無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

10歳児、快挙を成し遂げる!!!!

10歳児の英検を受けに、ロングビーチのウェスティンまで2回も飛びましたが、先日ついに、試験結果が発表されました。

20170301_000.jpg

結果は…


……
合格!

おぉ、ナイス。やったね、10歳児!

2級はしっかり受かってもらわないと困ると思っていたのですが、まさか準1級まで一発でゲットするとは、両親も驚きました。しかも筆記なんかは、準1級のほうが点数良いし。

英検本番に備えて、問題集とか揃えて嫁が一緒に勉強していたのですが、準1級ともなると単語はおろか文章のトピック自体、小学生には理解不能でしょ…というものが多く、半分できたら良い方という始末だったので、半分諦めていたのですが、本番に強いのかな、息子ちゃん。

ちなみに、巷ではTOEIC700点≒英検準1級とか言われてたりしますが、それは英検舐めすぎかと。お父さんも、問題集とか確認しましたが、英検準1級比べたらTOEICってただのお遊びじゃない?と思いました…。英検準一級ともなると、問題の傾向がTOEICほどカジュアルじゃないというか。すごいな息子。よくやったな。

20170301_001.jpg

一次試験と二次試験で起きたことを簡単に振り返ると…

一次試験
 ・午前中に準1級、午後に2級の筆記でした。(記事)
 ・準1級が終わって「出来たよ!」と晴れ晴れとした顔で試験会場から出てきた息子をみて、「あぁ…、準1級は難しすぎて、自分が出来たか出来てないのかも分からなくなっちゃったんだ、息子…」と、嫁は思ったとか思わなかったとか。
 ・お昼を挟んでの2級のテストでは一転、「できなかったかも…」と沈んだ顔。準一級で体力と集中力を使い果たしましたね。こんな長時間に渡るテスト、人生で初めてですしね。
 ・で、帰宅して自己採点をしよう!と、嫁が問題用紙を開くと、何も書いていない。毎回毎回、学校や塾の先生にも指摘されているのですが、息子ちゃんは問題用紙に途中の式や解答を書きません。何も書かずに、答案用紙に答えだけ書きます。なので自己採点がまったく出来ないという。「式や解答は問題用紙にもメモれって、毎回先生にも言われてるでしょ!」と、いつものように叱られていました。
 ・結果としては、息子の自己申告そのままでした。準1級はビックリするくらい出来が良く、合否ラインを大きく突破。逆に2級はなんとか合格というライン。

二次試験
 ・嫁と息子の二人でロングビーチへ。(記事)
 ・自分の名前を書く所に”ローマ字で”と書いてあったんだそうです。ローマ字って日本独自のモノじゃないですか。こっちの小学生は知りませんよね。10歳児、ローマ字って、カタカナでローマって書いてあるので、きっとカタカナの事だ!と解釈し、カタカナで自分の名前を書いたんだそうです。で、帰り道、「お母さん、ローマ字ってなに?カタカナの別名のことでしょ?」みたいな話になり、「!!何言ってんの!?名前カタカナで書いたの!?正気!?ここまで来て、それですか!?」と、ロングビーチの空港で、盛大な親子喧嘩。慌てて嫁が英検にメールで問い合わせして、「息子、名前ちゃんと書いてあります?ローマ字分からなかったみたいなんです」と確認するという一悶着があったそうです。ローマ字、日本の小学生じゃないと分かんないよねぇ…(苦笑)

ま、とにかくおめでとう、これで約束のゲーム機ゲットだね!(笑)

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (10)   2017.03.01    [ Category : 徒然/第二章 ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ