無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

DMVを卒業する

さて、カリフォルニアにやってきて既に数ヶ月が絶ちます。家を決める、車を買う、子供の学校の手続きをする等、様々な事をこなして参りましたが、この日ワキ家はとうとうあの!あの!悪名高きDMVをついに卒業致しましたぁぁ!!DMVとは、California Department of Motor Vehiclesのことで、カリフォルニア州の陸運局&免許センターとでもいえばいいでしょうか。

こちらではスーパーでお酒を買うにもIDの提示が必要ですし、パブでお酒を飲む時もIDを求められることはしばしば。生年月日を証明するIDといえば、自動車運転免許証が普通ですが、それを持っていないとパスポートを提示するしかないので、パスポートを携帯せざるを得ず、非常に困るのですね。日本の免許証は、西暦ではなく日本の年号(昭和や平成)で表記してあるので、年齢証明には使えませんし、オジさんはカナダ・オンタリオ州の免許証ももっているので(この前期限切れましたが…)、それをシレーっと出すと大抵の場合はOK!とパスできるのですが、厳しい所だと、外国の免許証はカナダといえどもNGで、パスポートを出さないとビール出してあげないからね!みたいなパブもあったりするのです。こっちはビール飲む気満々なのに、そんなの困りますよねぇ。
20130813_100.jpg
実際の所、私自身はというと、もう2ヶ月ほど前に免許は無事取得済だったのですで、この日とうとう嫁もドライビングテストをパスして、めでたくカリフォルニアの自走車運転免許をゲットとあいなったのでした!やっほぅ!

我が家のカリフォルニア免許取得への道の履歴は、それほどの大事件はなかったものの以下のような感じです。とにかく朝から頑張って並んだなぁという感じ。

オジさん)5月中旬に、ソーシャルセキュリティーナンバーをゲットし、家も探して住所もゲットし、直ぐにサンフランシスコのDMVに朝から2時間並び、一問ミスったが無事に筆記テストをパス。ちなみに日本語で受けました。とっとと車をゲットして、車通勤を始める。

オジさん)6月前半に、サンマテオのDMVにてドライビングテストに減点4点で無事合格。

嫁さん)6月中旬に、サンマテオのDMVにて筆記試験を受けようとするも、ソーシャルセキュリティ番号に問題があり、門前払いを喰らう…。朝イチから家族総出で大行列に並んだ挙句の果ての出来事で、家族全員で落ち込む。アメリカ嫌いだ!と叫ぶ。

嫁さん)7月上旬にサンマテオのDMVに再トライ。またしても家族総出で朝イチから並び、今回は無事に筆記テストをパス!仮免ゲットぉぉ!

オジさん)嫁が仮免ゲットした当日、家に帰ってみると本免許が郵便で届いていた。やっほぃ!これでパスポートを携帯しなくても、酒が買える、酒が買える、酒が買えるぞ〜!酒が買えるぞ〜!!

嫁さん)お義母さんが日本から遊びに来たので、お義母さんを助手席に乗っけてバーリンゲームにお茶をしに行ってみたり、モールに親子で買い物に行ったりしてドライバー経験値を貯める。

オジさん)お義母さん来訪と時を同じくして、2台目の車を購入。ミニバン。デカイ。このサイズは初めて乗るけど、デカくてなんだか気持ちがいい。長い竿もそのまま積めるし。

オジさん)7月末には、釣りに行きまくってみたりして、一ヶ月チョイで走行距離が3,000マイル(5,000km弱)を余裕で超える。カナダ時代も2年半で65,000kmくらいと頑張っていたものの、それを大きく上回るペース。このまま行くとどれだけ走っちゃうのか不安になる。

嫁さん)8月のこの日、とうとうドライビング試験。ここで落ちると、おそらく次の予約の前に仮免許がエクスパイアしてしまい、また筆記試験から受け直しになりそうという状況で、後のない一発勝負。嫁は、前日から超緊張している。オジさんもこの日は有給休暇をとって、家族と一緒にDMVへ。テスト前にオジさんの記憶を頼りに、テストコースを練習をしてみたものの、とにかく緊張しているので不安だったのですが、減点1で無事に合格!!おめでとう!これでもう我が家は当分DMVに来なくて済む!わ〜い!

20130813_101.jpg
まぁこんな感じで大きなトラブルもなく取得できたのですが、いくつかトピックがあるとすれば…

・嫁の最初の筆記テストトライ時に、問題となったソーシャルセキュリティ番号に関して。嫁はお父さんの転勤で、少女時代をアメリカで過ごしており、その時にソーシャルセキュリティ番号を取得済み。この番号そのものはライフタイム有効のものなので、今回取り直す必要はないのですが、結婚して姓が変わっているため、番号と一緒に登録してある本名の変更手続きをしていたのですね。その手続きにソーシャルセキュリティオフィスに行ってから1週間程経ってからDMVに行ったのですが、名前変更手続が完了しておらず、DMVにて番号を照会したら名前が違うのでダメ〜!NG〜!試験は受けさせられません、帰ってください〜!という事になりました。当然その足でソーシャルセキュリティオフィスに駆け込んだのですが、「あ〜まだ手続き中ね♪」で終わってしまいました。ってかお前さん!オレが初めてソーシャルセキュリティ番号とるときだって、1日2日で手続き完了して、番号そのものは発行されたってのに、なんでだ!!と大憤慨。でも大憤慨しても仕方ない。This is U.S.A! というか、日本ではないのだココは…ってことですね。よく考えたら、あの日本でも役所って全く融通効かなくて頭に来ること多いしね。

・オジさんのドライビングテストの時の係官は、そこはかとなくアンニュイな感じを漂わせたホワイトのオバちゃん。アンニュイっちゅーか、肩の力が抜けているっちゅーか、やる気が無いというか(苦笑)。テスト中も、「あーそこ右…」とか、「うーん、じゃあ左」、「……右寄って…」とか、これといった弾んだ会話もなく淡々と進んでいった訳ではありますが、後で聞いたところサンマテオのDMVのホワイトのオバちゃんは、かなり厳しい係員で有名との話。なんでも指導やサポートはほぼなしで、いきなりクリティカルエラーで落とすらしい。…それって、あの言葉少ななオバちゃんでは?

・で、この日の嫁のテスト。嫁はカナダ時代には息子の幼稚園の送り迎えで車は運転していたものの、日本で運転したことは一切ない。つまりここ2年間は、運転席に座ったことはない。日本の免許は持っているけど、典型的なペーパードライバー。その日本の免許もオートマ限定だしね。車でテストの順番待ちをしている時はオジさんや家族も一緒に車に乗っていたのだけど、この日の教官は、問題の(と思われる)オバちゃん、アジア系のオッチャン、ラテン系っぽいオネーチャンの3人。さ〜一体誰にあたるのだろう…、オバちゃんは嫁にはちょっとチャレンジングすぎるから、気のよさそうなアジア系のオッチャンが良いなぁと思っていたら、無事にオッチャンにヒットしました〜。

・嫁がテストに行っている間、シム子が豪快にう◯ちをして、オムツを替えようとDMVのオッチャンに、オムツ交換できる台とかトイレにある?って聞いたのですが、結論から言うとDMVではオムツは替えられません。「車で替えられないのか?」というオッチャンに、「その車でワイフがドライビングテスト中なのよ」と。役に立たない豆情報ですが、オムツは外のベンチとかでエイヤと替えるしかないです、サンマテオのDMVでは(笑)。仕方ないので、う◯ち娘を抱えたまま、待つこと20分。嫁の車が戻ってきたので、ドキドキして待っていたら、車から出てきたアジア系の教官のオッチャンがオジさんの方に控えめに親指を立てて「すごく良かったよ〜」と言ってくれました。サンキュー!サンキュー!無事に合格!これでDMVとはオサラバだ!

・嫁はドライビング試験の時「日本の免許もってるんだ。日本でも運転してたの?」「うん!(←したことないだろ)」、「もうこっちで一ヶ月以上運転してるなら、ハイウェイの走行とかも大丈夫だよね?」「うん!問題なし!(←いや、アメリカでは頑なにフリーウェイは勘弁してくださいと避けているだろう)」と、無邪気に振舞っていたそうです(笑)。ドライビング試験の後半は、「子供何人いるの〜?」「この車、いい車だよね〜」なんて世間話をしながらの楽しいドライブだったそうです。

・私のときは、途中で路駐してバックの試験とかそういうのは全くなく、オバちゃんと言葉少なにそこら辺をてろてろとドライブしただけでしたが、嫁の時は途中で路肩に停まって真っ直ぐバックする試験科目があったそうです。

・嫁の2回目の筆記試験の時、実はオジさんと家族も一緒に並んで、オジさんの免許証が一ヶ月しても郵送されてこない件に関して照会してもらったのですが、その時は受付までは一時間くらい行列に並んだのに、受付を終えた後は直ぐに呼ばれました。筆記試験用の受付用紙を記入する間もなく呼ばれました。たぶん6歳児と乳児を抱えていたので、受付のオバちゃんが気を遣って割り込ませてくれたのだと思います。ラッキー♪。ただ、どこのDMVでもこういう気遣いがあるとも思えないので、やっぱり並ぶ時は覚悟して臨んだほうが良いと思います。

さて後は嫁の免許が無事に郵送されて来るのを待つばかり。あと少しでようやく様々な手続きが完了して、生活基盤が安定する感じです。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2013.08.14    [ Category : 徒然/第二章 ]

Comment

(^=^)/

悪名高い米国DMVでのお勤めお疲れ様でした・・・
あそこってID 免許発行所なのに移民局みたいな客層状況になっているのって不思議です(笑)

それに試験管によって合否の判断がかなり変わるのも事実 僕の知り合いの中には敷地内に出る前に試験中止になった人います

ワキ家っていい家族ですね~一家総出で免許取りに行ったり一家そろってがっかりしたり喜んだり 温かな素敵なオーラバンバン出ています♪


2013.08.15 15:40 URL JPNSFO - 編集

JPNSFO さん

無事に家内も試験パスで、安心しました。子供の学校も始まるので、それまでにはなんとか本免許が欲しかったのですね。

えーっと、ワキ家ですが…、ダメ旦那は日本に居る時は仕事仕事で家庭を顧みず、米国に来てみたら釣り釣りで家庭を顧みず、嫁いわくほぼシングルマザーとのことです…。いやぁ面目ない…。


2013.08.16 14:16 URL ワキ - 編集

Commentの投稿















管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ