無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

モントレーへ! その2 いざ、モントレー

モントレーへ! その2 いざ、モントレー

さて朝食もガッツリと完食!し、お腹パンパンでさらに南へ南へと向かいます。
20130817_100.jpg
ギルロイを過ぎたところで、ハイウェイ101は一度、一般道のバイパスのような感じになり、その後山越えルートに入ります。山越えルートは途中工事中のエリアがあったりして、すこし渋滞しました。そして山を越えたアタリで、ハイウェイ156に乗り換えます。

156に入った辺りは、Castrovilleという町にになるのですが、ここは農業が盛んな町のようで、一面に畑が広がります。道路沿いに並んだ看板をチェックしてみたところ、どうやらアーティチョークが特産みたいですね。アーティチョークはまだ我が家では調理したことないよねぇ、あれってどうやって調理して食べるんだろうねぇなんて話をしながらブブーンとドライブ。現在何かの絶賛収穫シーズンなのか、沢山の人がせっせと畑で働いておりました。最初はベリーファームか何かで、ベリー摘みに観光客がたくさん来ているのかなぁと思っていたのですが、よくみてみるとプロっぽかったですね。親戚一同でせっせと収穫みたいな。

そして156から、ハイウェイ1に合流して少し南下すると海が見えてきます。ここで、うわー!海だぁ!と歓声を上げたいところではありますが、一面の靄…。
20130817_101.jpg
サンフランシスコ半島の太平洋側は、いつも霧がかかっていて肌寒いですが、ここモントレーまできてもそんな感じなのでしょうか…。

まぁ天気はパッとしないですが、無事にモントレーに到着。ホテルのチェックインには少し時間が早いので、街中のパーキングに車を停めて、プラプラします。
20130817_102.jpg
町並みはこんな感じのレトロな建物や看板が多くて、異国情緒な感じではあるのですが、いかんせん観光地。キャナリー・ロウという海岸沿いの観光通りは、絵に描いたような観光地でした。なんでコチラの観光地には、一般的なお土産屋さんに混じって、民芸品みたいな工芸作品や装飾品を売るお店とか、靴下屋があるのだろう…。謎だ…。

キャナリー・ロウは、英語で書くとCannery Row。訳してみると、缶詰通りとでもなりますか。昔は sardine canning factories イワシの缶詰工場が沢山ならんでいたそうです。
20130817_103.jpg
これもその缶詰工場の一つだった建物でしょうか。いまはカフェやレストランなどが入っている、観光者向け施設のようです。

そしてその缶詰通りの突き当りにあるのが、今回の目的地…。
20130817_104.jpg
Monterey Bay Aquarium モントレー・ベイ水族館です!ココ、昔から来てみたかったのですね。葛西の水族館が、この水族館と提携しているみたいで、モントレー・ベイのジャイアントケルプ(オオウキモ)&そこの魚たちという展示をやっていたのを想い出しました。(記事)

この6歳児の前の水槽がまさに、ジャイアント・ケルプ&モントレー湾の魚たちの水槽です。
20130817_105.jpg
ケルプバスやロックコッド、アイナメのようなケルプ・グリーンリングなど根魚たくさん。ストライパーやアメリカ西海岸に分布するホワイトシーバスなんてと〜っても釣ってみたい魚に混じって、キングサーモンなんかも泳いでいます。カリフォルニア、自然が凄いです。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.08.21    [ Category : 週末DRIVE/第二章 ]

Commentの投稿















管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ