無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

オンタリオ湖畔からリターンズ その18 BassProShops!!

オンタリオ湖畔からリターンズ その18 BassProShops!!

さてピカリングのお友達のお家を出たら、一路西へ!西へ!

ハイウェイ401から、ハイウェイ400へ。この道もよく運転しましたねぇ。レイク・シムコーやブレイスブリッジなどムスコカ地方、アルゴンキンに行くときは、いつもこの道をブブーンと北上したものです。

そしてやってきたのはココ!ココです!

オンタリオ湖畔からを語るときに絶対に外せない、聖域。それは!ヴォーン・ミルズのBassProShopsです!(記事)(記事)(記事)(記事)

入り口に掲げられているバスくん。

半分、凍っていました(笑)。

モール側の入り口にて。

帰ってきたぜ!バスプロショップス!!まだ小さかった頃の7歳児はこの巨大な熊を怖がってましたねぇ。熊と一緒に写真を撮らせてくれち言っても、怖いからやだ!といって絶対に同じフレームに収まってくれなかったものです。そんな彼も、いまや7歳児でやんちゃ盛りの小学生。熊も、もう怖がりません。生きてるデカイ魚とか、虫とかは相変わらず怖がりますが(笑)

ここのバスプロの陳列コーナーのレイアウトは、3年前と変わっておりません!

このブルーのボート、格好良いなぁ。

そしてこちらはアイスハット。凍結した湖面に建てる釣りテントです。

これはカリフォルニアのバスプロにはさすがに売っていないです。あと氷に穴をあけるドリルとかね。

水槽を覗いてみると

スポッテッドガーですね。

7歳児は、やっぱり水槽に釘付けです。

確か昔はマスキーとかボーフィンが居た気がしますが、この日はいませんでしたね。

最近、このDuck Dynastyというテレビ番組が大人気みたいですね。

アメリカでもよく見かけますが、ここでもDuck Dynastyグッズが沢山ありました。オッサンの顔のプリントしてあるクッションで、パチリと一枚。

久しぶりのオンタリオのBassProShops満喫です。竿やリールは流石に買わなかったけど、マンテカのBassProShopとは置いてある商品の傾向がちょっと違っていて(St, Croix のロッドが充実してり、Walleyeロッドがあったり)、楽しかったです。

また帰ってきたいなぁ。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.12.30    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その17 車でお出かけ

オンタリオ湖畔からリターンズ その17 車でお出かけ

さて、この日は7歳児がまだ3歳、4歳だった頃、通っていた日系幼稚園での一番の仲良しのK君のお宅に遊びに行く予定。ちょっと郊外までのお出かけとなったので、前日にホテルでレンタカーをお願いして、車で出撃です。

本当は中型車で良かったのですが、レンタカーも忙しいようで、大型セダンか大型SUVしか空いてないとのこと。仕方ないのでセダンをチョイス。やってきたのは、CHRYSLER 300 というクライスラーの高級セダンです。セダンなんて運転するのは何年ぶりだろか。しかもアメ車か。初めてのアメ車、インパネみても使い方がわからず…。ワイパーのレバーとか無いんですよ。

朝イチに車をピックアップして、ドン・バレー・パークウェイ(DVP)を北上!懐かしい。この道を通って、エグリントンにある幼稚園まで、息子を送っていたものです。

まだお友達との約束の時間には早いので、ちょっとドライブしていこうと、ドン・ミルズでおりてみます。

おー、このシェルは良く給油&洗車をしたところです。(記事)

エグリントンの交差点で曲がって、リーサイド方面へ。

ここらへんも大寒波の影響で停電している世帯が多いとのことでしたが、確かに道端の凍った木々が折れて倒れていました。これらの木々によって電線が切断されたというのが、今回の非常事態の原因らしいです。

おーーーーっ!庶民の味方、カナディアン・タイヤ!

このリーサイドのカナディアン・タイヤには良く来ましたね。ただただ懐かしいなぁ。

トロントで最初に住んでいたアパートはDavisVilleにあるので、そこまでドライブ。昔住んでいたそのアパートは、少し改装されて綺麗な外観になっていました。

ヤング・ストリートまで来て、また北上。

あっ!あれは!!St. Louis Bar & Grill だ〜!ここのバックリブとウィングは好きでしたねぇ。このブログの第一話に記事にでてくる、リカーズの写真はココで撮影されたものです(記事)。この店舗ではないのですが、他の店舗に言った時に記事にもしてますね(記事)。今回の滞在では、シム子もいるので、ちょっと行くチャンスはないかなぁ。

さーて、道草してないでそろそろ行くかぁ!とハイウェイ401に乗って一路東へ!目的地は、ピカリング(Pickering)という街です。

久しぶりの401。夏には毎週のように乗っていたし、やっぱり体が覚えているというか、地図なしでも全然問題なしですね。途中の風景も何もかもが懐かしいです。

ピカリングに着いたところで、ちょっと一休み。前日の午前中は雪だったのですが、この日は雪はやんでとてもいい天気。良かったぁ。吹雪の中の運転は怖いですからね。

Wendy's と、Tim Hortons は過去合併していたこともあって、同じ店舗に両方が入っていることがあります(記事)。

メープル・ディップとカナディアン・メープルで軽い朝食。

実は前の記事でメープル・ディップと言って載せていた写真は、なんか違うなぁと思っていたら、カナディアン・メープルでした(記事)。すみません。どっちも美味しいです。

お友達のお家では、7歳児、大いに盛り上がりました。お友達の弟くんも一緒になって、3人でずーっと大騒ぎです。お昼まではオモチャで盛り上がり、お昼をご馳走になったら、完全防寒でバックヤードへ。

バックヤードで雪遊びができるなんて素敵ですよね〜。そろそろ帰るよ〜と告げた時は、約束通り「帰りたくないよ〜」と泣き叫びましたね(苦笑)。オジさんも嫁もシム子もすっかりご馳走になってくつろがせていただき、ありがとうございました。


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.30    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その16 Mill Street に行く!

オンタリオ湖畔からリターンズ その16 Mill Street に行く!

さて、夜。ホテルからタクシーでブブーンとやってきたのは、ディスティラリー地区。

いやぁ〜、懐かしい〜。電飾が綺麗です。そしてレンガと石造りなので、寒い、寒い。

何度も来ているので、やっぱり体が覚えてますね。ズンズンすすんでやって来たのは…

トロントのクラフトビール界でも大手中の覆って、Mill Street のブリューパブです。

この日はボクシングデーイベントなんかもやっていたので、そこそこの人混み。エントランスで並んでいると、「君たちはどっちのレストランがいい?」と聞かれました。どっちのって?ナニ?

聞くと、隣にも The Beer Hall というレストランをオープンしたんだそうです。ビールメニューはどっちも同じとのことなので、子どもたちもいるし混んでないほうがイイね!と言ったら、じゃあこっちがいいよ!と、The Beer Hall に案内されました。

こちら、新しい店舗なので綺麗だし、広いし、そして空いていて良かったです。こどもが騒いでも問題なし!

ということで、さっそく行きますよ!

サンプラーで攻めます。チョイスしたのは、タンクハウス!レモンティーエール!フランボワーズにトリプル!わ~い!わ~い!相変わらず、タンクハウスエールは美味しいなぁ。

さらだはビーツとモツァレラのカプレーゼ。

ビーツ好きの嫁のチョイスです。

コチラは、名前は忘れてしまいましたが、ピザのようなもの。

野菜がふんだんに使われており、美味しい。パブ飯とは思えない完成度ではないでしょうか。

ソーセージもつけちゃいます。

茹で上げたソーセージに、程よい辛さのハニーマスタードがたまりません。美味しい。美味しい。

さて、二回戦目!

コーヒーポーター、ヴァニラスタウトと黒ビールをチョイス。それにHelles bockと、Distillery Ale。Distillery Aleはオールドエールですね。どれも美味しいです。

この The Beer Hall 。ちょっといいかもしれません。内装は、 The Beer Hall という感じで、レストランよりも少しカジュアルなのですが、とにかく広くて、料理も良いです。グループなんかも収納できる広さで、そこそこ騒がしいというのは、子連れには嬉しいですね。

バルザックコーヒーの前の広場のクリスマスツリーが綺麗でした。

あ〜、また来たいなぁ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.30    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その15 トロントよ!帰ってきたぜ!

オンタリオ湖畔からリターンズ その15 トロントよ!帰ってきたぜ!

調子にのって、もうその15ですね…。最初はノリノリで更新していましたが、だんだん重荷になってきたわ(苦笑)。

さて、ランチもバッチリ食べた(記事)ので、さらに歩きます!しかし歩いてみて改めて思ったのですが、ガンガン高層マンションや高層ビルが建っていますね。トロントの建築ブームはまだまだ続いていたのですね。


Queen Street から少し南に折れて、ミニドーナツが美味しかった Little Nicky's Coffee (記事)にでも寄ろうと思ったのですが、残念。お休み中でした。

そのままズンズンと南下。途中、トロントにはじめてきた時に泊まったホテルや、よく行ったアウトドアショップ、このブログにも出てくるレストランなど沢山の想い出の地を通り過ぎ、やってきたのはココ!

トロントといえば!!!やっぱりこれ!CNタワーです!なんでも最近では外を歩けるようなアトラクションとかも出来たとか。高いところはそれほど得意ではないのでそういうのは勘弁していただきたいのですが、やっぱりCNタワーは良いですよね。なんかほっとしますね。


……
でも混んでるし、高いから今回は登りません(笑)。

しかも!!!足元には水族館までできてたのですね!水族館には目がない釣りバカ親子ですが、大行列ができているし、入場料もかなり高いので、今回は見送りました。しかし、トロントに唯一足りないものは水族館だと思っていたのですが、とうとう出来たのですね、アクアリウム。

そしてココ!RogerCentre!!!!!

野球を見に来たり、イベントを見に来たり…、ここはワキ家の思い入れが結構強い場所です。サンフランシスコの南のほうに生息中とはいえ、やっぱりメジャーリーグはブルージェイズが一番好きです!というか、ジャイアンツがイマイチ好きになれないんですよね…。オレンジと黒のカラーは、読売ジャイアンツと一緒だし、なんだかちょっと球場やファンの雰囲気がハードコアすぎて子供と一緒に行く気がしない…。それに比べると、万年ガラガラのロジャーズ・センターに低迷するブルージェイズは、敷居が低くていいです。好きです、ブルージェイズ。

そしてここまで来たら、行くしか無いでしょ!

スティーーーーーーム・ホィッスル!!!!!です(記事)(記事)。我が家の冷蔵庫には、いまだのスティーム・ホィッスルのボトルオープナー(記事)が設置されており、現役バリバリで稼働しております。

ブリュワリーにずんずんと入って行くと、この小さなグラスに Steam Whistle Pilsner を注いでくれます。

うーむ、美味い。Steam Whistle Pilsner は、なんでしょう。クリアな味わいでいつも安定の美味さ。そもそもピルスナーという日本人には手の合うビールなのですが、これはトロントのこの街の雰囲気や空気感と、絶妙なマッチングだと思うのですね。なんだかよく分からないのですが、「うむ、良し良し」という感じになるんです。気合の入ったベルギービールとかみたいに、覚悟を決めて飲んで特別な味わいを楽しむとかそういうのではなく、普通に飲んで普通に美味しいという感じです。約3年振りに飲みましたが、「やっぱり、これ美味しいねぇ」と嫁としみじみ。

あー、この建物は、トロントスポーツマンショーなどをやるコンベンションセンターですね。

あ〜、懐かしいなぁ。(記事)(記事)(記事)

いや、この日はよく歩きました。このあと地下のパスに入って、さらにホテルまでテクテク。

エアカナダセンターではちょうどホッケーの試合が終わった所のようで、ホッケーのユニフォームに身を包んだカナディアンたちが沢山いました。ナショナルチームの試合があったようです。

実はこのブログの第一話の写真は、CNタワーとRogerCentreなのですね(記事)。なのでとっても感慨深いのです。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.28    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その14 Queen Mother Cafe

オンタリオ湖畔からリターンズ その14 Queen Mother Cafe

さて!バーゲンセールでいろいろゲットした後は、ランチに向かいます。

まだちらほらと雪の舞うQueen Streetを、ストローラを押し押し西へ向かいます。水たまりやアイスバーンでストローラがスタックして大変です。そして7歳児は相変わらず道端に積もった雪を見ると、興奮して突っ込んでいくし、除雪用の塩の塊をみると「すごい!たくさんのクリスタルが!!」とか訳の分からないこと言って、またしても突っ込んでいくし…。困ったもんです。

そしてやってきたのはココ!

Osgoode にある Queen Mother Cafe です。


ここは以前トロント時代に務めていた会社の近くにあり、よく嫁が街に出てきた時に一緒にランチをとった想い出のカフェなのですね。(記事)(記事)


Queen Mother という名前の通り、店内には英国王室関連の写真などが沢山飾られております。

店内はバーカウンターにブース席がそこそこあり、夏にはバックヤードにパティオもオープン。キャパシティはそこそこあるのですが、お昼時はいつも混み合っていた印象です。

なので、ちょっとストローラーにシム子を乗っけたまま突撃して、くつろげるかなぁと少々心配ではあったのですが、年末ということもあってか、この日はとても空いていてラッキー!

では早速想い出のメニューを行きましょう。

嫁のチョイスはコレ!KHAO SOY GAI です。ココナツミルクのカレースープに、麺、オニオン、パクチーなどの香菜がのっており、嫁の大好きな一品。日本に帰った後もずーっと、アレをもう一度食べたい…と言っており、東南アジア系レストランに行くと、これに似たような品目にいつもトライするのですが、これを超えるものにはまだ出会っていないようです。今回も、嫁のたっての希望でコレを食べるために来たようなところもあります。

オジさんは、BAH ME HANG

前に来た時、嫁がKHAO SOY GAIを頼んだので、オジさんはヌードルメニューのもう一個のほうBAH ME HANGを頼んだんあだよなぁと記憶があったので、その時と同じくコレを頼みました。コレも美味しいんですよ。

ヌードルならモノを選ばず大好きな7歳児も、美味しい美味しいと食べていましたが、店のカウンターのショーケースに陳列されたケーキが気になるようで、「デザートはないのか?」としつこく聞いてきます。

ショッピングに付きあわせてずいぶん歩かせたということもあったので、自分で注文できるならいいよと許可をだしたら、いつもは引っ込み思案な7歳児、食べ物には簡単に釣られるのですね。バシッと注文を決めて、ケーキをゲットです(笑)。ホワイトチョコのケーキ。甘かった…。

想い出のカフェ、満喫しました。

夜は深夜まで始業していて、その時間帯は完全に二次会・三次会のバーと化すようなカフェなので(記事)、ちょっと雑然としたところもある店内なので、正直赤ん坊連れではパッパと食べてそそくさと退散…というストーリーも考えていたのですが、空いていたし、店員さんも凄くキッズフレンドリーで、凄くのびのびと昼食を楽しめました。

お腹も一杯になったところで、さて!また歩くぞー!!と外にでてみたら…

雪はすっかり止んで太陽が出て来ました。それでも寒いには寒いんですけどね。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.28    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その13 Boxing Day

オンタリオ湖畔からリターンズ その13 Boxing Day

さて!12月26日です!12月26日といえば!ボクシング・デーですよ!カナダにおいては、年に一度のビッグバーゲンセールの日です。アメリカのブラックフライデーみたいなものでしょうか。

せっかくトロントにいるのだから、ボクシング・デーのセールには行きたいなぁという嫁は、朝の6時半には起床。しかし、そんな嫁の希望を知っているのに、まるで起きられないオジさん、シム子、7歳児は、寒いよ寒いよと寝床から出ることが出来ず、嫁の体全体から出る「いい加減にせいや!」オーラがさすがに限界に近づいた7時半まで布団にくるまっておりました。

そそくさと身支度を整え、朝から降りしきる雪を眺めながらバッチリ防寒対策も施して、8時にはホテルを出発!地下のパスをシム子の乗ったストローラーを押し押し、ズンズンと進みます。

途中、イートンセンターってどっちの方向?と道を聞かれて「こっちだよ!」と間違った道を力強く教えてしまい、共にズンズンと進んだ挙句、行き止まり…、トホホ…、なんて失敗もしましたが、なんとか Queen通りのデパートBayに到着。2階の連絡通路から、イートンセンターへ突撃です!(地下道は完全暖房。彷徨いながらズンズン歩いていたら暑くなってしまったので、7歳児はジャケットを脱いでおります。)

イートンセンターは7時からオープンしていたそうですが、到着した時は、それほどの混雑ではなかったです。気になるお店を冷やかしながら、ダンダス方面に進むと出てきたのが…

クリスマスツリーです!

がっ!!!がががっ!!!!
なんでことでしょう…。これは一体、なんてことでしょうか…。

イートンセンターのクリスマスツリーといえな、スワロフスキーの豪華な豪華なクリスマスツリーだったはず!それが、なんともいえないただの電飾ツリー…。うーむ…、ううむ…。

クッ、クリスマスツリーが…、なんて言いながらイートンセンターを横断してSearsまでやってまいりました。

クロージングセールです…。いろいろとお世話になったお店だけに、なんだか切ないですねぇ。セールということで、ここは一丁なんか買っとくか!と、パンツを購入。なんでパンツ?と言われると困るのですが、そこそこの日数滞在しますからね、パンツは重要なんですよ(笑)。

Roots や Club Monaco や、French Connection UK など、アメリカのモールには入っていないお店で、いろいろと購入。安い。どこも全品50%引きとかやっていて、ちょっと興奮。途中ちょこっと立ち寄った Gap kids で、シム子の子供服を沢山抱えて出てきた嫁曰く「これってブラックフライデーより良くない?」とのこと。やるな、ボクシング・デー。

ひと通り買い物を済ませたところで、Queen Street に出て、Osgoode 方面へテクテクと歩きます。

旧トロント市庁舎です。この建物は、相変わらず写真映えのする素敵な建物ですね。

となりの Nathan Phillips Square のスケートリンク。

雪が珍しいのか、まだまだ雪に興奮している7歳児は、そこらの雪山をみるとどうしても登らずにいられない模様…。そんなに雪、珍しいか?しかし、カナダの雪はやっぱり違いますね。水分が少なくて、踏みしめるとキュッキュッとなんとも言えない感触。

今年の1月、シム子が誕生(記事)した次の日1月14日は、首都圏に大雪が振った日。あの日、嫁の入院している産院まで数十分大雪のなか歩いて行ったのですが、ズボンにつくとすぐに溶けてズボンをグジョグジョにしてくれる水分多めの日本の雪に苦労しながら、あ〜カナダの雪って踏み締められたし、衣服についても払えばすぐに吹き飛んでいったよなぁ、とシミジミ思ったのを思い出しました。

ーーー
おまけ。

地下道を歩いている時に発見した、日本料理店の入り口の看板。

日式放題!?
日式放題って…。

まぁ下の方に All you can eat って書いてあったし、「放題」の部分からだいたいは予想できますが、日式食べ放題と書きたかったのでしょうね。日式放題ってすごいな。なんだろう、逆に英語訳すると All you can Japanese! みたいな感じか(笑)。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.12.27    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その12 クリスマスディナー

オンタリオ湖畔からリターンズ その12 クリスマス・ディナー

うーん、かなりどうでも良い記事なのではありますが、なんだか今回の旅の記錄をココまで記錄しておきながら、これを飛ばすのもナニなので、ここはしっかりとクリスマスの夜のディナーの様子も書いておくことにしましょう。

クリスマスは日本における元旦と同じくらい、お店関係の機能は停止します。そんなこんなで、お昼ごはんもファストフードで済ませましたというのは前回の記事の通り(記事)ですが、さすがにディナーはちゃんとしたところでしっかり食べようねということで、前日にホテルのコンシェルジュに「クリスマスの夜で、キッズもOKで今から予約できるレストランないかな?」と相談して予約しておいたレストランへ。

食事自体は、普通にレストランのディナーという感じだったので、ちゃきちゃき写真を眺めながら先に進みましょう。

まずはビール、ビール!こちらはハニーラガーです。このハニーのビールは、ここでしか飲めない一品で以前から気になっていたのですが、うーむ。意外と普通。そしてグラスというかジョッキが、ギネスのジョッキだったあたりが、なんとも言えない微妙な感じ…。

昨日ガッツリお肉を食べていたので、この日はなんか適当なオツマミメニュー。

クラブハウスサンドです。これは、パンがパリサクという食感に焼きあがっており、美味しかったです。

7歳児は、やっぱり Kids Menu にパスタと書いてあると、脊髄反射的にソレを頼んでしまう模様。

ミートソースです。一口もらったけど、ソース美味しかったなあ。そこそこ高級感のあるレストランだと、たまにあるんですよね、キッズメニューが一番美味しいというケース(笑)。

奥にあるのは、サラダ。こちらはモツァレラとレタスにトマト。カプレーゼですね。どうしても旅先で外食が増えると、生野菜の摂取頻度が減ってしまうので、病み上がりの嫁が「肉を食い過ぎた!野菜を食わねば!」と注文。

こちらは…、プーティンですね。お昼にマックのプーティンを食べたのですが、なんかマックのプーティンでプーティンを済ませてしまうのは癪だったので、こちらのレストランでもプーティンを頼んでみました(笑)。

こちら、グレービーソースがなかなかの味わいで美味しかったです。プーティン、最初は「なんだこの食い物は?」と嫌悪していたのですが(記事)、グレービーソースの味わいに慣れてきてしまうと、意外とイケてる食べモノに昇格しますね。

ごちそうさまでした。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.27    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その11 ホワイト・クリスマス

オンタリオ湖畔からリターンズ その11 ホワイト・クリスマス

さて、25日のクリスマスの日ですが…

起床してホテルの窓から外を眺めると、そこは…、雪。雪が舞っております。

窓辺にはこんな感じで美しいスノーフレークが積り、7歳児は大興奮。

確かに雪の結晶は美しいですよね。でも…、日本で3年、カナダで3年過ごし、雪は何度も見てるはずなのに、そんなにハシャがなくてもねぇ(苦笑)。

クリスマスの日ともなると、ほぼ全てのお店は休みになります。中華圏における旧正月のような感じです。マクドナルドなどの大手グローバルファストフード店などを除いて、ほとんど全てのお店の機能が停止します。

カリフォルニアを脱出して4日目。さすがに疲れが出たワキ家。この日は完全にまったりモード。それどころか、クリスマス・イブにプライムリブくってグラスワインを飲んだりした嫁が、久しぶりのディナーに体がビックリしたのか、体調を崩して寝込むという緊急事態。

お昼は僕達が何か調達してくるよと、7歳児と雪の降る街に繰り出します。7歳児はここでも、道端の雪をみると、どうしても雪を踏みしめたくなってしまう様子。

こんな日でも営業している店があるとすれば…、それはターミナル駅の構内にあるファストフード店に違いない!とやってきたユニオン・ステーションで、狙い通りセカンドカップが絶賛営業中でした!

わーい、とマフィンとアイリッシュクリームをゲット。

アイリッシュ・クリームは、一時期毎日飲んでいました。

セントアンドリュース駅をおりて、会社に向かう途中、ちょっと一本道を遠回りして、アデレード & ユニバーシティにあるセカンドカップに毎朝立ち寄り、ミディアムサイズのアイリッシュクリーム飲んでましたねぇ。何も言わなくても、並んでいるだけで勝手に出てくるようになるまで、飲んでましたわ(笑)。たまにヘーゼルナッツとか気になるフレーバーコーヒーが出ても、レジに到着した時にはすでにアイリッシュクリームがスタンバイされているので、困ることもありました。

駅構内では、その他にもティムやマックもオープン中。

マックには長い行列が出来ておりましたね。マックを発見した7歳児、もう頭の中にはハッピーミール(ハッピーセット) のことしかありません。「早くマック行こうよ!マック!マック!」と、父親を強引に引っ張っていきます。この積極性が、友達作りや学校生活にも出るといいのにねぇ。

せっかくマックに並んだのだから、オジさんもなんか買おうかなぁとメニューを見ると、プーティンがありました。

おー、せっかくだからバーガーとかよりブログのネタになるプーティンにしよう!ということでプーティン購入!でもよく考えたら、今回のカナダ訪問における初プーティンが、マックのプーティンって、ちょっとしょぼかったか…。

ホテルに帰って、みんなでファストフードランチを終えた、7歳児が取り出したのがコレ。おっ、キャンディケインか。

嫁が前の日に買っておいたようです。大きくて立派なキャンディケインではありませんか。柱の角でカンカンと叩いて、小さなチャンクに割って、みんなで分けました。なんだ、この味わい…。シナモンが効いていて、甘みと酸味がなかなか絶妙だが…。正解はアップルパイでした。アップルパイの味のキャンディです。う~む、この空気の乾燥する季節には、このスパイシーなキャンディは悪くないかもね!

メリー・クリスマスでした。


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.27    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その10 Kegに行く

オンタリオ湖畔からリターンズ その10 Kegに行く

この日はクリスマス・イブなので、どこかレストランでお肉でも食べよう!と話していたのですが、7歳児はちゃかりR君のお宅で晩御飯もご馳走になっていくとのこと。

ということで、嫁とシム子と3人で、ホテルで一休みしたら、ストローラーを押し押し、お目当てのレストランに向かいました。

寒い、寒いです。やって来たのは、The Keg Steakhouse & Bar。カナダ全土に店舗展開する、ステーキのお店です。料理も悪くないし、何よりもキッズフレンドリーなので、子連れには嬉しいレストラン。

早速ですが、ビールを頂いちゃいます。

こちら、Creemore SpringsCreemore Springs Premium Lager (記事)です。Molson傘下にある小さなブリュワリーですが、ここのビールはどれもクリアな味わいで美味しいんですよね。

アペタイザーには、マッシュルームをクリームチーズで焼き上げた一品。

エスカルゴとかを焼く容器でしょうか。一個一個の穴に、大ぶりなマッシュルームが入っており、そこにクリームチーズのソースがかけられ、程よく焼きあげられております。美味しい。マッシュルームも美味しいし、クリームチーズソースをパンに塗って食べても良し。とても美味しそうな見た目に、隣のグループからも「それなんていうメニュー?」って聞かれました。

これはハイチェアに座ってハイハインを食べていたシム子に、お店からのサービス。

Kegはこういうサービスをしてくれるんですよね。過去記事を振り返ってみても、2010年の2月。ちょうどバンクーバー冬季オリンピックの頃に、3歳児を連れて行った時にも、こういうサービスを提供してもらいました(記事)。

イチゴを食べてご満悦のシム子。セロリを握りしめて、ガジガジやっております。セロリは繊維もしっかりしていて、なかなか噛み切れないようで、スルメをシャブルかのようにガジガジ。セロリをガジガジやっている間は、非常に大人しく集中しているので、「これは!?もしかしてこの娘を大人しくさせておくには、セロリを与えておけば良いんじゃないか?」と思ったのですが、そこはお兄ちゃんに比べるとアクティブっつーか、凶暴なシム子さん。バリリとセロリを食いちぎり、大きな塊を飲み込もうとして「おえぇぇぇっ」ですって。ダメだ、セロリ作戦失敗(笑)。

さてお肉がやってまいりましたよ。こちら、SIRLOIN OSCAR、8オンスなり〜。

ミディアム・レアに焼きあげられた肉塊に、シュリンプとホタテとアスパラのソースがかかっております。うむ!美味い。サイドはガーリック・マッシュポテト。ここのガーリック・マッシュポテトも相変わらず安定の美味しさです。

そして嫁は、やっぱりPRIME RIBです。サイドはベークド・ポテト。

おー、美味しそう。まぁ今回Kegに来た目的は、コレですからね。食べきれなかったら、ホテルでビールのオツマミに…と思っていたのですが、きっちり10 oz.食べきりました、嫁。昔よりなんだかペッパーが効いていた気がしますと、言っておりました。

いやぁ、ごちそうさまでした。ちょっと帰り間際にシム子がぐずって大変でしたが、満足のディナーでした。

帰りはタクシーで帰ろうかぁなんて言ってたのですが、ちょっとどこかでコーヒーでも飲んでいこうと、酔い覚ましも兼ねて、寒い寒いトロントの街をテクテク。

しかし、なんだろう。まだカリフォルニアにまだ100%慣れていないからかもしれないけど、やっぱりトロントのほうが圧倒的にホームな感覚です。(笑)
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.26    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その9 ダンダススクエア

オンタリオ湖畔からリターンズ その9 ダンダススクエア

ROMを満喫したので、イートンセンター近くでお茶しているという嫁達に合流すべく、TTCにのってQueenステーションまでやってきました。

もうねぇ、何もかもが懐かしいです。Dundas, Queen, King, Union, St.Andrews...、ここらへんは頻繁に利用していたからねぇ。

Queenからイートンセンターへ。ホリデーシーズンということで、そこそこ賑わっていましたね。ROMで良い子にしていたR君と7歳児。ToysToysToysで何か小さいレゴとか買ってもイイよ~、でもお母さんたちに見つかったらきっと「甘やかしたらダメ!」って言われちゃうから、お母さんたち来る前に選んじゃいな~。と言ったのですが…

やっぱりオモチャが沢山あると目移りしてダメですね(笑)。大きなレゴの箱を抱えて「これ欲しいなぁ~」なんて言ってるので、それは本番でサンタがきっと持ってくるから本番向けにとっておきなさい!と説得(笑)。結局レゴはどれもお高かったので見送っていただき、Hot Wheels(ミニカー)をお買い上げ。2人でHot Wheelsを床に並べては「これ格好良い!」「オレはこっちが好き」なんてずーっとキャッキャとやっておりましたが、結局お揃いのHot Wheelsを2台づつで話はまとまったようです。

クリスマスギフトを買い求めるお客さんで行列のできたレジに20ドル札を握りしめて2人仲良く並んで、無事にお会計を済ませ、ちょうどお店を出たところで、嫁さんたちが向こうからやってくるのが見えました。「やばい!みつかる!隠せ!」と、背中にミニカーの入った袋を隠す2人。でも顔はもう、ニヤついちゃって、ニヤついちゃってねぇ(笑)。いやぁ面白かった。

そこで「じゃあ、ウチに遊びに来る?」とR君のお母さんに誘われた7歳児。「行きたい!行きたい!」とR君のお宅にお邪魔させていただくことになりました。なんだか申し訳ないですが、ここはご好意に甘えることにして、我が家は嫁とシム子とオジさんの3人で、懐かしのイートンセンターとトロントの街をしばし散策。

そこで嫁から衝撃のニュースが。「そういえば、Searsクロージングセールだよ。撤退ですって」だと!なに!!!(News記事)

ここのSearsには大変にお世話になりました。最初トロントに来た時、日用品のほとんどはココのSearsとカナディアンタイヤで揃えたなぁ。

BlueJaysショップでJaysグッズを見たり、Rootsで服を買い、ダンダススクエアへ。

そこからテクテクと南下して、懐かしのHardRockCafeトロントにちょっと立ち寄ったり。いやぁ…、寒い。ビルの谷間はすげぇ寒い。

おー、これは。Massey Hall です。

2010年の10月。ここで X-Japan のライブを観ました(記事)。まさかXがトロントで観られるとは思ってなかったなぁ。あの記事の直後、一瞬訪問者カウンターが増えて、何事かと思ったら、Xファンの方々が本ブログに検索エンジンから訪れていた模様で、なんだか凄く「申し訳ない。申し訳ない。」ってなった記憶が…。

Young St. から、Massey Hall の前をとおり、一本奥のVictoria St.を南下。Victoria Stは、ビルの谷間で陽が全く当たらず、本当に寒い。

寒い、寒いよぉと言いながら向かった先は、ココ。トロントのローカルブリュワリー、Beer Academy です。性格にはブリューイングもしているけど、ビールに関する知識や知見を広めるためのスペースというコンセプトらしいです。

ここの住所は、75 Victoria St. 。ココはですね…、以前あのDuggans Breweryがあったところなのです!(記事)

そうそうこんな感じ、でも確か昔は、いま冷蔵庫になっている場所にバーカウンターがあったよね。なんて嫁と話しながら、ビールをいただきます。

ビールは自家醸造のモノと、Creemore springs のビールがありました。3種類のサンプラーを注文。

色々な種類があって少し悩みましたが、奥から、ケルシュ、IPA、TRIPLEをチョイス。ケルシュはならではの香りに、酸味混じりの爽やかな口当たり。IPAはドライで鮮烈な香り系というよりは、しっとりと甘目のボディが特徴的だったかな。TRIPLEは、スパイスの感じの効いたさすがの香りと味わい。アルコール度数も10%前後と強力ですが、これが一番良かったかな。他にもDarkLagerやPilsner、Porterとかいろいろありました。うーん、全部制覇したい…。

冬のトロント。まだ7歳児が、可愛い盛りの3歳児とか4歳児だったころ、一緒に寒い寒いとか言いながら散歩したよなぁ…、なんてノスタルジーに浸ってしまいました。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.12.26    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その8 ROMに行く

オンタリオ湖畔からリターンズ その8 ROMに行く

さて、この日は嫁がトロント在住時代の編み物メイツとお茶をしますというので、その間に7歳児とお父さんはROM (Royal Ontario Museum) にでも行こうか!と、TTCにのってMuseum駅へ。

以前にも3回に分けて書いてますね。(記事)(記事)(記事)

ちょうど編みメイツのお宅のR君も暇してたとのことなので、オジさん+子供2名で突撃です!久しぶりにのったトロントの地下鉄TTCの車両が新しくなっていた!!シルバーの真新しい車体の内部は、こんな感じ。広くて明るくて綺麗だ。

後で嫁に指摘されて知ったのだけど、小学生は75セントで乗れるのね。くぅ、いつも子育ては嫁任せだから、そういう情報には疎いですよね。そりゃそうだ、子供料金あるに決まってるよね。3ドルのトークン買っちゃったよ…。どうりで、トークンを渡されたR君が「これな~に?どうするの?」って聞いてきたはずだわ。「これは地下鉄に乗るための秘密のコインだ!アソコに投入するとゲートが開くぞ!行くよ!」と言った時、ちょっと嬉しそうだったもんな(笑)。

Museun駅で下車して地上に出て、路行く人に「ROM行きたんだけど、どこですか?」と聞くと、すごく丁寧に教えてくれた。やっぱりカナダの人たちは気さくで親切だな。

で、やって参りました!ROMです。王立オンタリオ博物館です。ここは動物、鳥類、昆虫から恐竜まで、たくさんの展示があって子供も大人も楽しめます。入るとさっそく、このドデカイ恐竜が出迎えてくれます。

ちょうど、Wildlife Photographer of the Year という特設イベントもやっていたので、まずはソレを鑑賞(大人は$5のエクストラフィーが必要。子供はFREE)。世界各地のフォトグラファーの撮った、幻想的な写真や、ナイスなワンショットの写真の展示会でした。

そしてそれが終わったら、いよいよアニマル・恐竜コーナーへ!

まずは恐竜の世紀に突撃する間に、マンモスから。

マンモスや巨大なムースなどの化石標本が沢山展示してあります。昔と内容は変わってないかな。7歳児に「これは何だ?」と聞いたのですが、マンモスと答えられませんでした…。「でかい象みたいだけど、耳がないなぁ」なんて暢気な事いってましたが、恐竜いっぱい知ってるのに、マンモス知らんのか。

でた!T-Rex!ティラノサウルスですね。

これには皆大興奮。R君も自分のiPhoneで写真をパチパチ。迫力あります。

その他にも、トリケラトプス類や、イグアノドン。ステゴザウルスなど、沢山の標本が展示されております。

あまり他に博物館とか行かないので良く知らないのですが、ここの恐竜や動物標本の展示はなかなかの物ではないでしょうか。恐竜はとにかく沢山います。

あと写真とってないのですが、衝撃の展示物は…、でかいゴキブリ。昆虫の剥製標本のコーナーに水槽が一個ポツンと置いてあって、中にはでっかいゴキちゃんたちがおります。これもてっきり模型だろうと思って覗きこんだら…、もそもそと動くではありませんか!「きもーっつ!!!!」とR君と7歳児、一目散に水槽から逃げ出しました(笑)。

全体的に展示物は3年前と変わっておりませんでしたが、相変わらず楽しめました。空いていて貸切状態だったしね!

ここのコーナーの他には、古代中国やアジア諸国の石像や仏像の展示。古代ペルシャやギリシャの彫刻や武具の展示、各国の民族衣装や文化物の展示などがあるのですが、子どもたちにはまだ早すぎて飽きてしまったので、地下のカフェにランチへ。

チーズバーガー!フライ!オニオンリング!マック&チーズ!と大好物で攻める子どもたち。

オジさんはサンドウィッチにしましたが、ようやく打ち解けて仲良しになったR君と7歳児、きゃっきゃいいながらランチしていました。

キッズフレンドリーなこういう博物館がある街ってのは、良いですね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.26    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その7 帰ってきたよ!オンタリオ!

オンタリオ湖畔からリターンズ その7 帰ってきたよ!オンタリオ!

ノリノリでその7まで書いておいて今更なにですが…

帰ってきたよ!オンタリオ!!と冬のハーバーフロントにてのワンショット。

湖面は半凍結。あと一ヶ月後だったら、シムコーでアイスフィッシングできたかもなぁ。アイスフィッシングの竿だったら、普通にスーツケースに入る長さだしなぁ(笑)

早速、オンタリオ州お酒専売公社LCBOにも突撃してきましたよ。

Mill Street のバーレーワイン2013とか、その他もろもろを購入!知らないクラフトブリュワリーなんかも増えているみたいなので、想い出のビール達を飲み尽くすのとは別に、新しいビールも沢山制覇しないとなぁ。尿酸値&プリン体が心配な年末です。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.25    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その6 パールでほにょる

オンタリオ湖畔からリターンズ その6 パールでほにょる

さて、カリフォルニアに比べると天と地のさほど寒いトロント。知らなかったのですが、厳寒、雪、フリージングレインなどの影響で電線が切れて、トロント郊外では大規模停電が続いており大変な事態のようです。ホテルのチェックインが遅れたのも、そういう人たちの受け入れとかしていたからかもしれません。

そんな寒いトロントの街をテクテクと歩いて向かったのは、ハーバーフロントエリア。

その昔、ワキ家が住んでいたマンションの目の前のセカンドカップは健在!Queens quay 通りは、Front street 同様に、地面を掘り返してなにやら大げさな工事をやっており、TTCのストリートカーも現在は運行していないようでした。

昼食に向かったのは、Queens quay terminal に入っている中華料理屋サン、Pearl Harbourfront Restaurant です。

Pearl、懐かしい。比較的大箱で(他のローカル中華に比べると)高級感のある中華料理レストランで、何かあると Pearl で食事会という感じでしたね。サービスも良いし、美味しいし。(記事)(記事)(記事)

子連れにも優しいので、突撃!

サーブしてくれたフロアマネージャは3年前と同じ、巨漢の中華系のお兄ちゃんでした。日本人とみると、片言の日本語で「いらしゃいませ〜、ようこそ〜」とかフレンドリーに話しかけてくれるあの人です。

では早速いってみましょう!まずは…

やっぱりコレ!ワキ家の定番と言えばコレです!ほにょ!ホニョ!正式名称は腸粉というようですが、ワキ家ではほにょと呼ばれて親しまれているこれ。美味しいんですよね。パールのほにょは上品でタレの味わいがとても良いのです。このホニョは、なんとホタテのほにょ。実はホタテのほにょは初。うむ!美味しゅうございました。

こちらは餃子。

餃子は7歳児が好きなんですよね〜。

今日はチマキとかではなく、包で攻めます。

チャーシューマンです。これも美味しいですねぇ。チャーシューの中華風味が、荒すぎず強すぎず、食べやすいです。

蒸し物の蒸篭に載ってやってきたのは、こちら!これもワキ家の定番、スペアリブです。

中華では排骨というのでしょうか、これのブラックビーンソース煮はワキ家(の嫁)の定番メニュー。これはブラックビーンではなかったのですが、葱油でしょうか、非常に風味の良い油で柔らかく煮こまれており、凄く美味しかったです。

こちらはワンタンスープ。

どでかいワンタンが一個ボーンと入ったスープです。Pearlといえば、フカヒレスープか何か美味しいのあったよねぇ…なんて話していた時に回ってきたワゴンに乗っておりました。これも美味しい、美味しい。

デザートシリーズは…

エッグタルト。エッグタルト、美味しいですよね。

7歳児が食べたい!食べたいというので、注文したマンゴープリンです。

ハートがかかれておりますね。7歳児、最近マンゴープリンがお気に入りのようで、一人でガブガブ完食です。

で、こちら。もうそろそろ上がりにしようか〜なんて雰囲気の時に回ってきたワゴンに乗っかっていた、ライチのデザート。

金魚の型になっており、なかなか風情があるし食べたことも無いので、じゃあお願いしますとオバちゃんに頼んだら、頭にブス!ブス!と爪楊枝を刺されました。おー、なにもそんな急所に一撃くれなくてもねぇ(苦笑)なんて言いながら、食べてみたのですが、これも美味しかったです。ライチゼリーみたいな感じでした。

喰った!喰った!超お腹いっぱい〜!なんて言っていたら、件の巨漢のフロアマネージャが、「ハッピーホリデー!これはお店からのサービスね!」と子どもたちにフルーツを持ってきてくれました。

おー、ありがとー。でももうちょっと早く持ってきてくれれば…と満腹の我らは少し思ったりしましたが、せっかくのご好意です。美味しくいただきました。

いやぁ、Pearl、相変わらず美味しいです。サービスもいいし、子供にもフレンドリー。まぁスカボローやマーカム、トロント中華街のどまん中の食堂よりは、お値段の面でも1.5倍くらいしますが、それでも安定の実績と品質ですね!

数年ぶりにやってきたハーバーフロント。なにもこの時期に来なくても…とは改めて思いましたが、この半分凍ったオンタリオ湖もまた風情があっていいじゃないですか。

懐かしく美味しいランチタイムでした。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.25    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その5 セントローレンスマーケット

オンタリオ湖畔からリターンズ その5 セントローレンスマーケット

さて!若干3時間の時差ボケですが、時差ボケは時差ボケ。なんだかちょっぴり眠い眼をこすりながら、外に出てみると…、寒っみ〜!!!目も覚めますわ。

セントローレンスマーケットの常設マーケットは月曜日は休みだと思っていたのですが、この日はやっているとのことで、テクテクとセントローレンスマーケットまで歩いて行くことにしました。

ヤング&フロントにあるコチラの建物は、ホッケーの殿堂。懐かしいな。

そのままテクテクと歩いて行くと、やってまいりました!

「オンタリオ湖畔から」を語る上では欠かすことは出来ない場所!セントローレンスマーケットです!


うわーい、変わってないなぁ!と入ってみたのですが、嫁が振り向いて一言。「なんかすげー綺麗になってるし、近代化してる…」「?」「ほらっ、自動ドアになってるよ!」と言われて気がついたのですが、確かに!自動ドアだ!エレベータとか全体的に近代化している気がする。

まずは朝ごはんを食べようと下のフロアへ。

勝手知ったる嫁の誘導で、美味しいコーヒー屋さんでコーヒーを買い、美味しいベーカリーでパンを買って、テーブルでもぐもぐ。パン美味しかったです。

朝ごはんを食べたところでマーケットへ。

おー、このオレンジのお肉屋さんは前と全く変わらないなぁ(記事)。

こちらはマスタード屋さん。

プレッツェルにマスタードをつけて、試食をポリポリ。このマスタードは美味しいよねぇ、ということでお土産にスタンダードな粒マスタードを一個購入!(過去記事)

魚屋ゾーンでは、その昔北極イワナを購入した魚屋(記事)のガラスケースに、ウォールアイを発見。

ウォールアイ!ウォールアイ!と喜ぶ7歳児。

パスタ屋さん、ワイン屋さん、チーズ屋サン…、どこも変わらず盛況でした。なんだか嬉しい。

ホテルがキチネットとかだったら、パスタ屋でパスタとソース買って、チーズ屋でチーズ買って、ワイン屋でVQAのワイン買って、オンタリオディナーを嫁に作ってもらうところですが、残念…。

マーケットの近くにあった、タイ料理屋さんとか、フレンチオニオンスープの美味しい Le Papillon (記事)とかも、健在でした。

ただ、ここから市内やオンタリオ湖のほうを眺めると、昔はなかった高層マンションが沢山。まだまだトロントの建築ブームは続いているのですねぇ。


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.12.24    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その4 ロ・ロ・ロ・ロンゴス再び!

オンタリオ湖畔からリターンズ その4 ロ・ロ・ロ・ロンゴス再び!

さて、ホテルの部屋からエライ勢いで更新を続けておりますが、さらに続きます。こういうのは勢いのあるときに書き溜めておくのですよ!

ユニオンステーション、エア・カナダ・センターと抜けてやってきたのはココです!ココ。Longosです。約3年前にコチラの記事(記事)に出ておりますが、ここはトロントでもお気に入りのスーパーでした。

まずは7歳児と突撃したのはチーズコーナー!

お~、相変わらずのナイスセレクションです!このチーズーコーナーの写真は片面で、ぐるっと一つの島全体がチーズの楽園となっております。中には試食用のチーズもあって、7歳児は「バイト!バイト!」と言いながら、大興奮でつまんでおります。

こちらデリコーナーも相変わらずの充実。

ちょっと夜のオツマミに…と、モントリオール・スモークミートを100gほど頂きました。あ~、ポンドやオンスじゃなくて、グラムで指定できる幸せ(笑)。あとでホテルの部屋でちょっと摘んだのですが、スモークミート激ウマでした。スモークミート、カリフォルニアに大量に持って帰りたい。

お肉コーナーには居ました!カリフォルニアではまだ見たことがないこの一品。

まるごとラビットさんです。ウサギさんですね(記事)。Whole rabbit…。どうやって調理するのだろか。

ここで夕飯も済ませちゃおうということで、ピザコーナーへ。

ペパロニのピザを焼いてもらうことにしました。

ピザを選んで、お兄ちゃんにお願いすると、奥に見える釜でその場で焼き上げてくれます。チーズを多めにトッピングしてもらって、釜へ。

5分後に戻ってくると、美味しく焼きあがっておりました。お値段8ドルなり~。悪くないと思います。

さらにサラダなどを買って、レジでチェックアウトした後、そのまま店の奥にあるイートインコーナーへ。スターバックスとCORKSという、ローカルビールやローカルワイン(VQA)を出すバーカウンターがあります。

ここにお店で買ったピザとかを持ち込んで、一杯やりながら食べられるのですね。嫁は、昔ココのスタバの常連だったとのことです。

CORKS(記事)で早速ビールを買ってきましたよ!

こちら、トロントにあるAmsterdamブリューイングの美味しい美味しいIPA、Amsterdam Boneshaker IPA (記事) です!「前に住んでたんだけど、3年ぶりなんだ。これアムステルダムのIPAでしょ?美味いんだよねぇ」なんてバーテンの兄ちゃんと歓談しながら、注いでもらいました。柑橘系のホップの香りに、ジューシーな口当たり。うむ!相変わらず美味いです。あ~、他のオンタリオビール達にも早く会いたいなぁ!

空港やホテルでのトホホな体験から、「カナダの野郎!」ってちょっと頭に来ていたのですが、変わらぬLongosの品揃えや店員さんたちのサービスに気を良くして、「やっぱりまたトロントに住みたいなぁ」なんて言いながらの夕食でした。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.23    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その3 懐かしのパス

オンタリオ湖畔からリターンズ その3 懐かしのパス

さて、ホテルにようやくチェックインできたものの、様々なトラブルによって予定よりかなり遅い時間に。部屋で一息ついた時には、すでに夜の8時を回っておりました。冬のカナダの部屋。ガンガンに空調がかかっており、部屋はこれでもか!というくらい大袈裟に乾燥します。とりあえず大量のミネラルウォーターとかを購入しに行かなくてはデンジャラスこの上ないし、地下パス通ってスーパーに行こう!と、ホテルを後にします。

懐かしの地下道。日曜日の夜なので誰もいません。さすがに毎日歩いていただけあって、はっきりと覚えているものですね。あっ!こっちだ!こっち!お〜、懐かしいねぇなんて言いながらテクテクとユニオン・ステーションまでやって参りました。

あ〜、変わらないなぁ。ここのシナボン、たまにお土産に買っていったっけ。(記事)(記事)

ユニオン駅を抜けて、AirCanadaCentreへ!この日はカニエ・ウェストのライブをやっておりましたねぇ。

この場所も、オンタリオ湖畔からでは何度も何度も登場しておりますね。(記事)(記事)(記事)

エアカナダセンターの入り口近くの扉を開けて、秘密の通路へ向かいます。

UNION STATION の裏口。

秘密の通路はこの日も誰も通っていませんでした。カニエ・ウェストのライブの爆音が漏れ聞こえてきます。そういう意味でもかなり美味しい通路だと思うのですが、日曜の夜だからか、未だに知る人ぞ知る秘密の通路なのか、人っ子ひとりおりませんでした。

おー、懐かしいなぁ、ここ!ここ!エア・カナダ・センターから、メープルリーフスクエアに抜ける電蝕された橋です。この写真(記事)の息子の後ろ姿と、現在の後ろ姿を比べてみると…、成長したなぁ。息子。あの時は4歳児だったのが、今は7歳児だもんなぁ。

ユニオン駅は、2011年にトロントを去るときも工事中でしたが、未だに工事中でした…。しかもあの頃よりも更に絶賛工事中という感じで、フロントストリートが全面通行止め状態になっておりましたね。ここらへんも、カナダってこういうところあったよねぇ…という感じです。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.23    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その2 ティム・ホートンズ

オンタリオ湖畔からリターンズ その2 ティム・ホートンズ

さて、空港からリモで市内のホテルへ。リモ、凍ってました。車体がバリバリに凍っていました。フリージングレイン恐るべし。沿道の木々の枝もキランキランに凍結しており、美しく輝いておりました。

ホテルに到着してみると、チェックインカウンターは長蛇の列。そしてようやくカウンターに辿り着いた所で、なんと!「お客さんが多すぎて、ちょっと回ってないんです。部屋の準備できるまで、まだまだ時間がかかりそう…。赤ん坊もいるのでプライオリティにするけど、何分かかるか分からない…。できたら電話する。」と。なんてこった。ちょっと奮発してそれなりに名のあるホテルを予約したってのに、初っ端からいきなりカナディアンクオリティかい!

しかたないので、ちょっと待ってみたのだけど、全然呼び出される気配もないので、近所のティム・ホートンズまでお茶をしに行きました。

お〜懐かしい!ティムは今も昔も変わってな〜い!と思ったら、English Toffee が無くなってた。
fc2blog_2013122313542457f.jpg
コーヒーとフレンチバニラと、ドーナツはメイプルディップ。ドーナツのショーケースの前で、大興奮の7歳児でしたが、本当にトロント生活のこと何も覚えてないのですねぇ…。飽きるほど来てたのですが。しかもこの店舗にも来たことあるのになぁ。ドーナツの味は変わっていませんでした。美味しい。美味しい。

お茶したところでホテルに戻り、さすがに赤ん坊連れで1時間以上待ってるのにまだ出来ないってどういうこと?と頭に来たので、「いつもこんなサービスなのですか?言っちゃ悪いが、The worst hotel experience ever ですよ!The worst!」とフロントデスクでひとしきりクレームを入れていると、とうとうグズって号泣するシム子を抱っこした嫁は嫁で、コンシェルジュを捕まえて相談していた模様。そのコンシェルジュのオッサンが、嫁の見立て通りの切れ者で、待ってろ!確認してきてあげるよ!とフロント裏に行って何やらプッシュしてくれたのか、タイミングが良かっただけなのかは分かりませんが、部屋のカードキーがすぐに出てまいりました。

空港到着からホテルの部屋まで4時間かよ…。そうだ、なんだかんだ言っても、カナダってこういうところあったわなぁ…とシミジミ。



関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (6)   2013.12.23    [ Category : 2013Toronto ]

オンタリオ湖畔からリターンズ その1 北へ

オンタリオ湖畔からリターンズ その1 北へ

さて!ホリデーシーズンがやってまいりました。今年は夏も休んでいないし今日からホリデーにしました。秋から我が家では、今年のホリデーどうしよう?と相談していたのですが、「そうだ!この際、トロントに行こうよ!そうしよう!」と突然嫁が盛り上がりまして、あれよコレよという間に航空券からホテルの手配まで完了。おー、いいのか?寒いぞ…と言うオジさんも、久しぶりのオンタリオに少し興奮しておりました。

で、本日。早朝4時半に全員起床!防寒対策万全で一路SFOへ!8時のトロントピアソン国際空港(YYZ)行きのエアカナダに乗り込みました!機体はエアバスA319。ちょっと狭いかも…。シム子がグズらないといいなぁ。搭乗前に、トロントのwoceanさんから、「こちらすっげー凍ってて、欠航もたくさん出てるみたいだけど、大丈夫?」と連絡が入りましたが、飛行機は定刻通り飛び立ちました。

この日のサンフランシスコ地方は快晴。離陸後にゴールデンゲートブリッジや、ベイブリッジがクッキリと見えました。

こちらの写真は、ネバダ州に入る前。

そしてロッキー山脈へ。

カリフォルニアの乾燥した丘山のような山が、雪山になり、山の表情が険しくなってきます。

ロッキー山脈を越えて、プレーリー地帯へ。

アイオワ州の手前はこんな感じです。畑の所々が大きく円形に囲われている感じに見えますが、これはなんだろう…。

イリノイを越えて、ミシガン湖上空からはずーっとこんな感じで、眼下には雲海が広がるのみ。

ミシガン州から、ヒューロン湖を越え、いよいよオンタリオ州へ。相変わらず厚い雲に覆われております。フリージングレインだったというけど、大丈夫かしらん。

降下体勢から、雲に突入し、雲を抜けたと思ったらもう着陸でした。凄く雲が低い所にあるのか、それとも靄が大変に厚い層になっているのか…

まぁいずれにしても、戻ってきたぜ!オンタリオ湖畔!うわー!!!寒そう〜!!!!。「何もこの季節に戻ってこなくても良いのにね〜。しかも雪明けの一番寒いタイミング。やっちまったね〜 、これは(笑)」と、嫁と機内の座席で爆笑してしまいました。

シム子という赤ん坊連れなので、いろいろと手間取りましたが、無事に入国。ストローラーをゲートで預けておいたのですが、なんと!ゲートでそのストローラを受け取ろうと思ったら、ゲートに現れず。空港係員のオッチャンも「おかしいなぁ…」と確認してくれたら、普通にバゲージクレームに回されたみたいと言われ、シム子を抱えたまま、通関。バゲージクレームに行ってみたのですが、何十分たっても出てこないので、空港係員に効いてみると、な〜んと!「全部の荷物がでてから最後に出てきます」だと!制限サイズオーバーの荷物と同じ扱いになっているではありませんか。ゲートで預けたのに、この始末かい!ひどい…、ひどいよ、エアカナダ…。

おぉぉ、この恐竜!。3年前もいました。まだいたのかぁ。

さて、ここから数日間はオンタリオ湖畔からリターンズとしてお送りする予定です。数日間に駆け足で3年間のトロントライフの想い出巡りをする予定なので、更新頻度も頻繁になると思いますが、よろしくお願いします。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.12.23    [ Category : 2013Toronto ]

アンカーの限定ペールエール Anchor Zymaster Series No. 5 American Pale Ale (Anchor Brewing Company

Anchor Zymaster Series No. 5 American Pale Ale

さて、今宵の一本は…
AnchorNo5_000.jpg
Anchor Brewing Company から、Anchor Zymaster Series No. 5 American Pale Ale です。

AnchorNo5_001.jpg
Anchor Zymaster Series No. 5 American Pale Ale って、名前長っ!!!Anchor社は、Zymasterシリーズというオリジナルブリューの商品群を定期的に販売しているみたいで、これはその第5弾。

ちなみに、No 1 はカリフォルニアラガー、No 2 はダークエール、No 3 はスタウト、No 4 は セゾンだった模様です。そして今回はペールエール。

さらに2012年発売のNo 1のカリフォルニアラガーは、現在では California Lager (記事) としてレギュラー商品になっているようです。

AnchorNo5_002.jpg
アルコール度数7.2%の褐色エール。開栓したとたんにやってきたシトラス系ホップの香り。香ってみるとホップの香りの中に、モルトの甘い感じもあって良い感じ。これは好きなタイプのペールエールだと香りが強く語っております。期待大!ボディは、ミディアムボディでパーッと酸味と軽い苦味が口内広がると同時に、舌には甘いくてコクのある味わいが乗ります。香りは飲んだ時は少し表情が変わり、なかなかに複雑で鮮烈。あ~、鮮烈な香りに、飲むと少し甘みや香りに複雑に表情が加わる…、やっぱりこれは好きなタイプです。美味しい。美味しい。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.23    [ Category : BEER (California) ]

ケベックビールに興奮する L'Herbe à Détourne (Brasserie Dieu Du Ciel)

L'Herbe à Détourne

さて、今宵の一本は…
DuCielHerbe000.jpg
あの!あの!オジさんの愛するケベックの Brasserie Dieu Du Ciel から、L'Herbe à Détourne です。Herbe はきっとハーブって意味ですよね。Détourne は婉曲とか遠回しとかいう意味みたいですが、それでこのビールの名前はなんて意味なんだろうか…。

DuCielHerbe001.jpg
このラベル。この絵のタッチ。いいなぁ。相変わらず、Brasserie Dieu Du Ciel は味があります。

DuCielHerbe002.jpg
アルコール度数10.2%の金色トリプル。香りはパンのような香りとフルーツのような香りのミックスで、おーケベックビールきた〜!という感じで盛り上がります。太めのミディアムボディで、度数的にはもっとフルボディで甘ったるい感じかと思っていたのですが、鼻に抜ける強い香りにすこしアルコールの感触はありますが、アルコール度数の割には飲みやすいボディだと感じました。飲み終わりは、グレープフルーツのような味わいと甘い後味で、久しぶりのケベックビール満喫いたしました!やっぱりこのブランドは好きだなぁ。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.22    [ Category : BEER (Quebec) ]

Anchorのウィンターエール 2013 Anchor Christmas Ale (Anchor Brewing Company)

2013 Anchor Christmas Ale

さて、今宵の一本は…
AnchorHappy2013_000.jpg
Anchor Brewing Company から、2013 Anchor Christmas Ale です。

AnchorHappy2013_001.jpg
ホリデーシーズン感満載の、モミの木の描かられたラベルが素敵です。

AnchorHappy2013_002.jpg
アルコール度数5.5%の黒褐色のウィンターウォーマー。キャラメルっぽいモルトにスパイスの感触の効いた香り。これこれ、ウィンターウォーマーっていったらこんな感じだよねぇ!という感じですね。ミディアムボディで、数かな甘みと苦味。炭酸は細かくシュワ~っと消えていく感じ。口に残るのは、軽やかなコクと苦味にスパイスの感触。花に抜けていく香りも複雑です。凄く個性的で美味しいという感じでもないのですが、飲みやすいし、とても優等生的な美味しいウィンターウォーマーという印象です。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.22    [ Category : BEER (California) ]

ジンジャーブレッドハウス

ジンジャーブレッドハウス

せっかくアメリカにいるのだから…ということで、
20131216_000.jpg
買ってきました、ジンジャーブレッドハウス。やっぱり7歳児はこれが気になっていたらしく、買い物に行くと、いつもじーっとあれ良いなぁって感じで眺めていたのですね。むか〜し、カナダに居た頃に作ったことはあるのだけど、覚えてないんだろうなぁ(記事)。

さっそく、製作にとりかかります。
20131216_001.jpg
実際は嫁と7歳児の二人であーでもないこーでもないと言いながらやっているのを、オジさんは全く関わることなく横から眺めているだけなのですが、結構大変みたいで、アイシングで家の壁や屋根を接着するのにずいぶんと苦労していました。家が建ったら、あとは好きにデコレーション。

なんだか大味な感じのお家ではありますが、まだまだ進行中です。
20131216_002.jpg
ノリノリでいろいろくっつけていく7歳児。うむ、お父さんとしては、もうちょっときめ細かく日本の匠の技の様に美しく作って欲しい気持ちも少しあるのですが、完成形はどうなるでしょうか。

はい!追記です。完成〜!
20131221_000.jpg
お〜豪華でなかなかいい感じに仕上がったじゃないですか。よく出来ました。

ところで、これ…、食べるものではないですよね?という認識なのですが、合ってます?

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.12.21    [ Category : 徒然/第二章 ]

熊共和国のレッドエール Red Rocket Ale (Bear Republic Brewing Co.)

Red Rocket Ale

さて!今宵の一本は…
RedRocketAle000.jpg
Bear Republic Brewing Co.Red Rocket Ale です。

RedRocketAle001.jpg
Bear Republic Brewing Co. は、ソノマ郡のHealdsburgという街にあるブリュワリー。Bear Republic というのは、19世紀のアメリカ・メキシコ戦争時に短期間存在した、カリフォルニア共和国のことみたいです。現在のカリフォルニア州旗に描かれている熊とかは、この共和国の旗印の名残とのこと。

RedRocketAle002.jpg
アルコール度数6.8%の、赤茶色のエール。香りは酸味と苦味のビター系のホップの香りがかなりいい感じに香ります。ミディアムボディで、なんとも言えない苦味と角のとれた甘みと酸味のバランスが素晴らしいです。冷し目で飲んだところ、ビターな苦味の押しが強い印象でしたが、そのときの印象がエクストラ スペシャル ビター(ESB)みたいな感じだったので、冷蔵庫であまり冷やさずに飲んでみると、全体的にソフトで丸っこい感じになり、苦味に混じって爽やかな酸味やコクが出てきたように思います。全体としてはボディはミディアムですが、味わいは太めで本格派な感じ。美味しいです。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.21    [ Category : BEER (California) ]

ホリデーシーズンのBassProShops

先週の土曜日のことですが、補習校に7歳児を迎えに行き、そのまま釣りバカ親子二人でマンテカの BassProShops へ向かいました!いやぁ、BassProShopsは久しぶりかも。
20131214_000.jpg
サンフランシスコから直接東へ向かうので、ベイブリッジを渡っていきます。実は、ベイブリッジを渡るのは初めてだったりします。7歳児に、この橋の途中には小さな島があって、その名をトレジャーアイランドと言うんだよ!と教えると、トレジャーあるかな!みつかるかな!と興奮しております。まぁそんな小島をブブーンと通り過ぎると、「ちょっと寝ます」とマンテカまでの1時間チョイのドライブ中は完全に爆睡。

爆睡していた7歳児、到着したので起こしてみると「あっという間に着いちゃったねぇ」ですと(笑)。
20131214_001.jpg
さすがはホリデーシーズン。バスプロショップスの入っている大規模ショッピングセンターは、過去に見たことがないくらいの混雑具合。まさかここまで来て、熾烈な駐車場争いをすることになるとは…。

ちょっと仁義なき駐車スペース争いで時間を食いましたが、無事に入店。相変わらず楽しいお店です。
20131214_002.jpg
今日はこれといってお目当ての釣具があるわけではないのですが、来たらやっぱり買っちゃうんですよねぇ。オモリとか、針とか。

クリスマスシーズンということで、こちらでもサンタとの撮影会をやっておりました。
20131214_003.jpg
トロント近郊の Vaughan Mills のBassProでは、Fishing with Santa というコンセプトでの撮影会でしたが、ここカリフォルニアでは普通にサンタと並んでパチリととるタイプぽかったです。

そしてホリデーシーズンなので、いつもはバスボートが展示してあるスペースを潰して、BassProShopsオリジナル玩具のデモンストレーションイベントコーナーになっておりました。
20131214_004.jpg
これに引っかかったのが7歳児。お父さんは釣具をじっくりと吟味したかったのですが、あのラジコンやってみたい!あの車のオモチャやりたい!と、お父さんの言うことを全く聞いてくれません。まぁ仕方ないかぁ。

ひとしきりオモチャを堪能したあとは、魚見たい!サカナ見たい!と、いつものように水槽にへばりつきます。
20131214_005.jpg
いやぁ、いつになったらお父さんゆっくり釣具を見れるのでしょう(涙)。

大人も子供も楽しい、BassProShopsでした。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.12.20    [ Category : 徒然/第二章 ]

ビールを彩る食卓第60 アンチョビ祭り

ビールを彩る食卓第60弾目は、このあいだサンタ・クルーズで釣り上げたアンチョビ料理です!
20131215_200.jpg
大きいものでも10cmチョイくらいのサイズですが、持ち帰ったアンチョビ(カタクチイワシ)は39匹。本気でやったら3桁はいってたと思うのですが、まぁそんなにイラないし、釣りって釣れるときは眼の色かえて沢山釣ろうとしてしまうけど、処理して調理して食べるところまで考えると、ほどほどにしておくのが幸せだと思います。

まぁカタクチイワシは手開きもできますし、下ごしらえが簡単なので大量にいても楽ちんかなぁと思っていたのですが…
20131215_201.jpg
やっぱり数がいると、それなりに時間がかかって意外と大変でした。うろこを落として、さっと水洗い。頭をおとして内蔵をとる。ただこれだけの工程なのですが、単純作業を39回。意外と時間がかかった印象です。

トレーに綺麗に並べて粗塩を軽くふりかけます。美しい。いやぁ美しい。

唐揚げで南蛮漬けにしようか、生姜醤油でにつけようかなんて話していたのですが、オジさんが下拵えしている間ネットでレシピ検索していた嫁、「よし!アヒージョで行こう!」とオリーブオイルにニンニクを投入して熱し始めました。アヒージョかぁ。いいかも。アヒージョ(Ajillo)は、オリーブオイルとニンニクで煮込むスペイン料理で、マッシュルームとかエビとかが多いかな。
20131215_202.jpg
フライパンから、ニンニクのいい香りがしてきたところで、アンチョビたちを投入!そのままグツグツと煮込みます。

きっとコレならパスタでも行けそうねぇと、お米は炊かず、主菜はパスタに。
20131215_203.jpg
これが正解。アヒージョそのままでも美味しいビールのお友達でしたが、このトマトソースのペンネとも相性バッチリで、7歳児にも大好評でした。やるなぁ、嫁。

半分はアヒージョにしてペロリと平らげ、残りは片栗粉をまぶしてアヒージョの残りオリーブオイルで唐揚げに。
20131215_204.jpg
こちらもビールを飲みながら、ホクホクのところをいただきます。美味しい。美味しい。大満足です。

いや、イワシ様、美味しくいただきました。ごちそうさまでした。次はサバとか釣ってきたいかなぁ。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (8)   2013.12.19    [ Category : ビールを彩る食卓 ]

サンタ・クルーズワーフでランチ Riva Fish House

Riva Fish House

さて、釣りのつづきとなりますが、イワシを沢山釣ったところで、そろそろお昼ご飯食べて帰ろうかぁということに。帰路の途中、サンノゼ近辺とかでランチするという選択肢もあったのですが、せっかくだからワーフで食べていっちゃおうということに。
20131215_100.jpg
過去2回の釣行でも、ワーフで食べていっちゃおうということで、Gilda's Family Restaurant (記事) と Stagnaro Bros. Restaurant (記事) に突撃していますね。

せっかくなので、まだ行ったことのない所に行こうということで、やってきたのは
20131215_101.jpg
Riva Fish House というお店。

窓際の見晴らしの良いテーブルに案内してもらいましたが、この日は本当に良い陽気。
20131215_102.jpg
窓際だと日光で暑すぎます。いやぁ、最近は冷え込みが激しかったので、この寒暖の差にオジさんの体はイマイチついていけません。ちょっと調子悪くなっちゃいそうです。

さて食べますよ!
20131215_103.jpg
7歳児は、フィッシュフライをチョイス。キッズメニューって意外とイイお値段するので、あわよくばお父さんとバーガーシェアしようぜ!という作戦をとりたいのですが、最近はいろいろと字も読めるようになってしまった7歳児。レストランに入る前に、外に貼ってあるメニューで自分の食べたいものはチェック済。小賢しくなってきました。

嫁はクラブシュリンプサンド。
20131215_104.jpg
こちら、まさかのオープンサンドで、上にとろけているのはスイスチーズ。お〜、美味しそう。豪華です。

そしてオジさんは、バーガー!ダブルバーガーです。
20131215_105.jpg
パンはバゲット風のパンで、パテ2枚にガッツリどっかりチェダーチーズ。カロリー高そうです。

では早速、上下合体させてみましょう!

チーン!出来上がり〜。
20131215_106.jpg
まぁ、なんでしょう。もうすっかり胃腸もアメリカナイズされたということでしょうか。ペロリとバーガーを平らげて、フレンチフライも完食です。これは太るなぁ。きっと太るなぁ。

ごちそうさまでした。

Riva Fish House
31 Municipal Wharf
Santa Cruz, CA 95060

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.18    [ Category : Food(California) ]

サンタ・クルーズでカタクチイワシ

さて、いい陽気だった日曜日。7歳児が海に釣りに行きたい!サンタ・クルーズがいい!と言うので、この日はファミリーでサンタ・クルーズへ向かいました。
20131215_000.jpg
ハイウェイ101から、85、そして17と進みます。LosGatosからサンタ・クルーズまでは山越えです。途中レキシントン貯水池の横を通過しましたが、絶望的に大減水しておりました。リザーバー達は、いったいどこまで減水しちゃうんだろう…。

この陽気だと下手すると夏に訪れた時よりも、青い空が広がっているかもねぇなんて話していたら、
20131215_001.jpg
ズバリその通り(笑)。夏に来た時には、肌寒く、いつも霧がでていてパッといない感じでしたが、この日はこの写真だけみると爽やかな夏の様相。きっと水辺は寒いぞぉなんて着込んできましたが、全員上着を脱いじゃう暖かさ。

桟橋には大量のアザラシがウオッ!ウオッ!と大きな鳴き声をあげながら、甲羅干ししておりました。お父さんが釣りの準備をしている間に、アザラシウォッチングに出掛け、テクテクもどってきた7歳児が海面を見て「うわー!なんかいる!なんかいる!」と言っています。覗きこんでみると、イワシの群れが!

これは!!とすかさずセットが終わったばかりのサビキを落としてみると…、
20131215_002.jpg
つれました。カタクチイワシですね。お〜、群れが回っていることもあるという噂は効いていましたが、初めて出会いました。

そんなイワシの群れを追ってか、海の上や、桟橋の手すりには、カモメやウミウが沢山待機しております。
20131215_003.jpg
そんな中、ひときわ目立つこの鳥。ペリカンです。いつも内地の湖でみる白いペリカンと比べると、野性味溢れる外観。カリフォルニアブラウンペリカンというペリカンのようです。

イワシの群れに興奮しているのは鳥だけではなく…、
20131215_004.jpg
そう、こいつも興奮。群れが足元にやってくると、イワシがパタパタと釣れるのですが、いったんアザラシにロックオンされると、もうそのターンは終了です。興奮して水面を思いっきり飛び跳ね、豪快にイワシの群れにダイビングしていきます。こうなるとイワシはバーっと散ってしまい、海底の方に沈んでどこかに行ってしまうのですね。アザラシめ…。

まぁそれでも20分に一回くらいは群れが回ってくるので、OKです。
20131215_005.jpg
こんな感じで、サビキにちょこちょことかかってきます。まさかイワシが回っていると思わなかったので、コマセカゴを準備してきませんでしたが、群れを寄せて釣る感じでもないのでOKです。

最初はせっかく食べられるサカナだからキープしよう、10匹は釣りたいねぇなんて言っていたのですが、気がついたら30匹以上釣っていました。
20131215_006.jpg
本気でやればたぶん100とか余裕で行けちゃうくらい、濃い群れでしたが、そんなに釣っても処理するの大変だしね。面白かったです。

実はこの日は、カニを釣りたいという7歳児の希望で、サンマの身エサで蟹網も投入したのですが、蟹網は不発でした。途中ちょっとチョイ投げ仕掛けも投入したのですが、こちらもいつも顔を見せてくれるメゴチや小ヒラメ、カレイ、シーパーチも不発でした。

ホリデーシーズンはちょっと他に予定があるので、これがおそらく釣り納めかな。ボウズじゃなくて良かった、良かった。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.12.17    [ Category : FISH/第二章 ]

ビールを彩る食卓第59 おつまみプレート

ビールを彩る食卓第59は、ワキ家の定番おつまみプレートです。

当方、基本的に家飲み専門です。若い頃は、外で飲んで帰ってくることも多かったのですが、結婚してからは家飲みのほうが多いですね。そしてアメリカに来てからは、通勤に車を使っていることもあって、ほぼ家飲みですね。

家飲みとものなると、おツマミを用意しなくてはならない嫁も大変なのですが、昔から色々と試行錯誤するうちに、最近ではオツマミプレート職人のようになってまいりました。
20131201_100.jpg
こちらは、ずいぶん前に当ブログにあがったクラフトショーで買ってきたディップ(記事)に、プレッツェル、クラッカー、チーズの組み合わせ。うむ、ナイスです。プレッツェルというのは、塩味が効いていて、なかなかの万能オツマミなのですが、ディップと組み合わせると凄い戦闘力になります。

実は、オツマミプレートはオジさんのビールのお友達というだけはなくて、ワキ家一家全員のお楽しみでもあります。7歳児なんて、チーズ!チーズ!クラッカー!クラッカー!と大騒ぎ。嫁も、今はシム子が授乳中なのでアルコールは控えているのですが、基本的にはドライな白ワインか甘いデザートワインをちびちび飲みながら、スモークサーモンや生ハムをつまんじゃったりするのが好きな人なのですよね。

これはある日のおつまみプレート。
20131201_101.jpg
Fig jam に Figcake (イチジクのジャムとケーキ)。それにゴートチーズとカマンベールに、ドライラズベリー。う〜ん、これはナイスおつまみプレートです。

日本に居る時も、ハムやサラミを中心に美味しいおつまみプレートをいつも作ってくれていたのですが、やっぱり北米にくるとチーズの分量が増えますね。カリフォルニアに来てからは、トリプルクリームのゴートチーズとか、カマンベール・ブリー系が多いです。ブルーは最近ご無沙汰かなぁ。

こちそうさま。これからも美味しいおつまみプレートをお願いします。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.12.16    [ Category : ビールを彩る食卓 ]

イチゴ… Strawberry Blonde (Belmont Brewing Company)

Strawberry Blonde

さて、今宵の一本は…
StrawberryBlonde000.jpg
Belmont Brewing CompanyStrawberry Blonde です。

StrawberryBlonde001.jpg
Belmont Brewing Company はロサンゼルス南、Long Beachにあるブリュワリー。ロングビーチって行ったことはないのですが、なんか超南カリフォルニア!ってイメージです。

StrawberryBlonde002.jpg
アルコール度数4.5%の金色ブロンドビール。開栓したとたんにポワンと香ったのは、なんだか懐かしいどこかで嗅いだことのある臭い。なんだろう…、あっ!これは!アポロチョコを開封したときと同じ香りです。ボディはとてもライトで薄いです。なんだか何もかもが薄いです。アルコールの刺激も薄く、ホップも遠くにいる感じ。そして鼻に抜ける香りは、最初に香ったあの香りが薄まって、イチゴのかき氷のシロップがあまりかかっていない部分みたいな…。うーん、やっぱりフルーツビール、ベジビールは難しいジャンルなのですね。もちろんフランボワーズみたいな凄いのもありますが、難しいジャンルだと改めて思いました。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.12.16    [ Category : BEER (California) ]

寒い夜には、お汁粉。

さて、先日のことですが、我が家に帰宅してみると、なんともいえない甘い香り。なんだこれは…、と思ったら、スロークッカーの中には小豆が!お〜、ぜんざいだぁ!おしるこだぁ。

そういえば、先日マルカイに行った時に、嫁がサトウの切り餅を買っていたのですね。何するんだろうと思ったら、そうかぁ、汁粉かぁ。
20131209_000.jpg
WholeFoodsで量り売りで買ってきた小豆(Red beans)を、スロークッカーでコトコトと煮込み、グリルでぶく〜っと焼き上げた切り餅を入れます。私、酒飲みなのですが、汁粉とか好きですね。昔は甘いものはそれほど好きではなかったのですが、最近は甘いものでビールを一杯なんて芸当も全然OKですね。もうなんでもアリです。

というか、ここのところ急激に冷え込んだじゃないですか。いやぁ、汁粉食べると暖まります。美味いです。ナイス嫁。ごちそうさまでした。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.12.15    [ Category : 徒然/第二章 ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ