無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

2016年釣り修行目標

2015年は、50オーバー2匹、そして最後に60オーバー1匹と、過去最高のバス釣りシーズンだったと言っていいかと思います。

釣行回数も過去最高だったかも。ここカリフォルニアでも、陸っぱり道はなかなか厳しいモノがあり、そもそも釣り場開拓から始まり、ようやく開拓した釣り場も天気やライバルを始めとした状況次第では釣りにならないような事もあるわけですが、ここ2年間で数万キロを走り倒し、多くのポイント開拓の一人旅を行い、去年はシーズン通して修行場に通って季節ごとのパターンを実際に経験したりして、引き出しは確実に増えてきたかと。とはいえ、基本は単独釣行だし、バスに関しては師匠や先輩についた事もないので、未だに自分のやり方が正解なのかは分からない迷える中年アングラーな訳ですが。。

2015年は、自分の釣りのスタイルもかなり変わって、それまではスピニングフィネス主体でとにかくソコにいる魚を釣りに行く、ゲーリーヤマモト先生さえあれば釣りは成立する、ベイトタックルはスピナーベイトを投げるためだけにある!みたいな単純なスタイルだったのが、カバー撃ちに目覚めたり、クランクベイトやヴァイブレーションの釣りを覚え、スピニングタックルを持っていく回数が極端に減りました。

カバー撃ちを始めてから、ワームサイズもUPしました。夏の一時期は6インチに満たないワームは使ってなかったですね。長くて太いカットテールとフリックシェイクさえあればOK!みたいな。それまではフックサイズも1/0, 2/0しか持っていなかったのに、夏は基本4/0か5/0の太軸ばかりでした。

今まではロストが怖くて、投げることなんてほとんど無かったハードルアー達。秋に投げ倒して少しコツを掴んだ気がします。
20151231_007.jpg
陸っぱりの場合、適当に投げて巻き倒すでも釣れないことはないですが、クランクベイトやラパラなんかもワームの釣りと一緒で、基本は脚で稼いでココは絶対にいるな!っていうピンポイントにバシッと入れられれば、バシッと出ますね。シャロークランクで着水直後の巻き始めでボチョ!と出た時の爽快さったら無いですね。

釣行回数を重ねたことでキャストの精度がUPして、際どいところにも自信を持って入れられるようになったことも大きいですね。とか言いながら、調子にのって何個もロストしてますが(苦笑)
20151231_008.jpg
オンタリオ湖畔時代に、ブログを通じて知り合いになったNLWのニシネさんのビーツァ。当時カナダの西岸ブリティッシュコロンビアから、オンタリオ州への移住計画中だったニシネさんと、メールでオンタリオのローカル情報等のやり取りをする中で頂いた一品ですが、今までは無くしてしまうのが怖くて、ずーっとタックルケースにお守り代わりに入っている状態でした。去年、ハードルアーに自信がついた所で、いよいよ登板。バスやストライパーを何匹も連れて来てくれました。

でもやはり、年間を通して活躍したのは間違いなくラバージグやジカリグでした。
20151231_003.jpg
冬はじっくり底を舐め、春から夏はとにかくカバー撃ち。ハードルアーに目覚めてからは頻度は減りましたが、それでもカバーをみつければ隙間めがけてジグ投入!これらの釣りは自分の性分にもあっているのかもしれません。時間が立つのも忘れて水辺で一人、スローに誘っている事が多いです。

タックルセットも去年新調したセットで、今年もほぼ固定かな。釣り具は迷うといろいろ手を出してしまうので、自分の贔屓の釣り具メーカーを決めて、それしか買わない!という事にしています。

竿はキスラー。去年も数本買いました。注文詳細を何度かメールでやりとりしたりしていたのですが、ちょっとしたオンラインサイトのトラブルでの注文確認の時とか、総帥の Trey Kistler から直接「いつもありがとね!迷惑かけちゃったからTシャツも一緒に送っとくよ!」とかメールもらっちゃうと、なんだかますますロイヤリティが高まります。スピニングロッドはキスラーにはラインアップが少ないので、シマノやルーミス。日本では海専門でバス釣りはしてなかったので、日本のバスロッドを使ったことがなく、日本のメーカーのハイエンドロッドがどういうものか分からないんです。なので比較なども出来ないわけですが、個人的にはキスラーの Helium3 さえあればもう十分。Helium3 は、FastとExFastという先調子しかないのですが、ExFastで巻物もやっちゃいます。ただキスラーはモデルチェンジが激しいので、この先のラインアップがどうなるのか…。現行の Helium は、おそらく在庫がなくなり次第終了じゃないかなぁ。またアメリカのロッドは基本的には7フィート以上のラインアップ。長竿が多いんです。そこが少し問題ですね。
20151231_006.jpg
リールはDaiwaと、もう何年も使っているQuantum(記事)がまだ現役。シマノ派だったのが、海外に来てから何故かダイワ派に。メインのスピニングリールは日本で買って来たシマノですが、ベイトリールは気がついたらTatulaが4台…。通販危険。軽量スプールのリールがちょっと欲しいのですが、基本的にはロッドは2本しか釣り場に持って行かないので、そんなに竿やリールを揃えても仕方ないですね。

お気に入りのジグは、写真のOSPのゼロワンとOSPのドライブクロー。
20151231_001.jpg
どちらも日本に帰った時に購入してきたもの。自分のレコードフィッシュ上から二匹は、この組み合わせが連れて来てくれました。

個人的には、紫、赤、黒系が好きです。でも結局は、安定のグリパンやウォーターメロンが釣れてるかも。。
20151231_002.jpg
2月に釣った、58cm、6.3ポンド。ジグのズル引きとボトムパンピングのコンビネーション。

そしてクライマックスを飾った、62cm、7.95ポンド。髭面が汚い(嫁談)なので、顔には薄くモザイクを(笑)
20151231_000.jpg
ハーフオンスのゼロワンジグでボトムを誘っての一匹。トレーラーはこちらもドライブクロー。

ジグはやっぱり消耗も激しくて、上の2匹を連れて来てくれたジグは、すでにどこかの水中で根掛かりしております…。このジグ、そしてドライブクローはこちらでは手に入らないし、正直ジグの消耗はお財布にも優しくないので、今年は自分で巻こうかな…。

とりあえず今年の修行の目標をざっくりと…

 ・テキサスリグ。実はテキサスではほとんど釣った事がなく、すぐにセッティングが楽なラバージグやジカリグに行ってしまう…。基本と言われるテキサスをきちんと自分のモノにしたい。

 ・ラバージグ。障害物の交わし、合わせの質の向上、フットボールジグのマスター。後は…、やはり自分で巻くかも。ワキラバ(笑)。

 ・クランクベイト。秋の釣りで、巻きじゃないと釣れない日もある!というのが少し分かった気がするのです。今年も修行ですね。

 ・新規ポイント開拓。行くぞ!未踏のド田舎へ。

こんなところでしょうか。あとは息子にハードルアーでバスを捕らせたいかなぁ。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (4)   2016.01.07    [ Category : FISH/第二章 ]

Comment

ここはどーんとテンパウンダー♪


2016.01.08 15:17 URL lce2 - 編集

Ice2 さん

陸っぱりで10ポンドオーバー、夢ですねぇ


2016.01.09 02:31 URL ワキ - 編集

素晴らしいまとめですね。読んでるほうがぐいぐいと引き込まれていきました。

やはり、色々と考えたり試行錯誤をした上で結果がともなってくるとうれしいものですね。

ワキさんに刺激されて、というわけではないのですが、こちらも昨年の振り返りを上げてみました。


2016.01.10 14:16 URL misty - 編集

misty さん

いや、書いてたら長くなっちゃって…。家族ログみたいな日記ブログであって、バス釣りブログでもないのに(苦笑)

今年は基本のテキサスリグをマスターしたいです。


2016.01.11 12:44 URL ワキ - 編集

Commentの投稿















管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ