無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

道と山とオジさん

道と山とオジさん

サンフランシスコの南の我が家のほうには、サンフランシスコ名物の急勾配な坂はあまりありません。街全体は綺麗に区画整理されたとても綺麗な街なのですが、サンフランシスコっぽさは皆無で、どちらかというとシリコンバレーのほうに近い感じの雰囲気です。とはいえ、南のパロアルトやマウンテンビューに行くと、やっぱりシリコンバレーは空の青さが違うよなぁといつも思いますが。

で、この一枚。これはサンフランシスコ市内の東のほうの住宅地の一角で撮った一コマなのですが、すーっと続く一本道です。信号もなくずーっと一本道。こういう風景をたまに見ると、異国情緒を感じて、あ〜そういえばオレ外国に居るんだなって思います。普段の通勤生活の風景には、もう完全に慣れてしまって、あまりそういうのを感じることが無いのですね。タウンハウスのペイントもラテンの南国系の明るいカラーで、カリフォルニア〜って感じ。
20130928_100.jpg
サンフランシスコは、一部細くてぐにゃぐにゃしたところもありますが、基本的には他の北米の近代都市同様に碁盤の目のように整然と区画整理された道が続きますよね。感心するのは、そこに山があっても、そのまま斜面に急な坂道を作ってでも碁盤の目をやり切るところが凄いなぁと。日本人だったら、山に急勾配の坂を作ってまで住もうとは思わないだろうし、何が何でも道を通す必要があったら、いっそトンネルにしちゃうと思います。

山と言えば更によく分からないのが、山の上にほどお金持ちが豪邸を構えたがるところとか、オジさんには理解しかねるメンタリティです。眺めが良いからとかの理由はあると思うのですが、単純に不便ですよね?それに地震が来ても困るし、山火事もあるし。サウサリートの山の上から箱根登山鉄道のスイッチバックのようにジグザグに急斜面を海岸に降りて行く時…、バーリンゲームやミルブレーの山の上からくねくねと急な坂道をダウンタウンに降りて行く時…、いつも豪邸と器用に坂道に駐車する高級車を眺めながら、こんな不便なところにわざわざ住んで、しかもこの勾配だと油断したら直ぐに下を擦っちゃうはずなのに高級車乗り回して…、なんで?なんでわざわざ?といつも思う小市民でございます。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2013.10.02    [ Category : 徒然/第二章 ]

Commentの投稿















管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ