneur Peluso 。ちなみに Dépanneur ってのはコンビニのことですが、これはケベック特有のフランス語らしい。

Motreal107_012.jpg
なんの変哲もない鄙びたコンビニに見えますが、中にはいってみると…

Motreal107_013.jpg
ゴゴゴーン!!!
店に入ると山積みされたビールたち。そして壁一面の冷蔵庫。そこまでは良くある酒屋ですが、奥に踏み込むと、奥の一室はケベックのクラフトビールの部屋!!おぉぉぉぉ!!!感動の涙!!!!

Motreal107_014.jpg
店員さんも英仏バイリンガルで、なんか質問あったら聞いてくれとフレンドリーです。今回の旅の目的のひとつ Dieu du Ciel! コンプリートへ向けて、Dieu du Ciel! のビールを中心に、15種類ほど買い込みました!ビール馬鹿にはオススメですが、はっきりいって事前の知識無しで飛び込むにはちょっとマニアックすぎるかもしれません…。とりあえず飲んでみたいタイプのビールやメーカーを決めてからのぞまないと、オジさんのように数十分どれを試すか迷い続ける羽目になりますよ。

Motreal107_015.jpg
いやぁ、また新しいビールの館を発見したので、大満足しちゃった。モントリオール。こういうのオンタリオにもあれば良いのにと思うのだけど、LCBOの専売ゆえ難しいのかな。LCBOもセレクトショップ作ればいいのにね。

Dépanneur Peluso
2500 Rachel E.
Montréal, Quebec, H2H 1S1
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2011.03.11    [ Category : 2011Montreal ]

モントリオール2011 その7 爬虫類展 Venom 2011

モントリオール2011 その7 爬虫類展 Venom 2011

昼間からビールを飲んで良い感じで歩いていたら…
Motreal106_001.jpg
なんだこれは?なにやら家族連れが多いなぁと思っていたら、何かイベントをやっているようです。

Reptile zoo とあるので、爬虫類展のようですが…
Motreal106_000.jpg
4歳児に「アリゲーター見たいか?」と聞くと、「うん!」と言うので突撃します!

会場に入ると、いるいる爬虫類。
Motreal106_002.jpg
これは、アナコンダですな。

Motreal106_005.jpg
こちらはアルビノのパイソン。

蛇は沢山の種類がいました。パイソン、アナコンダ、ヴァイパー、コブラ、ラトルスネークなど、毒ありのヤツから毒なし巨大なのまで。

Motreal106_007.jpg
奥の特設ステージでは、爬虫類と触れ合おうコーナーみたいなのもやっていて、ただいまパイソンをステージに移送中(笑)。デカイわぁ。こんなのに巻かれたら、一瞬で窒息死だな。

Motreal106_003.jpg
イグアナ。なんだか良い顔してます。じっとして動かないでいてくれるので、格好の被写体です。

Motreal106_004.jpg
こちらはアフリカのサハラ砂漠に棲むというトカゲ。デカイです。

Motreal106_006.jpg
そしてアリゲーター。

ビビリの4歳児は、結局怖がってなにも出来ないかな…と思っていたのですが、親の予想以上に楽しんでいました。
Motreal106_008.jpg
リクガメの甲羅をタッチ!その他、生まれて初めて蛇もタッチしました。よくやった!4歳児。

Motreal106_009.jpg
オンタリオの郊外をドライブしていると、小さな爬虫類園(Reptile Zoo)は時々みかけますが、実際にこういうのに入ったのは初めてです。オジさんは、爬虫類って基本的にちょっと苦手ですね、やっぱり。何考えているかわからないし、なんかヌメっとしてるし。愛でるのも、戯れるのも、釣るのも、食べるのも、やっぱり魚類が一番です。

たくさん歩いてはしゃいだ4歳児。ホテルにもどると、瞬殺で爆睡。
Motreal106_010.jpg
仕方ないので、爆睡した4歳児を抱えてホテルのレストランで軽い夕食。

Motreal106_011.jpg
モントリオールの大手メーカー、McAUSLAN Brewing の St-Ambroise Pale Ale (記事)。これはトロントのLCBOでも売ってます。ここのビール達も真面目なビールでオススメです。

Motreal106_012.jpg
チーズの盛り合わせをおつまみに、いただきます。この日は天気はよかったのですが、翌日からは雨・雪の模様。さーて、何しようかな。



関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2011.03.10    [ Category : 2011Montreal ]

モントリオール2011 その6 Unibroueのレストラン Fourquet Fourchette

モントリオール2011 その6 Unibroueのレストラン Fourquet Fourchette

さてモントリオールの旧市街をテクテクとランチに出撃。
Motreal104_013.jpg
昼時になっても人もまばらです。

ノートルダムの前を通って…
Motreal105_000.jpg
中華街方面にむかい、中華街の手前にあるコングレスセンター内に目指すレストランはありました。

Motreal105_001.jpg
ビルの一階にあるのは、こんな感じのレストラン。

Motreal105_002.jpg
Fourquet Fourchette というレストランで、Unibroue のビールを出すレストランです。

早速ビールをいただきましょう。
Motreal105_003.jpg
オジさんは、Blonde de Chambly (記事)。

Motreal105_004.jpg
嫁は、Ephemere Black Currant (記事)。カシスのビールです。

Motreal105_005.jpg
お料理は Catch of the day は Bluefish だよと言うので、サカナをチョイス。オキスズキだと思います。ブルーフィッシュって確かオキスズキのことだよなぁ…なーんてウェイターの話を聞きながらぼーっと考えていら、肝心の部分を聞き逃していました。なんと!ソースがトマトとキューカンバー(笑)。まぁキューカンバーを避ければ問題なく美味しく頂けました。

Motreal105_006.jpg
嫁はガッツリお肉で攻撃。どっちの皿にも付け合せで入っている、細いニンジンをグリルしたやつが甘くて美味しかったです。

Motreal105_007.jpg
これらのランチメニューにはサラダ&スープバーとコーヒーとデザートが付いてきます。デザートのチーズケーキは嫁と4歳児に美味しく頂かれました。

で、嫁子供がデザートを食べている間、オジさんはお店の中に飾ってある Unibroue のビールのラベルの画を堪能します。
Motreal105_008.jpg
まずは定番、オンタリオのLCBOでも手に入る白ビール、Blanche De Chambly (記事)のラベルの絵画。以前のボトルは、このお城のアップだったと思うのですが、今はこの絵柄です。

Motreal105_009.jpg
そして、Ephemere 。このヴィーナスのようなニンフの下が青りんごになると、Ephemere Apple(記事)のラベルに、カシスになると Ephemere Black Currant (記事)のラベルになります。

Motreal105_010.jpg
そして強烈黒ビールの Trois Pistoles (記事)のラベル画!Trois Pistolesの街に伝わる黒い馬の伝説を描いたラベルです。良いですねぇ。良いですねぇ。

Motreal105_011.jpg
そしてこのケベックに伝わる空飛ぶカヌーの伝説をモチーフにした絵は「チクショウ!」ビールの Maudite (記事)。

Motreal105_012.jpg
レストランの奥はショップになっています。とはいってもオフシーズンの昼下がり…店員さんも誰もいないんだけどね。「見ていい?」と断って、突撃。

Motreal105_013.jpg
La Fin du Monde (記事)の巨大ボトルが並びます。ボトルの間に置いてあるのは、La Fin du Monde を使用したマスタードとかジャムとか。本当はグラスとか帽子とかTシャツとかをゲットしたかったのだけど、そういうのは置いてありませんでした。

でもビールなどを購入!

Unibroue は常時トロントに流通しているのは3種類(La Fin du Monde / Maudite / Blanche De Chambly)しかトロントのLCBOではお目にかかれませんが、是非もっと入れて欲しいものです。

レストランは、やはりビールがメインなのでしょう。食事はいたって普通でしたが、現行のUnibroueのビール全種類がこのレストランで制覇可能です!ってことで、ビール馬鹿にはオススメ。

Restaurant Fourquet Fourchette du Palais
265 St-Antoine O
Montreal, QC H2Z 1H6
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2011.03.10    [ Category : 2011Montreal ]

モントリオール2011 その5 シャトー・ラムゼイ博物館

モントリオール2011 その5 シャトー・ラムゼイ博物館

大聖堂でドキドキしたたので、ちょっとホテルで休憩します。
Motreal104_000.jpg
ホテル近くに目ざとくカップケーキ屋さんを発見した嫁と4歳児。オジさんの顔色を伺いながら、疲れたねぇ…ちょっと甘いもの…などと言いながら突入。

Motreal104_001.jpg
で、ちゃっかり2個ゲット。朝のカフェでクロワッサンとカフェ・オーレと軽めの朝食にしておいたのは、オヤツのためだったのね、嫁。一口もらったけど、上品で美味しいカップケーキでした。

ホテルで一息ついたら、また旧市街へ繰り出します。
Motreal104_002.jpg
おぉぉ、オフシーズンですねぇ、人っ子一人いません。カフェなんかも半分閉まってますし、シーズンにはパカパカ走っている馬車も、一台しか見ませんでした。

ジャック・カルティエ広場を横切って
Motreal104_003.jpg
マルシェ・ボンスクールを横切って

Motreal104_004.jpg
やってきたのは、シャトー・ラムゼイ博物館。前回のモントリオール旅行の時にフラリと立ち寄った歴史博物館が意外と面白かったので、今回も博物館に突撃です。

この館は、モントリオール総督であったクロード・ド・ラムゼイの邸宅で、歴代カナダ総督の官邸や西インド会社の本拠地として使われていたとのこと。その邸宅を改造して今はモントリオールの18世紀、19世紀の暮らしを伝える博物館となっています。

博物館の最初の間で待っていたのは、この人。
Motreal104_005.jpg
16世紀のフランスの冒険家、ジャック・カルティエさんです。セントローレンス湾、セントローレンス川岸に初めて到達し、この周辺の土地を「カナダ」と名付けた人です。オー、カーナーダー。

Motreal104_006.jpg
そしてサミュエル・ド・シャンプラン(シャンプレイン)。同じく16世紀フランスの探検家で、カルティエの後の時代にケベック植民地を築いた人。彼の船の名前は Don de Dieu。そうです、Unibroue のビールの名前にもなっています。(記事)

Motreal104_007.jpg
こちら、当時東カナダに定住していたイロコイ族の集落の模型です。この家は、ロングハウスといわれる数家族が同居する伝統住居。以前、メープルシロップ・フェスティバルに行ったときに、こういう住居の見学したなぁ。

Motreal104_008.jpg
この間に飾ってある肖像は歴代の総督や軍人。モントリオールはフランスの支配下になったりイギリスの支配下になったりと、なかなかユニークな歴史を持っています。

Motreal104_009.jpg
車。思うのですが、ケベック州の気候では、こんな車では夏の間しか走れませんよね。

Motreal104_010.jpg
チャリんこ。映画なんかでこういうチャリを見たことはありますが、およそ実用とはかけ離れたデザインですよね。ギアやチェーンというものが存在しなかった時代には、こういうチャリが普通だったのでしょうか…

Motreal104_011.jpg
地下には19世紀の台所が再現されていました。1時間後にパンづくりの実演を行うおばぁちゃんに遭遇。いろいろ教えてもらいましたが、写真右上の茶色い車輪型の木製の籠。なんだと思います?なんとこのシリンダー状の籠に犬を入れて走らせ、それを動力に暖炉で肉を丸焼きにするための焼串を回す装置だとのこと!うーん、なんともすごいな。その左にあるのは、もうすこし後の時代のオモリでギアを回して焼串を回転させる装置だそうです。人間、いろいろ考えますね。

Motreal104_012.jpg
これはビールのピッチャー!500mlも入らないような小さいピッチャーでした。植民時代のモントリオールでも醸造にトライする人はいたそうです。失敗したみたいですが…。かのモルソンがモントリオールに誕生する随分と前の話のようです。

まったりと博物館を回るのも、なかなか楽しいですね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2011.03.10    [ Category : 2011Montreal ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ