無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

4th of July 日帰りドライブ 蒸気機関車に乗る

4th of July 日帰りドライブ 蒸気機関車に乗る

さて、田舎町のJamestownまではるばる2時間以上の道のりをやってきたのには、訳がありまして…
20140704_006.jpg
この町には、Railtown 1897 State Historic Park という機関車の博物館というか、機関車保存館のような施設があるのです。そしてそこではトレインライドが体験できるのです。

事前にWEBでチケットは購入しておきました。当日でも全然余裕はありましたが(笑)。購入したチケットは、12時発の機関車のチケットです。のんびり遅めの朝ごはんを食べていたら結構ギリギリに時間になってしまい慌てましたが、駐車場も空いていて、ちょうど良いくらいの時間に駅舎に到着しました。
20140704_007.jpg
やってきました!蒸気機関車。シュポシュポいってます。シュッポー、シュッポー。3歳くらいの時はあんなに機関車トーマスに夢中だった7歳児ですが、行きの車中で「ところで蒸気機関車って何?」とか寝ぼけたことを言ってましたね…。「トーマスだよ!トーマス!たくさん持っていただろうが。」と両親に突っ込まれた7歳児、「えー、じゃあ顔がついてるの!?」と、さらに寝ぼけたことを言ってましたが、実際に走る蒸気機関車の姿にはちょっと興奮した模様。

客車は、3車両くらいついており、3車両とも違う種類の車両でした。
20140704_008.jpg
われわれの座った天井の高い客車は、カナダナショナルで活躍していた車両とのことです。

機関車は最初は、客車の前に後ろ向きに連結され、まずはバックで折り返し地点まで進みます。車窓を流れるのは、ところどころに木の生えた、黄色い枯れた芝生の丘陵、そして牧場。それに岩山を削って線路を引いたようで、ところどころで岩の壁の中を線路は走っています。
20140704_009.jpg
途中、キツツキの住処と思われる木を通過。慌てて写真を撮ってみましたが、いちおうちゃんと撮れてるな。これは何ていうキツツキだろうか。

折り返し地点までくると、機関車は一旦連結を外し、今度は車両の反対側に周って、前向きに客車を引っ張って、駅まで戻ります。バックで引っ張っていた往路よりも、前向きで引っ張る復路のほうがスピードが出ていて気持ちよかったかも。しかし機関車ってなんだか良いですね。トルクフルというか、静かに進む電車よりも、躍動感みたいなものを感じます。汽笛の音でシム子は泣くんじゃないかと思っていたのですが、最初はびっくりしていましたが、最後まで泣かなかったですね。途中で飽きてちょっとぐずりそうになりましたが。

トレインライドが終わったら、今度はラウンドハウスの見学です。
20140704_010.jpg
ラウンドハウス見学は、薄暗いラウンドハウスが怖かったのかシム子は号泣で、嫁とシム子は早々に退散。オジさんと7歳児だけで巡りましたが、暑い。とにかく暑かったです。

ラウンドハウス見学ツアーでは、この写真のおじちゃんが色々と説明してくれました。まぁ半分くらいは聞きなれない単語で、よく分からなかったですが(苦笑)。
20140704_011.jpg
ラウンドハウスの中には、鍛冶工場なんかもあって、工具も全部機関車に合わせて手作りしていたそうです。しかし機関車って近くで見ると本当に迫力のサイズですね。蒸気機関車の歴史みたいなのも話していましたが、蒸気機関車は世界ではアメリカ、ヨーロッパそして日本でそれぞれ独自の進化を遂げたんだよね〜みたいに、話のなかに結構Japanという単語がでてきました。ちょっと誇らしいですね。

話を聞いていて思ったのですが、よくよく考えたら私、蒸気機関車の仕組みってきちんと理解してなかったです。7歳児と一緒に勉強しようかな。
20140704_012.jpg
こちらの機関車は2号機関車ですね。

我々の乗ったのはシエラ3号ですが、この機関車、100本を越える映画やTVちょっとシリーズに出演したスター列車なのです。1891年に完成したご長寿様のようですが、有名なところではバック・トゥ・ザ・フューチャー3でデロリアンを押していたのはこの機関車です。

私はその昔、西部劇にはまっていた時期があったのですが、この機関車、ゲイリー・クーパーの真昼の決闘(High Noon)や、TVシリーズ Lone Ranger。イーストウッド監督のUnforgivenなどにも出演している、まさに銀幕のスター 。いやぁちょっと感動。(web)

このトレインライドだけにくるには、ちょっぴり遠くて他に何も無い所なので、オススメ!とか強く言いにくいところもあるのですが、ヨセミテなんかに行く途中にちょっと寄っていくとかはアリかと思います。

Railtown 1897 State Historic Park (web)
PO Box 1250 / 18115 5th Avenue
Jamestown, CA 95327
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2014.07.09    [ Category : 週末DRIVE/第二章 ]

Comment

おそらく Acorn Woodpeckerかと。ドングリを自分の巣に貯めこむお茶目なヤツです。


2014.07.10 14:49 URL misty - 編集

misty さん

ドングリキツツキですね。そうかなぁとは思ったんです。
キツツキの巣があったようで、復路でも数匹飛んでいるのを見ました。


2014.07.11 13:53 URL ワキ - 編集

Commentの投稿















管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ