無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

帰省・卵かけご飯

さて、いざとなると超絶食べたいものとかないよね〜と言っていたのではありますが、日本に行ったらこれだけは食べたいなぁと思っていたのがコレです。
20140731_000.jpg
じゃじゃーん!卵かけご飯!

卵かけご飯は、日本でしか食べられないレアな一品ですからね〜。新鮮な卵をゲットして、リスクを顧みずにチャレンジすれば、カリフォルニアでも試せるのでしょうか、なんというか、このオレンジ色の黄身の卵をあまりみかけない気がします。全体として少し薄めというか。

この日の朝食のおかずは、こちら。
20140731_001.jpg
アジの干物です。小〜中アジくらいのサイズで、食べやすいですね。小骨だったらバリバリ普通に食べられちゃう、なんていってたらゼイゴが歯の間に挟まって大騒ぎしましたが(苦笑)。ガッツリと奥歯の間に挟まって、楊枝を駆使しても全然取れず、日本でも歯医者送りになるところでした。極細サイズの歯間ブラシでなんとか回復。極細サイズの歯間ブラシとか、日本やっぱり素敵。

しかし卵かけご飯というのは、美味しいですよね。
20140731_002.jpg
生卵食は世界中で気持ち悪がられているとの話をよく聞きますが、こんなに美味しいのにねぇ。勿体無い話です。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2014.07.31    [ Category : 徒然/第二章 ]

帰省・ネバネバご飯

帰省しました!日本です!暑いです!まぁ、もうカリフォルニアに帰るのですが。

家族は7月半ばから日本に帰省させていましたが、私は先週末に日本入り。親族に挨拶に行ったり、健康診断を受けたりであっという間に時間は過ぎていきましたね。

日本に帰ったら、いろいろやりたいことや食べたいものはあったはずなのですが、いざとなると時間を無理やり工面してまでやりたいような事も釣り具屋巡り以外は何もないし、これといって絶対に食べなくてはならない!みたいなものは出てこないものですね…。

こちら納豆、オクラ&モロヘイヤのネバネバご飯。
20140730_000.jpg
こういう朝ご飯はとても良いですね。甘いパンやヨーグルトが食べたい7歳児は、朝から和食なんてシブすぎると言っていましたが(笑)。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2014.07.30    [ Category : 徒然/第二章 ]

気になる看板 / 魚とガリ

サンフランシスコ近辺をドライブしていると、目につくのが様々な看板。日本でも狙って作られているオモシロ看板から、誤字脱字等で意図してないのにオモシロ看板になってしまったものまで様々ありますが、先日写真フォルダを整理していたらこんなのが出てきました。

お寿司屋さんの看板ですね。このお寿司屋さん、名を Fish-n-Gari といいます。真面目に考えてつけた名前でしょうか。でも日本人の感覚からすると、なんとも分かりやすすぎるネーミングじゃないですか?「魚とガリ」って…。
20140712_100.jpg
これは Polk St, にある Miller's East Coast Deli (記事) の向かいにあったお店。ちょうど車を駐車したところにあって、偶然目に入りました。

最初は Fish-n-Gari なんてストレート過ぎるネーミングだなぁ(笑)と思っていたのですが、他の事例を考えてみると、感覚としては「バーガー&ピックルス」「ソーセージ&マスタード」、「プライムリブ&ホースラディッシュ」とかという感じになるのかな…。そう考えるとアリなネーミングかも…と思ったり。

…でも「刺し身&ワサビ」「カレー&らっきょう」はやっぱ微妙か…。ココらへんは、自分達の育った文化的背景とか気持ちの問題すかね。洋風なものは「なんとか&なんとか」でも気にならないけど、日本語だとな「ケイコとマナブ」「内山田洋とクール・ファイブ」「俺とお前と大五郎」みたいな、なんだかすこし狙った感や前時代感を感じます。

ちなみに普通に真面目なお寿司屋さんみたいです(web)。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2014.07.29    [ Category : 徒然/第二章 ]

ライのIPA Hop Rod Rye (Bear Republic Brewing Co.)

Hop Rod Rye

さて今宵の一本は…
HopRodRye000.jpg
Racer 5 IPA (記事) でお馴染みの、Bear Republic Brewing Company から Hop Rod Rye です。

HopRodRye001.jpg
このブリュワリー、レーシングカーのチームを持っていて、車を題材にしたネーミングのビールが多いのですが、これはアメリカンカスタムカーの Hot rod に Hop を掛けあわせた命名ですね。

HopRodRye002.jpg
アルコール度数8.0%の褐色色のエール。香りはフルーツパンチのようなちょっと甘いフルーティな感じに、ブラウンシュガーや甘みの中にどこか酸味を感じさせる黒パンの感じ。これはジャンルとしては、American IPA に分類されるみたいですが、ライ麦モルトが入っているだけあって、色も濃く、そしてボディ全体になんともいえない苦味があります。IPAの苦味にプラスして、こう後を引っ張るジワリとした苦味。ボディは太めで、甘みと苦味のバランスも良く美味しいのですが、ライ系のビールって個人的には結構時と場合を選ぶんですよね。なんというか、ソロ(ビールオンリー)で楽しむものじゃないよなぁって思うんです。脂の乗った肉とか、こってりチーズとかと合わせたい。ソロだったら、ラガーや普通のペールエールのほうが間が持つかなぁと。美味しいんですけどね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2014.07.28    [ Category : BEER (California) ]

洋食屋さん Bashamichi Steak and Seafood

Bashamichi Steak and Seafood

普段の夕飯は、どんなに遅くなっても家で晩酌しながら食べるというのが、決まった生活スタイルなのですが、この日はちょっと訳あって、会社のイケメン部下と外食。
20140718_000.jpg
ノリで「ミルブレーの駅まで送って行ってよ〜」と言ってみたら、「良いすよ」と言うので、じゃあどっかで飯でも食っていくかとやってきたのは、ミルブレーの駅からエルカミノ沿いに少し北にいったところにある、Bashamichi。

イケメンエンジニアの彼が、「やっぱ肉食いたいっすねぇ」というので、それ系でYelp検索したら出てきたんです。
20140718_001.jpg
お~、和牛とか言ってる〜。霜降ってる〜、美味しそうですね。

ステーキにしようか少し悩んだのですが、ここはハンバーグをチョイスしました。ジャパニーズレストランだし、揚げ物とかも良いなぁ…なんてメニューを眺めていたのですが、なんか頭の中にライス&ハンバーグを想像したら、ライスにハンバーグ!しかもここきっと和風ソース!っていう姿が出てきてですね、もうどうにも食べたくなっちゃったんですね。
20140718_002.jpg
よし!期待通り!おろしと葱もついてます!やっほぅ。アメリカンな食事でも基本的には問題はない人なのですが、やっぱり白米で食べるハンバーグは良いですねぇ、良いですねぇ。

こちらイケメンのチョイスしたステーキ。
20140718_003.jpg
このイケメン、はいつあまり食に興味がないような感じで、おしゃべりしながら機械的にというか、あまり料理の感想とかの話はせずにパクパクと食べるんです。なので美味しかったのかどうか良く分かりませんが「ごちそうさまでした〜!」って言っていたので、きっと美味しかったのでしょう。

ジャパニーズスタイル洋食、外では久しぶりに頂きました。ごちそうさまでした。

Bashamichi Steak and Seafood (web)
1390 El Camino Real,
Millbrae, CA 94030

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (1)   2014.07.27    [ Category : Food(California) ]

出撃! 50!!!!

先週の日曜日は、早朝出撃!朝4時前に起床してブブーンと北へ!北へ!

やってきたのは北の有名レイク。6時過ぎに到着して、さっそく水辺に出てみたら…
20140720_000.jpg
わ~、なんでこったい。5月に来た時から水位が2mくらい減っとる…。がびーん。しかも水質も濁っていて悪い感じ。足元にウィードが生えている点を除けば、なんだか期待できない感じがひしひしと。

まぁそれでも頑張るんだ!ととりあえず実釣開始。スイムベイトを投げてみましたが、開始早々から吹き出した風が強くなり、これはスピナベとかのほうが良いかなぁと、愛するスピナベに変更。今シーズンは1/2ozを中心に使っていたのですが、この日はなんとなく気分で昨年度中心に使っていた軽めの1/4ozに。

遠投して、風でドリフトさせ、岸際から生えるウィードの外側のエッジの上のほうを引いてくると…、YES!もうちょっとでピックアップってところで、ガツンと下からなんかが持って行きました!

お~、やったぁ!竿をもってくようなアタリで、重さも乗ったので、フッキングはバッチリ。わ~いと水面にでた姿をみて、びっくり。あっ、ひさしぶりの太いサイズだ!凄いツッコミでスプールが走ります。ウィード以外は障害物もないので、ドラグ出しながらゆっくり寄せて…
20140720_001.jpg
おりゃ!と、黒い泥質にくるぶしまで足をツッコミながらブリ上げて、いっきに口を掴みます!バッタン、バッタンと暴れたので、ちょっと泥で汚れてしまいましたが、いぇーい!正直釣れる気しなかったので、ガッツポーズにも気合が入りますね!

手に持ってあらためて、これもしかしてデカイかも…と、震える手で計量。
20140720_002.jpg
お~!ジャスト50ある〜!口開けたらもうちょっとあるかな。電子スケールは4.22lbs。4.2ポンドか!数年ぶりの4パウンダー。カリフォルニアでは初めてのサイズ。

泥でバッチくなっちゃってスマヌ、スマヌと、パチパチと写真をとって即リリース。いやぁ、無理して早朝から冒険の旅に出た甲斐がありました。やったね。

その後はラバジで手前のウィードエッジを探ります。1時間くらいアタリもなく、そして水位が減ってしまって、岸辺は崖になっているため、責められるエリアも限られているので、もう無理かなぁと思った矢先に、フッとラインを持っていくアタリが。
20140720_003.jpg
おりゃあぁぁ!とフッキングして、上がってきたのは47cm。

40オーバー連発なんで気分がイイです。ただこいつ、長さ十分!だけど細い、細い。
20140720_004.jpg
47cmもあるのですが、重さは2.3lbsでした。ちょっと顔のデカイシーバスみたいなスリム体型ですね。

ここでひと流し撃ったし、ここでこのポイントは諦めて探検の旅に。まだこの湖の陸っぱりアタッキングポイントは未開の場所が多いのです。ぐるーっと山を登って湖を迂回すること30分。さっきと逆側のエリアは赤土の底で、水は綺麗。ただし岸際はジェットスキーやウェイクボードの出す並で濁りが入っている。でもまぁ、水質もいいし探ってみるかぁと、ぜぇぜぇいいながら崖を下って攻めてみたり。ここでラバジに一発ヒットしましたが、痛恨のバラし。水面に出てきた姿からは、35cmくらいだったかな。まだまだラバージグは鍛錬が必要みたいです。とりあえず新規ポイントとしてメモメモ。

ここ私よりも更に早朝からこの湖に出撃中という、ラルフさんと合流。ラルフさんは残念ながら、釣果はでていないとのこと。こちらも3バイト、2ゲット以上!で、細かいギルバイトみたいなのは何度かありましたが、非常にシブい状況でした。日が昇ってからはさらにシブく、午後2時位にラルフさんと別れて一足先に帰還。
20140720_005.jpg
北のハズレのポイントはこんなになっちゃってました。手前まで本当は全部水があるはずなんです。とにかく減水してしまって、多くのワンドが干上がってしまっておりました。

う~ん、カリフォルニア…。水不足ですね。この湖も今シーズンはもう来ることはないかもなぁ。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (6)   2014.07.26    [ Category : FISH/第二章 ]

ビールを彩る食卓第69 サモサ

さって!ビールを彩る食卓第69弾でございます。今宵の一品は、samosa!サモサでございます!

サモサというのはインドのスナックで、なにかを小麦粉の薄い皮で包んで揚げた、巨大な揚餃子か、薄皮ピロシキかみたいな一品。これ、北米のファーマーズマーケットなんかに行くと、かなりの高確率でサモサ屋があったりして、もう何年も、それこそオンタリオ湖畔からの頃のセントローレンスマーケットの頃から(記事)、ずーっと気になっていたのです。ランチのケータリングなんかでも見かけることはあったのですが、なんだか外したら怖そうな食べ物だし、なんとな〜く未チャレンジのままここまで来ていたのですね。
20140705_300.jpg
それがですね、ある日の我が家の晩御飯に突然お目見えしたのですよ!奥さん!

「おー、サモサ!どうしたのこれ?」
「Trader Joe's よん」
「なんでまたサモサ?」
どうやら、7歳児の小学校のイベントでですね、世界各国の文化紹介Dayみたいなのが以前あったらしいのですが、そこでインド系のお母さんが、このサモサを披露したのだそうです。嫁にとっても初サモサ、美味しかったので、一体どうやって作るのか?と聞いた所、「あらこれ冷凍よ♪」と教えてもらったとのこと。それで、買ってきてみたのだそうです。

これはちょっと大きめの揚餃子くらいのサイズでしたね。なんか市場とかで見るのは、巨大なオニギリかチマキくらいのサイズのも多かった気もしますが、これくらいのほうが食べやすそう。

で、食べてみたら、お~、悪くない。実は揚げ物だし、エスニックだし、一口二口で飽きてしまうようなお味なのじゃないかと勝手に想像していたのですが、いやこれはビールのお友達にはなかなか良い感じです。スパイシーだけど、なんかすぐに飽きちゃうような直線的で濃いだけの味でもないし。カレーのピロシキみたいな感じかな。うん、悪くない。流石に頻繁にでてくると、スパイスの感じが鼻についちゃって飽きちゃうような気もするけど、たまにオツマミにどうぞ〜って出てくるなら、かなり優秀な食べ物かも。

うむぅ、インド料理もカレーとタンドリーチキンだけじゃないってことですね。
ごちそうさまでした。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (6)   2014.07.25    [ Category : ビールを彩る食卓 ]

ブルービィアリー Bluebeery Flavored Ale (Marin Brewing Company)

Bluebeery Flavored Ale

さて!今宵の一本は…
MarinBlueberryFlavoredAle000.jpg
マウントタムさんでお馴染みのマリンカウンティにある、Marin Brewing Company から、Bluebeery Flavored Ale です。

MarinBlueberryFlavoredAle001.jpg
Blueberry ではなく、Bluebeery なところに注目してください。

MarinBlueberryFlavoredAle002.jpg
アルコール度数5.0%の薄金色(薄黄色といったほうがいいか)のエール。香りは、Bluebeeryというだけあってほのかにブルーベリーの香りがするのですが、どちらかというレモンのような酸味が効いています。ライトボディで
炭酸効き目。とてもライトな白ビールですね。どこか酸味が聞いているのですが、飲んだ後鼻に抜ける香りは、うっすらブルーベリーを連想させますが、そこまでブルーベリー…ってほどでもない気が。とにかく炭酸が効いてます。久しぶりにここまでスカーっと炭酸の効いたビール飲んだかも。ゲップ〜。でもね、炭酸嫌いじゃないんです。特に暑い日は、炭酸ゲップ〜ってしたくなりますよね。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2014.07.24    [ Category : BEER (California) ]

出撃! 久々40up!

さて、夏休み。補習校がない土曜日の朝。これは行くしか無いですね…、ということで土曜日の朝、出撃してきました!とはいえ、仕事もすげー忙しくてですね、正直出撃する体力があるかどうか分からんかったのです。なので、この日は早朝起床しなくてはならない冒険は諦めて、7時過ぎに起きる平常運転でのリザーバーチェックにしました。
20140719_000.jpg
実釣開始は8時半。まぁ日が昇っても小物ぐらいは釣れるっしょ!と肩の力を抜いてのリザーバーチェック。ここは調べたところ、南のリザーバーの中では水はかなりある模様だったので、歩いて稼げばそこそこ楽しめるんじゃないかと。実はココには過去2回ほど調査にきてるのですが、未だに一匹も釣れてないのですけどね(苦笑)

土曜日だし、舟遊びする人たちが沢山いました。岸辺におりていくと、お~、ベイトがいますね。そしてたまに見えバスもいますね。小アジサイズがちらほら。ただ、なかには2匹ほどデカイのも確認…・。ただしやる気無いやつです。あと群れる巨鯉。泥でちょっと淀んだようなところには、たくさんいます。巨鯉…。

とりあえずライトタックルでショアをコツコツと打っていくと、実釣10分くらいでヒット!いきなりドラグでたので、うっしゃぁ!でもかかりが浅いです。なんか刺さった感がないまま、モワーっと持ってかれて、ドラグがジジジっと。やばいなぁと、ちょっと水辺に立ちこんで、竿先下げて頭の向きに誘導し、浅瀬に入った所でドリャとずりあげ。最近、このパターン多いなぁ。
20140719_001.jpg
おー、40超えたな!久しぶりの40upじゃないか!やっほぅ!やっほぅ!調査&練習くらいの気持ちでデカイのは全く期待してなかったので、超ウレシイ!計量すると42cm/2.2lbsでした。イエス!イエス!

その後もシャローが沖合で少し駆け上がるところなんかで、小さいのを数本。ベイトフィッシュの下がドンと落ち込んでいるようなところを見つけたので、これは下についてんじゃないか?…とジグを落としこんで狙い通りに2本。狙い通りというか、イメージ通りに来るとサイズは小さくても嬉しいですね。これがルアーの楽しいところかな。
20140719_002.jpg
結局、上は42から、下は20cmあるかないかくらいまでの6本をゲット。調査なので、テクテクと歩いて探りましたが、やはり他の壊滅的なリザーバーに比べると水質がクリアで良いですね。せこパターンで小物を拾っていけば、たぶん一日中楽しめたとおもうのですが、昼前には納竿。

やっぱり疲れているようで、3時間たったくらいから、釣り竿シェイクするのに肩とか背中に全然力が入らなくなっちゃって…。やっぱり休日は休まないとね…ということで。体力回復して、日曜日は冒険釣行に行きたいし。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2014.07.23    [ Category : FISH/第二章 ]

ドラゴンスタウト Drake's Drakonic Imperial Stout (Drake's Brewing Co.)

Drake's Drakonic Imperial Stout

さて、ビール記事はたしか Drake's 三連発だったと思いますが、もう一本続きますよ。
Drakonic000.jpg
前回も黒ビールでしたが、今回も黒!Drake's Drakonic Imperial Stout です。

Drakonic001.jpg
Drakonic…。Draconic という「竜のような」という単語と、Drake'sを掛けあわせた造語かと想像しますね。ここは力強い印象を与えるネーミングが好きなのかな。

Drakonic002.jpg
アルコール度数8,75%の漆黒インペリアル・スタウト。香りは、すこしスモーキーでミルキーな感触もするけど、基本的にエスプレッソ、ダークチョコレートみたいな本格的な大人の香り。香りはクリアでアルコールの刺激もあるのだけど、それを凌駕する芳醇さ。フルボディで、こちらもアルコールの甘ったるさとかを包み込む、コク。Drake's Black Robusto が、酸味とスモーキーさを押し出していたのに比べると、こちらは食事とかに合わせるのではなく、ナッツやドライフルーツを手元のに置いて、もっと夜も更けた頃にシミジミと味わう感じかな。う~ん、ベイエリアのブリュワリーはレベルが高いなぁ…。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2014.07.22    [ Category : BEER (California) ]

一時間一本勝負

あぁ、もうワールドカップの決勝戦から一週間も経ってしまったのですね…。

これはワールドカップの決勝戦でドイツが延長戦の末、アルゼンチンを下してから数時間後のお話です。

ワールドカップ観戦は全体的にサボリ気味だったのですが、決勝戦はみないとね!ということで観戦しておりました。観戦のお供に、ビールを…と何度も何度も誘惑に負けそうになったのですが、この決勝戦が終わったらちょこっとだけ釣りに行きたいかなぁ…なんて思ってたので、我慢!
20140713_100.jpg
そしてW杯が終わり、ちょっといろいろと家の片付けなどをして、夕方!行ってきました。南の方のリザーバー調査です。軒並み貯水率が10%とかになっちゃって、全滅気味のリザーバー群…。このリザーバーは、以前に一度来たことはあるのですが、ちゃんと調査釣行をしたことはありません。今回は前から少し気になっていたサイドを調査するべく、夕方の一時間一本勝負に来たのです。

崖を下る道を探しあて、テクテクと下降。おー、すげー。ここももう完全に干上がっております。もともとはここまで水があったのね…というところからは、切り立った崖になっており、無茶したら落ちます。これは…と思ったら、まぁうまく出来たもので、先行者やトレッキングの人が開拓したと思われる獣道が。土は乾燥して滑りやすくなっているので、注意深く下り、ようやく水辺に。

水は低い水位プラス風で、濁っておりましたね…。ラバージグなどで攻めてみましたが、反応なし。風が少し弱まったところで、スモラバにチェンジして、コツコツズリズリとやっていると、ビビビン!と何か反応あり!乗らなかったのですが、もっかい落としてゲット。
20140713_101.jpg
コアジサイズでした〜(笑)。この後も、このコアジサイズにケツを齧られるバイトはいくつかあったのですが、捨て石にひっかけてジグをロストしたところで、納竿。

うむ。まぁコアジでも捕れたからまぁいいや。よしよし。


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2014.07.21    [ Category : FISH/第二章 ]

Ramen YAMADAYA でラーメンランチ

Ramen YAMADAYA

あわわ、一週間遅れの投稿となります&今日って確かラーメンストリートとかなんとかいうイベントでしたよね。そこに先週食べた Ramen YAMADAYA をぶっ込むのもアレですが、まぁいいや。
20140712_300.jpg
ということで、水族館(記事)を後にしてですね、帰ろう、帰ろうとなったわけですが、「ラーメン!ラーメン!」と7歳児がなぜか盛り上がっております。「朝ガッツリ食べたけど、まだそんなに入るのか?ってか、なんでラーメン?」と聞く私に、嫁曰く、「水族館に行って、JapanTownでラーメンでも食べて買えるというプランはどう?」とか、言ってたのお父さんでしょ?と…。私はまったく覚えていないのですが、どうやら酔っ払ってそんなこと言ってたみたい。

まぁじゃあ…ということで、嫁にJapanTownのラーメン屋をiPhoneでチェックさせてみたところ、ヤマダヤというところは普通らしい(JPNSFOさん情報)から、そこにしよう!ということでやってきましたYamadaya。

店内は広く、子連れもそこそこいました。ハイチェアもブースターチェアも完備。店員さんも家族連れには慣れているようで、とてもスムーズで、幼児連れには嬉しい感じです。ナイス。
20140712_301.jpg
朝ご飯ガッツリいっていたので(記事)、オジさんは、醤油とんこつを7歳児とシェアです。嫁は豚骨。うむぅ、普通に美味しいです。ちょっと茹でが粗かった感じですが、麺も嫌いじゃない太さ。うん、普通で良いです。やっぱりねぇ、ラーメンはカジュアルフードだから、普通に安心安定のお味がいいなぁと思うんです。オッサンの胃腸は。

シム子もちょっと麺を分けてもらって、「めんめん!めんめん!」と大喜びでした。

ごちそうさまでした。

Ramen Yamadaya
1728 Buchanan St
San Francisco, CA 94115

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2014.07.20    [ Category : Food(California) ]

水族館! California Academy of Sciences

California Academy of Sciences

土曜日、お気に入りのデリで朝ご飯を食べた後(記事)、向かったのはココ!
20140712_200.jpg
Golden Gate Park内にある、California Academy of Sciences です!

サイエンスセンターにやってきた目的はですね…、そりゃもうねぇ、ワキ家ですからね…
20140712_201.jpg
魚です!さかな!サ・カ・ナ!英語だとFish。スペイン語だと Pescado。日本語だとUO。ウ・オ。ですね。チケットを買って中に入ると、まずはホールにある生け簀で、トビエイとツマグロ(Blacktip reef shark)が出迎えてくれます。ツマグロは、姿勢が格好良いから好きです。

とりあえず、まず最初に何にびっくりしたって…、お値段。子供 x1 と大人 x2 で100ドル弱。うぉー、びっくり。シム子はまだ無料だけど、シム子が成長しちゃったら家族で100ドル超えか…。

水族館は地下にあるのですが、踊り場の水槽にはアリゲーターガー様がたくさん。
20140712_203.jpg
日本の多摩ゾン川にもいるみたいですが、一度でいいから釣ってみたいなぁ…

ここは値段は高いですが、相応に定評の高い水族館のようで、たしかに素晴らしい。綺麗だし、巨大水槽の数もそこそこ多いです。
20140712_202.jpg
これは階下に降りたとことにある、サンフランシスコ近郊、カリフォルニアコーストを模した水槽で、Canary Rockfish 初め様々な種類のロックフィッシュにBocaccioなどが沢山。よーく岩場の影を探すと、ウルフイールもいます。

そしてこちらの水族館に多いのですが、たまに爬虫類をぶっ込んできます。
20140712_204.jpg
巨大なアナコンダ…。まじ巨大です。

そしてこれ!カエルですね。トードですね。
20140712_205.jpg
なんかこう悟ってしまった感じの良い表情していますよね。

こちらの水族館でも、サメを別にすれば、いちばん大きな魚はこれでしたね。
20140712_206.jpg
ブラックシーバスです。でかい。

そしてチョウザメやコイの入っている水槽をみていたら、水槽の上のほうを悠然と泳いでいったのはこいつ!
20140712_207.jpg
ヘラチョウザメです。パドルフィッシュ!もう最近では、オジさんよりも7歳児のほうが魚には詳しくなっていて、「お父さん!お父さん!見て!パドルフィッシュだ!!!」とお父さんに教えてくれました。頼もしいなぁ。

アマゾンコーナーは、巨大な水槽の中の水中回廊を通り抜けるという造り。
20140712_208.jpg
ピラルクもでかかったですが、7歳児が一番興奮したのは、キャットフィッシュの中でも一番好きだというレッドテールキャットフィッシュ。たくさんいました。どれもデカイ、デカイ。

こちらはサンゴ礁、コーラルリーフの展示ですね。小さな熱帯系のカラフルフィッシュがたくさん。
20140712_209.jpg
ちょうどフィーディング&水族クイズ!みたいなイベントタイムだったので、しばし鑑賞。実はお父さん、かなりお疲れだったので、ちょっとここでうとうとと睡眠させてもらいました。

20140712_210.jpg
子供ウナギガーデンに突撃する、嫁・7歳児&シム子。

ここ、最初にはいったところにあるホールにこんな巨大なシロワニがいるんです。
20140712_211.jpg
まったく動かないので、最初は置きモノかと思ったくらいですが、じーっとみていたらかすかに後ろ脚が動いた!生きてる!しばらくたってからまた見にきたら、ちょっと足の姿勢が変わってた!生きてる!

って興奮してたら、どうやらこのワニは、ここの水族館の主のようです。
20140712_212.jpg
売店には、このワニのグッズが沢山。ここのシンボル的なワニ君だったのですね〜。

この水族館、結構いろいろと行き届いていた良い水族館だったと思います。エンタテインメント性もあるし、エデュケーション性もあり、飽きません。淡水魚も北米・アマゾン・アジアと取り揃えてあったし、青物回遊魚系の水槽が無かったのは残念でしたが、いろんな魚がじっくりと観察できてとても充実。

正直申しますと、我が家的には、かの高名なモントレーの水族館はかなりの低ランク評価で、あれは水族館というより、もう学術施設だよな〜。コンサベーション保護に対するエデュケーションも大事だけど、だったら水族館というよりはコンサベーションセンターって名乗って欲しいし、水族館って名乗ってお金を取ってお土産やまであるからには、多少のホスピタリティやエンタテインメント性も追求して欲しいな、とオジさんは思うのです。最初に行った時は、結構感銘受けたのですが、いろいろ回っているうちに疑問符が…。

モントレー水族館は、巷で評判がとても高いので、あまり個人的な意見で変なこというのも憚られるところではありますが、あれは一回行けば、もうお腹いっぱい。地物の根魚を見たいなら、一歩外に出ればそこは根魚天国。なにも水槽に環境を再現するよりは、勝浦・鵜原の海中公園海中展望塔みたいな施設や、それは自然破壊だからNGというなら、同じく千葉は房総の鯛の浦遊覧船みたいな、底がガラス張りになった平底の船でも走らせたほうが…とか思っちゃうんです。。。施設のプールにラッコいるけど、テラスにでれば野生のラッコみれるし(記事)。まぁ、ここらへんの感覚や考え方は、人それぞれなんでしょうが…。

この水族館はいろんな意味でとてもバランスの良い、素晴らしい水族館でした!素敵。また来るかな。

California Academy of Sciences
55 Music Concourse Dr
San Francisco, CA 94118
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2014.07.19    [ Category : SFの南Life ]

デリ朝食!! Miller's East Coast Deli

Miller's East Coast Deli

さて、これは…、土曜日か!土曜日の朝なのですが、朝も早くから家族でサンフランシスコ市内へ突撃しました。とりあえず朝ゴハン、朝ゴハン…ということで向かったのは、Miller's East Coast Deli (記事)。
20140712_000.jpg
ちょっと雑然としたポークストリートの一角にあります。JapanTown から、Van Ness にでて、少し北上したあたり。…はっ!写真みて気がついたけど、お隣さんにはレインボー・フラッグが掲げられていますね。なんかこれだけで、サンフランシスコの街角からって感じの一枚になるのね。

ここは入り口を入ると、デリカウンターがあるのですが、そこを通過して奥に進んでいくと、レストランスペースになっております。どこでも好きなところ座って〜というので、適当なテーブルに陣取ります。シム子にハイチェアも持ってきてくれました。
20140712_001.jpg
店内では朝ゴハンを食べに来た、地元のご年配のかたや、カメラで店内をパシパシと撮っている旅行者風のご夫婦などが、それぞれに朝ゴハンを楽しんでおりました。

さーて!食べるぞぉ!まずは、珍しくスープなんぞを頼んでみました。ボールで頼んで、家族でシェアです。
20140712_002.jpg
Matzo Ball のチキンスープです。これ、気になっていたんですよ。これはどうやら、ユダヤ食、カーシェールフード(Kosher)の一品のようです。マッツァーボールと発音するのかな。これは小麦粉団子(ダンプリング)ですね。そうですね、ハンペン汁みたいな感じです。見た目はデカくてゴツイですが、植物性蛋白質ボールなのでガツンとした感じはないです。結構美味しいです。

そしてメインはルーベンサンド(Reuben)!ここのルーベンは美味しいんですよね〜というか、こういうコーンドビーフやパストラミが分厚く守られたイーストコースト系のサンドウィッチを食べられるところ、全然ないですよね。
20140712_003.jpg
奥に写っているのは、嫁の頼んだこちらもコーンドビーフのサンドウィッチ。どちらもコールスローとコーンドビーフの組み合わせです。このコーンドビーフは、ヘルシー嗜好なのか脂がものすごくきっちりと落とされているので、マヨやドレッシングなんかと一緒じゃないと食べにくいです。7歳児と半分こしたのですが、7歳児にはサンドウィッチが分厚すぎて持ちきれないので、真ん中でパカっと開いてオープンサンドみたいにして食べていたのですが、コーンドビーフ単体だとパサパサでなかなか飲み込めなくて困ってました。そういう意味でもルーベンはうまく出来たサンドウィッチだと思いますね。

う~む、朝から食い過ぎました〜。こちそうさま〜。

Miller's East Coast Deli
1725 Polk St,
San Francisco, CA 94109
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2014.07.18    [ Category : Food(California) ]

ゴディバでちょっと贅沢する

ショッピングセンターなんかによくあるGodivaのお店。日本にいたころもアウトレットやモールにこのお店が入っていると、ついつい「今日はちょっと贅沢して、あれいっとく?」みたいな感じで、手を出してしまうのが、ゴディバのチョコレートスムージー、ショコリキサー(web)。

先日スタンフォードショッピングセンターにて、ゴディバのお店の前をとお降りかかったら、「buy 2, get 1 half price!」とか書いてあって、「あ~、う~、まぁ7歳児も今日はいい子にしてたし、オヤツにしようか…」と、ついつい…。

で、ショコリキサーの新製品かなぁと思ってたのですが、作っている所をみてびっくり。なんとショーケースに並んでいるチョコトリュフを一個ぽいっと摘んで、ミキサーにぶち込みました。

これ新商品の Trufflelata (web) というモノでした。
20140705_200.jpg
Strawberry Crème Trufflelata と Salted Caramel Trufflelata。飲んでみると、砕けたチョコトリュフの断片が!どちらも美味しかったのですが、大人には Salted Caramel のほうが美味しかったかなぁ。

あと Soft Serve (ソフトクリーム)なんてのも出てました。夏だし、ソフトクリームもそそられますね…。

Godiva Chocolatier
301 Stanford Shopping Center
Palo Alto, CA


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2014.07.17    [ Category : 徒然/第二章 ]

鍋貼を食す@Dumpling Kitchen

先週のことなのですが、会社の同僚とちょっと遠出してランチに行ってきました。
20140708_000.jpg
向かったのは、このブログには何度か出場している、焼き小龍包の美味しい、一品包饺王 Dumpling Kitchen です。(記事)(記事)

前から、焼き小龍包を食べに行こう!食べに行こう!と言っていたのですが、なかなかタイミングが合わず、ズルズルと延ばし延ばしに。おかげで何だか焼き小龍包の期待値だけあがっていくという…。これでお口に合わなかったら、何を言われれることやら…。変にハードルがあがってしまった…。

週末のお昼は、ローカルピープルで行列ができているこの店ですが、平日はさすがに行列はありませんでした。でもそこそこ人は入っていたかな。

まずは前菜のピータン豆腐。
20140708_001.jpg
ピータン豆腐は、ワキ家では定番の一皿。お店によって豆腐のカットの大きさや、薬味が違っており、なかなか楽しいですね。

野郎4人なので、いつもよりも沢山の種類を注文できちゃうってのは、ワクワクしますね。ここは小籠包も普通に美味しいので…
20140708_002.jpg
海鮮カニカニ系の小籠包!

こちらは、ピリ辛四川風ソースの水餃子。
20140708_003.jpg
小籠包がメニューにあると、ついついそっちに行ってしまって水餃子は日陰に追いやられガチではあるけど、水餃子も良いですよね。実は小籠包よりも飽きずに量を食べられるあたりが、気に入っております。子供と一緒だと、この辛いソース系は頼めないので、こういうチャンスに食べるのであります!

で、やってきました!焼き小籠包!

でもね…、これが出てきた時には、もうみんなお腹いっぱいだったんです。実は…、焼き小龍包は、「鍋貼」と中国語で書いてあるメニューだとは記憶していたのですが、いつもは嫁に全部任せっぱなしのダメ旦那、実際この焼き小龍包が何ていうメニュー名だか知らなかったんです。

でもPan-friedには間違いない!鍋貼だ!鍋貼!!ってことで、鍋貼ってかいてあるダンプリングを頼んだんです。そしたら、なんと!!普通に美味しい焼き餃子が出てきたんですよ…!参った。間違えた…。

他にも春巻きやら、普通の小籠包やら調子に乗って沢山頼んだ後に、あれ?やっぱり間違えて注文しちゃたっか!と、隣のテーブルの焼き小龍包を指さして、あれと同じの欲しいのよ〜とオネーチャンに注文したので、ただでさえも蒸し系に比べると時間のかかる焼き小龍包、さらに時間がかかって、デザートみたいな感じでやってきたというオチです。
20140708_004.jpg
いやぁ、相変わらず美味しいのですが、やっぱりお腹いっぱい(苦笑)。参った、参った。ちなみにこれは上海式の鍋貼とかなんとかいう名前でした。要注意っすな!

Dumpling Kitchen
1935 Taraval St
San Francisco, CA 94116

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2014.07.16    [ Category : Food(California) ]

頑強黒ビール Drake's Black Robusto Porter (Drake's Brewing Co.)

Drake's Black Robusto Porter

さてDrake'sが続きます。
DrakeBlackRobusto000.jpg
こちらは、Drake's Black Robusto Porter。

DrakeBlackRobusto001.jpg
Robusto、英語でいうところの robust かな。頑強なとかしっかりしたとか、たくましいとか、そういう意味の形容詞ですね。

DrakeBlackRobusto002.jpg
アルコール度数6.3%の漆黒ポーター。香りは焙煎系コーヒーなのですが、かなりリッチでスモーキー。ウィスキー樽のような感触すらします。ボディはミディアムで、最初のアタックで口にひろがる、とても細かくて程よい炭酸と酸味の感じが素晴らしいです。その酸味がパーッと広がった後に、鼻に抜ける濃厚な香りと、下の上に残るコク。酸味はフィニッシュまで継続し、後味は甘みと苦味と酸味が渾然一体となり、香りの余韻とともに残ります。良いですねぇ。これはダークチョコとかナッツ、ドライフルーツに合わせたいかな。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2014.07.15    [ Category : BEER (California) ]

1500回記念 Drake's 1500 Pale Ale (Drake's Brewing Co.)

Drake's 1500 Pale Ale

さて、前号に引き続き…
Drakes1500_000.jpg
Drake's です。Drake's 1500 Pale Ale です。

Drakes1500_001.jpg
これ、なんで 1500って冠が名前に付いているのかと思ったら、「As we approached our 1500th batch in San Leandro, the brewers decided to attempt something different. 」ということで、1500回目の出荷だしちょとなんかイベント的なビールでもやっちゃおうかねぇ、というノリで出来たっぽいです。

Drakes1500_002.jpg
アルコール度数5.5%の薄オレンジゴールドのペールエール。香りは想像よりもホップの感じは薄く、少しモルティで甘く、そこはとなく苦味を感じさせるトーンが微かに。香りだけだと、ラガービールみたい。飲んでみると、凄く爽やかでホップの軽やかな苦味がジューシーなボディとマッチして、美味しい。もっと柑橘弾けるタイプが好みなのですが、これはこれで凄く良いです。このボディと、良い感じに広がる嫌味のない苦味は、どんな料理にも合いそう。うん。美味い。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2014.07.14    [ Category : BEER (California) ]

鉄棒(笑)!? Drake's Amber Ale (Drake's Brewing Co.)

Drake's Amber Ale

さて今宵の一本は…
DrakesESB000.jpg
DRAKE'S の Drake's Amber Ale です。

DrakesESB001.jpg
Drake's は、イーストベイの San Leandro にあるブリュワリー。地図でみてみたら、あれ、こんなところにあったのか。橋さえ渡ってしまえばそんなに遠くないな。リテールショップもあるみたいだから、今度行ってみようかな。

DrakesESB002.jpg
アルコール度数5.9%の茶褐色エール。ジャンルとしては Extra Special Bitter なのかな。香りは、なんかこう鋼鉄な感じ。なんだろう…、嫁に嗅がせてみたら「鉄棒」って言ってました(笑)。上手いこと言うなぁ。そんなにやな香りではないのですが、まぁ鉄棒です。味わいは、少し甘い口当たりで、キメ細かく意外とミルキーなボディ。これも美味い。飲んでみると鼻に抜けるのは、キャラメルと黒パンのような香り。でもまぁ鉄棒かな(笑)。

DRAKE'S は、いつでもどこでも買えるからと、後回しにしていましたが、ここのビールも美味いですね!
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2014.07.14    [ Category : BEER (California) ]

ドーナツる Krispy Kreme

この間、なぜかちょっと買い物出たついでに、Krispy Kreme Doughnuts によることに。急に嫁が、「そうだ!クリスピー・クリームに行きたい」と言い出しだのです。

じゃじゃん。夕方だったので、もうお店はまったりモード。ドーナツ作成ベルトコンペアも清掃中…。ガーン。アレを子どもと眺めるのが楽しいのにねぇ…。
20140629_200.jpg
ドーナツ半ダース購入。

で、久しぶりのクリスピー・クリーム。お味のほうはというと、普通に美味しいです。そして7歳児、あのド派手なドーナツをきっと選ぶんだろうなぁ…という両親の期待通り(? 記事)に、相変わらず一番派手なトッピングのドーナツに脊髄反射(笑)。手前の黄色いのと、奥のオレオを砕いたのが乗っかったヤツが、7歳児チョイスです。

やっぱり我が家でドーナツというと、どうしてもティム・ホートンズの記憶が蘇ってきますね。ミスタードーナツも好きですけど、ドーナツ屋=ティムという刷り込み。毎日のうように言ってたもんなぁ…。こちらではチェーンのドーナツ屋さんはあまり見かけず、独立系というか単体経営のドーナツハウスをよく見かけます。まだそういうところには突撃していないのですが、そういう所にも突撃しないとイカンな。今度行ってみよう。

Krispy Kreme
1575 Sullivan Ave
Daly City, CA 94015


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (6)   2014.07.13    [ Category : Food(California) ]

7歳児、大物ゲット!!

7歳児、大物ゲット!!

独立記念日の三連休の最終日。この日は7歳児がお父さんと釣りに行きたいとカワイイ事を言うので、2人で早起きして東のほうに冒険の旅に出ることにしました。お父さんのカリフォルニアフィッシングという釣り本と、iPadのGoogleMapで勝手に湖をチョイスしてきて、ここに連れて行けとせがむのです。

7歳児が連れてという湖は、家から片道2時間半くらい…。う~む、ちょうど同じ位の行程にある、もう一つの湖のほうがお父さん的には気になる…。ということで、7歳児と協議の結果、今回はお父さんが気になっている湖のほうに冒険にいくことになりました。
20140706-001.jpg
朝6時過ぎに家を出て、8時過ぎに田舎の山の中のダム湖に到着です。さっそく

さっそく駐車場に車を停めて歩き出しますが、もう日が昇りつつあり、そしてここも想像以上に減水しておりました。水はとても綺麗で、透明度も高く、そして遠浅…。う~む、こうなっちゃうと釣れる気しない…。
20140706-000.jpg
ウィードや立木などのストラクチャーもなく、とにかく遠浅。最初は泥底ゾーンにいったのですが、こりゃ勝算無しだということで、移動。岩盤地帯を歩きながら探ります。7歳児もキャスティング練習しながら、頑張ってついてきております。

なかなか上手く投げられなかった7歳児ですが、何投かに一回は、かなりナイスキャストで飛んでいく事があり、辛抱強く練習させていたら、結構良い感じにキャストがきまるようになって来ました。

あとはなんとか釣らせてあげたいのですが、いかんせん遠浅、ストラクチャーなし、日が昇っている…というコンディション。こりゃここは早々に見切りをつけて、他の釣り場を探さなくちゃ・・と思っていた矢先、お父さんに一匹目。
20140706-002.jpg
7歳児のキャストを見ながら、ゆっくり底を引いてきたら、もわ~んとあたりました。サイズは30cmってことだけど、とりあえず一匹。

そのごもう一回アタリはあったのですが、乗らず。沖合のちょっと落ち込んだアタリまで投げないと反応もないので、違う湖に行こうと決断!
20140706-003.jpg
20分ほど走って、また違う湖にやってきました。水の状態は、前の湖と比べると格段に濁っており、イマイチな感じもするのですが、日も昇りきっているのでこれくらいのほうが良いかも。しかもすり鉢型のダム湖なので、ちょっと投げればそこそこ水深もあるし、底は捨て石だらけ。これなら日中でも勝負になりそう。

7歳児があまり水辺にや足場の悪いところにいかないように注意しながら、ジグで底をじっくり攻めます。
20140706-004.jpg
いぇーい!ここで2匹ゲット。1匹目は35弱。その直後にラバージグを根がかりでロストして凹んだものの、捨て石がキツイのでライトフィネスのほうがいいかぁと、スピニングでゆっくりゆっくり誘って2匹目は痩せているけど37cm。まぁ初めてのフィールドだし、こんなもんか。あとは7歳児に釣らせないと…。

しかーし!7歳児、完全に飽きてしまって、足元をおよぐ小さなブルーギルに夢中…。それは小さすぎて喰わないから、ちゃんとキャストして大きいの狙おうよ!と言っても、聞きません。「お父さん怒るぞ!お父さんみたいなの釣りたくないのか!」と叱り、そろそろお昼も回ってお腹すいたから、あとすこしやって帰ろう。あと少しだから、言われたとおりちゃんとやろうね!と、いうことで2人でスローにじっくりやっていると…

お父さんにまた来ました!「ほら、ちゃんとやれば釣れるんだよ!」といった瞬間にフックアウト…。う~…。と思ったその時、7歳児が「僕にもなんかキター!」と。見ると竿がバットから絞りこまれ、ドラグがギーッと滑り出します。「おい!竿立てて巻け!」と慌てて駆け寄るお父さん。

しかし何か様子がおかしい。根がかりのように竿が絞りこまれたままぴくりとも動かなく…。底の石に巻かれたか…。「お父さんに貸してごらん」と、興奮顔の息子から竿をとり聴いてみましたが、やはり何かソコに引っかかっている。ベイルを返して糸を出してみると、糸ふけがツーっとはしってトルクフルな生命反応あり。これ、デカイな…。でも完全に底食ってる…、どうしたものか…。「最悪糸切れちゃっても、ごめんね」と息子に断りをいれて、横に歩き出しながらなんとか外せないかとしゃくっていると、ガクン!という感じで抜けて、竿先がギューっと絞りこまれます。「よっしゃ!抜けた!」。

「僕にやらせて!!!!」という7歳児に竿を返して、お父さんもう片足水に突っ込んで取り込みの準備です。これバスだったら40は余裕で超えてるな…と、水面にでてきたサカナは…

キャットフィッシュ!なんどか寄せますが、なんせ子供向けの5フィートのウルトラライトの安物ロッド。竿がのされて、浮かせてもすぐにまた潜られてしまいます。何度目かに寄せた時に「えいやっ!」とに一気に首根っこを捕まえました。
20140706-005.jpg
よっしゃぁ!捕ったぁ!7歳児もう大興奮です。オフセットフックの1/32ozのジグヘッドにゲーリーのレッグワーム。ガッツリかかっておりました。

手早く写真をとって、暴れまくるナマズ様をなんとか押さえつけて計測。55cm/3.7lbsでした。ここでナマズに弱られても、持って帰って食べる訳にもいかないので、手早くリリース。元気に帰って行きました。
20140706-006.jpg
よく捕ったなぁと。ラインはバリバスのナイロン6lbs。リールは日本で買ってきたシマノの安物でしたが、さすがに安くてもシマノ、ドラグちゃんと効いてました。竿はバークレーのウルトラライトのペカペカのロッド。タックルボックスのソコに眠っていた、もう何年も何年も前にシーバス用に買いだめておいたバリバスのラインでしたが、伸びのあるナイロンラインというのが良かったと思います。

ここはキャンプリゾートのようなエリアになっていて、帰りにそこのオッチャンに「息子がデカイの釣ったよ!」と写真を見せたら、「やったな!」と息子の胸にリゾートのフィッシングクラブのバッジをつけてくれました。バッジの後ろには、日付とサカナのサイズをマジックで書いてあります。7歳児の誇らしげな顔といったら(笑)

これはこの日、このダム湖で釣りをする前に拾った鳥の羽。
20140706-007.jpg
これたぶんVulture(ハゲワシ)の羽根じゃない?ラッキーチャームになるかもよ!と7歳児のズボンの後ろポケットに刺しておいたのです。たぶん、これがラッキーチャームになったんじゃないかな。


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2014.07.12    [ Category : FISH/第二章 ]

American Girl @スタンフォードショッピングセンター

American Girl @スタンフォードショッピングセンター

さて、先週の土曜日、朝のお一人様出撃から帰宅して、お昼を食べて少しまったりした後、家族で出かけたのは、パロアルトのスタンフォードショッピングセンター。なんでも嫁が財布を新調させて欲しいとのこと。こういう時に、「いいよ、いいよ!どうぞ!どうぞ!」と言っておくことによって、釣り具を買うときの障壁を下げるべく、「よっしゃ!じゃ買いにこう」と出撃です。
20140705_101.jpg
最初からどこのブランドにするのかはアタリをつけていたので、着いて早々に、無事に嫁の財布もゲットして、ショッピングセンターをぶらぶら。

そういうえばココには気になる店があったんだっけ、と向かったのはこのお店。American Girl (web)です。ショッピングセンターを歩いていると、ここのお人形を抱えた少女とすれ違うことが多々あり、気になっていたんです。

シム子もお人形とか欲しがるかなぁと、突入。
20140705_102.jpg
おー、店内には綺麗に着飾られたお人形が沢山ディスプレイされております。

ところで、ここはどういう人形屋さんなのか?と嫁に訪ねてみると、「知らないの?ここでお人形買って、お人形と同じ格好するんだよ」「ココらへんにはココにしか店舗ないけど、みんなホテルとって行くくらいのブランドらしいよ」とのこと。なに!アパレル屋だったのか!オジさん、釣りと酒と仕事にしか興味ないからな…、面目ない。
20140705_104.jpg
たしかに店内には、人形用とは思えない大きさの洋服や帽子が置いてあり、その隣をみると人形用にまったく同じデザインでサイズの小さいモノが。展示してあった本の表紙には、手にした人形と同じ洋服を来てはしゃぐ女の子。そうかぁ、そういうビジネスモデルなのかぁ。

お人形は、髪の色、肌の色、様々な人種に対応できるようなバリエーションが揃っております。そして洋服は、いいお値段してましたね。

シム子が欲しがったら一体くらい買ってあげようかぁなんて思ってたのですが、シム子は店員のおねーさんが「どうぞ」って人形を抱かせてくれようとしても、人形がリアルでびびったのか「ノー!ノー!」と断固拒否。
20140705_103.jpg
遠巻きに人形を眺めるばかりだったのですが、そこは最近超アクティブなアニマル娘。人形用のストローラー(ベビーカー)をみつけると、わーい!とストローラーを押しながら店内をぐるぐると回り始めました。飽きずにずーっと回っていたのですが、さすがにそろそろ行こうよ…と、ストローラを取り上げた途端に、大絶叫&大号泣…。

いやぁ…、参った。参った。

ここ、我々は行かなかったのですが、2階もあるようで、立派な螺旋階段を皆様昇っていっておりました。調べてみたところダイニング・ビストロがあるとかなんとか…。人形と一緒に御飯たべられるような施設なのかな…。なんにせよ、凄いな。

American Girl Store
660 Stanford Shopping Center,
Palo Alto, CA 94304
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2014.07.12    [ Category : SFの南Life ]

出撃!

さて、先週末の三連休の中日の朝は…、いつものように家族を放置して一人出撃です!ちょっと寝坊しちゃった…。
20140705_000.jpg
冷蔵庫からレッドブルを取り出して、力強く飲み干したら、ブブーンと一路釣り場へ。先々週と同じ釣り場です。潮の関係か、前週よりも水位がかなり下がっており、前週のパターンはまったく使えない状況。

とりあえず今日は前週とは違う組み立てで行こうと、ルアーや仕掛けもまったく違うコンビネーションで臨みましたが、開始1時間以上アタリもなし…。これは…。
20140705_001.jpg
今日はダメなのかな…と半分諦めかけた頃に、この小アジくらいの可愛い小バスが釣れました(苦笑)。ボウズ回避したけど、これは小さいなぁ・・。よくフックアップしたな。

まぁ小さい小さいサカナではありましたが、とりあえず一匹捕れたということで、その後は大分肩の力を抜いて攻めることが出来ました。
20140705_002.jpg
この日はこれくらいのサイズまで止まり。一番大きいのでも35cmくらい。小アジサイズもいれて計6匹釣った所で、午後は家族とどっか買い物にでも行こうと約束していたので撤収しました。

折り返して帰路に着く途中、重装備で只者ではない雰囲気の釣り師に遭遇。往路でも見かけたのですが、この人…、この装備…、まさか…と、声をかけてみたところ、やはりビンゴ!Ralphさんでした(笑)。早朝から攻めて、2ポンド級を2本あげたとの事で、さすがだなぁ。

去年は夏場は暑いだけで、全然釣れなかったので釣りしなかったんですが、今年は真夏のパターンもなんとかモノにしたいなぁ。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2014.07.11    [ Category : FISH/第二章 ]

See's Candies 本社

See's Candy

サンフランシスコの南のほうから、7歳児をサンフランシスコの補習校まで送り迎えしているわけですが、時々帰り道にデイリーシティからEl Camino Realをのんびりと南下して帰宅することもあったりするのです。
20140629_100.jpg
で、エルカミーノの、ちょうどサウスサンフランシスコのあたりに、このドデカイSee's Candies の工場があってですね、前から嫁が気になるわぁ〜、と言ってたので、この間ちょいと家族で行ってきました。

工場の端っこがリテールショップになっております。
20140629_101.jpg
駐車場に車を停めて、突撃!おー、See'sのチョコレートが沢山ありますねぇ。扉をくぐると、さっそくお店のオバちゃんが、サンプルを進めてきてくれる辺り、良いですねぇ。良いですねぇ。

See'sってオジさんは、空港のお土産屋さんで買うイメージしかなかったのですが、きっちりしたチョコレート屋さんなのですね。
20140629_102.jpg
ショーケースの中には、美味しそうなチョコレートが並んでおります。嫁と7歳児と一個づつ選んで、オヤツにゲットです。

で、ココ、ただのどでかい工場かと思ってたのですが、どうやらここがHQ(本社)のようですね…。Wikiによると、See's Candies は、1921年にCharles Seeさんと、奥さんのFlorenceさん。そしてお母さんのMaryによって、ロサンゼルスに設立。現在の本社(headquarters)は、サウスサンフランシスコってことなので…・、ココ本社ですね。きっと。

ではオヤツ、いただきます!
20140629_103.jpg
うふふふ…。ビールやお酒が大好きですが、甘いものも嫌いじゃありません。チョコレートは良いですよね〜。ポーターとか重めでぽったり系のビールとかには合いますしね〜。

ごちそうさまでした。

See's Candies Chocolate Shops
210 El Camino Real
South San Francisco, CA 94080

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2014.07.10    [ Category : SFの南Life ]

4th of July 日帰りドライブ マーケット&BPS

4th of July 日帰りドライブ マーケット&BPS

さて、機関車にも乗ったしラウンドハウスの見学もしたし(記事)、凄く暑いし(39℃)、そろそろ帰りますかぁと早々にJamestownの町を後に、マンテーカ方面に車を走らせます。Jamestownに向かう途中に、たくさんのベリースタンドや、ファーマーズマーケットっぽいお店を確認していたのです。
20140704_100.jpg
その中でも BBQ Today! という看板が立っていた、このお店に突撃してみました。遅い朝食は、7歳児はホットドッグ食べてましたが、両親はパン半分とコーヒーだけだったし、お昼は機関車に乗っていて食べてなかったので、とってもお腹が空いていたのです。

街道沿いのこのお店、派手な外装で目を引きます。
20140704_101.jpg
店内では、バイトのおねーちゃん達でしょうか。若いおねーちゃんが、忙しく動きまわっており、なかなか活気があって良いです。ちょうどスムージーの試食をやっていて、サンプルが載ったお盆を持って出迎えてくれました。この熱い中、フレッシュフルーツをつかったスムージーはとても美味しかったです。

ちょうどお店の軒先には、こんな風車が。
20140704_102.jpg
シム子が気になるようだったので、一本抜いて風車をくるくると回してあげたら、大いに気に入っていまい、かたっぱしから引き抜いて回してくれ、回してくれとせがみます。参った、参った。これは花壇やお庭の地面に差して使う風車なので、庭のない我が家には置き場所もないからなぁ。もう行こうよ〜というオジさんに、「欲しい、欲しい、一本買ってくれ」という感じでダダをこねるシム子でしたが、「ご飯食べよ〜、まんまだよ〜」とご飯で釣って。諦めてもらいました。

ご飯はBBQサンドウィッチです。ポークのBBQ。BBQソースはお店にあったサンプルのBBQソースを好きにかけてね♪という、なんともおおらかなスタイル(笑)。
20140704_103.jpg
うん、美味しい。柔らかくて香ばしく焼き上げられたポークですね。BBQ仕立てで肉自体にパワーのある時は、パンは安っぽいスッカスカのパンが良いですね。見た目にはとてもボリュームのあるサイズのサンドウィッチでしたが、お腹も空いていたし、美味しかったのでサクッと完食してしまいました。ごちそうさまでした。

チェリーやベリーをお土産に購入したら、マンテーカの街へ。マンテーカの街といえば、もう我が家の目的はこれしかありません!
20140704_104.jpg
BPS! Bass Pro Shops です。帰路にあるので、とりあえず久しぶりに寄っていこうって感じだったのですが、子供の服とか針とかオモリとか…、やっぱり買っちゃうんですね。ここの子供向けのアパレルは、7歳児用に時々買うのですが、久しぶりに来てみたら、「凄く可愛いデザインの子供服が多くなってる!バスプロショップス侮りがたし!」と嫁が言っておりました。シム子ちゃんにも数点ゲットです。

ふぅ、ロングドライブでしたが、夜は花火鑑賞(記事)。なかなか充実の独立記念日でした。

Denise's Farmers Market
16569 California 120,
Ripon, CA 95366
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (6)   2014.07.10    [ Category : 週末DRIVE/第二章 ]

4th of July 日帰りドライブ 蒸気機関車に乗る

4th of July 日帰りドライブ 蒸気機関車に乗る

さて、田舎町のJamestownまではるばる2時間以上の道のりをやってきたのには、訳がありまして…
20140704_006.jpg
この町には、Railtown 1897 State Historic Park という機関車の博物館というか、機関車保存館のような施設があるのです。そしてそこではトレインライドが体験できるのです。

事前にWEBでチケットは購入しておきました。当日でも全然余裕はありましたが(笑)。購入したチケットは、12時発の機関車のチケットです。のんびり遅めの朝ごはんを食べていたら結構ギリギリに時間になってしまい慌てましたが、駐車場も空いていて、ちょうど良いくらいの時間に駅舎に到着しました。
20140704_007.jpg
やってきました!蒸気機関車。シュポシュポいってます。シュッポー、シュッポー。3歳くらいの時はあんなに機関車トーマスに夢中だった7歳児ですが、行きの車中で「ところで蒸気機関車って何?」とか寝ぼけたことを言ってましたね…。「トーマスだよ!トーマス!たくさん持っていただろうが。」と両親に突っ込まれた7歳児、「えー、じゃあ顔がついてるの!?」と、さらに寝ぼけたことを言ってましたが、実際に走る蒸気機関車の姿にはちょっと興奮した模様。

客車は、3車両くらいついており、3車両とも違う種類の車両でした。
20140704_008.jpg
われわれの座った天井の高い客車は、カナダナショナルで活躍していた車両とのことです。

機関車は最初は、客車の前に後ろ向きに連結され、まずはバックで折り返し地点まで進みます。車窓を流れるのは、ところどころに木の生えた、黄色い枯れた芝生の丘陵、そして牧場。それに岩山を削って線路を引いたようで、ところどころで岩の壁の中を線路は走っています。
20140704_009.jpg
途中、キツツキの住処と思われる木を通過。慌てて写真を撮ってみましたが、いちおうちゃんと撮れてるな。これは何ていうキツツキだろうか。

折り返し地点までくると、機関車は一旦連結を外し、今度は車両の反対側に周って、前向きに客車を引っ張って、駅まで戻ります。バックで引っ張っていた往路よりも、前向きで引っ張る復路のほうがスピードが出ていて気持ちよかったかも。しかし機関車ってなんだか良いですね。トルクフルというか、静かに進む電車よりも、躍動感みたいなものを感じます。汽笛の音でシム子は泣くんじゃないかと思っていたのですが、最初はびっくりしていましたが、最後まで泣かなかったですね。途中で飽きてちょっとぐずりそうになりましたが。

トレインライドが終わったら、今度はラウンドハウスの見学です。
20140704_010.jpg
ラウンドハウス見学は、薄暗いラウンドハウスが怖かったのかシム子は号泣で、嫁とシム子は早々に退散。オジさんと7歳児だけで巡りましたが、暑い。とにかく暑かったです。

ラウンドハウス見学ツアーでは、この写真のおじちゃんが色々と説明してくれました。まぁ半分くらいは聞きなれない単語で、よく分からなかったですが(苦笑)。
20140704_011.jpg
ラウンドハウスの中には、鍛冶工場なんかもあって、工具も全部機関車に合わせて手作りしていたそうです。しかし機関車って近くで見ると本当に迫力のサイズですね。蒸気機関車の歴史みたいなのも話していましたが、蒸気機関車は世界ではアメリカ、ヨーロッパそして日本でそれぞれ独自の進化を遂げたんだよね〜みたいに、話のなかに結構Japanという単語がでてきました。ちょっと誇らしいですね。

話を聞いていて思ったのですが、よくよく考えたら私、蒸気機関車の仕組みってきちんと理解してなかったです。7歳児と一緒に勉強しようかな。
20140704_012.jpg
こちらの機関車は2号機関車ですね。

我々の乗ったのはシエラ3号ですが、この機関車、100本を越える映画やTVちょっとシリーズに出演したスター列車なのです。1891年に完成したご長寿様のようですが、有名なところではバック・トゥ・ザ・フューチャー3でデロリアンを押していたのはこの機関車です。

私はその昔、西部劇にはまっていた時期があったのですが、この機関車、ゲイリー・クーパーの真昼の決闘(High Noon)や、TVシリーズ Lone Ranger。イーストウッド監督のUnforgivenなどにも出演している、まさに銀幕のスター 。いやぁちょっと感動。(web)

このトレインライドだけにくるには、ちょっぴり遠くて他に何も無い所なので、オススメ!とか強く言いにくいところもあるのですが、ヨセミテなんかに行く途中にちょっと寄っていくとかはアリかと思います。

Railtown 1897 State Historic Park (web)
PO Box 1250 / 18115 5th Avenue
Jamestown, CA 95327
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2014.07.09    [ Category : 週末DRIVE/第二章 ]

4th of July 日帰りドライブ Jamestown へ

4th of July 日帰りドライブ Jamestown へ

4th of July。それは独立記念日。そして今年はソレが金曜日なので三連休。去年は何してたっけ?と思い返してみると、早朝から家族を放り出して釣りに出掛け(記事)、そして夜は花火を見た記憶が無い。「なんで君たちは花火をみているのに、お父さんは見た記憶がないんだい?」と嫁にきいてみたところ、「朝から一人で釣りに行って、帰ってきて酒かっくらってリビングで寝ちゃったんでしょ!」ですって…。面目ない…。

まぁ去年の行いはさておき、今年はロングウィークエンド!なんかしようぜ!なんかしようぜ!さもないとお父さん、一人で釣り行くよ!と言うことで、家族で東のほうにブィーンとドライブに行くことに。
20140704_000.jpg
カントリーロ〜ド♪テイク・ミー・ホーム♪いやぁ、カリフォルニア。都市から1時間も走ると、何も無くなって、こんな西部劇みたいな風景になっちゃう辺りが素晴らしいです。

ブィーンと2時間ちょい走って辿り着いたのは、こんな街。
20140704_001.jpg
Jamestown という街です。以前、一人で釣り場開拓の旅に出た時に通りかかって、あまりにもレトロな街の佇まいにちょっぴり感激して、機会があったらまた訪れてみたいなぁと思っていたのです。

朝9時前に家を出て、ここに着いたのは11時過ぎ。朝ごはんもちゃんと食べてないし、なんか食べよう!と、ベーカリーと書いてあるお店に突撃してみたのですが…
20140704_002.jpg
中はこんな感じです。外のテラスでおばちゃんグループが、お茶しながら談笑していたのですが、そのおばちゃんグループの人が、ここの店主でした(笑)。

ここ、ベーカリー&アンティークという謎の建て付けでして、店の半分はアンティークショップなんです。
20140704_003.jpg
いわゆるアンティーク(ファイヤーキングとか…)には興味のないワキ家ですが、なんというかこう…、飾り気のないアンティークなのか、ただのガラクタなのか(失礼)わからないようなモノ、ブリキの看板とか謎のカントリー調度品とかは結構な好物だったりして…。ここには可愛い子供用のベンチが置いてあって、ちょっと危険でした。木で出来た公園にあるような普通のベンチの小さいのです。今日は釣り竿も積んでないし、頑張れば車に載せられるから買っちゃおうか?と真剣に議論しちゃいました(笑)。結局アパート暮らしでは置く所無いからということで断念したのですが、危なかったぁ…。

とりあえず朝ごはん。こういう田舎の街のおばちゃんって、二択ですよね。もの凄く愛想が良いか、すごくとっつき難いか。ここのおばちゃんは、とてもフレンドリーで明るいおばちゃんでした。
20140704_004.jpg
コーヒー2杯、ベーグル、ホットドッグ&チップス。これで$10-しませんでしたね。なんというか、流石は趣味の店(笑)。例えるなら、日本の郊外の商店街に良く存在している、なんで潰れないのか分からないオバちゃん向け洋品店みたいな感じですかね〜。

この何処にでもあるようなホットドッグ。7歳児は大変に気に入ったようです。注文してからじっくり焼いてくれてたし、ケチャップのレディッシュもフルコースで全部乗っけてもらって、ニッコニコ。
20140704_005.jpg
鼻の穴を最大限に拡げて、エイヤと頬張っておりますね(笑)

さて、遅い遅い朝ご飯?も食べたら、次に向かうのはこの日のメインイベント!Railtown 1897 State Historic Park に向かいます!

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2014.07.08    [ Category : 週末DRIVE/第一章 ]

ダイナーで家族朝食@BayWatch

先週の平日の話なのですが、嫁の歯医者が朝の7時半からありまして、家族総出で出撃しました。

子供が2人、しかも下は一歳半ともなると、どちらか一方が子守をしていないといけないので、通院も一大行事。夫婦で歯医者にかかっているので、普段は7歳児を学校に送り届けた後の時間に2人連続で入れてもらって、交互にシム子の面倒を見ながらやってもらっているのですが、この日は嫁だけ。7歳児のサマーキャンプ前の時間、朝一番のタイムフレームに入れてもらいました。

シム子は、歯医者には異常なほどの拒絶反応をしめし、嫁に抱っこされていない限りは、歯医者に足を踏み入れた瞬間から大号泣するので、この日は駐車場に停めた車の中で、シム子と7歳児と3人で嫁の帰りを待っていました。車の中のほうが、医者の待合室より落ち着くようで、なんとかシム子もぐずらずに頑張りました。

で、歯医者が終わって、7歳児のサマーキャンプ前に、サンマテオのダウンタウンのカフェダイナーで朝食をとることに。
20140703_000.jpg
何度かこのブログでも記事にしている、Restaurant Bay Watch (記事)(記事)です。平日の朝イチですが、常連さんと思われる方々でにぎわいを見せておりました。

7歳児、何頼んでもいいよと言われて何をチョイスするかと思ったら、じーっとメニューを眺めて一言「ねぇねぇ、クレープってオヤツじゃなくて朝ごはんで食べてもいいの?」と(笑)。
20140703_001.jpg
ということで、クレープです。フルーツのクレープ。ソースはフルーツヨーグルトかな。思ったよりボリュームがあって、クレープだけでお腹いっぱい。サイドについてきたグラノーラとトーストはギブアップ。というか、クレープにトーストって、ありなのだろうか…。

オジさんも何にするか迷ったのですが、最近こういうカフェやダイナーにはあまり来ていないので、定番のオールディブレックファストです。ダブルエッグにポテト。それにソーセージを2本。パンはイングリッシュマフィンがここのデフォルトのようなので、イングリッシュマフィン。こんがりと焼き上げられて、バターがしっかりと塗られたマフィンと、両面焼きの玉子焼きの組み合わせは良いですね!
20140703_002.jpg
奥にみえる豪快なワッフルは嫁のチョイス。前回もこれ食べたかな。我が家には一歳半のシム子もいるので、シム子に食べさせられるフレッシュフルーツが入ったメニューを、どちらかが選択するというのが、暗黙のルールみたいになっているところがあります。この日もイチゴとベリーとバナナをもらって、大満足のシム子ちゃん。

ご飯を食べた所で、7歳児をサマーキャンプに送り届け、嫁とシム子を家に送ったら、そのまま会社へ!普段よりも凄く早い時間に起床したという訳でもないのですが、ここまでアクティブに動くと何だか充実の朝って感じですね。

Restaurant Bay Watch
201 2nd Ave,
San Mateo, CA 94401
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2014.07.08    [ Category : Food(California) ]

おやつにお饅頭を食べる

もう一週間前の週末のことになってしまうのですが、補習校最後の授業のお迎えついでにJapanTownに寄り道。
20140628_300.jpg
いつもだとお目当ては、紀伊國屋ってところですが、この日のお目当てはこのお饅頭屋さんです!とても歴史のあるお饅頭屋さんのようで、様々なブログやサイトで紹介されています。

店内にはカウンター席があって、シブいサンドウィッチカウンターみたいな感じになっており、そこでお爺ちゃんお祖母ちゃんがくつろいでおりました。

ということで、おやつはお饅頭でした。
20140628_301.jpg
コーヒー党の我が家ではありますが、この日はお茶を淹れて頂きました。美味い!柔らかな餅が良いです。手作り感というか、気軽に食べれて普通に美味しくて程よい感じというか。これは良いおやつになりました。

またJapanTownにいったら、おみやげにしよう。

Benkyodo
1747 Buchanan St
San Francisco, CA 94115

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2014.07.07    [ Category : 徒然/第二章 ]

4th of July

独立記念日のロングウィークエンド、皆様いかがお過ごしでしょうか。我が家は、東のほうへ日帰り小旅行、そして夜はテクテクと公園まで歩いて行って花火を鑑賞しました。

嫁の作ってくれたおにぎりや玉子焼きのお弁当を持って、一家でテクテクと歩いて行ったのですが、もうどこも人で一杯。これは公園内にはちょっと場所が無いなぁ…と、通行止めになっている道路の中央分離帯に陣取っていたのですが、これがですね、大正解。凄く近くで鑑賞できました。

たまや~。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2014.07.06    [ Category : 徒然/第二章 ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ