無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

釣行記録・ニューロッド投入

さて日曜日の朝は、お父さんにとっては週の中でも一番大切な時間。そう!釣り!この日は朝6時前にノソノソと起き出して、こっそりと家を出て東の方面へ。
20150517_101.jpg
やってきたのは、この春通っているカバー撃ちスポット。うーん、だがしかしコレをカバーと言ってもいいのだろうか…。一面のヒヤシンス。撃てそうな穴も見つかりません。万が一ここで釣れちゃっても、よほどの足元じゃないかぎりは捕れる気もしないのでパス。

この日は新兵器!というか、2週間前にネットで注文してFedExではるばるテキサス州からやってきた、新しい竿の初陣でもありました。
20150517_100.jpg
左側の竿です。今年修行中のカバー撃ちを極めるべく、カバー撃ち用に普段使っている竿よりもパワーのあるロッドを購入しました。

ただこの日は、生憎の曇り空な上に強風が吹き荒れており、風と水流が当たって魚が溜まっていそうなスポットは、上の写真のように大量のヒヤシンスが流れ着いて隙間もないくらい密集しており攻めにくい。他の場所は風でカバーが流されていて、点在する小さいカバーやウィードを撃っていくという作戦。

さらに困ったことに、この間に続いて、強風のために遠くまで出ることを諦めたのか、数隻のバスボートが陸っぱりエリアを流しているではないですか!くそぅ…。ボートもってるなら、陸っぱりアングラーが行けないようなところ攻めろよ。。
20150517_102.jpg
なかなか苦戦が予想される状況でしたが、初陣の竿でなんとか一匹目をゲット!37cmでした。カバーというより、足元の捨て石のエグレを丁寧に打っていったら、ガツンと出ました。よしよし。

その後、追加の35cm。
20150517_103.jpg
この35cmの後、かなりいい当たりで40cmオーバーがヒットしたのですが、なんと痛恨の藻化けでバラシ…。足場の悪いところでかけてしまって、体制を整えている間に、手前の濃いウィードカバーに潜り込まれ、ロッドパワーでなんとか浮かしたのですが、重厚な藻の絨毯の前に屈しました。。速攻で浮かせて強引にでも取り込まないとダメですね。まだまだカバー修行が足りません。

その後ちっこいバスが何匹かバイトしてきましたが、フッキングに至らずフッキングしたものの、かかりが浅くてバラしも多数。パワーのあるロッドにしたから、弾いてしまっているのか、それとも単に大物勝負でフックサイズやワームのサイズを大きくしているので、小さいのは乗りにくくなっているのか。まぁそれでも、このニューロッド、かなり気に入りました。感度がいいし、パワーもあるし、軽いし。
20150517_104.jpg
風もいよいよ強くなってきたので、そろそろ帰ろうかという最期に一匹追加して、この日は計3匹で納竿。風が強いというのもありましたが、寒い一日でした。数週間前までは、半袖でOKという気温だったのに、ここの所、冷え込んでますよね〜。

まだまだ修行、修行。
関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2015.05.22    [ Category : FISH/第二章 ]

Comment

おっとっと、ドンドンと深みにはまってますね!
楽しそうだなぁ♪
次はフロッグ逝っちゃいますか?(笑)


2015.05.22 13:51 URL lce2 - 編集

lce2 さん

やばいっす。カバー撃ちは性格に合っているのか、楽しくて。。

もっとウィードが水面一面に出てくる季節になったら、フロッグもいっちゃいそうです。


2015.05.22 14:04 URL ワキ - 編集

Commentの投稿















管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ