無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

北カリフォルニアのIPA Lagunitas IPA (Lagunitas Brewing Company)

Lagunitas IPA

さて、今宵の一本は…
LgunitasIPA000.jpg
Lagunitas の Lagunitas IPA です。

LgunitasIPA001.jpg
このラベルの紙質の感じが、大手の量販という感じではなくって良いですよね。

LgunitasIPA002.jpg
アルコール度数6.2%のカッパーゴールドのIPA。香りは柑橘系の香りにホッピーな苦味がジワーっとくる、IPAのあの香り。ミディアムボディで、なかなか鮮烈な口当たりで、ジューシー。ただペールーエールの時のようなハッとするような強烈な印象はないかな。ボディは全体的に落ち着いており、苦味も十分なのだけれども、程よい丸みと甘みと相まってそれほどエッジが効いている訳でもなく、このアルコール度数設定のIPAとしてはかなり飲みやすい印象です。ペールエールが自分の好みにあまりにもハマったので、こちらは強烈な苦味とかを勝手に想像していたのでもう一声個性的な感じが欲しかったかなぁと個人的には思ったりもしましたが、とても良くまとまった美味しいIPAです。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.07.31    [ Category : BEER (California) ]

ビールを彩る食卓第37 ケールサラダ

ビールを彩る食卓第37 ケールサラダ

さて、ビールを彩る食卓第37弾目はケールでございます。またしても登場したこの野菜は、青汁の材料にもなっているというケール。前回はケールチップスでの登場でしたが、今回はサラダでの登場です。

なんでもファーマーズマーケットで、チップスにしたいのでケールを頂戴と野菜売りのオバちゃんに言った所、ケールにはサラダ用のケールというモノもあるということだったので、チップス用とサラダ用の両方を買ってきたんだそうです。
20130727_200.jpg
そもそもが青汁のイメージな上に、チップスにしてもカツーンと抜ける濃い香りが売りのケール、サラダにしたらどうなるのかと思いましたが、意外とアッサリ系で美味しいいです。食感はレタスをあまり変わりません。レモン汁とパルメザンチーズがドレッシング代わりにかけてありましたが、それらの酸味と塩っけのお陰で、苦味成分はちょっと緩和されているかな。まぁモグモグしていると、やっぱこれケールだわぁという味わいになりますが。

ごちそうさまでした。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.07.30    [ Category : ビールを彩る食卓 ]

ガラガラヘビに注意…。

さて、オジさんは釣りに行くとき、そこそこ無茶をすることがあります、所謂藪こぎというやつですね。そこに水辺がある!とわかると、おりゃおりゃ!とヤブをかき分け突入するのです。

ただ、ここカリフォルニアで夏にソレをやるのはかなりデンジャラスだという人もいます。それは、コイツがいるから…
20130727_100.jpg
ラトルスネーク (rattlesnake)です!ガラガラヘビという奴ですね。出来れば一生出会いたくない輩ではありますが、夏の暑い時期には大量発生したりすることもあるとの話です。オジさん、蛇は毒があろうとなかろうと苦手です。出会ったらたぶん固まります。

で、ガラガラヘビのガラガラって、オジさんはてっきりこの蛇がガラガラと音を出しながら敵を威嚇したりするのでガラガラヘビと呼ばれるのだと思い込んでいたのですが、Wikiをみてみると以下の様にあります。

>草原、森林、砂漠等の様々な環境に生息する。危険を感じると尾の積み重なった脱皮殻を激しく振るわせて音を出し、威嚇する。尾の積み重なった脱皮殻が赤ちゃんをあやすガラガラのように見えることが和名や英名(rattle=ガラガラ)の由来。(Wikipedia より)

音をだすのは間違いないにしても、ガラガラヘビ名前の由来は、尾の積み重なった脱皮殻が赤ちゃんをあやすガラガラにみえるからですって!?ガラガラって、あのなんか取っ手の付いた筒状のやつですよね。そうだったのかぁぁぁぁ!知らなかったぁぁぁぁ!!

ひとつ勉強になりました。でも一生出会いたくないですね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2013.07.29    [ Category : 徒然/第二章 ]

ビールを彩る食卓第36 いちじくプレート

ビールを彩る食卓第36 いちじくプレート

さーて、このところ勢いをましているビールを彩る食卓コーナー。最近はビール記事よりも伸びておりますが、第100くらいまでこのままの勢いで伸びていっちゃったりして!?

今宵のビールを彩る食卓は、ワキ家のおつまみプレートから、いちじくです。週末の午前中に開催されているファーマーズ・マーケットにでかけてきた嫁と子どもたち、6歳児がいちじくを食べてみたい!と言うので、緑色のいちじくと、黒い皮のいちじくの2種類を買ってきたそうです。いちじくは傷んでしまうのも早いとのことで、その日のうちに食卓に出されました。
20130727_201.jpg
じゃーん。なかなか良い景色ですね。一緒に乗っかっているのは、同じくマーケットで購入してきたブドウとプレツェルです。いちじくは手前は緑の皮のモノ、奥が黒い皮のもの。緑の皮のもののほうが、ねっとりとした食感で、黒い皮のほうが身がしっかりした感じでした。しかしいちじくってなかなか微妙な果物ですよね。すごく甘いわけでも、香りがたつわけでもなく…。一番好きなフルーツは?という質問の答えには、まぁ出てこない類のものですよね。ドライフルーツはワインのお供とかでお目にかかることはありますが、この形ででてくることはあまり無い気がします。我が家では初めてです。

味わいは、まぁなんというか、普通に美味しかったです。種の食感が良いですね。甘みは最初はほんのりとした甘みを味わえたのですが、一緒にいただいたブドウが大変に甘いブドウで、一度このブドウを食べた後はいちじくの甘みが分からなくなってしまったという…。(苦笑)

ごちそうさまでした。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.07.28    [ Category : ビールを彩る食卓 ]

早朝突撃!バスゲット。

さて、待ちに待った週末。夜明け前に一人ベッドを抜け出し、すやすや眠る家族を残して単身出撃なのです!ブィーンと今回は東のほうへ向かいます。夜明け前のサンマテオブリッジを渡り、東へ東へ。
20130727_000.jpg
やってきたのはとあるリザーバー。初めての場所の調査釣行です。場所的に風力発電のホットスポットなので風が強いのかなぁと心配していたのですが、ビンゴです。超強風…。でも釣り人も沢山います。ようやく朝日が見え出した頃だというのに、すでにごっついブッコミ仕掛けを投入し、ごっつい椅子でまったりとアタリを待つ強者が沢山います。キャットフィッシュ狙いかな?ストライパー狙いかな?

ブッコミ釣り師が思ったよりも多く、てくてく湖岸を歩きながら探っていこうという目論見はすっかり外れてしまい、空いている所空いている所をポンポンと撃っていく形になりましたが、釣り始めて15分くらい、風も強いしココはハズレリザーバーだったか?大丈夫かなぁ…、なんて考えが心をよぎり始めた時に、ゴツンときました!
20130727_001.jpg
かなりトルクのある引きでしたが、ぶじに岸にブリ上げました。先日スポーツオーソリティで買ってきたRapalaの電子スケール(測り)で計測してみたところ、2.3ポンド。長さは44cmありました。なかなか引き締まった体で、ヒレもピンピンの良いコンディションのバスでした。やりぃ!

この後は更に風が強くなり餌釣り師も増えてきたので、餌釣り師のいないほうまでテクテクと汗をかきかき歩きながら探ったのですが、後にも先にも先ほどのバス一発しかでませんでした。2時間くらいやって、そそくさと退散。うーん、風がもうすこし弱ければ、風表ももっと探れたのですが…。この風は、一年中なのかな。


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.07.27    [ Category : FISH/第二章 ]

ビールを彩る食卓第35 Twiceベイクドポテト

ビールを彩る食卓第35 Twiceベイクドポテト

さて、ビールを彩る食卓が連発ですが、今宵はビールを彩る食卓第35弾です!今宵の一品はベイクドポテト。
20130723_100.jpg
といっていたら嫁から、Twice Baked Potatoes (Twiceベイクドポテト)とですよ!ツッコミが入りました。なんのこっちゃと聞いてみると、二回焼く式ベイクドポテドだから、こういう名前なのだとのこと。なんでもFoodChannelのHPにあったレシピを参考にして、トライしたんだそうです。.

ポテトはスーパーマーケット safeway で買ってきたなんの変哲もないジャガイモなのですが、これがなかなかのホックホク、ホッコホコ系の侮りがたいジャがイモなのですね。それを一回焼いて、中身をほじくりだして、その中身をサワークリームとかベーコンとか香辛料とかいれてこねくり回してから詰めなおし、スライスチーズでラップしてまたオープンで焼きあげるという手の込んだ一品だそうです。
20130723_101.jpg
割ってみるとこんな感じ。「今日はなかなか写真映えする一皿があるから、写真撮って載っけてね〜」とテキストメッセージを携帯に打ってくるくらいの自信の一皿なだけあって、美味しゅうございました。6歳児も中身をほじくりだしてホグホグと、なかなか気に入った模様。

ごちそうさまでした。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.07.26    [ Category : ビールを彩る食卓 ]

ビールを彩る食卓第34 グリーンピースなど

ビールを彩る食卓第34 グリーンピースなど

さて、最近ビールを彩る食卓シリーズが増えてきておりますが、それは週末にマーケットでいろいろ買ってしまうから&日本の狭い狭い2Kマンションから、広々としてオーブンまでついている台所に引っ越した嫁がいろいろ料理を楽しみだしたからでありましょう。

今日の一品目は、じゃーん!グリーンピースです。
20130721_000.jpg
グリーンピースを素焼きにして塩を降ったものです。もっと皮がしんなり焦げ焦げになるまでやってもOKだったと思いますが、これの中を開いて、中の豆部分を食べます。これが美味いんです。香ばしい香りが鼻に抜け、口に拡がる甘み。ピルスナーなんかにぴったりのオツマミになります。日本ではグリーンピースがダメだという人は結構多いと思うのですが、この一品は缶詰のグリーンピースとは別物です。オススメです。

こちらは嫁の大好物を一皿に持ってみましたサラダ。ワキ家サラダとでも命名しましょうか…。
20130721_001.jpg
レタスの上に鎮座しますのは、嫁の大好物その1「スモークサーモン」。そして大好物その2「ビーツ」。そして熟れ熟れのアボカド。まぁオジさんもどれも嫌いではないですね。ビーツはモノによっては土臭さが鼻について嫌な時もありますが、このビーツは甘くて香りもフレッシュで美味しかったです。

さらにコチラは、フェリービルディングの中のお肉屋さんで買ってきたソーセージですね。
20130721_002.jpg
色の濃い方は、ダックとプロシュートのソーセージ。ちょっと癖のある香りと、中華ハムのような甘みで、ワインとかに合う感じでした。もうひとつは、マンゴーチキン。あまいマンゴーの欠片がはいっており、なかなか美味しかったです。

仕上げはオツマミプレート♪
20130721_003.jpg
クラッカー、チーズ&ベリーは、トロントに住んでいた頃のワキ家のオツマミプレートの定番メニュー。日本ではなかなかイケてるチーズが手に入らなくて、寂しい思いををしましたが、こちらではチーズは常に冷蔵庫にストックしております!チーズはゴート系のブリーからブルーまで、コクと香りが強ければ何でもOK!6歳児もブルーチーズとかくれくれ!と言って、バリバリ食べちゃうのですが、将来が不安ですな。

ごちそうさまでした〜。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2013.07.25    [ Category : ビールを彩る食卓 ]

6歳児、英語の試験を受ける

先日、我が家の6歳児、スクールボード(地域の教育委員会みたいなの)に英語のテストを受けにいってきました。

現在は、長い長〜い夏休みを満喫中の6歳児ですが、日本では小学校一年生。アメリカでは新学期は8月末からスタートするのですが、彼はいきなり2年生になるのですね。5月末にコチラにやってきてから、ずーっとバケーションを満喫しているので、小学校一年生は正味2ヶ月しかやっていないのに。

小学校はもちろんローカルのパブリックスクールにぶち込むわけでして、6月の頭には編入手続き等は完了していたのですが、この間スクールボードから英語のテストを受けてくださいと連絡がありました。我々はてっきり、英語がファーストランゲージではないので、英語のレベルチェックの簡単な面接形式のテストか何かかなと思っていたのですが、連れて行った嫁から「すごい気合のはいったテストで、35ページもある!!」と携帯にメールが。35ページ!?聞けば、通しで2時間くらいかかりそうとの追加情報。うわー、6歳児、ご愁傷様(苦笑)。

果たして大丈夫だろか・・・と、ちょっと気を揉みましたが、6歳児は1時間半くらいで完了して出てきたそうです。結果は後ほど我々と学校に郵送とのことですが、本人に聞いてみると「間違いもあったけど、Correctもたくさんとったよ♪」とまんざらでもない様子との事。これはご褒美買ってあげないとイカンなぁと、会社帰りに父ちゃん買って来ましたよ!

ジャーン!
20130723_000.jpg
Hot Wheel です。アメリカのミニカーで、日本でいうトミカのアメリカ版みたいな感じでしょうか。これの車は持っているのですが、この車を走らせるコースみたいなの、前から欲しがっていたんですよね。

ココらへんのデザインも日本とはちょっと感性の違うぶっ飛んだものが多く(笑)、これはコースを走っている車をドラゴンが食べちゃうというギミックのついたモノみたいです。T-REXが食べちゃうというバリエーションもあったのですが、ドラゴンのほうが欲しいということでした。
20130723_001.jpg
なかなかいい顔したドラゴンですね〜。

ま、とりあえずお疲れ様でした。6歳児君。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.07.24    [ Category : 徒然/第二章 ]

美味い〜!! New Dogtown Pale Ale (Lagunitas Brewing Company)

New Dogtown Pale Ale

さて、今宵の一本は…
LagunitasPaleAle000.jpg
サンフランシスコからゴールデン・ゲート・ブリッジを渡って北のほうの街、Petalumaにある Lagunitas Brewing Company から、New Dogtown Pale Ale です。

LagunitasPaleAle001.jpg
Lagunitas のビールは、今回サンフランシスコに上陸した最初の晩に、ホテル近くの市内の酒屋で店主のオッサンに「地ビールのおすすめない?アンカースチーム以外で」とリクエストした時に、ここのは美味いぜ〜ってオススメされたの事を覚えています。

LagunitasPaleAle002.jpg
アルコール度数6.2%の金色ペールエール。香りは、酸味たっぷりのフレッシュオレンジを彷彿とさせる鮮烈な香りに、深く深く吸い込むと熟したマンゴーのような甘い感じもまじります。香りの時点で期待大なのですが、口に含むと、こっこれは…、好みにジャストミートしてしましました。ボディは軽めなのですがジューシーで鮮烈なアタックで、飲み干した後は軽い酸味から苦味が効いてきます。アルコール度数高め設定のペールエールにしては、驚くほどボディが軽くフレッシュ、そして何度も同じ表現で申し訳ないのですが鮮烈です。これは私にとってはベストに入るペールエールとの出会いかもしれません。ボディが軽やかなので調子に乗って居酒屋の生中のノリでガバガバ飲むと、アルコール度数6.2%の罠で突然ガツンと酔っ払っちゃうのだけが難点ですなぁ。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.07.24    [ Category : BEER (California) ]

息子と二人釣行 その3 息子に敗れる

さて、週末の夕方。午後4時ごろに颯爽と家を出発!6歳児とブブーンと車を飛ばして、イーストベイ方面にあるリザーバーを探検にやってまいりました。日暮れまで2時間くらいの探検釣行です。
20130720_200.jpg
サン・マテオブリッジを渡って、車で1時間弱。目指すリザーバーに到着。ここではカリフォルニア州のステートフィッシングライセンスの他に、4ドルのデイリーフィッシングライセンスを購入する必要があります。駐車場が7ドルで、サン・マテオブリッジを渡るのに5ドルかかるので…、合計で16ドルもかかってる!!!これで釣れなかったら、頭に来ちゃうなぁ。

さっそく釣り竿を抱えて6歳時と釣り場を探しに出かけます。
20130720_201.jpg
この湖は周囲がトレッキングコースになっており、ジョギングや犬の散歩の人々で賑わっておりますが、基本的には崖で囲まれたリザーバーの崖の上にトレッキングコースは設置されており、水辺へのアクセスポイントはかなり限られています。そして駐車場近くのポイントには既に先客が入っており、仕方なく疲れた〜なんて弱音を吐く6歳児をなだめすかしながら、テクテクと途中急勾配もあるようなトレッキングコースを進んでいきます。

田舎のリザーバーなので途中でいろんな生き物に出会いました。
20130720_202.jpg
こちら七面鳥ではあ〜りませんか!!!野生の七面鳥!?群れでおりましたが、野生に出会ったのは初めてかも。

こちらはリス。
20130720_203.jpg
後ろ足で立ち上がったまま、近づいてもぼーっと一点を見つめたまま。カワイイですね。

で、どれくらい歩いたことか…。少なくとも1マイルくらいは歩いたかな…というところで、ようやく釣りが出来る場所にたどり着きましたが、足元はアオコだらけ…。今日は6歳児にスピナーなんかを投げさせてみる練習をさせる予定だったのですが、これではスピナーなんて引こうものなら、藻とアオコの塊と化して返ってくるだけです。仕方ないので、オフセットフックにグラブをセットして、これなら少なくとも根掛かりはしないから大丈夫かな…と、息子の竿で試し投げしてみたら…
20130720_204.jpg
釣れちゃいました。小バスです。おぉぉこれは…と、同じポイントに入れてみるとポツポツと当たりが。ただ相手が小さすぎて、乗ってきません。グラブのお尻をビンビンガジガジと引っ張っていくようなアタリはあるのですが…。ここで粘っても仕方ないし、だんだん日も暮れてきたので、駐車場のほうに戻りつつ、途中で発見した違うポイントへ。

そこは足元には藻もアオコもなく、それはそれでなんだか釣れる気がしないのですが、6歳時の投げたグラブに大量の小バスのチェイスあり。小バスすぎて釣れないんですけどね…

しかし6歳児はなんとしてもアレを釣りたい!釣りたい!と言うので、手を変え品をかえなんとかフッキングさせてやろうとしたのですが、なかなか乗ってきません。小さいクラッピー用のチューブなんか沈めたら、物凄いいきおいで食らいつくんですが、フックアップするまでには至らないんですね…。ここは最後の手段だ!と、2インチ+ワッキーという最終兵器を沈めて、めでたく小バスゲット。
20130720_205.jpg
めでたく子バスをゲットして大喜びの6歳児(笑)。釣れたしそろそろ帰ろうかと行っても、まだ釣る!と盛り上がってしまい、なかなか帰ろうとしません。

じゃああとちょっとだけだよとやらせてみると、息子の足元近くの湖底にそこそこいいサイズの影が…。おい!息子!スプール返して底までじっくり沈めるのだ!と慌てるお父さん。言われるがママ底までフリーフォールさせてみると、糸がツツーと走ります。食ってるぞ!巻け〜!!!また言われるがままに巻く息子。
20130720_206.jpg
お〜、やった〜。息子の最大記録更新です。28cm。息子に持たせて写真を撮ってみると、まるで40オーバーの大バスに見えますが(笑)。コンディションのよいナイスバスでした。

いやぁ帰りの車の中でも、家に帰ってからも、「今日はボクの勝ちだね!お父さんより大きいの釣っちゃったね」と大喜びの6歳児。父ちゃん、参った、参った(笑) 。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.07.23    [ Category : FISH/第二章 ]

ビールを彩る食卓第33 花ズッキーニ

ビールを彩る食卓第33 花ズッキーニ

ビールを彩る食卓第33弾でございます!今回はコチラ!花ズッキーニというのか、ズッキーニの花というのかよくわかりませんが、ズッキーニのお花の部分にトライです!
20130720_300.jpg
以前、FarmerMarketの記事にコチラを掲載したところ、カナダのwoceanさんから詰め物をして揚げると美味しいという情報をいただいたのですが、フェリービルディングのファーマーズ・マーケットにも出ていたので、嫁がトライしてみることにしたそうです。

じゃーん!いきなり完成形(笑)。
20130720_301.jpg
これは、美味しそうに出来ているではあ〜りませんか!

中に詰めたのは、我が家の冷蔵庫にあった適当なチーズ達(クリームチーズなど)に、ズッキーニの実の部分をバターで炒めて細かくカットしたものを加えたのだそうです。
20130720_302.jpg
いや、これが大成功でした。美味いです。よくできました。チーズの旨味とボリューム感で、ビールのお友達としての破壊力もなかなかのモノで、またリピートしたくなる味わい。

この日は、この花ズッキーニの詰め物を中心としたファーマーズ・マーケットディナーでした。
20130720_303.jpg
ソーセージもサラダも美味しかったです。やっぱりローカルマーケットは楽しいですね。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2013.07.22    [ Category : ビールを彩る食卓 ]

フィッシュマーケットでランチ The Fish Market

The Fish Market

さて、サンフランシスコのファーマーズマーケットを満喫した後は、とっととシティを後にして一路サン・マテオまで南下です。
20130720_100.jpg
やって参りましたのは、The Fish Market (記事)。お義母さんもまだシーフードを食べていないし、あそこなら子連れでもこの時間帯なら全然平気だよねということで、やって来ました。

まぁ基本的には北米のレストランは、都市部のハイソなレストランを除けば意外とどこも子供連れには寛容ではありますよね。お客さんもそこら辺はみなさん心得たものですし、日本よりも幼児・赤子連れでも嫌な顔はされないなぁという感覚です。もちろん都会の$$$なレストランは例外ですが、ちょっと郊外の大型レストランなら夜の大人のシックな時間でなければ、ほぼ問題なしではないでしょうか。

そしてコチラのキッズメニューがあるレストランでは、クレヨンと塗り絵&キッズメニューの書いてあるランチョンマットというのが定番ですが、ここのは豪華に本の体裁になっておりました。
20130720_101.jpg
全8ページに及ぶ立派なもので、塗り絵やクイズなどの知育教育モノなど、かなりの力作で、これは子供連れには嬉しいサービスですね。日本だと、これがフリーのオモチャになるわけですが、ランチョンマット形式だったら持って帰る必要もないし、オモチャよりも処分が楽でいいです。

ここに6歳児を釣れてきたかった一つの理由がこれ。壁に飾られた数多くの魚の模型です。
20130720_102.jpg
この腹ビレのない独特のフォルムのカジキは、メカジキ!SwordFishです。

そしてコチラはカリフォルニアの海のゲームフィッシュとして知られるルースターフィッシュ。
20130720_103.jpg
お父さん!なにあのトゲトゲの魚は!と6歳児は大盛り上がり。ほかにもカマスサワラやツムブリなど、いろいろなゲームフィッシュの模型にプラスして、数多くの漁にまつわる写真が飾ってあって本当に楽しいんですね。魚好きには(笑)

さーてアペタイザー 。
20130720_104.jpg
嫁はまだコチラに来てからオイスターを食べていなかったことが判明したので、とりあえずオイスターです。オジさんもオイスターは好きですが、実は昔は嫌いでした。新婚旅行でサンフランシスコに来た時に、嫁に進められてコチラのオイスターをカクテルソースで食べてから、食べられるようになったんですね。日本の生牡蠣って、なんかこう磯の主張が強すぎて…。

こちら6歳児のチョイス。なんとビックリ、この日はキッズパスタがあるにも関わらず、アラスカンコッドとフレンチフライというメニューをチョイスして来ました。
20130720_105.jpg
いや、ビックリ。これまでパスタ一本縛りでやってきた6歳児、なんの心境の変化でしょうか。オバアちゃんに、なんか格好良いところ見せたかったとかかな(笑)

これはホタテ好きの嫁チョイス。ホタテのグリルですね。
20130720_106.jpg
なんか昔こういう感じの串焼きを、東京湾アクアラインの海ほたるで食べたよね〜なんて話しながら、むしゃむしゃと頂いておりました。

お義母さんのチョイスはトラウトのグリル。
20130720_107.jpg
これ、トラウトが居酒屋メニューの鉄板メニュー、ホッケの開きみたいな感じで出て参りました。こちらでこんな見事な開きがみられるとは…。トラウトといったら、サーモンのような切り身で出てくると誰もが想像すると思うのですが、立派な背開きで出て来ました。

そしてこれ!オジさんチョイスはCIOPPINOです。
20130720_108.jpg
チョッピーノというのか、チィォッピ〜ノというのか分かりませんが、手っ取り早く言うとイタリアン風トマトスープのブイヤベースというか、ペスカトーレのソース部分と言いますか。カニ、エビ、魚、ホタテ、ムール貝など、数多くの一軍海鮮軍団がトマトベースのスープで良い感じに煮込まれております。パスタをプラスするというオプションもあったのですが、ここはパスタは無しで攻めて見ました。それでもガーリックトーストがボカンボカンと打ち込まれており、ボリュームは十分。こちらスモールサイズですが、十分です。

いただきま〜す。
20130720_109.jpg
いやぁお腹いっぱい。お腹いっぱい。

と思っていたら、にっこり笑ってデザートを頼みに行くあたり、やはり嫁は侮れません。もう結婚生活も長いことになりますが、まだまだ計り知れないモノをもっております。
20130720_110.jpg
チョイスしてきたのは、ストロベリーがチョコレートでディップされたものですが、これがデカイ!そしてミルクチョコレートが、どえらい甘さ。オジさんはそもそも腹いっぱいだったので、ちょこっとご相伴にあずかっただけでしたが、皆様きっちり頂いておりました。イチゴに目がない6歳児もバクバク。

美味しゅうございました。お値段もそこそこするので、気軽に「あ〜なんか今日は外で食いたい気分だからあそこ行っとくか?」みたいなレストランと言うよりは、「今週も頑張ったし、6歳児もテストで良い点とったから、ご褒美に今週末は行っちゃおうか?」みたいな感じの場所ではありますが、キッズフレンドリーですし我が家にとっては「じゃあアソコ行っとくか」的なレストランになる予感です。

The Fish Market
1855 South Norfolk
San Mateo, CA 94403

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.07.21    [ Category : Food(California) ]

FarmersMarket@フェリービルディング

FarmersMarket@フェリービルディング

さて、週末のこの日。日本から来ている嫁のお母さんのリクエストもあって、サンフランシスコのフェリービルディングで開催されている、ファーマーズマーケットにやってまいりました。
20130720_000.jpg
混んでしまう前に行こう!と朝早起きを計画していたのですが、なんだかんだでウダウダしてしまい、到着したのは朝9時ちょっと前。朝のうちは相変わらずの曇天模様で、肌寒いサンフランシスコでございます。

さすがに周辺の駐車スペースはバッチリ埋まっており、すこしウロウロしてちょっと外れた付近のパーキング・メーターに路駐です。郊外だと土日はフリーパーキングのケースが多いですが、さすがに市内は日曜日でもバッチリパーキングメーターが作動しております。
20130720_001.jpg
ファーマーズマーケットは大盛況で、テントの数からしてもかなりの規模のマーケットであrことが伺えます。ビルディングの中の常設のお店も、チーズ屋さん、肉屋、ワイン屋、チョコレート屋となかなかの顔ぶれで楽しめますね。

朝起きて顔洗ってコーヒー飲んでいざ出発!というスケジュールだったので、まずは腹ごしらえですね!
20130720_002.jpg
こちらチーズバーガー。グリルしたてのチーズバーガーは大層美味しかったのですが、これでサイドのフライも点かずに9ドル也!というのは、場所代もあるのでしょうがちょっとお高いかな。

こちらは嫁がゲットしてきたオープンサンド。
20130720_003.jpg
スモークしたアルバコア(ビンナガマグロ)に、ビーツ、クルミと嫁の好きなものが勢揃い(笑)。こちらも10ドル也とやっぱりなかなかのお値段ですね。

こちらはピーチ。
20130720_005.jpg
ピーチ、プラム、ネクタリン、アプリコットなどのモモ、スモモ、アンズの類はどこのマーケットやスーパーマーケットでも沢山売っております。オジさんもネクタリンとか冷やしてかぶりつくのは好きです。

八百屋さんには、人参、茄子、パプリカ、レタス、キャベツ、ジャガイモ…とおなじみのモノに混じって、アーティチョークやズッキーニ、ルバーブみたいなの、ビーツ、ラディッシュ(カブ)とか色々あって楽しいですね。
20130720_006.jpg
ここの八百屋さんは、緑の葉っぱものの野菜が充実しており、どれも新鮮で美味しそうでした。白菜なんかも置いてありましたが、数種類合ったレタスのなかから、赤っぽい葉っぱのレタスを購入。

こんなのもありました。
20130720_008.jpg
水菜です。Mizunaという名前で売っておりました。一束2ドルなり〜。

お花屋さんも何店か出ておりました。
20130720_007.jpg
オジさん、花には全然興味が無いので、並んでいる花の種類とかよくわからないのですが、鮮やかな色合で写真映りがいいのでパチリ。

こちらは…
20130720_009.jpg
唐辛子屋さんですね〜。沢山のペッパーが売っておりました。山積みにされたペッパーに、鼻を近づけて匂いを嗅いだだけで、涙ジワーっとでてくる感じでした。そのうち自家製ハラペーニョスとかも作ってみたいかも…。

朝のうちは曇り空で風も冷たいベイサイドでしたが、11時くらいにはすっかりいい天気。
20130720_010.jpg
チーズや野菜や果物をゲットして帰路に。なかなか楽しかったですが、なんか全体的にマーケットの割には値段が高かった印象です。場所代が高いのかな…。でもお店の種類も豊富だし、歩いてサンプル食べ歩いているだけでお腹いっぱいだし、満足の土曜日の朝でした。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.07.21    [ Category : SFの南Life ]

日本車輌製造株式会社 in California

オジさんは現在サンフランシスコの南の方に生息しており、サンフランシスコにあるオフィスには、車&電車の所謂パーク&ライドで通勤しているのですね。途中の駅まで来るまで行ってパーキングに停めて、そこから電車という訳です。

で、乗っている電車はCalTrainという電車で、まぁきっとCaliforniaTrainということなのでしょう。ギルロイやサンノゼとサンフランシスコをつなぐローカル列車です。
20130621_002.jpg
2階建ての車両を、ディーゼル機関車が押したり引いたりしております。ミルブレーというサンフランシスコ国際空港近くのターミナル駅から乗っているのですが、急行ならサンフランシスコまでひと駅の距離ということで、朝は座れないことが多いのですが、まあちょっとの距離なのでiPhoneで遊んでいるうちにすぐについちゃいます。

座れないとはいっても、日本の満員列車というわけでもなく、探せば空席は十分にあると思うのですが、それも面倒くさいので立って行くかぁ程度の混み具合です。
20130621_000.jpg
で、この列車。なんと!日本の会社が製造しているみたいなのです。その名も、「日本車輌製造株式会社」。車両はこれ(Link)ですね。

日本では、新幹線700系を始めとして、多くの新幹線・在来線の車両を手がけているこの会社。なかにはカナダのボンバルディア製の車体もあるようですが、オジさんが毎日利用している車両は、1985年製造の日本車両製です。と言うことは、オジさん中学生の頃か。A-ha の Take On Me なんかと同い年じゃないか(笑)。

ま、なんか遠くアメリカで日本製の車両で通勤とか、ちょっと感慨深いですね。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.07.20    [ Category : 徒然/第二章 ]

スイカビール Hell Or High Watermelon Wheat Beer (21st Amendment Brewery)

Hell Or High Watermelon Wheat Beer

さて今宵の一本は…
HellOrHigh000.jpg
カリフォルニアの 21st Amendment Brewery から、 Hell Or High Watermelon Wheat Beer です。

HellOrHigh001.jpg
こちらサンフランシスコにあるマイクロブリュワリーですが、このビール…、Watermelonと書いてありますね。これは、すいか、スイカ、西瓜ということですね。あの夏に皆様が喜んで食べる、種のたくさん入った野菜なのか果物なのかが何時も議論になるヤツですね。キューリなどウリ系の苦手なオジさんには縁のない、あの夏の風物詩ですね。

HellOrHigh002.jpg
アルコール度数4.9%の極めて薄金色なビール。香りはWheetビールっぽい、そこはかとなく淡く甘いイーストのような香り。バナナっぽい香りはあまりしません。ボディは炭酸もそこそこキツ目のライトボディ。酸味はあまりなく、甘いです。そして飲んだ後に鼻に抜ける香りは、スイカ…というか、スイカのチューイングガムとかスイカのアイスクリームとかのアレですね。そう、全体的にはライトボディなビールにスイカのチューイングガム成分を溶かしこんだかのような感じです。これ季節ものなのですが、夏だからスイカにしたんですよね、きっと。うむ!やはりベジタブル・フルーツ系ビールは当たり外れが大きいです。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.07.19    [ Category : BEER (California) ]

ケベックビールとの再会 TERRIBLE (Unibroue)

TERRIBLE

さて、今宵の一本は…
UnibroueTerrible000.jpg
あの!ケベックの Unibroue の、TERRIBLE です!

UnibroueTerrible001.jpg
Unibroueといえば、サッポロの子会社のSleemanの子会社。つまりサッポロ系列のブランドなのですが、なんでこれ日本で展開しないのよ!輸入代理店でもやろうかな…自分で…と思うくらいオジさん的にはオススメブランドなのですね。トロント時代にケベック州のベルギー系骨太ビールにはまって以来、Unibroue と Dieu du ciel は忘れられないブランドなのです。そんなUnibroueさんのビールに、なんと!!カリフォルニアで再会してしまったではあ〜りませんか!!!(記事)。とりあえず4種類の精鋭を確認し、なかにはオジさん的最高傑作の Trois Pistoles も確認しておりますが、是非とも嫁の大好きだった Blanche de Chambly も入荷してほしいですね。頑張れ、Unibroue。

UnibroueTerrible002.jpg
アルコール度数10.5%のダークブラウンのエール。香りは、熟成されたダークフルーツの甘い香りにアルコールの刺激が混じりなんともいえない陶然とした深い深い香り。そこにシナモンのようなスパイス感も加わります。フルボディで甘く、そしてなんともいえないフルーティな後味と鼻に抜けるスパイシーな香り。あ〜、これこれ。こういうジャンルはビールといっていいのでしょうか。750mlのデカボトルですが、これ系はビールというよりワインですよね。鮮烈さとボディの太さと甘さの感じは、マディラワインのような感じですよね〜。アルコール度数も度数ですし、ちょっとづつしみじみ味わいたいです。この日は臭い系フルボディのチーズを切らしていたので、ドライ・クランベリーと合わせてみましたが良い感じでした。たぶんピスタチオみたいに味わいの濃いナッツやドライダークフルーツ、ダークチョコレートとかが合うんじゃないかなぁと思います。

飲みながら、しみじみカナダを懐かしんでしまいました。オンタリオ…ケベック…、いつか戻りたいなぁ。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.07.18    [ Category : BEER (Quebec) ]

息子と二人釣行 その2

さて、ワキ家には現在嫁のお母さんが日本からやってきております。今月からセカンドベッドルームに設置された子供用ベッドで一人で寝させられているものの夜は寂しくて仕方ない6歳児は、バ〜ちゃんバ〜ちゃんと大喜びでございます。シム子の世話であまり両親にかまってもらえないので、ココぞとばかりにバ〜ちゃんを独り占めして、ポケモンごっこの相手やゲームの相手をしてもらっております。

日曜日は、嫁とお義母さんのリクエストもあって、アウトレットモールへショッピングへ出かけました。サンフランシスコで Premium Outlets というと、NapaやGilroyにあるのですが、昨年オープンしたというLivermoreのアウトレットが我が家からは一番近そうだったので、こちらに向かいます。
20130714_000.jpg
まだ新しいモールなので、カーナビにも入っておりませんでしたが、フリーウェイ横で何度か通過こともあるので無事に到着。ここで嫁とお義母さんとストローラーで爆睡するシム子をドロップし、オジさんと6歳児は清く正しい父子の休日、そう!フィッシング!へと向かうのでした

とりあえず6歳児連れの釣行なので、脚を滑らしたらサヨウナラ〜みたいなところには到底行けないし、いろいろとGoogleMapを眺めながら考えたのですが、モール近くのRegionalParkに行って見ることにしました。
20130714_001.jpg
ここ、サンフランシスコ近辺の気候は、ペニンシュラ(サンフランシスコの半島)は涼しくても、イーストベイ(本土側)に渡ってきてちょっと内陸にはいると、とたんに暑くなるのですね。本当に、気温が全く違います。この日も半島は過ごしやすい陽気だったようですが、こちらは真夏日。パークには遊泳エリアもあるので、バーベキューと湖水浴をする家族連れでごった返しておりました。これは期待薄か…と思ったものの、6歳児をなだめすかしながらトレッキングルートをてくてくと進み、人気のない所を探しては、竿を振ります。

岸辺に小バスと子ギルはワンサカいるのですが、釣りごろサイズのバスはなかなかでてきません。フローターチューブでプカプカ浮いているバサーは何人かいたのですが、人も犬も多いし、陸釣りはなかなかタフな感じです。
20130714_002.jpg
これはもう6歳児のキャスティング練習DAYだなと割りきってみたものの、とにかく暑いし、釣れないとつまらない。そろそろセコ仕掛けで息子に小バスでも釣らせて帰るかぁとも思いつつ、この日は久しぶりのスピニングタックル一本勝負。6歳児と並んでウィードの切れ目にゲーリー・ヤマモト様を根気強く沈めていると…、ゴッ…と久しぶりに手応えあり。うりぁ!と合わせてみたものの、久しぶりに登場したスピニングタックル。ドラグ設定が甘すぎて、ドラグがジジジジーっと鳴るだけで合わせにならず。慌ててスプールを抑えて合わせ直し、ドラグを締めて一気にウィードから引っ張りだしたのは33cm。うわーいと6歳児と計測&記念撮影してリリース。6歳児にバス持ちさせたかったのですが、びびって拒否。うーむ、まだバス持ちは怖いか。

結局この一発しかバイトはなかったですが、6歳児にバスの顔をみせられて良かったです。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.07.17    [ Category : FISH/第二章 ]

ビールを彩る食卓第32 タブレ

ビールを彩る食卓第32 タブレ

さて、今回のビールを彩る食卓は…、中東(アラビア)料理のタブレ Tabule です。中東のパセリのサラダです。これもファーマーズマーケットで買ってきたのですが、トロント時代に住んでいたアパートの近くに、その名もTabuleという中近東料理のお店があり、そこで食べて以来ちょっと我が家でも人気なのが、このサラダ。まだブログ始める前に行ったので、記事がないのが残念…。
20130707_300.jpg
サラダというか、もうパセリのお惣菜みたいな感じで、とにかくパセリ!パセリ!なのでありますが、これがなんとも美味しいのですね。正直最初にこれに出会った時は、パセリってあなた、あのスパゲッティの端っこに申し訳なさそうにチョコンと座っておられる食べていいのか食べちゃいけないのか分からないヤツですよね?それをこんな大量に…、正気ですか?と思ったものですが、食べてみると、あらこれ不思議。想像した苦味やエグ味もそれほどではなく、さっぱりすっきり美味しいのですね。ヘタすると病み付きになる感じ。ちょっとした穀類やトマトも入っておりますが、基本的にはザ・パセリ!なのですが。

この日は数種類あったTabuleを試食した嫁。ちょいライト級な感じのやつをチョイスし、サラダの上にドレッシングのように乗っけてみたようです。美味しくいただきました。

ビールのお友達としては、軽めのピルスナーか、ミディアムライトで柑橘系で軽い苦味のペールエールなんかを飲みつつ、たまにお口の感じを爽やかにリセットする感じですかね。あ〜、ライトボディのヴィットとかも良いかもなぁ。今度チャンスがあったら試してみよう。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.07.16    [ Category : ビールを彩る食卓 ]

夕暮れのリザーバーにて

さて週末のこの日…

オジさんは朝イチで歯医者さんへ。歯は昔から色々とやっているので、遅かれ早かれアメリカでも歯医者にかかる日は来るのだろうなぁとはぼんやり思っていたのですが、まさかこんなに早くアメリカで歯医者通いになるとは…。もうねぇ、いろいろと見積もりだしてもらったところ、金額を見て超ブルーでございます。そんなダメな親父につられてか、6歳児も歯が痛いと言い出して、こちらは小児歯科に連れて行ってみましたが、やっぱり物凄い見積もりを頂きました。うーん、歯は大切にしないとね。あとアメリカ医療費高いわぁ…。その分、技術も進歩しているんだろうけど。

で、その後も会社の同僚宅にて親睦BBQなど色々と忙しくしておりましたが、オヤツの時間もとうに過ぎた頃、やって参りました!オジさんのオジさんのためのオジさんタイム!アーリー・イブニング!夕方です!

20130713_001.jpg
嫁の様子をみながら「えーっと、オレ行くよ。ちょっと探検に行っちゃよ?いい?」と切り出します。嫁も心得たもので、ここで「勘弁して下さい」とでも言おうものなら、ぐじぐじと週末中オジさんの愚痴に付き合わされるので、「どうぞ」となんとも無機質・無感情なお返事をくれました。とりあえず田舎探検は携帯の電波が入らないことも多く、単独探検釣行だと本当に湖に落っこちて人知れず無縁仏としてカリフォルニアのダムにプカプカと浮かんでしまう危険性もあるので、「夜10時過ぎても帰って来なかったら、捜索願いだしてね♪」と伝え、ブブーンとフリーウェイをひた走ります。オジさん、釣り大好きだけど、泳げないんだよね〜(笑)

で、やってきたダム湖は凄まじい勢いで減水しております。こうなってくると厳しいのかなぁなんてブツブツ言いながら、とりあえず歩きまわり投げまくります。しかしまぁ、釣れる気配がありません…。う〜、こうなったらじっくりキャロライナでも引くべきか…など邪念がよぎるものの、「イカン!イカン!」と黙々とただひたすら投げ、そして巻きます。
20130713_000.jpg
で、釣行開始から2時間。ようやく一匹ゲットです。25cmくらいのカワイイヤツですが、とりあえず魚の顔を拝めただけで満足、満足。その後も日が落ちるまで粘ってみましたが、日が落ち初めても水面に踊り出るのは、水面におりてきた蚊を捕食する子ギルのライズのみ。一度は夜釣りも敢行してみたいなぁとは思うものの、そろそろ帰らないと捜索願いを出されてしまうので、そそくさと退散します。

でもまぁとりあえず釣れて良かったわぁ。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.07.15    [ Category : FISH/第二章 ]

3月のビール Märzen (Gordon Biersch)

Märzen

さて今宵の一本は、
GordonBierschMarzen000.jpg
Gordon Biersch の Märzen です。Gordon Biersch からは4本目ですね。

GordonBierschMarzen001.jpg
メルツェンと読むのでしょうか。ドイツ語でMarch(3月)という意味のようです。wikiをみてみると、このビールのもともとの由来は、ババリア地方で1553年に発布された法令でビールは9/29〜4/23までの間に仕込むように定められていたもので、これで醸造されたビールは倉庫で晩夏まで貯蔵され、それでも残ったものはオクトーバーフェスタで供されていたとのこと。

GordonBierschMarzen002.jpg
アルコール度数5.7%のカッパーカラーのビール。香りは甘いキャンディのような香りで、ボディはミディアム。香りのとおりの角のとれた丸っこい甘い感触と、微かな苦味と酸味に細かい炭酸。太めで甘いのですが、アルコール高め設定ということもあって、意外と後味はドライ。まぁウィーンラガーとか褐色系ラガーの味わいで、アルコールとボディが強め設定みたいな感じでしょうか。こういうの嫌いじゃないタイプです。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.07.15    [ Category : BEER (California) ]

ビールを彩る食卓第31 ケール

ビールを彩る食卓第31 ケール

さて、ビールを彩る食卓第31はケールの登場です。ケールって…

ある日嫁が「この前行ったオーガニック野菜のお店良かったよねぇ!ケール買っちゃったよ!」と元気に言っていたのですが、オジさんとしては「ケール?なにそれ?」なのですね。6歳児のリクエストで買ったらしいのですが、なんでそんな難易度の高そうな野菜を6歳児が…というのはさておき、こちら日本では青汁の原料の一種ということで知られているようです。マジ難易度高いじゃないスカ!

で、どんな感じで調理されて出てくるのだろう…、青汁はイヤだなぁ…と身構えていた所、なんかこんな感じで供されて参りました。
20130707_400.jpg
チップスです。ケールチップス。なんでも嫁いわく、FoodNetworkでケールはチップスにして食べると美味しいと紹介している番組をみたらしく、チャンスがあったらチャレンジしてみたくなったとのこと。きっとそれを一緒にみていた6歳児も刷り込まれていたのでしょう。調理法としては、オリーブオイルを塗ってオーブンで焼くんだそうです。味付けは仕上げの塩のみ。

これが食卓に出てきた瞬間、すごく良い香りがするのですね。なんかすごく香ばしいんです。そして食べてみると、苦味はあるのですが、ほんのり効いた塩味と、やはり鼻に抜けるなんとも言えない香ばしい香り…。これは…。これは、言うなれば陸の焼き海苔です!美味い!ビールのお友達、とくに夕暮れのビール9回戦一回の表の攻撃のお友達としては、かなりの手練なのであります。

焼き海苔と言いましたが、厳密には焼き海苔とも少しちがい、やはりアクの強めな野菜には違いないのですが、焼き海苔と韓国海苔をあわせて、ちょっとなんか緑成分を多めに注入してみました。ちょっと苦味もあって、大人の夜のお友達…みたいな…。もう何言っているのか分からんですね(笑)。

嫁いわく、焼きたてはそれはそれは素晴らしい破壊力だったそうです。う〜、つぎは焼きたてつまンじゃおうっと。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2013.07.14    [ Category : ビールを彩る食卓 ]

金色のボック BLONDE BOCK (Gordon Biersch)

BLONDE BOCK

さて、今宵の一本は…
GordonBierschBlondeBock000.jpg
Gordon Biersch から、BLONDE BOCK です。

GordonBierschBlondeBock001.jpg
Bockは褐色の物が多いのですが、これはその名の通り金色のボックということですね。

GordonBierschBlondeBock002.jpg
アルコール度数7.0%の少しオレンジ色がかった金色ビール。香りはモルティな甘み混じりの香りの中にアルコールの感触もあって、金色ビールにしてはなんだかお酒につけたフルーツのような良い香りです。ぼでぃはミディアムで程よい苦味と甘みのコンビネーションが良いです。インペリアルラガーとかとは違って、ボディの太さと甘みで押してくるというより、ボディ・甘み・苦味・アルコールのドライな感じが総合的にミディアム++くらいに収まっており、良い感じです。ボックは好きな方ですが、褐色ボックに比べると少し細くなってキレとドライな感じが強まったかというような印象ですね。良いです。良いです。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.07.14    [ Category : BEER (California) ]

息子と二人釣行

さて、この日は午後時間があったので息子と二人で南へ向かってみました。

20130707_200.jpg
ぶぶーんと田舎道をはしって、初めて行くリザーバーの調査釣行だったのですが、これが山の上のダム湖。峠を越え、山を上り…

たどり着いたダム湖はやっぱり減水。広い湖だったので、途中で嫁に持たせてもらったお弁当を食べたりしながら車で半周しつつ、水辺にアクセスできそうなポイントをポンポンと叩いてみます。
20130707_201.jpg
ただ、このリザーバー。減水している上に、ウェイクボードやモーターボート遊びに興じるハイソな人々が多く、なんだかやかましくて釣りに集中できません。なんだか岸際は魚っ気もないし、モーターボートの作る波で、岸寄りの浅瀬はダダ濁りだし…。まぁ足場の良いところもあったので、じっくりと6歳児にキャスティング練習させるにはよかったのですが、手前の捨石で根掛かりが連発するので、別のリザーバーにとっとと移動しました。

で、やってきたのはちょっと前に単独釣行した際に、軽くリサーチしていた小場所。こちらも減水しているのですが、おかげさまで6歳児連れでも安全にアクセスできる感じになっております。ここでは岸際で小バスのスクールやブルーギルのチェイスが沢山あったので、6歳児の遊びにはいいだろうと、ダウンショットにガルプをつけて投げさせると、ヒットです。
20130707_202.jpg
小バス。でも6歳児は大喜びの大満足。

そしてこちらは…
20130707_203.jpg
小ギル。同じ長さなら、体高のあるギルのほうが引きますね。ピーカンで、こんな小物しか連れませんでしたが、なかなか楽しい父と子の半日釣行でした。

にしても、このリザーバーにも休日ということもあって、釣ったものは何でも食べてしまう国の人たちが家族連れで何本もの釣竿を出していたのですが…、カリフォルニアのこの一帯のリザーバーは水銀含有量が多く、釣れた魚は食べないように注意喚起されております。でもやっぱりあの人達のあの”やったるぜ!”的な装備を見る限り、きっとお魚はキープするんだよな…と思ったのですが、案の定、水の中から引き出されたスカリの中には、ピチピチと跳ねる子ギルと小バスが…。遠目に見ただけで持って帰るところまでは確認していないのですが、キープするんだよな。きっと…。そこの看板にココの魚は食べないように!って書いてあるが…
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.07.13    [ Category : FISH/第二章 ]

甘めボック Maibock (Gordon Biersch)

Maibock

さて、今宵の一本は…
GordonBierschMaibock000.jpg
GordonBiersch から Maibock です。

GordonBierschMaibock001.jpg
MaibockとはMai(May=5月)のボックという意味らしいです。

GordonBierschMaibock002.jpg
アルコール度数7.3%の琥珀色のボック。香りはモルティで、深く家具と醤油蔵みたいな何とも言えない芳香。飲んでみるとボディは太めのミディアムといったところか。そしてどことなくタル〜ンと甘く、アルコールがどっしりと胃に来る感じ。これはボックのアルコールのキレとパンチというよりは、インペリアルラガーの少しぼったりした重さのソレではないか?という感じ。後味も甘みと苦味が口内にしばらく残ります。Wikiで見てみたら、どうやらラガーとボックのアルコール度数まで強めるよう醸造したものとのことなので、あながちこの感想は間違っていないのかも。


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.07.13    [ Category : BEER (California) ]

ビールを彩る食卓第30 ナスの揚げびたし

ビールを彩る食卓第30 ナスの揚げびたし

さて!!久しぶりのビールを彩る食卓です。カリフォルニアで初ですね。これで第30回目です。前回は…、2012年の9月なので、実に10ヶ月ぶり。

今回の一品は、ナスです!この前ファーマーズマーケットにて購入したナスの揚げびたしです!(記事)
20130710_000.jpg
一番良い感じだったのが、水茄子のようなカワイイ丸っこいヤツ。皮も柔らかく、汁も上手く吸っており美味しかったです。そして真ん中のヤツが、薄い紫色の皮のとっても長かったヤツ。こちらも皮が薄くて食べやすくで良い感じでした。一番奥のヤツが、革の色が一番鮮やかで日本のナスに近い種類でしたが、こちらは皮がちょっと厚くて硬くて、この調理法には合わなかったかも。身の感じは、我々の知っているナスに一番近かったです。

では、いただきま〜す!
20130710_001.jpg
揚げびたしの入った麺つゆベースの汁に、さっと茹で上げた冷凍のウドンをくぐらして、モリモリっといただきました。うーん、美味い!冷凍うどんも侮りがたし!という感じですし、麺汁にナスの揚げから出た油が香ばしく混じって、ほんのりエスニックな感触もあり、食が進みます。ごま油をちょっと入れたのかな…、嫁。やるな…。

カツオだしベースの麺汁に、素麺、そば、ウドン…。いやぁ日本の味です。偉大な味ですね。ビールや肉類で疲れた胃腸にとっても美味しいですね!

うっ、ちょっと調べてみたら、第6回目にもナスは登場しておりました(記事)。。。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.07.12    [ Category : ビールを彩る食卓 ]

シリコンバレーの地ビール Czech Style Pilsner (Gordon Biersch)

Czech Style Pilsner

さて、今宵の一本は…
GordonBierschPilsner000.jpg
サンノゼの Gordon Biersch から、Czech Style Pilsner です。

GordonBierschPilsner001.jpg
Gordon Biersch (web) は、その名の通り、 Dan Gordon さんと Dean Biersch さんが作ったブリュワリー。サンフランシスコ〜サンノゼ界隈には、ブリューレストランも何軒かあります。

GordonBierschPilsner002.jpg
アルコール度数5.3%の金色ピルスナー。若干深めの金色の色合いで、香りはさわやかなモルトの香り。ボディは少し重めのライトボディで、味わいはクリアで、柑橘系のような感触の甘酸っぱさみたいな感触もあり。チェコ・スタイルと謳われると、ほろ苦みとクリアで軽い味わいを連想しちゃうのですが、これは全体的にやや太めの感じかな。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.07.11    [ Category : BEER (California) ]

FarmersMarket@Burlingame

FarmersMarket@Burlingame

さて、ファーマーズマーケット第2回戦です。

20130707_100.jpg
Belmontのファーマーズマーケットでの買い物が終わったのですが、まだ10時前ということもあり、それならバーリンゲームのマーケットにも行ってみようかぁと北上!

20分くらい北上して到着。こちらもいろいろなモノが出ており、とても楽しめましたが、Belmontと同じお店も多かったですね。
20130707_101.jpg
こちらはパン屋さん。オリーブの入ったパンと、プレッツェルを購入!お昼ご飯と晩酌のビールのおつまみに美味しく頂きました。

これはスウィートホワイトコーン。
20130707_102.jpg
陽気なオッチャンの店で3本購入しましたが、みんなこのまま皮を向いて生でバリバリ味見していましたね…。美味しいのかな…、生で。

こちらはズッキーニの花。
20130707_103.jpg
たしかフライにして食べたりするんですっけ。

バーリンゲームのマーケットのほうが、少し大きな規模でした。どちらもとても楽しかったです。

で、家に帰って戦利品でお茶します。
20130707_104.jpg
Belmontのマーケットで買ったレモンとメレンゲのパイに、イチゴと黄色いラズベリー。この黄色いラズベリーはなんていう品種なんだろう。パイはなかなか美味しいですが、さすがはアメリカン!って感じの甘さでしたね。ごちそうさまでした。

やっぱりマーケットは楽しいですね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.07.10    [ Category : SFの南Life ]

FarmersMarket@Belmont

FarmersMarket@Belmont

さて、ワキ家、釣りしてビールばっか飲んでいるだけではありません。

この日は、ファーマーズマーケットに突撃してきました。ファーマーズマーケット突撃はワキ家の中でもかなり人気上位にランキングされているアクティビティで、こちらに来てからもセント・ローレンス(記事)やセント・ジェイコブス(記事) みたいなのは探してはいたのですね。
20130707_000.jpg
で、この日は朝からBelmontのマーケットに行って来ました。日曜日の午前中に開催しているようです。

おー、ベリーです。
20130707_001.jpg
ストロベリー、クランベリーが並んでおります。6歳児のリクエストで、黄色いクランベリーを購入。一パック$4なり。嫁曰く。ベリーはどこで買ってもこの値段のようです。ここでクランベリーを買ったので、イチゴは向かいのイチゴしか置いていない「イチゴ一本勝負じゃけんね!」的なお店で買ったのですが、これが大当たりで、北米のイチゴはその名の通りのストローベリー(中身スカスカ)と思っていたのですが、これは中身も良い感じで詰まっており、そして甘い。やりぃ!

こちらはナスですね。
20130707_002.jpg
ここはとりあえず一本づつ全種類買って、全部揚げびたしにしてナス祭りを開催する方向で進めてみました。そのうちナスのエントリーがUPされると思われます。

20130707_003.jpg
こちらは色とりどりのパプリカです。色合いが素敵ですよね。

スイカ発見!
20130707_004.jpg
これは中身が黄色いスイカでした。オジさんはキューリを始めとしたウリ系が苦手なので試食しませんでしたが、黄色いスイカって久しぶりに見たかも。

20130707_005.jpg
人参です。細いですねぇ。

おっ、これは!
20130707_006.jpg
嫁が大好きなビーツを発見!3つで2ドルでございました。きっと近日中にボルシチが食卓にでてくることでありましょう。

こちらはヘアールームトマト(記事)。
20130707_007.jpg
オープンの9時に行ったのでまだ開店準備中のお店もありました。肉系や乳製品等のデイリー系はあまり無い野菜&果物中心のこじんまりとしたマーケットではありましたが、とてもイイ雰囲気のナイスマーケットでした。やっぱりマーケットは楽しいですね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.07.09    [ Category : SFの南Life ]

サンタ・クルーズワーフで昼食 Stagnaro Bros. Restaurant

さて、釣りも潮止まりで納竿となったので、桟橋でご飯でも食べていこうと向かったのは…
20130706_100.jpg
桟橋の先っちょのほうにあるレストラン、Stagnaro Bros. Restaurant です。午前中は曇天だったのですが、昼過ぎからは日差しも良い感じに復活して参りました。

こういう味わい深いロゴ系のマグっていいですよねぇ。そそりますよねぇ。
20130706_101.jpg
でも問題は、これ…グリーンティーを頼んだんですよ。グリーンティーにスライスレモンを当てて来るアタリ、ここは異国なのよね〜という感じですよね(笑)。

午前中は曇天で寒かったので、そうだ!クラムチャウダーを食べよう!チャウダーでホッカホッカ大作戦だ!ということでチョイスしたレストランなので、まずはカップのクラムチャウダー。
20130706_102.jpg
クラムチャウダーって、サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフとかでも食べたのですが、我々が思っているより全体的に塩っけが多くないですか?疲れているので塩分大歓迎なのですが、なんか意外と塩分多いよねぇと思います。セロリなんかの香草の出汁が効いているのはナイスですね〜。

こちら6歳児が「ボクひとりで全部食べるから自分のメニュー頼みたい!」とゴリ押しして頼んだキッズメニューのフィッシュ&チップス。
20130706_103.jpg
フレンチフライはジャガイモ食べるよりケチャップ食べるほうが目的の6歳児。サイドに供されている赤色のソースが実はカクテルソースだったのにビックリ(笑)。さらに全部食べるなら頼んでもいいよと何度も念を押され、「僕は食べるよ!」と力強く宣言したにもかかわらず、半分でギブアップ。勉強になったな、坊主。アメリカのキッズメニューは、半端ないんだから。なんせ12歳まで注文可能だぜ。まぁ懲りずにまた頼むんだけどね。

で、こちらはフィッシュバーガー。
20130706_104.jpg
メニューをみたらグリルフィッシュ(レッドスナッパー)って書いてあったので、バーガーに鯛系フィッシュのグリル!?フライじゃなくて!?これはMUST TRYですなぁと注文したのですが、確かにグリルではあ〜りませんか。フィレオフィッシュとかのディープフライではありませぬ。

チーン♪
20130706_105.jpg
挟んでみましたよぉ!

ガブリガブリと食べてみましたが、これが意外に悪くないというか美味しいんですね。パンもそれほど勢いのあるヤツではなくフッカーとしたヤツで、グリルフィッシュとマヨネーズもいい感じでです。これはフライより断然ヘルシーですし、良いのではないでしょうか。

ごちそうさまでした。

Stagnaro Bros. Restaurant
59 Municipal Wharf,
Santa Cruz, CA
(831) 423-2180
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.07.08    [ Category : Food(California) ]

サンタ・クルーズでファミリーフィッシング♪

ちょっと寒かった週末の始め。

6歳児にナニしたい?と聞くと、サンタ・クルーズでちっこいハリバットとか釣りたい!釣り倒したい!というので、サンタ・クルーズへ。
20130706_000.jpg
いやぁ、曇天です。ザ・カリフォルニアみたいなサンタ・クルーズのビーチも、夏なのにちょっぴり閑散としておりました。ワーフも人もまばらで、今回は桟橋の中腹で竿を出してみます。

6歳児の上州屋謹製1.6m程度コンパクトロッドには、前日の夜に仕込んでおいたオクトパスフックの2本付いたダウンショットリグ。お父さんが謹製のイカの塩漬け短冊をセットして桟橋際に落とすと…
20130706_002.jpg
落とした瞬間にピンピン!とヒットです。今日もカレイ・ヒラメ系はいろいろと釣れてきます。どれも稚魚ですが、今まで数種類は捕獲していますが、まだ品種の特定ができておりません。カリフォルニア海洋種目ハンドブック買わないと…。

こちらはシーパーチ。
20130706_001.jpg
この日は朝のウチはかなり上がったのですが、潮止まりが近づくにつれて食いが悪くなりました。

そんな中、コンスタントに上がってくるのが彼。
20130706_003.jpg
スカルピン君です。これは写真では大きさがイマイチ分かりませんが、ハゼ・メゴチ系としてはそこそこのサイズでした。口が大きいので、いっちょうデカ目狙いで!と大きくつけたイカやエビも一飲みにしてきます。

サビキで足元の小魚つるのにも飽きたので、サビキにイカぶらさげてちょっと遠投して置き竿にしていたら…
20130706_004.jpg
子スカルピンの頭が上がって来ました!!嫁がなんか重い…海藻引っ掛けたわ…と竿を煽ってあげてきた仕掛けの一番下の針に掛かっていたのですが、コレ…喰われてますねぇ。エイかな…。なんか咥えてたんじゃないか?。もしかして、コッドとかハリバットとか良い系の魚かも…。カニ…じゃないよな…。いややる気のダンジネスクラブかも…。とにかく、やっぱ気合の入ったヤツもいるんだよ、きっと!!と、ちょっとだけやる気になってエサ大きめ仕様にして投げたりしてみましたが、昼前には潮止まりタイムに突入。6歳児も完全に釣りに飽きちゃったので、納竿→お昼ごはんとなりました。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.07.07    [ Category : FISH/第二章 ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ