無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

息子と二人釣行

さて、この日は午後時間があったので息子と二人で南へ向かってみました。

20130707_200.jpg
ぶぶーんと田舎道をはしって、初めて行くリザーバーの調査釣行だったのですが、これが山の上のダム湖。峠を越え、山を上り…

たどり着いたダム湖はやっぱり減水。広い湖だったので、途中で嫁に持たせてもらったお弁当を食べたりしながら車で半周しつつ、水辺にアクセスできそうなポイントをポンポンと叩いてみます。
20130707_201.jpg
ただ、このリザーバー。減水している上に、ウェイクボードやモーターボート遊びに興じるハイソな人々が多く、なんだかやかましくて釣りに集中できません。なんだか岸際は魚っ気もないし、モーターボートの作る波で、岸寄りの浅瀬はダダ濁りだし…。まぁ足場の良いところもあったので、じっくりと6歳児にキャスティング練習させるにはよかったのですが、手前の捨石で根掛かりが連発するので、別のリザーバーにとっとと移動しました。

で、やってきたのはちょっと前に単独釣行した際に、軽くリサーチしていた小場所。こちらも減水しているのですが、おかげさまで6歳児連れでも安全にアクセスできる感じになっております。ここでは岸際で小バスのスクールやブルーギルのチェイスが沢山あったので、6歳児の遊びにはいいだろうと、ダウンショットにガルプをつけて投げさせると、ヒットです。
20130707_202.jpg
小バス。でも6歳児は大喜びの大満足。

そしてこちらは…
20130707_203.jpg
小ギル。同じ長さなら、体高のあるギルのほうが引きますね。ピーカンで、こんな小物しか連れませんでしたが、なかなか楽しい父と子の半日釣行でした。

にしても、このリザーバーにも休日ということもあって、釣ったものは何でも食べてしまう国の人たちが家族連れで何本もの釣竿を出していたのですが…、カリフォルニアのこの一帯のリザーバーは水銀含有量が多く、釣れた魚は食べないように注意喚起されております。でもやっぱりあの人達のあの”やったるぜ!”的な装備を見る限り、きっとお魚はキープするんだよな…と思ったのですが、案の定、水の中から引き出されたスカリの中には、ピチピチと跳ねる子ギルと小バスが…。遠目に見ただけで持って帰るところまでは確認していないのですが、キープするんだよな。きっと…。そこの看板にココの魚は食べないように!って書いてあるが…
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.07.13    [ Category : FISH/第二章 ]

Commentの投稿















管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ