無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

釣行記録・小さなバディ現る

さて、土曜日は朝練に南のリザーバー群に向かいました。東の修行場に行きたかったのですが、前日の天気が南のほうが安定しており、状況が良かろうということで南へ。
20160203_000.jpg
この日は、今年の重点目標である、テキサスリグとダウンショットの組み合わせ。

まず最初はテキサスですら根掛かり頻発の大岩ゴロゴロ地帯を、軽めのシンカー設定のダウンショットでネチネチと探っていきます。なかなか当たりがないですが、まぁ冬の釣りなんでそんなモノ。とにかくネチネチやっていると、何かが軽くワームを咥えました!これは…、と送り込んだ所で、離しやがった…。。くそぅ…。

でも何かいることは分かったので、そこでとにかく粘りモードに入ります。すると10分くらい粘った所で、また魚信が!今回は糸ふけとったら即合わせをくれると、乗ってきたのは30cm無いくらいのカワイイサイズ。
20160203_001.jpg
やっほぅ。これでボウズは無くなったぜ!

一匹釣れたので、もう少し根掛かりに優しいゴロタ帯に移って、テキサス修行に入ります。先週のうちに通販でゲットしておいたストレートシャンクのフックに3/16のシンカー、最近マイブームのケイテックのクレイジーフラッパー。

ずる引きしつつ、岩にあたったらほぐして乗り越え、ほぐして乗り越え…。たまにはボトムパンピングで誘ったり…、とやっているとカツン…と当たりが!

送り込んでからフンガッ!と合わせると、グイングインと良い感じの引き。上がってきたのは先程よりも良型。
20160203_002.jpg
よっしゃぁ!テキサスで捕ったぜ!

まぁまだ一匹しか捕ってないので、テキサスリグのなんたるかが分かった訳ではないのですが、とりあえずジグと同じ誘いで釣れるということは分かったし、何よりも釣れるんだ!って信じて引き倒すことが出来るようになったのはデカイです。

ここですでに3時間くらい経過。ようも飽きずに秒速数センチでワームを引き倒せるもんだな、オレ…、って自分でも思いますが、この日は家族が9歳児のお友達の誕生会に出掛けていて、なんと!一日中釣りしても良い令が出ていたのです!なので、ちょうど時刻は昼を回ったところですが、あと3時間くらいやるのです!やっほぅ。

と、ここで向こうからなにやら小柄な少年がやってきました。「釣れた?」と言うので「デカイのはまだだけど、2匹釣れたよ」なんて立ち話。隣でやっていい?と言うので、どうぞどうぞと。
20160203_005.jpg
なんでもミドルスクールに通う地元の中学生J君。遠くの丘の上に、キャンプチェアで読書しているのが、お母さんかな。いつもは家の近所の違うリザーバーに出撃しているそうですが、今回はじめてココに来てみたとのこと。相当の釣りキチ少年みたいで、タックルの事とか凄く詳しくて、いろいろ質問攻めに合いました。「日本から来たんだよね」、って言うと、「琵琶湖言ったことある?世界記録のバス出たんだよね?」とか。なんでも来年からハイスクールなので、ハイスクールに通うようになったらハイスクールの釣りトーナメントに出るんだ!って。良いなぁ、若者。

で、しばらく一緒に釣っていたのですが、ここでまたテキサスにヒット!
20160203_003.jpg
今度は1.5パウンド。なかなかのサイズ。ちょっと離れたところでお気に入りというジャークベイトを投げていたJ君、「釣れたの!釣れたの!」と走ってきて、「持たせて!持たせて!」と(笑)。分かる、オジさんもそういう少年だった!J君に写真を撮ってもらってリリース。

午後は風が出てきてなかなか釣りづらかったのですが、とにかく午後まで釣りができるなんてチャンスはなかなか無いので、J君と釣り談義しながら、テキサスを引き倒します。

J君、毎週釣りしてるというだけあって、なかなか上手いのですが、やっぱり少年なので、辛抱が必要な冬の釣りはなかなか難しい感じ。今日は魚は浮いてないから、じっくり底をステイ長めで誘ったほうが良いよと言っても、どうしても大袈裟なアクションを付けてしまう。分かる、その気持ちは分かる。

すると1時間後くらいでしょうか、また大人のいやらしい攻めをしていたオジさんの竿に、コツンと当たりが。これはショートバイトで、合わせる前に放されてしまったのですが、「いまバイトあったよ!」とJ君に言うと、「まじで!」と走ってやってきて、仲良く隣同士でそのスポットを攻めます。

ここでJ君に釣らせてあげたかったのですが、またしてもコチラの竿にヒット!
20160203_004.jpg
今日イチのサイズ、2パウンドオーバーでした。「すげぇ!テンションあがる!取り込むよ!」と、J君がハンドランディングしてくれました。「ここ釣れるんだ〜!やばい、めっちゃやる気でる〜」と盛り上がるJ君。

3時もまわったので、オジさんはここで終了。この日のヒットワームを少しJ君にお裾分けして帰宅しました。

J君、あの後釣れたかなぁ。


関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2016.02.04    [ Category : FISH/第二章 ]

Commentの投稿















管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ