無料レンタル
FC2ブログ
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

麻辣味のピーナッツに悶絶するオジさん

出張先での食べ物シリーズです。いきつけの韓国系スーパーには、お国柄でしょうか、辛いものが沢山ありますのです。

この日、「おっ!これは晩酌のおつまみに良さそうだ!」と買ったのはこれ。
20180328_000.jpg
麻辣花生。日本語で読むと、マーラーッカセイとでも読むのでしょうか。もともと落花生大好きな千葉県民、これは美味そうだと購入。

最初は、柿の種かな?と思って手に取ったのですが、柿の種の辛い煎餅部分が、明らかに鷹の爪ですねぇ。あと他にも、辛そうな香辛料の実が入っております。
20180328_001.jpg
蓋を開けて匂いを嗅いでみたら、辛味が目に染みました。ピーナッツなので、ポリポリしている間は甘みなのですが、食べてしばらくすると「シーハー、シーハー」って感じです。軽目のビールのオツマミには悪くないのですが、この鷹の爪部分は食べるものなのか、残すものなのか。食べませんでしたけどね。それにしても、この手の辛いやつは、食べる手を止めると辛さが襲い続けてくるので、食べ続ける手がなかなか止まりません。

こちら、辛いのは分かっていたので、皿にあけてお箸で摘んでいた訳ですが、さて晩酌もほどほどにして歯を磨いて寝ますかぁと洗面所に向かいながら迂闊にも眠い目をこすってしまった瞬間…、目の回りが唐辛子成分でぐわぁ~と熱く痛く。

「うわぁ…、やっちまった。。」

最初の数掴みは、手でそのまま食べていたのを忘れておりました。。。トホホ。いい歳こいて、何やってんだか。


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (2)   2018.03.29    [ Category : 徒然/第三章 ]

キャベッジパッチでお裁縫

「アンティークフェアで買ってきた布で、シム子ちゃんとお裁縫したの!」と、LINEで送られてきた写真がこちら。
20180327_003.jpg

……
なんだこの微妙に可愛いのか可愛いくないのか分からないコレ…
どこかでみたことがあるような…


「なにこれ?」と聞いてみると、「えー、キャベツ畑人形って、お父さんの世代ならみんな知っているんじゃないの?」ですと。たしかに言われてみれば、子供の頃にこんな顔した微妙な人形みたことあるかも。

裁縫前の記事はこんな感じ。
20180327_000.jpg
ほかの布と一緒に、お安く買ってきたそうです。

書かれているインストラクションの通りに、布をチョキチョキして、縫うのですね。
20180327_001.jpg
買う時、お店のオバちゃんに「あなた、お裁縫できるわよね?」と確かめられたらしいです(笑)。

20180327_002.jpg
で、縫い上がったら中にワタを詰めて完成。最初の写真が完成形です。

「どう?シム子ちゃん、喜んでた?」
「……、うーん、あんまり…」
(笑)

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (0)   2018.03.28    [ Category : 嫁コレクション ]

食べるラー油が今頃Myブーム

食べるラー油…

調べてみると、日本で大ブームになったのは2010年のことらしいです。もう大分前になるのですね。その頃、ワキ家はトロント赴任中だったので、ネットニュースなどで見ることはあっても、なかなか手に入れることは出来なかったので、それを食べたのは、ブームを落ち着いた2011年に帰国した後だと思います。

その後、子供も小さかったので、ワキ家の食卓に出てくることはあまり無かった食べるラー油が、ここにきて大活躍なんです。

こちら、出張先にある韓国スーパーで買ってきた、S&Bの俺たちのおかずラー油。
20180326_000.jpg
そう、出張先で短期滞在アパートに住む中年オジさん。レンジでチンするお米や納豆と一緒に、これも買ってみたのですが、これ良いですね〜。

納豆に混ぜて、ラー油納豆ごはんにしたり、ウドンを茹でた時にちょいとかけてみたり。さらにはこんな感じで、卵おじやに垂らしてみたり。
20180326_001.jpg
ニンニクとラー油のおかげで、なんかちょっと食欲が出て来る感じがします。本当に重宝しております。

でもね…、やっぱ意外と減らない(笑)。桃屋の瓶詰めもそうですが、70%くらいまでは一気に消費具合が進むのですが、そこらへんからなかなか減らないんですよね〜。さて、残りはどうやっていただこうかな。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (0)   2018.03.27    [ Category : 徒然/第三章 ]

一人暮らしの食卓

出張中のこと、、

最初は外でご飯を食べて帰ることが多かったのですが、外食ばかりでなんだか疲れてきたこともあって、おうちで晩酌しながらゆっくり食べることが増えました。テイクアウトの中華とかピザとかも良いのですが、量が多くて残ってしまうのが問題。

そんな所に、こんなの発見。
20180325_000.jpg
お一人様用ラーメンポット!

滞在先をホテルから短期滞在用のアパートに移したので、ヒーターなどもついているのでが、包丁や鍋まで使って調理する気にもなれずにいたのですが、これはお手軽でいいかも。

ということで、、
20180325_001.jpg
うどんと一緒にお買上げ。うどん!うどん!

チーン!
20180325_002.jpg
完成です。良い感じです。ドライフードのネギを投入した、ただの素うどんですが、美味しい、美味しい。

うどんが美味しかったので、調子にのって卵とマルコメのお味噌汁の元を買ってきて、おじやも作成。
20180325_003.jpg
お米は、レンジでチンするヤツです。これも美味しくできました。寒い、寒いと帰ってきてからの、簡単おじや。はまりそうです。

卵が大パック12個入りしか売っていなくって、残った卵どうしましょう…。ゆで卵にしちゃえばいいか。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (0)   2018.03.25    [ Category : 徒然/第三章 ]

カリフォルニアは恵まれているのだ!

ちょっと出張でブイーンと飛行機で大陸を横断し、東海岸まで。東海岸、まぁ寒いです。毎週雪降ってますしね。というか、もはや雪というレベルではなくてブリザードだったりするし…。。

で、こちらだと日本のスーパーがなかなかありません。車で何時間も走ればミツワがあったりしますが、出張先で気軽に行ける範囲には韓国系スーパーが一軒あるだけ。韓国系スーパーでも日本の食材は買えるので、それがあるだけでも嬉しいのですが、どれもこれも高い!

これ!
20180321_000.jpg
「赤いきつね」と「緑のたぬき」が驚きの$3.49-。本日のレートで、365円です。

たっけー!!!!!!カリフォルニアなら、ニジヤやマルカイで1ドル台で買えます。

ここで思い出しました。10年前のトロント時代、小さな日系スーパーが一軒、車でハイウェイを数十分北上したところにあるだけでした。週末にしか、買い出しにいけません。そしてやはりお値段もするので、必要最小限のモノしか買えず。日常の日本食の補給路は、やはりお高いのですが、もっぱら中華系スーパーか韓国系スーパーに頼っておりました。昔の記事を確認してみたら、トロントの中華スーパーでカップスターが3ドルで売っていても、カナダドルではありますが「いやぁ、3ドルは出せないなぁ」程度(記事)の反応。 それが今や、ニジヤやマルカイの企業努力によって、カップラーメンに3ドルだぁ!?こらぁ!みたいな大人になってしまいました。

そうそう、テレビJAPANで放送されるニジヤやマルカイのCMにどれだけ憧れたことか…。それがいざカリフォルニアに住んでみたら、最初のうちは感動していたのに(記事)、いまや「ニジヤ、無駄に寒い」とか文句まで言っちゃっていたり。反省しなくてはいけません。

少女時代をインディアナ州で過ごした嫁は、週末は州を越えてイリノイ州シカゴのヤオハン(いまはミツワ)まで家族で買い出しに行っていたそうです。「そもそも日常的に日本食が手に入るような所で、駐在生活を語るとか、笑わせるわ」くらいの事、言ってたな、、あの頃の嫁。そうだ!トロント時代のワキ家は、車で7時間以上かけ、国境を越えてまでニュージャージーのミツワに行ったんだった。あの時食べた山頭火のラーメンは本当に美味しかったなぁ…。(その後ワキ家がカナダを離れた後、トロントに山頭火がオープンしやがったのですが…)

ということで、ニジヤやマルカイには感謝感謝で暮らしていかないといけませんね。ただサンノゼのミツワは、仁義なき駐車場争いがあまりにもストレスなので、ワキ家は二度と行かないんですけどね。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (6)   2018.03.24    [ Category : 徒然/第三章 ]

若いって凄いなぁ

この間ですね、出張先に若者が出張してきました。年齢半分以下とまではいかないですが、それに近い年齢差。とにかく若くて元気な小僧がやってきたのです。というか、私が呼び寄せたのですが。。

で、そんな若者を連れてやってきたのは焼肉。「腹減りました!腹減りました!」って言うから…。「じゃあ好きなもの適当に頼んで並べてよ」と言うと、「食べ放題にしましょう!この食べ放題メニュー全部行ってもいいですか?」という勢い。。。なっ、なんだ、このヤングマン…。
20180318_100.jpg
さすがに食べ放題メニュー全部は食えないな!と悟ってくれましたが、それでも結構並べてきましたね。そして普通に完食して最後にしっかりデザートまで行くあたり、オジさんにはついていけませぬ。

次の日に行ったのは、HotPotのお店。こちらでも適当に食べたいモノ頼んで〜というと、じゃあコレもコレも!と増えてく増えてく(笑)
20180318_101.jpg
注文とりに来た兄ちゃんが、「2人にしてはかなりの量のオーダーだけど、本当に食べる気?」と聞いてくる始末です。それでも「いいから、いいから、早く持ってきてよ」「なに言ってるんでしょうね、あの人。余裕でしょ、これくらい。バカにしてるんですかね!」と、やる気満々のヤングマン。途中でギブアップしたオジさんを尻目に、バッチリ食べてまだ物足りそうな顔をしていました。

いやぁ、とんでもないの連れてきちゃったな(笑)。彼は先に出張任務を完了してベイエリアに帰っていったのですが、その後しばらくは胃の調子がおかしかったです。いっぱい食べられる人って、色んな料理を試せて人生楽しいだろうなぁって思います。あと、若いって良いなぁって、しみじみ思いましたね。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (0)   2018.03.21    [ Category : 徒然/第三章 ]

こんなところでパイレックスに出会う

出張滞在先からちょっと歩いた所に、ダイナーがあります。朝から爺さん婆さん、爺さんと孫、家族連れ、婆さんのおしゃべるグループなんかで賑わっている、ザ・ローカルダイナー。こういうのって、爺さんと孫という組み合わせと、オバアちゃん三人組という構成が多い気がします。

朝と昼は混んでいるので、外から眺めているだけだったのですが、お昼を回ってあと少しで閉店というタイミングで突撃。
20180318_000.jpg
ちょうどお昼の人達がみんな帰った入れ替えタイミングだったので、ガラガラの席のどこに座ってもいいよ状態でした。

バナナパンケーキと、サイドにベーコンをオーダー。やってきました、ダイナー飯。いいですねぇ。
20180318_001.jpg

……
こっ、これは…
このコーヒーカップの下のソーサーと、パンケーキの皿…、これ、オレが愛用しているオールドパイレックスのマグカップのシリーズじゃないか!?

さっそく写真を撮って嫁に送ると、
おぉぉぉぉ!!
という反応。「ソーサーの縁の模様は、上下じゃなくて半分だけなんだね、そういうものなのかな?」とか「ちょっと皿の下の刻印確認してよ」とか、反応が返ってきました。

ということで、
20180318_002.jpg
皿の下を覗き込むオジさん。「あの人、何やってんだろう?大丈夫か?」と思われたのか、サーバーのオバちゃんが何度も「食事どう?大丈夫?コーヒーもっといる?」って来てくれました(笑)。「いや、実はワイフがこういうオールドな食器類が大好きでさ、写真撮って送ったら Oh my Gosh!! いいな、いいなって(笑)」って説明して、2人で大笑い。

この皿…、オレが欲しいな。。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (4)   2018.03.20    [ Category : 嫁コレクション ]

洗濯の仕方もわからない…

さて出戻りの話題を記録に残し終わったところで、近況ですが、出張続きで忙しくしております。

独り身期間が長かったので、まぁ自分の面倒くらい自分で見られるだろうと気軽に考えていましたが、やっぱ色々大変ですなぁ。一週間を越える出張の場合は、洗濯なんかも自分でするわけですが、(マツキヨみたいな大型薬局)CVSやWalgreensに、洗剤とかを買い出しに行っても、一体どの洗剤を買えば良いのかわからない!粉末洗剤ってものは、全然ポピュラーではないんですね。液体洗剤は沢山あるんですが、柔軟剤とか漂白剤とかもあるから、どうしたもんかと。

結局、嫁に電話していちいち教えてもらう訳です。。「洗濯したいんだけど、どの洗剤買えばいいの?」って。嫁がいないと、何も出来ないお父さんです。面目ない。。。
20180318_200.jpg
あとは嫁が縫ってくれたランドリーバッグ(写真左下のビールボトル柄の大きな巾着)に、下着やシャツを詰めこんで、GoogleMap片手にコインランドリーに向かいます。

コインランドリーも、お店ごとに少しづつ支払いシステムや装備が違っていて、カードが使えるようなところ、25セント硬貨のところ、自販機でTokenを買ってそれで洗濯機を回すところなどなど。

ここで困ったのが、洗濯機どうやって使ったらいいかよく分からない…。洗剤を入れる所とかはなんとなく分かったのですが、いくつかあるスウィッチのどれが正解なのか…。ウール用とか、ヘビーデューティーとか、色んな設定があるのですが、どれが普通設定なのと。。

まぁ適当にボタンをおして、あとはiPhoneやKindleで時間を潰します。週末を挟む出張の時は、週末の一大イベントは、洗濯です。

もう何十年も前、社員寮に住んでいた独身時代は、同じように100円玉のコインランドリーで洗濯する生活でしたが、久しぶりにやってみると、時間もかかるし大変ですね。10年前にトロントに渡った時に最初に住んだアパートは、地下のコインランドリーに行って洗濯するパターンでした。自分一人の洗濯物ならまだしも、家族全員分の大量の洗濯物を抱え、当時1歳の息子を抱っこして、毎日のようにコインランドリーを往復していた嫁。「とにかく、どんな家でもいいから、部屋にウォッシャー&ドライヤーがある家に引っ越したい!」とずーっと言っていましたが、そうだよね。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (2)   2018.03.19    [ Category : 嫁コレクション ]

出戻るよ!と告白した日。

ようやく終わりました、アメリカ出戻り記。今後、出戻る方の参考になれば幸いです。

そうそう、そういえば子供達に「みんな!ワキ家は、アメリカに帰ることにしました!」と伝えた日のこともちょっと書いておきましょう。

このブログの去年の11月の二子玉の人気のお寿司屋サンへという記事の時のこと。ちょうどこの数週間前に、11歳児の塾の統一模試があったのですが、その一つ前の夏休み明けの模試の成績があまりにも悪かったので、嫁にかなりしぼられておりました。でも反抗期の11歳です。素直にお母さんの言うことを聞いて勉強するわけもなく、我が家では嫁と11歳児の怒鳴り合いが続いておりました。最終的には、辛抱強く説得してなんとか勉強させたのですが、その甲斐あって成績V字回復どころか、過去最高の好成績を叩き出したのでした。

そのお祝いということで、彼が行きたがっていた二子玉のお寿司屋さんに行くことにしたのです。この時点では、確定ではないにせよ、年明けにはアメリカに戻るのは9割以上は間違いない状況。もちろん嫁は知っていましたが、子供達にはまだ伝えておりません。その前の月に下準備で、弾丸日程でアメリカに行った時も、海外出張ってことにしてたし。嫁も「決定!!というギリギリまで言わないほうが良いよ、特に11歳児は思い出作りとか言って、まったく勉強しなくなるだろうから(笑)」と言ってましたし。
20180317_000.jpg
そしてこの日、模試の結果も出たし「みんなに褒められて、美味しいお寿司で浮かれている時に、さらっと言っちゃえば?」という嫁のアドバイスもあったので、お寿司で盛り上がっている時に子供達に「重大なお知らせがあります!みんな!アメリカに帰るよ!」って、告白してみたわけです。

そしたら、11歳児…、さすがにしばらく固まってましたね。。「えっ、何の話?」「えっ、何でお寿司屋さんでそんな話?」「ほ、本当なの!?」「いっ、いつ?」「もうすぐじゃん!」って。スマン息子、本当だ。シム子ちゃんも「あめりかやだ〜」とか、しばらくはグズグズしておりましたが、当時4歳だったシム子ちゃんがどこまでシリアスに理解しているかは不明なので、こちらは一旦良しとして、11歳児ですね。なんとも言えない、神妙かつ微妙な表情で寿司をもぐもぐしておりました。

「ほら!アメリカって言っても、また同じ町に帰ることにするからさ!お友達、いっぱいいるじゃん!」って盛り上げてみたら、「お父さん…、ボク、ついこの間、盛大にサヨナラパーティしてもらったんだよ。いったいどんな顔して帰ればいいの?」って。なるほど、そりゃそうだ(苦笑)

転校ばっかりさせてしまい、子供達には申し訳ないなぁとは思うのですが、まぁガンバろうぜ!ってことで、今後もよろしくお願いします。。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (0)   2018.03.18    [ Category : 徒然/第三章 ]

アメリカ出戻り記 その12 1週間もたたずに通学開始!

アメリカに戻ったその週の金曜日。11歳児の学校の手続きに行ってきました。どういう手続きが必要かもよくわからなかったのですが、まぁとりあえず行ってみようと言うことで、まずはサンマテオ・フォスターシティ学区のオフィスへ。そしたら、直接学校に行ってみてとの事だったので、その足で学校に突撃です。

学校のオフィスへ行き、「かくかくしかじかで学校に入れたいんですよね」というお話をします。一応PG&Eに発行してもらった住所証明できる書類とかも持っていきました。

緊張でドキドキモジモジ、無言の11歳児でしたが、ちょこちょこと質疑応答があり、「来週からでいけるかもしれないわね。連絡するわ」と。そしたら、その後すぐに学校から連絡があり、週明けから学校に行けることになりました!凄いぞ、渡米してまだ数日なのに、11歳児の学校の手配も完了。

週末は、11歳児の学校用のカバンやバインダーなど色々と買い出しに。バック・トゥ・スクール期間でもないので、学校用品揃えるの意外と大変でしたが、なんとか必要と思われるものは揃いました。

20180311_500.jpg
10ヶ月ぶりのアメリカの学校は、いきなりの中学校。学校に行ったら知ってるお友達がいっぱいいるんでしょうけど、ドキドキしますよね。あ、これって、履歴書の上では、日本でもアメリカでも小学校卒業が無くて、いきなり中学生という変な感じになっちゃうのか。なんか申し訳ないな、息子。

あとはシム子ちゃんのプリスクール。こちらも、前に通っていたプリスクールにちょうど空きがあったので、週明けに体験入学に行って「いつから始める?」って聞かれたら、シム子ちゃん本人が「すぐ!」って言ったので翌日から通園開始。「あ〜、帰ってきたの〜!!」と先生にハグされて、完全に圧倒され無言のシム子ちゃんだったそうです(笑)

しかし、渡米1週間以内で子供達が学校に通い始める、というのは流石に想定外でしたわ。学校は手続きに時間がかかるかもしれないし、生活が少し落ち着いた頃になっちゃうかなぁなんて思っていたのですが、なんか凄い展開です。お弁当を作るキッチン用品すらもまだ到着していないので、11歳児は、しばらくランチャブル(スーパーで売ってるクラッカーとチーズかのスナックパック)生活でした。嫁のママ友も、「ワキ家、生活立ち上げが早すぎる!」とビックリしていたそうですが、自分たちでもビックリです(笑)。


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (0)   2018.03.17    [ Category : 徒然/第三章 ]

アメリカ出戻り記 その11 着いたその日にWiFi開通

こちらでのネット環境は、基本はケーブルテレビ会社のケーブルを利用です。サンマテオ地区を支配しているのはComcast。携帯電話があるので、それでネットは繋げられる事は繋げられるのですが、テザリングオンリーでは色々とキツイ。今の時代、ネット環境さえあれば諸々の手続きも簡単にオンラインで出来るし、テレビがなくても子供達もYoutubeやゲームでなんとか退屈しないで済みます。ネットをいかに早く開通できるか?は、引っ越しにおいてかなり重要なファクターだと思いますが、なんと今回はですね…

アメリカに着いたその日にWifi開通しました。

凄い。我ながら凄い。

日本を発つ前に、Concastには引っ越すから新しくアカウント作りたいって連絡して、手続きはしておいたんです。オペレータに住所を伝え、店舗でピックアップかFedExで機材を送るかのオプションだったのですが、店舗でピックアップだと一週間以上かかるとのことだったので、家に機材を送ってもらうことに。到着日前に来ちゃって玄関先に放置されていても、我が家の付近は治安は悪くないのでなんとかなるっしょ!と。

そしたら…、なんと着いたその日の夕方に機材到着。素晴らしい。なんて素晴らしいタイミングでしょう。さっそく機材のセットアップを開始しますが、これも前に何度かやっているのであっという間にセットアップ完了。家の中のあらゆるネット機材がオンラインに!やっほぅ!!
20180311_400.jpg
いやぁ、ここまで順調だとちょっと怖いっすねってくらい順調に進む、新居のセットアップ。到着したその日のうちに嫁の携帯電話もゲットしたし、家のネットも繋がったっていうのは、ちょっと自慢してもいいくらいの成果ですよね。エッヘン!

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (0)   2018.03.16    [ Category : 徒然/第三章 ]

アメリカ出戻り記 その10 無事入居。

成田から定刻通りに出たフライトで、無事にサンノゼに到着。無事どころか、1時間くらい早く到着してしまいました。

家族は久しぶりの入国だし、税関で揉めるかもしれないから、腹に気合を込めてイミグレーションへ向かいます。
20180311_200.jpg
昨年ちょこっとサンフランシスコに来た時は、少し揉めたんですよね。「今、日本に住んでんのか?何しに来た?とりあえずあっちで話聞こうか」みたいな。でも、あっさりアメリカ入国。ふぅ。良かった、良かった。

無事に車屋さんとも落ち合って、一路ハイウェイ101を北上。

帰ってきたよぅ、フォスターシティ。
20180311_204.jpg
しか〜し!なんでしょう…、この家族の反応の薄さ

反応薄いったらありゃしない。11歳児なんて、窓の外の風景を見ようともしないで、3DSでゲームやってるし!嫁も「なんか、別に懐かしい〜!みたいな感じにもならないわね…。ついこの間まで住んでたし…」とか。くぅぅ、お父さん頑張って生活をセットアップしたんだから、「うわぁ!帰ってきたのね!」とか少しくらい感激〜!的なリアクションがほしかったわ。まぁお父さんが勝手に「アメリカ戻るわ!」って決めたんで、仕方ないけどさ。

大家さんに貰っていた鍵で、新居にも無事に入居。何度かブログでも書いてますが、陽気でホスピタリティ溢れる大家さん、リビングには綺麗にラッピングされた子供達へのWelcomeギフトが置いてあり、キッチンにはフルーツの大皿とメッセージを準備しておいてくれました。
20180311_201.jpg
広いお家と大家さんからのギフトで、ようやく家族も「うわー!素敵〜!」と。大家さんがかなり丁寧にクリーニング入れておいてくれたので、築年数に比べるととても綺麗なんです。シム子ちゃんもウキャー!って言いながら走り回っているし、家を気に入ってくれたみたいでよかったです。

新居に荷物を置いたら、ブブーンとVerizonへ。
20180311_300.jpg
さくさくっとゲットしたのは嫁の電話。あっという間でした。電話買うのって、もっともっと敷居が高かった記憶しかないのですが、「オレのアカウントに嫁の電話を追加したいんだけど、電話ちょうだい」「はいよ〜、機種は?」で終わり。楽ちんなのは良いけど、何だこれは…。

次は、同じコミュニティに住む嫁のママ友のお家へ。以前、シム子ちゃんのベッドを娘さんに譲ったのですが、もう使わなくなったとの事で、また頂けることになっていたのです。これでシム子ちゃんのベッドを即ゲット!さらに、我が家の渡米の数日前に帰国したママ友一家から11歳児のベッドも譲り受けていて、こちらのお家のガレージに置いておいていただいたのです。ということで、11歳児のベッドも無事にゲット!!とりあえず初日の寝床はなんとかなりました。

その後数日は、買い物や手続きに走り回りました。

定番のIKEA。
20180311_203.jpg
何度か往復しました。

枕やちょっとした小物とかも揃うので、なんだかんだでIKEAは重宝しますね。
20180311_202.jpg
大人の寝床用には、ぐるぐるぐる〜と巻けるマットレスを持って帰りました。ウッドフレームのガッツリマットレスは、どうしてもデリバリーになるし、重くて重くて持ち上げようとすると腰が逝きそうになるので、今回は丸められるマット。使ってみると、これで十分でした。ベッドも後日IKEAで購入して、気合で車で運んで組み立て。3列シートの車は、2列目のシートも上手に調整すれば、かなりモノが積めるので重宝します。

PG&E(電気とガス)の手続きもしないといけません。サンカルロスにPG&Eのオフィスがあるので、そこに出向き、以前使用していたアカウントに今の住所を紐付けてもらいました。ついでに「子供達の学校の手続きのために、住所を証明できる書類がほしいんだけどお願いします」と頼んだら、その場でPG&Eのヘッダーのついた書類をプリントアウトしてくれました。こちらでは、PG&Eの郵便物や書類は、最強の住所証明手段ですから、これも助かります。

最近はAmazonで何でも頼めちゃうのですが、なんだかんだ言ってもちょとした生活雑貨を揃えるのは大手小売店が便利ですね。IKEA、ターゲット、Bed Bath & Beyond、なんてところは最初の一週間で何回行ったことでしょう。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (0)   2018.03.15    [ Category : 徒然/第三章 ]

アメリカ出戻り記 その9 重要!医療保険

アメリカで暮らしていくのに、とにかく重要なのが保険です。前回、帰国をきめた時も、このまま大きな病気をしたらアウトな国で暮らしていくのキツイよな…というのが、一番の理由でした。正社員として働いていれば、会社のベネフィットとして医療保険に加入できますが、日本と違って医療保険のカバー範囲もモノによって全然違ってきますし、100%カバーとかの素晴らしいベネフィットでもない限りは、「保険持っていても、このお値段!?これは無理だ…、日本に帰りたい…」みたいになることも。。ちなみにカナダは州に拠るとは思いますが、オンタリオ州の保険制度で医療費は無料でした。病院に行って、何の支払いもなく帰るって新鮮な体験でしたね。イギリス連邦は、教育や保健制度が良いのかな。やっぱり、いつか約束の地オンタリオ湖畔に帰りたいな…。

20180313_000.jpg
病気も薬で治せる病気なら良いんですけど、怪我もあるので、やはり何かあった時に、直ぐにお医者さんにかかれる環境は必要です。子供もいるし。

とうことで、保険のお話です。

我が家は1月上旬には渡米したのですが、勤め先の医療保険が開始するのは、原則次の月の頭からということでした。ということは、渡米した日から月末までは無保険になってしまいます。ヤバイ、何かあったら死ぬ。あと子供達の学校の手続きで、診断書や予防接種が必要な可能性も。

参った…。エマージェンシーな事態が起きちゃったら、クレジットカードの海外旅行保険とかもあるけど、家族全員分カバーしないといけないし、とりあえず空港で当面の海外旅行保険を買って、最悪の事態には備えよう!と、空港で保険会社のカウンターに行き、保険を購入しようとしたら、なんと!

「旅行者じゃないと買えないんですよ〜。」

ですと!こっちはもう、住民票も抜いて片道切符。いつかは戻ってきますけど、「とりあえず一ヶ月だけ!」みたいなのはダメなんだそうです。他の保険会社のカウンターに行って、しれーっと「月末に帰ります〜」で手続きしちゃうという事もできそうでしたが、大事なことなのでちゃんとやらないとと、アメリカの保険会社にすぐに連絡。

自動車保険でお世話になっているアメリカの保険代理店の方に、「かくかくしかじかで、短期の医療保険ありますか?」と直ぐに連絡したら、パンフレットといくつか候補をくれたので、直ぐに契約をお願いします。成田を発つ直前にお願いして、サンノゼの空港に着陸したときには保険証書がメールで送られてきていました。

ま、結局はその保険を使う事は無かったのですが、海外旅行保険は出張や旅行らOKですが、とりあえず行ってきます!の際には購入できないみたいなので、注意ですよ!というお話でした。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (0)   2018.03.14    [ Category : 徒然/第三章 ]

アメリカ出戻り記 その8 引っ越し

いよいよ引っ越しの日がやってきました。年末からずーっと荷造りしていましたが、やっぱり最後の数日間は追い込み作業。カナダに渡った10年前と比べると、家族が一人増えているし、子供達は年々成長して、勉強道具やオモチャも増えているので大変です。自転車なんかもありますし。あと、海外を行ったり来たりしていると、棚の奥に眠っているだけなのだけど、なかなか捨てられない思い出の品的な物も結構あったりして…。

今回も大物はコチラ。
20180311_100.jpg
釣り竿たちです。いくつか処分もしたし、実家に置いていく竿もあるのですが、それでもまだ結構な本数でした。釣り具も今回は厳選しようと思ったのですが、気がついたら結構な量に。。アメリカ行く前に釣り具の処分のために行った中古釣具屋サンで、気がつけば売ったのと同じくらい買ってたり。困った、困った。困ったお父さんです。

ほかに容積を取るのは、嫁の手芸用品と毛糸と布。緩衝材を梱包するのでどうしても容積はとってしまう食器類。そして子供のオモチャと本。娘ができると、こんなにもヌイグルミやお人形が増えるのかと。息子の図鑑や辞書は重いし容量もとるし大変ですが、やっぱり需要なので持っていくしか無いです。

そして一番問題になるのが、分解できない家具類。
20180311_102.jpg
このベンチ。アンティークフェアで買ったベンチですが(記事)、今回は嫁の実家に預かってもらうことにしました。アンティーク家具は、脚とかが分解できないタイプが多いので、要注意です。

朝から始めて、午後2時位には概ね片付きました。予算節約もあって、食器など引越し屋さんにやってもらわないといけないもの(損傷時の保険もあるので、基本的にはプロの引越し屋サンが梱包します)以外は、ほとんど自分たちで梱包済みだったので、けっこう早く片付きました。
20180311_101.jpg
ソファや布団は、引越し屋サンに頼んで処分してもらうことに。リサイクルや粗大ごみで自分たちでも色々と処分したのですが、車にのらないサイズのものや、最後の最後まで使う布団とかは仕方ありません。赴任・駐在の時は、引っ越しのパッケージも会社が面倒見てくれたので、引越し屋さんもその契約範囲を超えない限りは「問題ありませんよ〜」ってやってくれるので、引っ越しの予算や料金内訳などを気にすることはなかったのですが、実際に自分達で手配してみると、やはり凄いコストです。不用品回収なんかも、赴任だと会社が契約しているパッケージに入っていれば、何も気にせずいくらでも引き取ってもらえちゃったりもしますが、実際は容積単位で有料です。年末年始は、いかに持っていくモノの容量を減らすか、どうやって不用品を処分するか、で大忙しでした。

いやぁ、知ってはいましたが、実際に経験してみると、引っ越しや生活立ち上げのサポートに関しては、駐在・赴任のなんと恵まれていたことかと実感しました。誤解のないように言っておくと、駐在・赴任が全ての面で恵まれている訳ではなく、引っ越しとか生活立ち上げのサポートの面では自力でやるよりそりゃ会社のサポートがあるので楽ちんですが、実際の生活や仕事は地獄の忙しさだったり、色んな面で苦労が耐えなかったりするので、一概に駐在は良いなぁってことは無いです。

それにしても、引っ越しは何回やっても大変ですわ〜。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (2)   2018.03.13    [ Category : 徒然/第三章 ]

アメリカ出戻り記 その7 アメリカでの車の手配など

アメリカでの家も決まり、引っ越し日程もFIX。日本の住居の引き払いも進行中ですが、アメリカで生活を立ち上げる準備もしなくてはいけません。

まずはなにはともあれ、車ですね。シティに住むわけではないので、車がないと週末の買い出しにもいけないわけで、子供もいる家庭には致命的です。学校の送り迎えもあるし。

ということで、家を決めるためにアメリカに滞在していた12月、以前にお世話になっていたリース会社の人に連絡。家があっさり決まってしまい時間もあったので、ここで車も決められるなら決めてしまおう!という作戦です。ちょうど欲しかったタイプの車がリース落ちであるようなので、それを中古で購入する方向で進めます。アメリカに戻ることは伝えてあったので、「お久しぶり〜、おかえりなさい」くらいのノリで、滞在しているホテルまで、試乗のために車を持ってきてくれました。

20180311_000.jpg
うーん、良い感じ。以前乗っていたデカイミニバンをまた買おうかとも思っていたのですが、やっぱりSUVのほうが格好良いですなぁ。この車も3列シートだし。釣りに行くならこっちの車の方が快適でしょう。欲しい。ちょっとお値段もするけど、欲しい!

ということで、ここで車も決めてしまいました。しかも本渡米の時に、サンノゼの空港までこの車で迎えに来てもらうことに。これで、家も車も渡米前に確定!順調なのは良いですが、アメリカに残してきた銀行口座は既にソコをつきそう(涙)。でも、年末年始は今以上に円安だったし、アメリカの銀行口座をクローズしないで残してきてよかったです。

あとは自動車保険ですが、住居のテナント保険(火災とか水漏れとかの保険)と一緒に、これも以前お世話になっていた保険代理店に連絡して即ゲット。保険会社も前と同じ保険会社でお願いしたので、以前のアカウントで保険会社のサイトにログインしてオンライン決済で全て完了です。うーん、あっさり。銀行口座がカツカツなので、クレジットカード決済にしました(笑)

これで、渡米前に現地での生活立ち上げの最初の準備は完了。本渡米前に車までゲットできたのは相当大きいです。今回は、渡米初日から車もあるということで、ホテル滞在無しで直接空港から家に直行するプランにしました。数日間ホテル滞在も考えたのですが、ベイエリアのホテル宿泊費が尋常じゃない値段だったんですよね。高速沿いのビジネスホテルでも、ディズニーリゾートより高いんじゃないの?このホテル代?みたいな。。。なので、すぐにIKEAに行って寝具を揃えて、初日から家で頑張るプランにしましたが、それも車があるからこそ取れたオプションです。

それにしても、やっぱ何度もやっていると、我ながら手際が良いですな。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (0)   2018.03.12    [ Category : 徒然/第三章 ]

アメリカ出戻り記 その6 ドタバタの確定申告

日本引き払いの際に、一番焦ったのは確定申告でした。

11月末に前職を退職して渡米準備を始めたのですが、クリスマスも過ぎた年の瀬に一通の書類が。中を開けると前職での源泉徴収票とともに、一枚のプリント。そこには「11月末日を持って退職されたため、自分で確定申告するか、もしくは転職先の人事にて処理してもらってください」との一言が。。。

おい。

いや、もう退職した人の年末調整できないのはわかったけど、年末調整のための控除書類は10月くらいに提出してあるわけです。なぜそれを一緒に送ってこない。「自分で確定申告」って、控除書類ゼロで確定申告とか意味ないし、バカ!と、前職の人事に即連絡。実はココらへんは最近流行りのアウトソーシングで、自社の人事ではなく、バックオフィス専門の地方の会社が行見たくされてやっているのですが、そこからの返答は「資料は2月以降に郵送でお返しします」って。こ、これは…。たぶんこいつバカなんだな…。「もしくは転職先の人事にて処理してもらってください」って、控除書類は2月に出します♪って言ったら、転職先の人事がプチ切れるでしょう。そもそも自分たちは10月○日までに必着で書類を送ってこないと年末調整やりません、みたいな文言で控除書類を請求してきたくせに、頭おかしいわ。

税務署に「もうすぐ渡米しちゃうんですけど、確定申告どうしましょう?」って電話相談したら、年明け4日から税務署は空いているので、渡米前に税務署に来て確定申告を済ませてください!とのこと。ってことは、やっぱ書類が無いと、確定申告はできるけど、ノー控除で申請して損しまくる計算。ただでさえも引っ越しで我が家のキャッシュフローは大変危険な状況なのに…。

ということで、人事担当者に「ガタガタ言わずに速達で今日中に送ってきてください。」って強くクレームを入れるようにお願いして待つこと数日。大晦日前になんとか書類をゲットしました。ふぅ…。しかしなぁ、あのバックオフィス業務委託会社、良い感じでビジネスを拡大しているみたいだけど、こんなカスみたいな仕事してて大丈夫なのかな。ダメだろうなぁ。

正月休みが明けたら、直ぐに引っ越し。引っ越し終わったら数日で渡米なので、三ヶ日明けの1月4日の朝イチで川崎北税務署に行ってきました。正月明けから同じように早めの確定申告をしなくちゃいけない境遇の人が結構いるようで、プチ行列になっていましたが、なんとか無事に確定申告完了。

20180310_000.png

いつもは会社の年末調整で事足りてしまっていたので、確定申告するのって初めてなのですが、税務署のすみっこの部屋で、係の人に指導を受けながら、机に置かれたラップトップに情報を入力して、プリントアウト。あとは署名するだけでした。もう渡米まで時間もなく、一発勝負だったので、事前に書類のチェックや昨年度の確定申告フォームに入力してみての予習など、準備万端で臨んだこともあったのですが、思っていたより全然楽ちんで無問題で終了。

ということで、これは予定外のタスクでしたが、なんとか完了。よかった、よかった。


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (0)   2018.03.11    [ Category : 徒然/第三章 ]

アメリカ出戻り記 その5 ちょいトラブるも、車を売却

さて、日本を引き払うに当たっては、日本で乗っていた車も売却しないといけません。海外渡航も3回目、とういことでせっかく買った車を大した距離も乗らずに売却するのも3回目です。引っ越し貧乏。。

過去2回は、ディーラーに引き取ってもらっていたのですが、今回は引越し準備でギリギリまで車が必要だったので、海外渡航者・赴任者専門に車の買い取りを行っている業者さんに頼むことにしました。

この業者さん、車の引き渡しは
 ・成田空港近辺の提携パーキングに乗り捨てでOK!
 ・成田空港近辺のホテルでの受け渡しもOK!
ということだったので、ギリギリまで車が使えるのです。ちょうどフライトの前日に、成田のANAクラウンプラザホテルに前泊する予定だったので、フライト当日の午前にホテルに引き取りに来てもらうことで契約。

中古だけど、年式も新し目で走行距離も少なくて状態もとっても良かったマツダ(記事)。気に入っていたのですが、トヨタやホンダと比べると、マツダはリセリューバリューは少し落ちるということで、見積もりにきてくれた担当の方も少し申し訳なさそうに金額提示してきました。
20180308_000.jpg
あぁ…、一年も乗ってないのに…。距離も全然乗っていないのに…。悲しいですが、査定は査定。この車は両側電動スライドドアというオプション付きだったので、査定金額はまだ頑張れた方だそうです。売却まで考えると、グレードや装備はケチらないほうが良いのかもしれません。

で、当日。フライトは夕刻なので、お昼前に「いまから引き取りに行きます!」と連絡があり待っていたのですが、なかなか来ない・・。「まだ時間かかりますか?」と連絡すると、「いま駅に着きました!あと5分くらいですね」とのこと。「駅?5分!?…」。怪しい…。「成田のクラウンプラザホテルですけど大丈夫ですよね?」と聞くと、「えっと、川崎のご自宅にもうすぐ着きますけど…」ですって。。えっ、ちょっと何言ってるか、わからない…(苦笑)
20180308_001.jpg
ということで、担当者の方が見事な大ポカをしてしまったようです。すぐに連絡がありましたが、一体どうしましょうかと。。最後の最後に、なかなかなイベントが待っていましたね。

参ったなこりゃと、ホテルの部屋から外を眺めていると、「成田空港の提携パーキングに乗り捨てでOK!」の提携パーキングが、ホテルの目の前にあるじゃないですか!歩いて5分くらいの距離です。ということで、「今から指定のパーキングに乗り捨てて来ますから、大丈夫ですよ。そちらへの連絡と手配をお願いします。」と、パーキングに置いていくプランに変更してもらい、ブブーンと行ってきました。

ということで、車の売却もギリギリでなんとかなりましたが、焦った、焦った。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (0)   2018.03.09    [ Category : 徒然/第三章 ]

アメリカ出戻り記 その4 日本引き払い準備

さて、無事にアメリカの家も決めて帰国したお父さん。次は、日本の住居の引き払いや引っ越しの手配です。

引っ越しは、アメリカに家探しに行く前日に見積もりに来てもらっていましたので、無事に住所も決まりました!と連絡して、仮押さえしていた日時で確定してもらいました。引っ越し日が決まると、いろいろと他の事も動き出せるので、とにかく早く日付を確定したかったのです。

本渡米用の航空券も手配。成田→SFO行きは混んでいたので、サンノゼ空港便で確定。

引っ越し日が確定したので、家の引き払いもすぐに連絡。2ヶ月前に退去通知するという契約だったので、11月末にアメリカ行きを最終決定した時点で、すぐに連絡して、家の契約は1月末まででお願いしていたのですが、引き払いの立会日程などを不動産屋に確認。正月休み明けには引っ越すので、1月末までは少し余分に家賃を払うことになってしまいますが、仕方ないです。

家を引き払う際には、アパートに入居時に加入した火災保険などの解約もします。少しですが、保険料関係は日割で帰ってくるみたいです。ネットの解約とか、電気・水道・ガスの解約、やるべき事は全てリストアップして一つづつやっていきましたが、細かい手続きも多く大変。

金融口座関係も、渡米前に少し整理することに。日本に帰国してから作った証券口座などはクローズしていきます。アメリカに行っちゃうと税関係が面倒くさいですし、作ってみるまで知らなかったのですが、アメリカへの納税者の場合、投資信託を始めとして殆どの金融商品が買えないという縛りもあって、作ったものの一度も稼働しなかったという。。その割には、クローズするのにめちゃくちゃ手間がかかりました。作らなきゃ良かった。

残す銀行口座は、すべて住所変更。アメリカの口座も日本の住所にしてあったので、アメリカの新住所に変更。連絡先がめちゃくちゃ多くて大変です。そうそうクレジットカード関係も住所変更しないといけません。こちらもアメリカのクレジットカードも日本の住所で維持していたので、また変更です。

1/3くらいの手続きはネットでいけたのですが、1/3は電話で手続きしないとダメでした。そして残りの1/3は、なんと郵送!なんと今の御時世に郵送ですよ!
20180303_300.jpg
アメリカやカナダだったら、ほぼ100%オンラインで完結すると思うのですが、日本ではまだ郵送処理が必要でした。キーポイントは、書類への押印。印鑑文化だからか…。JAFの一時中断とかも、電話で申し込んで、本人確認のために手続きは郵送でと郵便で書類が送られてきました。他の保険関係も同様に電話で手続きしたら、書類が送られてきて、書類に必要事項を書いて押印してお繰り返すという手順。金融口座系は、書類の量がかなりのボリュームで面倒くさかったですし、きちんと処理されているかは返信したあと一週間くらい待ってから確認しないと分からないので、とにかく時間がかかりました。写真はJAFの郵便ですが、手続きの速さと電話対応の気持ち良さではJAFが一番優秀でしたね。JAF素晴らしいです。あっ、JAFを休会したら、すぐにアメリカのAAAに再加入。こちらは100%オンラインでOK。楽ちん、楽ちん。

ここまでの処理ですが、一ヶ月以上みておいたほうが良いです。なんとか全部の処理を本渡米前に終わらす事が出来ましたが、郵送での書類のやりとりや、年末年始を挟んだこともあって、あのタイミングで動き出さないと完全にアウトでした。早めに動いて本当に良かったです。

ということで、海外引っ越しは早めに動かないとダメですよ。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (0)   2018.03.08    [ Category : 徒然/第三章 ]

アメリカ出戻り記 その3 家決まる!

さて、家探しのためのベイエリア滞在は一週間。その一週間以内に、家の契約書にサインするところまで漕ぎ着けなくてはなりません。結構思い切ったスケジュールです。

もし決まらなかったら、延泊するか、タウンハウスは諦めてリーシングオフィスのある大型のアパートメントにターゲットを切り替えるか。航空チケットはマイルでゲットした特典航空券なので、便の変更は無料でできるはずだし。でもホテル代がクッソ高いから、できれば予定通り帰りたい。しかし、とにかく走り回るわ暴れまわるわのアニマル娘がいるワキ家、アパートメントで妥協するのは避けたいところ。急がなくては…と、焦っていたのですが、内見一日目の午後、「こ、これは!!」というお家に遭遇!

その物件は、日本からアポをとっておいた物件ではなく、携帯電話をゲットした直後、ショッピングセンターの駐車場に停めた車の中で、電話の動作確認ついでにCraigslistを見た時、ちょうど数時間前に新規にポストされていた物件。その場で即連絡し、翌日の内覧アポをゲット。この時点で、なんだか運命的なモノを感じてはいました。

お家賃は少し予算オーバーだったのですが、物件も凄く良かったし、大家さんとの会話も凄く盛り上がり、先方もコチラを大いに気に入ってくれたようで、その日の夜にはアプリケーションフォームを記入して、次の日の朝イチで提出。こちらの事情を説明して、ありたっけの資料を渡し、「もしこの物件が駄目だったら、すぐに次の物件探さないと間に合わないんだよ〜。急ぎでお願い!」とお願いしたら、なんとその日の夕方には「OK!契約しましょう!」との返事が。マジか!2日足らずで家が決まってしまったぞ!

アメリカの現住所がないので、クレジットヒストリーのチェックが難航するかもしれないと覚悟していましたが、クレジット調査に使った会社が、前回の引越し時に前の家のオーナーが使った会社と同じ会社だったようで、そのサービスのデータベースにワキ家のアカウントがまだ生きていたので、それであっさりチェックが済んだっぽいです。新規アカウント作成だと、アメリカの住所が無いと厳しかったんじゃないかなと思います。ラッキー♪。

また、前の家の大家さんや、会社の元同僚にリファレンスをお願いしたのですが、皆様、ワキ家のことをとても良く言ってくれたみたいで、「みんなとっても良く言っていたわ!契約しましょう!ポストして直ぐに、こんな良いテナントが見つかるなんて思わなかったわ!Welcomeよ!ワキの家族と会うのも楽しみだわぁ。」みたいな大歓迎のノリで契約を完了しました。
20180303_000.jpg
広くて明るくて素敵なお家が見つかって、ラッキーです。ただ、家賃もベイエリア価格ですけどね。ベイエリアに住まわれている方は皆様ご存じの通り、日本では考えられない家賃相場。この先の家計には大きな不安がありますが、とにかく家を決めてしまわないと引っ越しもできないし、住所がなければ子供達の学校の手続きもできません。背に腹は変えられないわけです。(実は前回滞在時からなのですが)会社が色々とサポートしてくれる駐在さんでも無く、生活基盤が整うまで暫くの間は貯金を切り崩しながらの生活になりますが、仕方ないです。カナダ時代の経験から、「衣食住のうち最も重要視すべきはである!」が、ワキ家のモットーなので、良いでしょう。ただでさえも異国生活はじわ~っとストレスが溜まってきますので、毎日過ごす場所は重要です。ここでストレス溜めて、暗い生活を送ったり、病気になっちゃったりしたら元も子もないですしね。

ということで、日曜日にアメリカに入り、月曜日に内覧し、火曜の朝にアプリケーションして、夕方には審査通過。契約書面は金曜日までに作ってもらい、金曜日にはサインして鍵をゲット!内覧時に「ペット禁止ってことだけど、金魚くらいは飼ってもいい?子供が喜ぶと思うんだ」なんて話してたら、契約書に「魚はOK!」って追記してくれてました(笑)。良い大家さんに巡り会いました。

いやぁ、我ながら凄いな。順調、順調。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (0)   2018.03.07    [ Category : 徒然/第三章 ]

アメリカ出戻り記 その2 家探し

電話をゲットしたら、いよいよ家探しです。

ターゲットはタウンハウス。爆音爆速で走り回るアニマル娘がいるので、アパートはかなり厳しいんです。日本でもアニマル娘対応で、アパートは1階の端っこでした。

リーシングオフィスがある大きなアパートやタウンハウスコミュニティで無い限り、大家さんとの直接交渉が基本のこちらでの家探し。まずは Craigslist で家を探し、オーナーに連絡。渡米前に日本から数件内見のアポイントをとっておきました。アポイント取る際に、どこまでこちらの情報を開示するか?ですが、最低でも、渡米予定や家族構成、簡単な自己紹介は入れておいたほうが良いです。

ココらへんは、前回の滞在時に、自力で家探し&引っ越しを経験しておいて良かったです。(ベイエリアで引っ越し・家探し編その1)(ベイエリアで引っ越し・家探し編その2)

今回は1週間の滞在で、家の契約書にサインする所まで漕ぎ着けるというミッション。とにかく時間が無い訳です。アプリケーションのチャンスは2回が限界か。とにかく申し込んだら、すぐに審査してもらわないと間に合わないので、新しい職場のオファーレターや、万が一のために銀行の預金状況のコピー、リファレンスになってくれそうな知人への連絡など、渡米前に色々と準備しておきました。

ということで、着いた翌日から、家の内覧開始です。やって来たのは、勝手知ったるフォスターシティ。
20180207_100.jpg
こういう良い天気の日に見るフォスターシティはやっぱり良いですね〜。実際に住んでみると、日中はほとんど家にいる事は無いので、こんなのんびりした水辺の景色を堪能することはほぼ無いのですが、なんといっても治安もいいし、子供達のお友達もいるので、ベイエリアに帰るならココという話になってしまいます。

家を内見すること数軒。こんな感じで写真を撮っては、すぐにLINEで日本の嫁に送ります。
20180207_101.jpg
写真を送ると、あそこはどうなってる?とか、アレはなに?とか細かく聞いてきます(笑)。家にいる時間は、嫁が一番長いですから、色々と気にしますよね。

かなり明け透けに我が家の事情をお話したら、どこの大家さんとも盛り上がって、かなり良い感じで内見は進みましたが、さて一週間で家を決めることができるか…。お父さん、頑張ります。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (0)   2018.03.06    [ Category : 徒然/第三章 ]

アメリカ出戻り記 その1 順調な滑り出し

このブログは、ワキ家にとっては、仕事の事とかには触れずに日々の生活の少しでもポジティブな部分を数倍に膨らませて書くことで、日々のストレスをなんとか解消しようという一種のライフハックツールなので、細かいことは書きませんが、出戻りに際して色々とやったことなどを、いちおう記録に残しておこうかと思います。

アメリカから一大決心をして日本に帰国し、日本でも不自由のない生活をしていたし、子どもたちもお友達が出来て日本生活を楽しんでいたのですが、「決めた!お父さん、アメリカに帰るわ!」って、アメリカに出戻ることに決めて、すぐにしたこと。それは、家探し。12月の一週目に、単身渡米して家探しのために走り回りました。

まず航空券はマイレージでゲット!行きはUNITED、帰りはANA。

無事に空港に到着したら、まず向かったのはレンタカーセンター。日本から予約しておいたレンタカーをピックアップ。ラッキーなことに、カリフォルニアの免許証がエクスパイアしていなかったので、その免許証で借りることができました。渡米が決まってすぐに免許センターに日本の免許の更新に行ったので、念のために国際免許証も取得し所持していたのですが、結局出番はなかったです。

レンタカーは、ダラーレンタカー。安かったので…。日本からWebサイトで予約できて、フルカバーの保険のついたパッケージが安かったので、そこにしました。ハーツとかエンタープライズなどの大手に比べると、半額くらいだった気がします。

予約時にはカローラクラスということだったのですが、「KIAのセダンが空いてるからKIAでいい?」って話になったので、「俺、日本人だからさ、やっぱり慣れてる日本車がいいんだよね。TOYOTAとかない?」と交渉したら、日産のアルティマならあるよ、ってことなので日産になりました。借りる予定だった車よりグレードワンランク上だと思うけど(アルティマはカムリクラスだと思う)、「他に車ないからOK、OK」ってな感じでアルティマに。カウンターのおっちゃんも暇だったのか、なんか10分くらい身の上話の雑談で盛り上がってしまいました。

無事にレンタカーをゲットし、向かう先はブリッジポイントショッピングセンター。
20180207_000.jpg

いやぁ、久々。10ヶ月ぶり。スポーツオーソリティのあったところには、ワイン屋さんが入るみたいですね。スケートセンターもなんか復活しているっぽいなぁなんて感慨に浸る間もなく、アメリカの電話をゲットするべく、Verizonに突撃!電話番号がないと、何も出来ないですからね…。

20180207_001.jpg
速攻でiPhoneXゲット!!

ものの5分って感じでした…。うーむ、、、前回は揉めに揉めて「もう俺ではどうにも出来ない!明日また来てね」、みたいになった記憶しか無いのですが、クレジットヒストリー、クレジットカード、カリフォルニア免許証、この三種の神器があると、こうまで簡単に物事がすすむのか、、って感じです。この時点では、アメリカの住所もないというのに、何事もなくあっという間に…。

10時くらいに着陸して、お昼前には電話(電話番号)もゲット。順調、順調。つづく。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (2)   2018.03.05    [ Category : 徒然/第三章 ]

チャイニーズニューイヤーの贈り物

「さっき大家さんの○○さんが、ハッピーチャイニーズ・ニューイヤー!って、三段重ねの箱にチョコレートいっぱい持ってきてくれて、子供達が大盛り上がりよ」と、仕事中に謎のメッセージが。

「…、うーん、何の話?」と聞いてみると、我が家の大家さんのRさん(アジア系の陽気なオバちゃん)が、「ハッピーチャイニーズ・ニューイヤー!」ってこんなのを持ってきてくれたんだそうです。
20180301_000.jpg
めでたい金色と赤の3段重ねの箱の中に、いろんなチョコレート。

我が家の大家さん、とっても気さくでバイタリティー溢れる人でして、なにかあると直ぐにやってきてテキパキと用をこなしてくれて行ってくれます。さらに、ものすごくホスピタリティのある人で、我が家が日本からやってきて入居する日には、リビングの暖炉の前に、綺麗にラップされた子供達へのWelcomeギフトを用意しておいてくれたり、キッチンにもメッセージと共にフルーツやらいろいろ準備してくれておいてくれたり。いつも本当にお世話になっております。

箱の中身のチョコレートはこんな感じ。
20180301_001.jpg
アニマル娘は他のチョコレートには見向きもせずにギラデリーを掴み、11歳児は見た目がもっとも地味なピーナツバターチョコボールに行ったそうです。性格でますね。

お父さんは、Lindt かな。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (2)   2018.03.02    [ Category : 徒然/第三章 ]

○○ロールの罠にはまる

出張先の滞在先の近くに、日本食レストラン発見!板さん、ばりばり中国語のなんちゃってですが、とりあえず巻き物のお寿司とか頼んでおけば間違いないでしょ!と突撃。

チキンカツとなんとかロールのディナーの弁当ボックスがあったので、それを注文。
20180228_000.jpg

……
うわぁぁぁぁん(涙)

具の半分以上がキューリじゃないか!これ!!私、いい歳こいて何ですが、キューリダメなんです。。。ワキ家には、キューリ厳禁!キューリには絶対に敷居をまたがせない。唯一お父さんが出張で不在のときのみ、キューリ持ち込み許可が下りるという鉄の掟があるくらいなのです。それが…、まさか出張先でこんなトラップに…。

まいったなぁ。
20180228_001.jpg
チキンカツも、チキンのどの部分ですか?ハムカツ?みたいにペラッペラだし。。悲しい。。。とても悲しいです。

これでお値段、結構するんですよ。ヴェトナムフォーだったら2杯食べても余裕でお釣りが来るくらい(涙)。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ にほんブログ村 家族ブログへ

Trackback (0)   Comment (2)   2018.03.01    [ Category : 徒然/第三章 ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ