無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

シム子ちゃん入院記録

このブログの実態は家族ログなので、シム子ちゃん入院の記録を簡単に残しておきます。

・木曜日
 発熱、近所の医者に行って熱覚ましを処方してもらう

・金曜日
 熱は収まらず。薬は苦いので飲みたくないと大暴れ。
 おとなしく、マットの上で横になりテレビを見ていた
 熱は順調に上がるが、薬は断固拒否。
 とつぜんひきつけ起こして、救急搬送
20170728_000.jpg
 意識朦朧で反応もなかったのだけど、病院で点滴うってもらったら意識戻る
 入院。嫁は付き添いで、病院泊。

・土曜日
 朝になっても熱下がらず。40℃。
 入院期間は最大一週間とのこと。
 長期戦の予感。嫁に指示された入院支度用具を持って病院へ。
 小児病連は感染症予防のため、15歳以下は入れないので10歳児は外でゲームやったり本読んだりしてぼけーっと待機
 午後は少し熱も下がってきたけど、まだぐったり。食欲なし。
 長期戦になりそうなので、夜、10歳児を市川の嫁の実家に送っていく
 嫁は、連泊

・日曜日
 熱は下がったり上がったり。食欲は少し戻って、朝ごはんにジャムパンを食べる。
 朝イチで、お父さん病院へ。嫁とバトンタッチ。
 お昼ごはんは食べなかったけど、おやつは少し食べた。
 夕方、嫁とまたバトンタッチ。ママっ子のシム子ちゃんなので、夜の付き添いは嫁じゃないと勤まらないのです…
 夜、点滴外れる

・月曜日
 まだ熱は下がったり上がったり。朝は39℃前後も、昼には39.6℃まで上がる。
 食欲は徐々に快復。
20170728_001.jpg
 10歳児、市川のお爺ちゃん家から戻る。
 夜、抗生物質を処方される。飲みたくないと大暴れしたとのこと。

・火曜日
 朝になって、耳が痛いと言い出したシム子ちゃん。
 ……中耳炎を発症…。。今日明日の退院は無しかぁと諦める。
 まだピークで39℃前後の熱。
 お父さん、在宅勤務で10歳児の面倒をみる。(夏休み前なので、学校半日)。
 夜、夕飯を持って病院へ。シム子ちゃんはちょっと痩せてきちゃっているし、嫁も連泊で疲れている。

・水曜日
 朝、10歳児を学校へ。お昼に嫁のお母さんがヘルプに来てくれたので、10歳児のお昼ごはんはお母さんにお願いして、お父さんは病院へ。
 シム子ちゃん、ようやく熱が下がりはじめる。トイレも自分で歩いて行くくらいに復活。
 まだ38℃弱の熱が継続も、明日の朝下がっていれば退院できそうとの診断。

・木曜日
 この日は、朝イチで千葉からお父さんの両親がヘルプに到着。
 10歳児は終業式。明日から夏休みで夏期講習も始まるので、なんとしてもシム子ちゃんと嫁には、この日には戻ってきてほしいところ。。
 朝の診察での診断結果は…
  熱も下がったので退院許可!
 午後イチで会社をあがって病院へ迎えに。無事に退院。
 6泊7日の長期戦でしたが、ここで終了です。嫁も毎晩病室の簡易ベッドで頑張りました。

・金曜日
 シムコちゃん、すっかり元気に。


退院してから一週間、いまではすっかり元気でサマースクールに行っております。嫁が付き添いでいない間、10歳児の面倒みていたのですが、なんか凄く大変でした。。言う事聞かないし、学校に持っていく荷物の準備とか大変だし。。。あとゴミ出しとか洗濯とか、家事系もややこしかったです。洗濯機、どのボタン押したら良いか分かんないし(苦笑)

シム子ちゃんが元気で帰ってきて、我が家も平常運転に戻ってよかった、よかった。

関連記事

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2017.07.29    [ Category : 徒然/第二・五章 ]

Commentの投稿















管理者にだけ表示を許可する

Template Designed By
ぐらいんだぁ