無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

サンクスギビングの悲劇

さて、サンクスギビング。ワキ家初めてのアメリカン・サンクスギビングデイであります。日本からお義母さんが来ていますし、ターキーでも焼くかぁと嫁もそこそこ気合が入っておりまして、楽しみです。

よいしょ!ワキ家の食卓です。
20131128_500.jpg
ダイニングの円卓に、いろいろと力作が並びました。

まずはコチラ。キャセロールというものですね。
20131128_501.jpg
お豆にオニオンとマッシュルーム。これは、サンクスギビングの定番副菜なのだそうです。こちら大変美味しく出来ておりました。ナイス、嫁。

クランベリーソースです。
20131128_502.jpg
クランベリーから煮立てて作ったのだそうです。クランベリーって火を通すと、皮がプチンと弾けるんだよ、面白いと言っておりました。酸味がいい感じで、こちらも美味しく出来ておりました。ナイス、嫁。

で、メインディッシュ。これが問題作でして、今年はせっかくアメリカに居ることだし、ターキーでも丸焼きしてみるかぁなんて言ってたのですが、ターキーって並みのデカさではない&そもそも我々そんなにターキー好きでもないということで、丸焼きは止めて、ターキーの胸肉にスタッフィングしたものを焼こうという作戦になりました。ただ皆様考えることは同じようで、ターキーの胸肉のパックは大人気で、どこでも売り切れ。冷凍食品におなじようなのを見つけて買ってきたそうなのです。

そしてソレを焼いている時に、嫁の「うっわ〜!!!!!」という悲鳴。そしてその後の沈黙…

……


「これ、ターキーじゃないわ…」
「えっ。チキンだったとか?」
「えーっと、タンパク質です。」
「はぁ??」
「だから、non turkey, high protein なのです。」
「はぁ??」
「間違って、ベジタリアンフード買ってきちゃったんだよぉぉ!!(涙)」
「えええーー!?」

ということで、我が家は今年はターキーではなく、ベジタリアン向けの豆腐のようなターキーと相成りました。肉がないのはあんまりだということで、急遽ターキーソーセージが横に添えられたのはご愛嬌(笑)。
20131128_503.jpg
いやぁ、嫁の落ち込みようったら…。でもコレがですね。美味しいんですよ。このターキーもどき料理。そもそもターキーのあの癖のある感じがあまり好きではないオジさんとお義母さんには意外とヒット作。グレービーソースダボダボで食べたら、普通に美味しいです。「おっ、コレ美味しいよ!」とバクバク食べる我々を眺める嫁の表情は、なんともいえない微妙な感じでしたが…。

スウィートポテトのマッシュポテトも、とても美味しく出来ておりました。
20131128_504.jpg
ターキー事件さえなければ、100点満点だったのに…という浮かない表情の嫁ですが、まぁなかなか忘れられないサンクスギビング・ディナーになったということで良いのではないでしょうか。美味しかったし。ヘタすると、ターキーより美味しかったかもしれないし。

デザートにはパンプキンパイ。
20131128_505.jpg
今回はクリーミーさを前面に押し出したかったということで、クリーム多め&タマゴも泡立ててみたそうです。そしたら前回より焼きあがった時の表面がボコボコっとしてしまったのですが、舌触りと味わいはこちらも大変に美味しかったです。ナイス、嫁。

いやぁ、凹んでおりました。まぁブラック・フライデーでお買い物でもすれば復活するでしょう。


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (6)   2013.11.30    [ Category : 徒然/第二章 ]

久々のツ抜け

サンクスギビングに合わせて、嫁のお母さんが日本から孫の顔を見にやってきました。これは…、チャンス!ということで、嫁に頭を下げてサンクスギビングの午前中は単独釣行!いざ突撃!です。

夜明け前のサンマテオブリッジをぶぃぃん!と一路東へ飛ばします。
20131128_100.jpg
目指すのは、先週末にバスを釣った釣り場。サンクスギビングのこの日も、やっぱりブルーギルハンターの一族系釣りファミリーは沢山いるのだろうか?と釣り場に着いてみると、やっぱりいました多くのフィッシングファミリー。まぁそうだよね。我々アジアンにはサンクスギビングなんて関係ないものね〜、とは思うものの、今日は魚じゃなくて鶏食べればいいのに…とちょっと思いました。

今日は、今まで苦手にしていたというか、やり方がいまいち良く分からないのであまりやったことのないダウンショットの練習をするのだ!と決めてかかっていたので、ダウンショットリグ一本勝負のスピニングタックル一本抱えてテクテクと土手を行きます。フックにセットしたのは、カットテール。カットテールも何袋も持っているのですが、やっぱり使い方がよく分からなくて、今まであまり活躍したことがないんですね。今日はそんなダウンショット&カットテールをマスターするのだ!とYouTubeの動画をみたりしてイメトレ十分で臨みます。

で、早速ですが、釣れました。
20131128_101.jpg
30弱。ガッツリ食ってます。お〜、やったぁ。狙ったスポットから、イメージ通りに釣り上げました。嬉しい。超嬉しい。

その後も歩きながら、ここぞという所にピッチングで送り込み…
20131128_102.jpg
また釣れました。このサイズ(20cm〜25cm)のチビッコが、ポツポツと釣れます。どれも事故的に釣れたというより、イメージに近い形で釣れているので、とても嬉しいです。ダウンショットがだんだん分かってきたかもしれない。

そして岸際のシャローにカバーがあるというところで、カバーギリギリのところにピッチングで送り込むと…
20131128_103.jpg
ラインがツーっと走って、アワセをくれるとゴゴゴッと、今までのビビビンとは違う手応え。お〜、ようやくのサイズだわぁ!と、崖を駆け下りハンドランディングしたのは36cm。久しぶりにチビッコでは無い!と言えるサイズです。わ〜い、わ〜い。

ダウンショットが分かったかもしれないとか書いていますが、実はほとんどはフォールと着底直後のヒット。とにかくココだ!というところをポンポンとピッチングで探っていているだけで、シェイクやスイミングで食わせた訳ではないので、まだダウンショットが分かった訳ではないのですが、とりあえずカットテールが皆様の言うように釣れるものだということは分かりました。
20131128_104.jpg
うーん、いい顔してます。

ケースに入れておくと他のワームも全て真っ赤に染めてしまう、ちょっと困りものの真っ赤なカットテールで攻めていましたが、ここでグリーンにラメの入ったカットテールにチェンジ。
20131128_105.jpg
色を変えてもやっぱり釣れる。カットテール、釣れるんだなぁ。今まではライトテキサスとかでたまに使っていたけど、センコーやグラブやクリーチャーに比べると、ほとんど出番は無かったんです。

結局、お昼すぎまでやって撤収。
20131128_106.jpg
バイトはもっとあったのですが、10匹以上釣り上げました!久しぶりのツ抜けです。ツ抜けとは、二桁(10匹以上)釣ることで、「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」…と数えていって、「ここのつ」「とう」になると「つ」がつかなくなるので、ツ抜けと呼ばれています。釣り師にとっては、サッカーのハットトリックみたいなもんですかね。

実はこの日はスモラバ初体験もしておりました。嫁のお母さんに、日本から通販で買ったスモラバを運んできてもらったのです。スモラバって、一度使ってみたかったのです。最後の1時間くらいはスモラバ試行錯誤に当てたのですが、一発サカナをかけたのに、アワセを決めきれずジャンプでばらしてしましました…。くそぅ。今度はスモラバ一本勝負かな。でもダウンショットが少し分かりかけてきたので、次回もダウンショット一本勝負で復習か…。もう少し軽いシンカーでも試したいし、いっそベイトタックルでもっと積極的にカバーを攻めるというのもいいなぁ…。限られた釣行回数…、どう組み立てるかは悩みますよね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.11.29    [ Category : FISH/第二章 ]

車をメンテに出す

車をメンテに出す

先日、フリーウェイを走行中にいきなりパネルに何か点灯して??と思ったら、MAINT REQDとなっているではありませんか。確かに最近エンジンをかけると、このランプがしばらく点灯し、別のパネルに、そろそろメンテの時期ですよ〜みたいな表示はでていたのですが、このタイミングから、このランプがずーっと点灯し、別のパネルには「MAINTENANCE REQUIRED」と出っぱなしになりました…。

なんじゃこれは?とメーターを確認すると、37,000mileをちょうど超えた所。フロントガラスの左上にあるディーラーが貼ってくれたシールの裏っかわには「37,000か10月に次回メンテね♪」って書いてあるので、37,000mileを超えたら表示されるようにセットしてあったみたい。
20131125_200.jpg
いや、走行中にいきなりオレンジの!マークが点灯するのってビックリするって、TOYOTAさん…。

まぁ自分で消そうと思えば消せるのだとは思うけど、我が家は過去に高速道路走行中にエンジントラブルでエンジン停止→レッカー→廃車という怖い思いをしているので、車のメンテには敏感なのです。必要以上に綿密にメンテして欲しいくらいなのです。ということで、すぐにネットでメンテサービスを予約して行ってきました。我が家のこの車は、DailyCityにあるでっかい City Toyota というディーラーで買った中古車。なのでソコのWEBからメンテを予約。予約したのはいいのだけど、いったいどんだけ時間がかかるのかは、どこを調べても出てこない。まぁ定期メンテだろうから1時間くらいだろうと突撃したら、メカニックの兄ちゃんに2時間かかるって言われました…。

メンテの間はショールームで待っているのですが、Wifiが入っているのでラップトップで普通に仕事ができたのは良かったです。しかもコーヒースタンドにメンテ中の書類を出すと、コーヒー一杯フリー。わーい。

2時間かかると言ってたメンテですが、1時間半くらいで終了。結果、車はどこも異常なしでオールグリーン。「Congrats! どこも異常なかったよ!」って兄ちゃんは言ってたが、おめでとうって言われてもな(苦笑)。まぁ「ありがとう!」とガッツリ握手しておいたけどね。オイル交換も次回まで必要なしってことだったので、次回6ヶ月後か42,000mileになったらまた来るね〜と、とりあえずの仮予約してもらって、ぶぶぶ〜んと会社へ。

カナダ・トロント時代は半年おきにノーマルタイヤとスタッドレスタイヤのタイヤ交換という儀式がありましたが、こちらではタイヤ交換の必要がないのはちょっと楽でいいですね。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.11.29    [ Category : SFの南Life ]

1988と言えば… Class Of '88 Barley Wine (Deschutes Brewery)

Class Of '88 Barley Wine

さて今日の一本は…
ClassOf88BarleyWine000.jpg
先日(記事)に続きDeschutes Brewery から、 Class Of '88 Barley Wine です。

いつのころからそう思い始めたのか忘れてしまったのですが、私個人の感覚では Barley Wine とbock と winter ale は冬の訪れを感じさせてくれるビールという位置付けです。
ClassOf88BarleyWine001.jpg
ちなみに Class Of '88 という名前ですが、1988はこのブリュワリーが誕生した年とのことです。1988年…、武道館にKISSを観に行ったり、NHKホールにDokkenを観に行ったのはあの年だったか…。

ClassOf88BarleyWine002.jpg
アルコール度数10.2%の金色エール。香りは甘くてもわぁと香ります。モルティなのですが、意外とホップの爽やかシトラスな香りもまじります。ボディはさすがのフルボディなのですが、意外と飲みやすいというか、爽やかです。アルコールの刺激は後味できますが、ボディがまろやかなのでそれほど押し出してきません。バーレーワイン自体が久しぶりなのでこんなだったか…という感じではあるのですが、最初飲んだ時は、おっなかなか美味いインペリアルIPAだな!と思いました。IPAというか、ダブルのペールエールという感じかな。美味しいです。でもバーレーワインって、個人的にはもっと重くて、茶褐色系の色合いが強く、ダークフルーツのリキュールかのような味わいという記憶なんですよね。それとは少し違うタイプという印象です。うーむむ。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.11.28    [ Category : BEER (USA) ]

ふくろうラベルのウィンターエール Jubelale (Deschutes Brewery)

Jubelale

さて今宵の一本は…
JubelAle000.jpg
Deschutes Brewery から Jubelale です。

JubelAle001.jpg
これは冬のビール、ちょっとアルコール度数高め設定の、所謂 Winter Warmer と呼ばれるタイプですね。ラベルもそういう感じのデザインです。Deschutes Breweryはオレゴン州の内陸部にあるブリュワリー。wiki によれば、2012年の時点で全米で5番目に大きなクラフトブリュワリーとのことです。

JubelAle002.jpg
アルコール度数6.7%のダークブラウンのエール。香りはサワーブレッドのような香りとキャラメルのっぽい感触。飲んでみると、最初はほわっと甘いのだけど、すぐにジワーっとくる苦味とアルコールの切れ。太めのミディアムボディで鼻に抜けるロースト系にホップの複雑なテクスチャの混じった香りに、ドライなフィニッシュ。この色合いで、フィニッシュがドライなところとか素敵です。全体として、あぁこれこれ!冬のエールだわぁという感じです。うーん、美味しいです。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (1)   2013.11.27    [ Category : BEER (USA) ]

久々のバスフィッシング

久々のバスフィッシング

最近、日曜日の午前中はトラウトフィッシングが連続していましたが、この日は7歳児が釣りはキャンセルで嫁とシム子とお買い物に行くというので、久しぶりの単独釣行チャーンス!!ということで、久々にバスを狙いに出撃しました。

南のほうのダム湖は軒並大減水しておりダメそうだし、東の湖もニジマスとナマズしか上がっていないようなので少し迷ったのですが、まぁとりあえず久しぶりにバスをやることが重要だ!と、何の情報もないままサンマテオブリッジをブブーンと渡り、1時間ほどのドライブ。
20131124_000.jpg
釣り場についてみると、大勢の人。これは…、なんだ?皆様、超ゴツいタックルに胴付き仕掛け。ナイトクローラー(ドバミミズ)をつけて、30号くらいの巨大オモリをぶん投げております。テントはってる強者もいます。中華系、ヴェトナム系、中米ラテン系の家族が多いかな。バケツをのぞいてみると、太ったブルーギルが沢山。おー、ギルは釣れてるのね!と思う反面、あれ全部食うのかぁ…と。

で、一族系フィッシングキャンプが大量につづいているので、それらが途切れるまでテクテクと歩き、ようやく人気がなくなったアタリで、キャスト。
20131124_001.jpg
ウィードの切れ目と、足元の捨て石の際をゆっくりゆっくりと誘ったら、数投目でチビッコが釣れました。おー、チビッコでも久しぶり。嬉しい、嬉しい。

これはウィードの切れ目やポケットをトントン撃っていく作戦が良さそうだと、土手を歩きながらちょこちょこと探っていきます。
20131124_002.jpg
ちょいと沖目のポケットでラインをツツーと走らせてくれたのは28cmのバス。ちょっとだけサイズアップ。嬉しい、嬉しい。さらに直後に、岸際のエグレで同じサイズを追加。おー、調子よいかも。

手前でいくつか揃えたので、今度はゲーリーヤマモト大先生をどりゃっと遠投して、じっくりじっくり沈下させてみたら、そこそこいいサイズがヒット!ところが手前のウィードの森に突っ込まれ、抜こうとしている間にバレてしましました…。うぅぅ…・。

めげずに同じパターンで誘うと、来ました!
20131124_003.jpg
今度は沖目で一気に浮かせて、少々豪快に取り込みます。32cm。ギリ30超えですね。嬉しい、嬉しい。

その後は遠くのほうまでテクテクと歩きながら探りますが、小さなバイトはあるもののなかなか乗らず。そろそろ上がるかぁと、歩いて来た道を引き返しながら、岸際のシェードを見つける度にレッグワームを投入すると…
20131124_004.jpg
チビッコがポツポツ釣れます。捨て石の穴にいるみたいで、チビッコ相手だというのに一気に潜られて抜けなくなったり、沈木にラインを巻かれて糸を切られたりも…。悔しい。

さらに岸際すれすれをゆっくり引いてくると、こんなのも釣れました。
20131124_005.jpg
おー、ギルギルと思って抜きあげたのですが、これギルじゃないぞ。なんだろう。パンプキンシードのように派手な模様だけど、パンプキンシードでもないし、そもそもフォルムがちょっとギルと違う。ロックバスっぽい。

綺麗だから別角度もパチリ。
20131124_006.jpg
家に帰ってネットでいろいろと調べてみたのですが、これ Warmouth という魚ですね(wiki)。おー、初めての魚だ。やった。嬉しい。嬉しい。

この日はスプリットショット一本勝負と決め、スピニングタックル一本にヒップバッグという軽装で、久しぶりに凄い長距離を歩いた釣行でした。サイズは出なかったけど、楽しかったです。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.11.26    [ Category : FISH/第二章 ]

美味しいフエボスランチェロス JoAnn's Cafe

JoAnn's Cafe

さて週末。今日も元気に7歳児とお父さんは補習校に向かいます。7歳児ももうだいぶ慣れたようなので、朝礼の列に並ばせたら、お父さんはもう朝礼が終わるのを見送らずにとっとと退散。一路サンフランシスコの南へ戻り、嫁とシム子をピックアップして、またしても北上!
20131123_000.jpg
息子が補習校に入っている間に、子供服などの買い物を済ませたいという嫁のリクエストで、サウスサンフランシスコにやってきました。で、まずは腹ごしらえということで…

やってきたのはエル・カミノ沿いにあるダイナー、 JoAnn's Cafe です。
20131123_001.jpg
人気のお店のようで、店の外まで行列ができていました。ウェイティングリストに名前を書いて待つこと15分ほど、無事に入店。活気のある店内で、中米系の陽気なオネーサンたちのてきぱきとしたサービスも良い感じです。

では早速いただきます。
20131123_002.jpg
こちらはオレンジフレンチトースト。フレンチトーストにオレンジが乗っかっていますが、メイプルシロップをかけたフレンチトーストに、このオレンジの身の部分を乗っけて食べると、あらこれは大変に美味しいではありませんか。サッパリするのね。

こちらはオジさんのフエボスランチェロス(Huevos Rancheros)。ダイナー・カフェは結構行っていますが、まだフエボスランチェロスは食べていなかったので、すーっと食べたかったのですね。前にこのブログにこの料理が出てきたのは、なんと3年前…(記事)。
20131123_003.jpg
メニューでは単に Huevos と書いてありましたが、スペイン語でタマゴという意味。フエボスランチェロスは、メキシコとかでポピュラーな朝ごはん系メニューとのこと。トルティーヤの上に、ポーチドエッグが2個。そこにチェダーチーズやジャックチーズがとろ〜りとのっかり、さらにハムと大量のトマト。そしてサイドにはカントリーポテト。

これがまた美味しかったです。
20131123_004.jpg
トルティーヤとタマゴに細かくカットされたハム、とろけて大変に良い感じのチーズに、このトマトの酸味のコンビネーションがとても美味しい。とにかくいい感じにチーズ&トマトが効いてます。

朝食メニューはパンケーキ系、サンドウィッチ系、オムレツ系にラテン系という感じでした。この感じだと、オムレツも期待できそうかな。ここは近くに釣具屋もある立地だし、また来ちゃうかも。

JoAnn's Cafe
1131 El Camino Real
South San Francisco, CA 94080
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.11.25    [ Category : Food(California) ]

KEURIG の軍門に下る

KEURIG

じゃじゃーん!ついに買ってしまいました!ついに!KEURIG (キューリグ)でございます。
20131110_200.jpg
我が家には日本から持ってきたネスプレッソがあるのですが、ネスプレッソはコチラではカプセルの店頭販売はやっておらずオンラインで通販するしかありません。日本では横浜高島屋にあるネスプレッソのショップに定期的に仕入れにいっていたのですが、こちらでは店頭でネスプレッソの試飲会とかやっているにもかかわらず、カプセルの販売はないのですね。別にオンラインで買えばいいっちゃぁ良いのですが、なんとなく面倒くさいなぁということで、ネスプレッソは引越し荷物のダンボールに入ったまま…。

とはいえ我が家はコーヒー大好き夫婦なので、コーヒーメーカー欲しいよねぇ…という話題はずーっとあったのですね。なかでもKEURIGは、様々なカプセルが出ているし、どこででも見かけるし、気になっていたのです。
20131110_201.jpg
で、ある日のこと、Bed&Bath Beyond にて特売!平積み!$99-也〜というのを見て、居てもたってもいられなくなり…、買っちゃいました。いやぁ買っちゃいましたよぉ。

せっかくなので、前々から嫁が欲しがっていたコーヒーカプセルツリーも購入。
20131110_202.jpg
いろいろ挿しちゃいます。スタバとかタリーズとかティモシーズとか、いろんなコーヒーチェーンブランドのカプセルとかあって楽しいですねぇ。

今まではコーヒー飲みたいなぁとなると、お湯を沸かしてインスタントコーヒーを飲むか、気分が載っている時はコーヒーフィルターをセットしてコポコポ淹れるかでしたが、これで何時でも気軽にすぐにコーヒーが飲めます!
20131110_203.jpg
うわーい。ネスプレッソに義理立てしてなかなか購入に踏み切れずにいたのですが、いやぁもっと早く買っておけばよかったわ。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.11.24    [ Category : 徒然/第二章 ]

Mauntain View でラーメン再び Shalala

別にここが我が家の超お気に入りという訳ではないのですが、先週、先々週とMauntain View の Shalala に二度も突撃してきました。(前回の記事)
20131116-100.jpg
7歳児とは、Mauntain View で理容師サンに散髪してもらっているので、散髪帰りにここでラーメン一丁!というのは普段の流れなのですが、カリフォルニアに来てから外でラーメンをずーっと食べていない嫁も、そろそろラーメン食べたい…餃子も食べたい…というので、クパチーノ方面に買い物に出たついでに2週連続で行ってまいりました。まぁ、実はここまで南下遠征しなくても、近所にサンタラーメンとかあるんですけどね。

さらに南の方といえば、サンタクララとかにも沢山ラーメン屋さんがあるのは知っているのですが、なんせここしか来たことがない&ここなら子供連れ(赤ん坊連れ)でもテーブル席で気兼ねなく食事ができるということで、他にチャレンジするよりは勝手知ったる Shalala でいいかということで。
20131116-101.jpg
最近よく食べるようになった7歳児、大盛りをシェアするか?と聞いたのですが、小ラーメン一杯食べる!というので、豚骨醤油の小ラーメン。メンマとかキクラゲとか、ついこの前まで絶対に食べなかったのですが、最近はチャレンジ!チャレンジ!とか言いながら、よく食べます。エライ。エライ。

こちらは味噌ラーメン。
20131116-102.jpg
味噌ラーメンは醤油とんこつよりも太い麺でした。ここの味噌、好きかも。

嫁とシム子と家族4人で行った時には、餃子とライスも頼んじゃいました。
20131116-103.jpg
ライスはチャーシューご飯とか、一仕事してあるご飯もあるのですが、シム子にも少し食べ与えるので純粋白ご飯。そういえば、焼き餃子は嫁の得意な料理なのですが、アメリカにきてから一度も作ってないかも!

肉もやし辛味噌ラーメンも頼んでみました。
20131116-104.jpg
うーんじんわりと辛い。でもここで試したラーメンの中では、この辛味噌が一番好きかも。太めの麺とモヤシの感じも良い感じだし、ちょっと肌寒くなってきたので温まります。

ごちそうさまでした。

Shalala
698 W Dana Street
Mountain View, CA 94041

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.11.23    [ Category : Food(California) ]

美味しいアメリカンダブル 90 Minute IPA (Dogfish Head Brewery)

90 Minute IPA

さて今宵の一本は…
DogfishHead90MinIPA000.jpg
Dogfish Head Brewery90 Minute IPA です。

DogfishHead90MinIPA001.jpg
Dogfish Head Brewery は Delaware 州にあるブリュワリー。デラウェア州って一体どこだ?と地図を見てみると、ニュージャージー州の南にある大西洋に面した州。このIPAがシグネチャビールとのことで、60, 75, 90, 120という種類があるみたいです。数字が上がるにつれてアルコール度数も高くなり、120 minutesは、驚きの18%…。

DogfishHead90MinIPA002.jpg
アルコール度数9%の、オレンジゴールドのIPA。香りは香りはパーッと弾けた感じというより、落ち着いたモルトとホップの感じがキャンディのように香ります。飲んでみると、おぉぉ!これは!フルボディとミディアムボディの間くらいの重めのボディにアルコール度数9%だというのに、スゲー飲みやすい!炭酸も落ち着いていて、最初ほわ~っと口に広がる苦味とコクが、ものすごくドライにフィニッシュします。これは…、美味い。Imperial IPA って、結構ガツンとしてたり、強力に迫ってくるものが多いのですが、これはものすごく飲みやすくて美味しいです。調子にのってガブガブ行くと、速攻で二日酔いになるとは思いますが。いや、これは凄く良いビールに出会いました。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.11.22    [ Category : BEER (USA) ]

ようやく In-N-Out Burger

先日釣りの帰りに、ようやく初突撃かましてきました!In-N-Out Burger です!ずーっと、気になっていたんです。
20131117-200.jpg
この赤と黄色のロゴが、マクドナルドに真っ向勝負って感じで素敵ですよね。

じゃじゃーん!美味そう。
20131117-201.jpg
アニマルスタイル始め様々な裏メニューがあるみたいですが、初心者の我が家は素直に表メニューで攻めます。

こちら普通のハンバーガー。
20131117-202.jpg
レタスとトマトが瑞々しくて大変によろしいではありませんか。

こちらはダブル・ダブル。とろけでているチェダーチーズが、たまりません。
20131117-203.jpg
ハンバーガーは大変に上手い具合に紙で巻いてあるので、食べやすくていいです。

ポテトも細切り揚げたてで、美味しいです。惜しいのはケチャップしかないところかな。ビネガー大量に振りかけて食べたいなぁ。バーガーは意外とアッサリとお腹に収まり、もう半分くらいなら食べられそうだな…と思ってしまうアタリ、胃腸がアメリカナイズサれてきているかもしれません。

In-N-Out Burger、普通によく出来たハンバーガーで美味しいし、お値段がお手頃なので良いですね。人気なのも分かります。今度は裏メニューに挑戦してみようかな。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (6)   2013.11.21    [ Category : Food(California) ]

マウントタムのエール Mt. Tam Pale Ale (Marin Brewing Company)

Mt. Tam Pale Ale

さて今宵の一本は、
MtTamPaleAle000.jpg
Marin Brewing CompanyMt. Tam Pale Ale です。

MtTamPaleAle001.jpg
マリンカウンティのLarkspurという所にあるブリュワリー。Mt. Tam といえば、マリン カウンティの暮らしのマウントタムさんが真っ先に頭に浮かびますが、Mount Tamalpais(マウント・タマルパイス)という州立公園にもなっている小高い山のことのようです。行ったことないけど、展望が素晴らしいらしいです。

MtTamPaleAle002.jpg
このビール瓶のキャップ、良いですよね〜。カリフォルニアが擬人化されたデザイン、好きです。

MtTamPaleAle003.jpg
アルコール度数5.5%のオレンジゴールドのペールエール。開栓した瞬間にパーッと拡がるオレンジのような香り。おぉ、これは色、香りの拡がりともに期待できそう!飲んでみると、苦味の感じはなかなか良いです。ただ…、ボディが細い。軽いわけではないのですが、細いのです。ライトなのですね。香りも拡がるのですが、どこか太めの芯のない感じではありました。雑味はなく美味しいいですし、後味も程よくドライで、ビターにホップの爽やかさを足したかのようなスッキリした飲みやすさで良いのですが、なんだろう…。やっぱりどこかパンチに欠ける気はします。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.11.20    [ Category : BEER (California) ]

トラウトを釣る3

日曜日の午前中はまたしても7歳児とトラウトを求めてブブーンと出撃。前回ボウスを喰らったので、今回はいつもとちょっと違う湖にしました。しかも今回は、家族全員で出撃です。久しぶり。
20131117-000.jpg
ぶぶーんと山を超え…

やって来たダム湖には、すでに多くの太公望が竿を出しておりました。シーズンともなると、かなり早い時間に突撃しないと、場所取りが大変ですね。
20131117-001.jpg
ここは前に一度調査釣行に来たことがありますが、その時よりもだいぶ水嵩が減っていました。

この日は家族で突撃ということもあって、水筒には熱いお茶、朝食のパンやお菓子も準備バッチリ!いつもの7歳児との二人釣行とは、オヤツの充実度が違って快適です。

肝心の釣果の方はというと、朝一番に一発アタリが出たのですが乗らず。
20131117-002.jpg
その後は全然アタリがなく、オヤツを食べて、シムコの遊び相手をしばらくして、そしてすっかり飽きてしまった7歳児は、水辺に漂着していたでっかいマツボックリをツンツンして遊んだり。やばいなぁ、今日もボウズかぁというムードが漂った時に、また一発良いアタリが竿先に出ました!「僕に上げさせて!」という7歳児に任せたのですが、竿を盛ったまま合わせず…。早く巻け!いいからとにかくテンション張らないと!早く巻けぃぃ!というのに、「うーん、かかってないかも…」とか言いながら、竿を握ったまま動かず…。はい、バレました…。

なんで合わせないんだ!こらぁ!!と、これで超機嫌の悪くなったお父さん。あらあら困ったわねぇという顔のお母さん。あ〜しまったなぁという顔の7歳児。。

こうなったら釣りの女神に愛された女、嫁さん(記事)(記事)の強運にかけるしかない…と粘っていると、キャンプチェアでシムコを膝に抱っこしていた嫁が「お父さん、当たってるみたいよ!」と一番端っこの竿を指さします。

おぉぉ!と竿に駆け寄るオジさんと7歳児。「僕がやる!」という7歳児、今回はバッチリ合わせも決めて釣り上げました。
20131117-003.jpg
それほどサイズはないかなぁと思ったのですが、計測すると40cm。でかした、でかした。というか、ヒットした竿は、嫁の竿…。やっぱり釣りの女神はあの人についているみたいです。針も飲んでしまっていたので、キープすることにして、一匹釣れたし、シム子は寝たし、そろそろ帰ろうと、我が家へ帰還。

家で早速クリーニング。ここの所Youtubeでトラウトの三枚おろし動画をチェックして、イメトレしていたので、今回はなかなか上手くおろせました。フィレナイフの使い方がようやく掴めてきたかも。
20131117-004.jpg
三枚にフィレしたら、フライサイズに切り分けて塩してラップして冷蔵庫へ。

今回は、小麦粉を付けてバターでムニエル風に焼きました。
20131117-005.jpg
仕上げにハーベストフェスティバルで買ってきたシーズニング(記事)をかけて完成。

今回もまた美味しく頂きました。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.11.19    [ Category : FISH/第二章 ]

クラフトショー Harvest Festival Original Art & Craft Show

さて週末の午前中、いつものように普通に起きて、いつものように早く支度せい!と7歳児を急かし、ブブーンと補習校へ。7歳児が教室へ向かうのを見届けると、ぶぶブーンとまた南下。嫁とシム子を拾って、向かうはサンマテオ・カウンティ・イベントセンター。なんでも Harvest Festival Original Art & Craft Show というシブいイベントが開催中というのです。
20131116-000.jpg
San Mateo County Event Centerは、Hayward Park の Caltrain駅近くにありました。こんなところがあったのか。入場料は大人$9。駐車代は$10。

実はこのイベント、嫁がタウン誌で発見して楽しみにしていたイベントなのですね。トロントに居た頃に、毎年2回開催される oneofakind (記事)というクラフトショーを毎度楽しみにしていて、同じようなクラフトショーないかなぁと思っていたら、偶然タウン誌で発見。きっとアメリカのクラフトショーは、気合が違うに違いない!と、楽しみにしていたのです。

そんな嫁、実は前日にも既に一度単独突撃済み。入場料と駐車場代はそこそこするけど、中は意外と良心的なお値段のモノが揃っているよとの話。ただ、規模としてはそれほど大きくなく、1時間もあれば回れちゃうんだよねぇ…ちょっと残念との話。

確かに規模はそれほど大きくなかったし、我が家の趣味趣向に刺さる出店もあまり無かったのは残念でしたが、そこそこ楽しめました。

クラフトショーは写真撮影禁止なので、写真は戦利品だけです。

クリスマスリースです。
20131116-001.jpg
今年はツリーを飾る予定はないのですが、リースは飾っておきたいねぇということで、実は今回の突撃の一番の目的はリースのゲット。良いのが見つかりました。お値段$28なり〜。

こちらは、嫁が買ってきたバターピーカンソース。
20131116-002.jpg
パンに塗ったり、アイスクリームのソースにしたりすると美味しいらしいです。

シーズニングとディップの素。
20131116-003.jpg
ディップの素は、サワークリームとマヨネーズなどと和えると、なかなかナイスなオツマミになります。ココらへんは、たくさん試食が出ていて、美味しく試食してしまうと、ついついじゃあ一個買って行くかぁとなっちゃいますよね。

これはナイトライト。
20131116-004.jpg
ブラックバスのナイトライト♪。お〜良い良い。木工系クラフトのお店はどこも素敵な商品がお手軽価格でご提供でした。

このフェスティバル、各地を回っているようで来週はサクラメント、再来週はサンノゼのようです。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.11.18    [ Category : 徒然/第二章 ]

ビールを彩る食卓第56 パンプキンパイ

ビールを彩る食卓第56弾目は、パンプキンパイでございます。パンプキンパイ。

最近ちょっと西洋カボチャが面白くなってきてしまった嫁。見たこともないカボチャを買ってきてはスープにしてみたりとかいろいろやっていたのですが、この日は Pie Pumpkin というパイにしたら美味しいというカボチャを買ってきました。
20131111_100.jpg
そろそろサンクスギビングも近いからか、テレビ番組でこのカボチャを使ってのパイ作りをやっていたので、気になっていたそうです。オレンジ色で、この形。見た目は絵に描いたような西洋のカボチャですね。

で、仕事をを終えて家に帰ってみると…、ありました。ありました。パンプキンパイ。おー、美味しそうにできております。ちなみにパイ皿も「前から欲しかったのよねぇ♪」と、最近買ってきてたヤツだな…。
20131111_101.jpg
見た目だけではなく、お味の方も大変美味しく出来ておりました。

甘すぎず、重すぎず、アラフォーのオジさんの味覚にも胃にも優しいお味。ちなみにレシピは、このカボチャに貼ってあるラベルに書いてあります。ここにホイップクリームとかドッカンドッカンと盛られると、ちょっと厳しいところではありますが(笑)。7歳児にも大いに好評で、沢山食べておりました。

ごちそうさまでした。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2013.11.17    [ Category : ビールを彩る食卓 ]

スパークリングエール Buzzerkeley (Calicraft Brewing Co.)

Buzzerkeley

さて、今宵の一本は…
Buzzerkeley000.jpg
Calicraft Brewing Co.Buzzerkeley です。

Buzzerkeley001.jpg
Calicraft Brewing Co. はイーストベイの Walnut Creek にあるブリュワリー。スパークリングエールというだけあって、ボトルの感じもスパークリングワインを彷彿とさせるデザインですね。ただ、キャップもコルク栓なのかなと思って剥がしてみたら、普通のビール瓶と同じボトルキャップでした。

Buzzerkeley002.jpg
アルコール度数7%のエール。香りはどことなくヴァイツェンを感じさせるのですが、どこかちょっと優しい甘い香りがします。ミディアムボディで、シャーっと溶けていく細かい炭酸の感じと、なんともいえないまろやかな甘みが凄く良い感じ。見た目と香りの感じの組み合わせはケルシュみたいな感じなのですが、このなんとも言えない甘みはなんだろうと思ったら、どうやらハニーっぽいです。なるほど!ハニーか!たしかに!これ好きです。アルコール度数7%を感じさせない、軽やかさなのですが、このハニーの甘みが後味にいい感じで舌に乗ってきます。そして数秒後に口の奥で、あぁ確かにちょっとアルコール度数高め設定だねという刺激が。全体としては、最初のボディの感触にくらべると、凄く軽く飲めます。この感じは、お肉とかにも手が合うかも。そして多分女性受けするビールだと思います。いや、良い物見つけました。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.11.17    [ Category : BEER (California) ]

カートの置物

さてある晩の事、実は今日ちょと良い物見つけたから買っちゃったのよね〜、見て見て〜と嫁がエコバックから取り出したのがコレ。

こっ、これは…、買い物カートですよね?
20131113-100.jpg
うん、どこからみてもスーパーマーケットにあるカートですね。なかなか良いじゃないか。

コスト・プラス・ワールドマーケットをブラツイていたら目に入ってきて、一目惚れで買った模様。
20131113-101.jpg
うん、とりあえず紅茶の缶なんぞを入れてみたが、やっぱりなかなか良い絵ではありませんか。うむ、これは合格!って何が合格なんだよって話ではありますが、前回が物議をかもした一品でしたからね…(記事)

実はこの紅茶がセールになってるよ!というコスト・プラス会員向けメールニュースを見て、コスト・プラス・ワールドマーケットに朝イチで突撃したみたいです。
20131113-102.jpg
この紅茶、The Republic of Teaというブランドのモノですが、マリンカウンティの会社みたいですね。カリフォルニアのブランドのもので、お手頃なサイズ&重くもないので、日本へのお土産に重宝します。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.11.16    [ Category : ねぇねぇ見て見て〜♪/第二章 ]

メキシカンラガー Pacifico (Grupo Modelo S.A. de C.V.)

Pacifico

さて今宵の一本は、
Pacifico000.jpg
メキシコのラガー、Pacificoです。

Pacifico001.jpg
ラベルの感じは、東南アジアかハワイのビール?という雰囲気の黄色い紙ラベル。良いです。良いです。

Pacifico002.jpg
アルコール度数4.5%の金色ラガー。コロナのような癖のあるタイプでもなく、ユーロラガーのようなアロマホップが強く香るわけでもない、味、香りともにどこにでもある量販ラガーなのではありますが、全体としてはまぁまぁ悪くないじゃないかという感じ。こういのって、メキシコとかその地で飲むと美味いんですよね。沖縄で飲むオリオンビールみたいな感じで。メキシコ行ってみたいな。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.11.16    [ Category : BEER (World) ]

ビールを彩る食卓第55 昆布の佃煮

ビールを彩る食卓第55弾は、昆布の佃煮です!マツタケも入っているというゴージャス版。先日の松茸ご飯を炊きこんだ時(記事)に、日本から持ってきてここぞという時に使用しようとず~っとストレージで寝かされていた貴重な昆布を使ったのです。それが出汁を採っただけで捨ててしまうなんて勿体ないからなんとかならないか?とぶつぶつ言っていた嫁、中途半端に残っていた小ぶりな松茸と一緒に自家製佃煮に。
20131113-000.jpg
いや、これも上手く出来ておりました。作ったその日の夜にちょこっと食べた時は、まぁこんなもんかなという感じだったのですが、一晩置いたら味が落ち着いて、凄く美味しくなりました。いやぁ、ご飯がご飯がすすむ君でございます。

ごちそうさまでした。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.11.15    [ Category : ビールを彩る食卓 ]

ビールを彩る食卓第54 松茸と秋刀魚

さて、ビールを彩る食卓第54弾は…、松茸と秋刀魚でございます!!

仕事中に嫁からメッセージが入ったので、なにかと思ったら、「ゲット!」という文字とともに秋刀魚と松茸の写真が送られてきたではありませんか!秋刀魚は、Blueさんのブログで見て(記事)「そういえば今シーズンは秋刀魚食べてない!サンマ!さんま!秋刀魚!」と騒いでいたのですが、松茸までゲットしてくるとは…。
20131111_000.jpg
で、この松茸、日本のものとは微妙に種類が違うものだと思います。お値段のほうも、一パック$10と日本のものよりお手軽価格。やるなぁ、ニジヤマーケット。サンマって結構高いのよね〜と言っていたのですが、そんなサンマもそろそろシーズンも終わる頃だからか、3匹で$3.99と良い感じのお値段になっていた模様。

では早速、スライスした松茸をお米とだし汁の入ったお鍋にふんだんに入れちゃいますね。大振りなヤツ2本をスライスして入れただけなのですが、結構入りましたね〜。
20131111_001.jpg
そして火にかけて、出来上がるのをジーっと待つわけです。

チーン!出来上がり〜。お〜、いい香り。
20131111_002.jpg
と、ここまでは実はオジさんは残業中なので、嫁が撮っておいてくれた写真から勝手に解説をつけているだけなのですが、松茸を買ってきてパックを開けた時には別にそれほど香らなかったらしいです。それが、取り出して水で洗っていると「おおっ!永谷園の松茸のお吸い物の香りだ〜!」と香ってきたとのことです…。そうなんです!小市民のワキ家、永谷園の松茸のお吸い物しか食卓に出てきたことはありません(笑)。これが記念すべき、初マツタケ調理。

パックにはマツタケが5本入っていたので、さらに焼きマツタケも。
20131111_003.jpg
レモンを搾っていただきます。うん、美味い、美味い。マツタケ、マツタケ。

サンマもバッチリ塩焼きにして、大根おろしとポン酢で頂きました。
20131111_004.jpg
グリルで塩焼きにしたので、部屋のなかはマツタケの香りから、サンマの脂の臭いにすっかり支配されてしまいました。魚マンのオジさんはこの臭いもきらいじゃないので良いのですが、やっぱり焼き魚は臭いますよね。

サンマ&マツタケという日本の秋の味覚をいただいて、大満足の夕餉でした。

ごちそうさまでした。


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (8)   2013.11.14    [ Category : ビールを彩る食卓 ]

リンゴのビール Blue Moon Caramel Apple Spiced Ale (Blue Moon Brewing Company)

Blue Moon Caramel Apple Spiced Ale

さて、今宵の一本は…
CaramelAppleSpicedAle000.jpg
Blue Moon Brewing CompanyBlue Moon Caramel Apple Spiced Ale です。

CaramelAppleSpicedAle001.jpg
Caramel Apple Spiced Ale というだけあって、ラベルにもリンゴやシナモンが描いてありますね。

CaramelAppleSpicedAle002.jpg
アルコール度数5.8%のキャラメルゴールドのエール。香りは、青りんごと赤いりんごを足して割ったかのような、仄かに酸味も感じさせる甘い香り。少しスパイスの感じもあります。全体の味わいとしては、それほど厚みのある味わいではなく、全体的には甘みと少しスパイスの感触の残る後味ですが、シミジミ味わっていみるとボディは意外とミディアムで甘みとスパイスの感じもプッハーと一気に飲まずに、じっくり口の中で転がしてみると結構ジワジワと来ますね。リンゴっぽさもこうやって飲んでみると、結構クッキリ出てきます。ピルスナーとか所謂日本人の想像する苦味と切れ味系のビールが苦手な人にはハマるかも。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.11.14    [ Category : BEER (USA) ]

ホットチョコを飲む Silly Cow Farms Hot Chocolate

Silly Cow Farms Hot Chocolate

さて先日WholeFoodsに買い出しに行った時のこと、なんだかちょっとコレ気になるよねぇと嫁が手にしていたのがコレ。ホットチョコレートです。そうですねぇ、もうそういう季節ですね。
20131104_000.jpg
この牛のラベルとかの雰囲気で、なんとなく美味しそうな感じがしたので買ってみたのですが、Burnham & Mills (web) というバーモント州にあるメーカーの商品のようです。

ホットミルクに入れて作成するとのことで、早速作ってもらいました。
20131104_001.jpg
うーん、温まりますね〜。オジサン世代だと、ココアというと森永製菓ミルクココアのパッケージを思い出しますが、味の方では何故だか分からないのですが、Nestlé の 麦芽飲料 ミロ Milo を思い出してしまいます。なんでだろう…。一時期ハマってしまって、毎朝ミロの缶ジュース(ホット)を飲んでいた時期がありました。WEBで先ほど調べてみたところ、今や採算が取れないのでミロの缶ジュースは国内では製造していないとか…。寂しいなぁ。

で、このホットチョコレートに話題を戻しますと、味は普通に美味しいです。そして調べてみると他にも様々なフレーバーのモノがあるようです。これは Marshmallow Swirl という味で、ヴァニラっぽいマシュマロフレーバー。Bittersweet chocolate 風や、Peppermint Twist なんかの味もあるみたいなので、この冬はちょっと他にも試してみたいかな。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.11.13    [ Category : 徒然/第二章 ]

ボウズDAY

最近日曜日の朝は、7歳児とトラウトハンティングに出かけるのが定番となっております。
20131110_000.jpg
この日も朝も早くから家を出て、ブブーンと湖にやってきました。7時半くらいに着いたのですが、すでに多くの太公望が釣り糸を垂れております。

なんか気持ち先週よりも水位が減った気がしたのですが、少し湖全体の雰囲気も変わったような印象です。秋も深まったからかな。
20131110_001.jpg
この日は岸沿いにはアオコバーっと発生していたりしてなんか釣れない予感がバリバリでしたが、案の定アタリもありません。朝方は沖合で時折ライズが見られたのですが、周りを見回しても、魚を上げている人は見当たらず、全体的に不調の様子。

7歳児とオヤツに持ってきてビスケットをパクツイていたら、カモの集団がやってきました。
20131110_002.jpg
デカイ。近くでみるとデカイな…。7歳児にビスケットちょっと砕いて投げてみたら食べるかもよ〜と言うと、あっという間に群がってくるカモ達。こいつ、餌もってるぜ…とマークされて、カモに追い回される7歳児。野生動物に気軽に餌あげちゃいけませんね。

昼前まで粘ったのですが、本当にまったく魚っけがないので退散です。そういえば魚は釣れなかったけど、久しぶりにフィッシングライセンスの確認のレンジャーに会いました。オフロードバイクで回っていましたね。ライセンスは年末で切れるから、更新しないとな。
20131110_003.jpg
地面を掘り返したり、貝殻やどんぐり拾って遊んでいた7歳児が、帰り際に「お父さん、野生動物の骨発見!」と持ってきたのがコレ。確かに骨だ。しかも結構立派な骨だ。この前トレッキングしているオッチャンが、なにやら立派な背骨をどっからか見つけてきて「鹿の背骨にちがいない」と見せてくれたけど、これも鹿かな。

ボウズな一日でした。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.11.12    [ Category : FISH/第二章 ]

RedwoodCirty散策 Cafe La Tartine

Cafe La Tartine

さて日曜日の昼下がり。いろいろとタイミングが合わずに、お昼ごはんを食べるタイミングを完全に逸してしまったワキ家ですが、どうせなので外に食べに行こう!と向かったのは Redwood City 方面。本当は Redwood City の手前くらいにあるレストランを目指して南下したのですが、そのお店がCLOSEだったので、とりあえず downtown に行けばなんかあるだろう!と急遽 Redwood City のダウンタウンへ。
20131110_100.jpg
ダウンタウンには劇場や映画館があって、趣があるカリフォルニアのオールドタウンという感じでナイスです。こういうダウンタウン散策は大変に楽しいので、ちょっと散策モードに。

この立派な建物は、San Mateo County History Museum 。
20131110_101.jpg
そもそもは、1910年建立の郡裁判所の建物のようです。Glenn Allen という建築家が、サンフランシスコのシティホールを意識して設計したとか。当時のこの建物の様子はここで見ることが出来ます(web)。

こちらはダウンタウンの外れのほうにあった Sequoia Hotel というホテル。
20131110_102.jpg
こちらも1912年の建造物のようです。向かいの建物は1910年のビルで、なんか凄く歴史を感じさせる街角ですね。

街の散策はほどほどに、お腹が空いたので何か食べないと。。
20131110_103.jpg
ファーストフード店が並ぶ映画館と駐車場の路地にあった、Cafe La Tartine というカフェに突撃。

レジで先に注文してテーブルでオーダーが運ばれてくるのを待つという、カフェ方式。キッズメニューを見ていた、7歳児。今日は珍しくグリルドチーズをチョイス。
20131110_104.jpg
キッズメニューなのに、トーストの種類やチーズの種類、サイドの種類まで選べます。生意気(笑)。でもここは普通に、ホワイトブレッドにチェダーチーズ。サイドはフライを頼むかと思ったのですが、フルーツでした。

こちらは嫁のサンドウィッチ。
20131110_105.jpg
バゲットのプロシュートサンドウィッチですね。プロシュート好きだなぁ、嫁。ちょっと塩っぱいプロシュートだったとのことです。

そしてコチラはオジさんのクロワッサン、エッグ&BLT。
20131110_106.jpg
ガッツリサンドウィッチはちょっとお腹に持たれるかなぁと思い、クロワッサンのサンドならそんなに大きくもないだろうと注文したのですが、予想外にゴージャスな一品でした。スイスチーズが入ったオムレツがドカーンと乗っており、そこにトマトとカリッと焼かれたベーコン。クロワッサンとオムレツのボリュームが想像と逆でしたわぁ。でも。お味のほうは大満足でした。ごちそうさま。

せっかくなので、またちょっと散策を…と街を歩いていると、これは…、紫陽花?
20131110_107.jpg
紫陽花って日本だと梅雨の季節の花というイメージですが、今は11月…。カリフォルニアの紫陽花は、こんな季節に咲くのかな。

ぷらぷらしていると、コスト・プラス・ワールドマーケットを発見したので、サンクスギビングやクリスマスグッズでも見に行きますかぁを突入です。
20131110_108.jpg
あっ、ハロウィーンの売れ残りビール達がいました。完全にハロウィーンターゲットのビールたち。売れ残ってしまうと、ちょっと切ないですね。とりあえず今度飲んでみようと一本お買い上げ。

世界のビールたちがそこそこ揃っているので、うわ〜い!と棚をチェックしていたオジさん。「ああああっ!!!!」と思わず叫んでしまいました。
20131110_109.jpg
こっ、これは…。Blanche De Chambly (記事)(記事)ではあ〜りませんか!!!!ケベックのUnibroueのビールです。嫁が一番気に入っているビールで、他の銘柄はみることがあるのですが、コレは流通してないのかなぁと思っていたら、ここで発見。うわ〜い、と購入。すぐに飲む予定はないのですが、こういのって見つけた時に買っておかないと、あとで後悔することが多いからね!

Redwood City、なかなか面白いダウンタウンでした。

Cafe La Tartine
830 Middlefield Rd,
Redwood City, CA 94063
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.11.11    [ Category : Food(California) ]

FosterCityでタイカレー Buri Tara Thai

Buri Tara Thai

さて土曜日。土曜日といえば、週末!だけど駐在員の息子は休みなし!ということで、朝から7歳児と補習校へ。7歳児を学校で見送ったら、すぐに家に引き返し自宅でカチャカチャと週末仕事をこなし、さて!ランチでも行きますか!と向かったのは、フォスターシティの南の方にあるショッピングモール。
20131109_100.jpg
いくつかレストランがあるのを、この前確認していたので、突撃です。

で、「ここはひとつ、7歳児がいたら食べられないものにしよう。そうだ!スパイシーな料理が食べたいなぁ」という嫁の希望もあって、タイ料理にしました。
20131109_101.jpg
Buri Tara Thai という小さなタイ料理屋さん。

まずはこれ!
20131109_102.jpg
アイスコーヒーです。嫁は、東南アジア系のレストランに入ると、ついついチェックしていまうのがコレ。東南アジア系のアイスコーヒー(コピ)は、練乳が入っていてとっても甘くて、そしてどことなく庶民的で、日本のパックで売っているコーヒーミルク!?という郷愁を誘う味わいのものが多いのですね。これも期待通りの一品でした。

パッタイにしようか、チャーハンにしようか、カレーにしようか…。少し悩んだのですが、ここは夫婦揃ってカレーに決定!
20131109_103.jpg
こちらグリーンカレー。「グリーンカレー食べたかったのよねぇ!」と嫁。どうやら、周期的にグリーンカレー食べたい発作がやってくるようです。お肉はチキン・ビーフ・ポークからチョイス可能。これはチキンです。このグリーンカレーは、タイバジルが効いていて美味しかったです。

そしてこちらは、ポークのペナンカレー。
20131109_104.jpg
ペナンカレーというのは、ココナツミルクの効いたタイのカレーで、他のタイカレー(レッドとかグリーンかな)よりもマイルドなのが特徴とのこと。たしかに、ココナツミルクもいい感じに効いていて、色の割にはマイルドで美味しかったです。

久しぶりのタイカレー、美味しかったです。こちそうさまでした。

Buri Tara Thai
939 A Edgewater Blvd
Foster City, CA 94404
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.11.10    [ Category : Food(California) ]

1ポンドのスニッカーズ!

ハロウィーンも終わり、次はサンクスギビングですが、スーパーマーケットはもう完全にホリデーシーズン仕様ですね。クリスマスのリースやツリー、お菓子なんかがもう沢山並んでいます。

今日7歳児と、そんなすっっかりホリデーシーズン仕様のターゲットをぶらついていたら、これを見つけました。
20131109_000.jpg
スニッカーズです。デカイです。とてもデカイです。重いです。

ラベルを見てみると16ozとあるので、1ポンドですね。約450gです。オジさん世代でスニッカーズというと、「お腹が空いたらスニッカーズ」というCMでお馴染みですが、これはお腹が空いていてもちょっと無理だろうなぁ(笑)

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.11.10    [ Category : 徒然/第二章 ]

ポートワイン Niepoort Dry White

Niepoort Dry White

さて、今宵の一本は…
NVNiepoortPortoDryWhite000.jpg
ビールではありませぬ。PORTOワインです。Niepoort Dry White という銘柄です。

NVNiepoortPortoDryWhite001.jpg
こちら先日嫁がジャケ買いしてもいいですか?と買ってきたものですが、基本的にはオジさんの胃の中に収まっていっております。スマヌ、嫁。

NVNiepoortPortoDryWhite002.jpg
アルコール度数20%の褐色ワイン。少しトロンとした甘みを感じる、アイスワインと白ワインを足したような香り。そして甘いのだけどドライ。ぱーっとデザートワインのような甘みが一瞬拡がるのですが、後味はドライなのですね。これはカマンベール系チーズに合います。うーん、ポートワインとかあまり飲まないので、これがポートワインとして美味しいのかどうかは分かりませんが、チョビチョビ寝酒にいただくには良いですね。


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.11.09    [ Category : Wine ]

ラズベリー紅茶キノコビール Triple-Goddess Raspberry Kombucha Beer (Unity Vibration)

Triple-Goddess Raspberry Kombucha Beer

さて、今宵の一本は
UnityVibrationRaspberry000.jpg
Unity VibrationTriple-Goddess Raspberry Kombucha Beer です。Kombucha と書いて、紅茶キノコ。そう、これは紅茶キノコビールです。

UnityVibrationRaspberry001.jpg
前回はジンジャーでしたが(記事)、今回はラズベリーです。ラズベリー。

UnityVibrationRaspberry002.jpg
アルコール度数8%のピンクロゼカラーのビール?香りはレモネードにラズベリーティー。そしてちょと酸味の混じった白ワインのような感じ。ボデイはミディアムで細かい炭酸が効いています。最初の印象は、ビールって言わなかたら、普通にフルーツスパークリングワインだよなぁ…、悪くないよなぁだったのですが、なんかこの感じは飲んだことある感じなのですね。で、飲み進めていくウチにピンときました!これ!ピンクグレープフルーツジュースのような味わいなのですね。そこにアルコールの刺激…。これは!カンパリグレープフルーツではないかぁ!と。これ、なんかビールじゃなくて普通にカクテルとして、美味しいです。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.11.08    [ Category : BEER (USA) ]

パイを食べる Heidis Pies Family Restaurant

Heidis Pies Family Restaurant

パイという食べ物は不思議な食べ物だなぁと前から思っていたのですが、この前Heidis Piesというサンマテオにあるパイが売りのファミレスに突撃してきました。

パイのテイクアウトで賑わっているお店ですが、ファミリーレストランにもなっており、バーガーやサンドイッチもあります。
20131102_001.jpg
とりあえず小腹が減っていたので、パテ・メルトというチーズハンバーガーとサンドウィッチの間の子みたいなのを注文。サイドはオニオンリングです。見るからにファミレスメニューって感じですね。

こちら7歳児のキッズメニュー。マック&チーズです。
20131102_002.jpg
マック&チーズも意外と手間のかかる料理で、気合のはいったやつもありますが、ここはファミレス。レンジでチンみたいな感じのファミレス感がたまらないです。マカロニもチーズも大好きな7歳児は、ニコニコ完食ですけどね。

パイはピーカンナッツのパイをチョイス。嫁がピーカンナッツ好きだから。
20131102_003.jpg
美味しゅうございましたが、このピーカンナッツパイのタネ(アパレイユと言うらしい)は一体なんなんだろう…。

冒頭でもパイという食べ物ってなかなか不思議な食べ物と思っていたと書きましたが、パイ生地というもの自体はそれほどボリュームのあるものではないですし、よパイの中身って結構自由で中にはホイップクリームがたっぷり盛ってあるようなものもあります。このピーカンナッツみたいに中身が甘くて美味しいけどイマイチ何モノか良く分からんモノだったりすることもあるし。さらに基本的にはパイってデカイではないですか。ホールケーキくらいの直径はあって、しかも中身がピチっと詰まっているのでボリュームもある。パイというのが人気の伝統的料理であるというのは知っているのですが、こちらの人々は、あのパイというやつを、どういう時にどんな感じで食べているのだろうか?というのは、ずっと疑問だったのですね。
20131102_000.jpg
で、このファミレスでさらに謎は深まるばかり。パイのテイクアウトに、ひっきりなしにお客さんがやってくるのです。そして皆様、パイを1個、2個と買っていくのです。そんなに一体いつ食うんだろう…。

そんな人々を眺めながら出した結論はと言うと、おそらくコチラでパイというモノの存在は、日本でいうところの、大福、団子、鯛焼きや今川焼きみたいなモノなのではないか?単にお茶受けだったり、昼食の後に「そういえば今日はこんなのも買ってあったのよ〜」みたいに出てくる感じ。パイってデカイよね問題に関しては、買っていく人々もデカイ人が多いからサイズはあまり関係ないに違いない。そうだとすれば、そういえば最近パイ食ってないから食っとくか〜と、ついつい道路脇にパイ屋を見ると立ち寄っちゃう気持ちも分からんではないかな、と。

Heidis Pies Family Restaurant
1941 S El Camino Real
​San Mateo, CA 94403
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.11.07    [ Category : Food(California) ]

ビールを彩る食卓第53 ニジマス三昧

さて、ビールを彩る食卓第53回目は、先日釣ってきたニジマスであります!そこそこ食べごろサイズのニジマスを2匹釣ったので、もう食卓はニジマス三昧であります。
20131103_100.jpg
釣ったニジマスは、湖の畔にあったクリーニングステーションで、鱗と内臓は処理してきました。通りかかる人たちに、「釣ってきたの?凄いねぇ」と言われて、「we caught 2!」とドヤ顔で自慢する7歳児(笑)。

久しぶりに三枚おろしとかやりましたが、昔から三枚おろしって苦手なんですよね…。フィレナイフでなんとか一匹はおろしてみました。
20131103_101.jpg
皮を引くのが大変でしたが、まぁまぁなんとか形にはなったかな。綺麗な身です。とりあえず帰宅してすぐに下ごしらえまでして、午後はちょっと休憩。

夜になって、さぁ!今日はトラウト三昧だよ!と嫁が調理を始めます。
20131103_102.jpg
とりあえずなにやら作り出しましたが、先につまんでいて〜と、端っこの方の身を炙って先に出してくれました。脂がノッテいて美味しいです!

一匹は三枚におろしたのですが、もう一匹サイズのいい方は、そのままグリルに。
20131103_200.jpg
前回はオリーブオイルを塗って、玉葱を詰めて焼きましたが、今回は塩をして生姜や玉葱を詰めたら、オーブンペーパーで包んで蒸し焼き風に。

焼き上がりは、おぉ!良い感じではありませんか!
20131103_201.jpg
そこそこサイズが大きいので時間はかかりましたが、とても美味しく焼きあがりました。ちょっとポン酢とかたらして食べたら最高です。

三昧におろしたほうは、なにやら嫁が考えがあるらしく…
20131103_103.jpg
平たい鍋にパイ生地を引いてタネを流し込み、そこにスライスした身をたっぷりと入れ…

20131103_104.jpg
さらにこれでもか!というくらい、ふんだんにチーズをかけて…

20131103_105.jpg
オーブンで加熱します。

チーン!完成〜!
20131103_106.jpg
これはキッシュですね!トラウト釣れたから持って帰るね〜と電話したら、任せとけというので何か考えているのだろうとは思っていましたが、キッシュ作るとは思わなかったなぁ。やるなぁ。

さっそくいただきます。キッシュは嫁さんは大好きで外に食べに行くと時々注文したりしていますが、オジさんと7歳児はそれほど積極的にキッシュ!キッシュ!というタイプではないのですが、さすがに自分たちが釣った魚が入っているとひと味ちがうというものでして…
20131103_107.jpg
美味い!美味い!と食べちゃいます。実は嫁が想像していた以上の仕上がりだったようで、「おー!大成功〜♪」と、作った本人が一番喜んで食べていましたが。

さらにフライも食べたいという7歳児の要望にも答えて、半身はトラウトフライ。
20131103_202.jpg
こちらも定食屋の魚フライ定食で出てきてもおかしくないナイスな出来でした。

さすがにこんだけの量のトラウトは一晩では消費しきれず、この期しばらくはトラウトが続きましたが、7歳児も喜んでいたし美味しかったし、良かったです。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (8)   2013.11.06    [ Category : ビールを彩る食卓 ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ