無料レンタル
Profile

ワキ

Author:ワキ
ビールと釣りが好きな二児の父

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Category

Monthly Archive

The latest articles

The latest comments

Search

Link

ブロとも一覧

サテュロスと踊る ~diner de saturo~

RSS Link

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

External links
blog mura

帰国メモその3、スリフトショップ編

アメリカから日本への帰国を決断する前からの話ではあるのですが、嫁が突如として「あ~ん、このパイレックス可愛い〜♪」「ちょっと!これロンガバーガーよ!」なんて、スリフトショップやアンティークフェアでのでの掘り出し物にはまってしまい、さらにカリフォルニアを毎週のようにストームが襲い、渇水で喘いでいたはずのダムは決壊、水はダダ濁りで釣りにならず…、ということで、週末はスリフトショップをパトロールすることが多くなっていたワキ家。年末には、日本帰国を決めたので、不用品の処分も兼ねて、毎週のように近所のスリフトショップをパトロールしておりました。

スリフトショップの王道といえば、やはり Goodwill。あとは Saver's でしょうか。
20170326_007.jpg
カナダから日本に帰国する際にも、Goodwill にはお世話になりました。フォスターシティの近くだと、サンマテオの25th、あとはブロードウェイとメンロパークにあります。Goodwill は店舗によって雰囲気が全く違います。先に挙げた中だと、やはりシリコンバレーの北端にあるメンロパークのGoodwillと、サンマテオのGoodwillを比べると、メンロパークのGoodwillのほうが店舗も小さくて置いてある商品や店構えが、snobというかまぁそんな感じかなぁ(笑)。あとパロアルトやマウンテンビューのは、Goodwill of Silicon Valley という、またちょと別の組織になるみたいです。ここはおそらくベビー用品とか以外は引き受けてくれると思うのですが、我が家の引っ越しのシーズンはストレージが一杯で、家具は受け付けてくれませんでした。繁忙期には小型家具もNGのようです。また、店舗や受付の兄ちゃんの機嫌にも左右されますが。おそらく大型家具の持ち込みは厳しいです。

Goodwill 以外のスリフトとなると、サンマテオのカルトレインの駅前にあるのが、こちら。
20170326_004.jpg
Society of St. Vincent de Paul という組織のショップ。

こちらは、電化製品は受けつておりませんので注意です。ただ、家具類は引き取ってもらえるみたいです。それほど大きいお店ではないので、サイズやその時のストレージの空き具合には拠ると思いますが、我が家もベッドサイドテーブルをドネーションしました。
20170326_005.jpg
引き取ってもらって数分後には、値札がついてもう売られておりました。写真奥の、ランプのついたベッドサイドテーブルです。トロントに住んでいた時に買った思い出深い一品なのですが、今回処分することにしました。

こちらは The Salvation Army 。
20170326_001.jpg
Foster city から一番近いのは、Redwood cityの店舗。あとは San Bruno。ここにはダイニングセットを持ち込んでみましたが、椅子はOKだけど、大きいダイニングテーブルは無理と、引き取ってもらえませんでした。どちらの店舗も大きいのですが、サンブルーノの店舗にはカウチなども沢山置いてあったので、状態が良ければ引き取ってもらえると思います。ただし!やっぱりアメリカで、この店舗にも2回言ったのですが、出てきたお兄ちゃんの対応が全く違うものでしたね。とにかくハズレの担当に当たったら、アウトです。Redwood city の兄ちゃんはナイスガイだったのですが、サンブルーノのほうは、かなりひどかったですね。もうねぇ、全くやる気もなければホスピタリティの欠片も無い兄ちゃんが出てきたら、「お前にドネーションしとるんじゃないわい!ボケ!」と、気分が悪くなる前に帰るのが正解ですね。この見分け方は、ドネーションセンターの前に車を止めた時に、「ハーイ!調子はどうだい?」ってすぐに出てくる兄ちゃんやオッチャンは大正解。ドネーショントラックの荷台に座ったままボケーっとしてるバカとか、倉庫入り口のパイプ椅子に座ったままのボンクラだったら、そのまま素通りしたほうが良いです。

対応にムラのあるスリフトショップですが、結構良かったのがコチラ。St vincent de paul 。エルカミーノ沿い、レッドウッドシティにあります。
20170326_002.jpg
ここには家具を持ち込んだのですが、ダイニングセットの場合、フルセットじゃないとダメだそうです。あとは倉庫が一杯だと、「ごめんねぇ」と引き受けてもらえません。ただ、ここはとても気分の良い対応をしてくれます。

ここには、分解してまで日本に持って帰るほどでもないなぁ…という、テレビボードを持ち込んでみたのですが、
20170326_003.jpg
持ち込んだ次の瞬間には $160- で売り出されていてビックリ(笑)。アメリカに来て最初の頃に ワールドマーケットで買って、自分たちで組み立てたやつで、確かに $160- 以上は余裕でしましたが、$60- とかで売るのかなぁと思っていたら、まさかの 160ドル。レシートもらっておけば良かったわ。

その他にも、色々と回りました。サンマテオブリッジを渡ってヘイワードまで行くと、かな〜りディープなスリフトショップがあります。そこにはストローラーなども置いてあったので、余り引受けてくれることのないベビーグッズなんかも、そこまで行けば引受けてくれそうです。また、ダイニングセットは最後まで引受け手が見つからず、引っ越し屋さん(日通さん)に処分してもらおうかとも思っていたのですが、最後の最後にサンカルロスの Home Consignment Center という所に持っていったら、引受けてくれました。ただし、ここは状態がかなり良い物で無いと引き受けてくれません。

ということでスリフト情報でしたが、注意してほしいことは以下です。
 ・これは寄付であって、不用品処理ではないです。ということで、持ちこむ前には、次に使ってくれる人のために、結構な労力をかけてクリーニングしています
 ・引受けてもらえるかは、その日実際に持っていくまで分かりません
 ・我が家は使いませんでしたが、St vincent de paul などは、トラックで引き取りに来てくれるサービスもあります

マテオ近辺のスリフトショップ編でした〜。

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2017.03.30    [ Category : 帰国準備編 ]

帰国メモその2、不用品の処分、ドネーション編

前回はゴミの処分の記事でしたが、不用品処理の代表的な手段としては、thrift shop、thrift store と呼ばれるショップ・団体に寄付(donation)するというものがあります。
20170326_007.jpg
北米では、Goodwill や Savers などが有名所でしょうか。不要となったけど、まだまだ使える状態にあるものを寄付すると、そこで補修したりクリーニングしたりした上で、格安で販売。Goodwillなどを運営しているのは障害のある人や公的サポートの必要な人々の就業等を支援するNPO団体で、収益はそういった社会福祉などに回されるようです。寄付品を持ち込むと、レシートを発行してくれます(我が家はいつも要らないと言って、もらったことはないのですが)。寄付のレシートなので、確定申告の時に寄付金控除に使えますね。

我が家では、もう帰国するよ!っていう段階になって、いきなり嫁がアンティーク集めに目覚めたことで、スリフトパトロール(※スリフトショップを巡って掘り出し物を探すこと。駐妻にはスリフトパトローラーが多いらしい…)に出撃する機会が増えたので、毎日のように、少しづつ不用品を持ち込みながら、良い状態の食器(Pyrex)探しという、一石二鳥?な感じでした。
20170326_006.jpg
こうやって、食器棚とかガレージを整理するたびに少しづつモノを処分して…

20170326_009.jpg
運良く、こういうの見つけちゃうと「ラッキー!」って買っちゃうもんだから、帰国準備でモノを減らそうとしているのに、モノ減らないし(苦笑)

いやぁ、ブロードウェイ、サンマテオ、メンロパーク、パロアルト、マウンテンビュー、サニーベール、サンノゼ、ヘイワード、リバモア…、色んな街のGoodwillに行きましたね(笑)
20170326_008.jpg
置いてあるものは洋服や本なんかが多いですが、あまり買う気になるものは無いです。電気製品や家具なんかは、ガラクタにしか見えないものも多いですが、需要はあるのかなぁ。

アメリカ生活終盤は、ストーム続きで全然釣りに行けなかったので、代わりにスリフトショップには滅茶苦茶行きましたね。ということで、次回もスリフトショップ編の予定です。


↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (0)   2017.03.26    [ Category : 帰国準備編 ]

帰国メモその1、大量ゴミ捨て編

帰国から数週間が経ちましたが、帰国時のメモを残しておこうと思います。まず第一弾は、不用品の処分です。

海外引越しの場合、引越し屋さんが不用品を引き取ってくれるケースが多いと思いますが、引っ越し準備に入った段階で、ある程度は家やガレージの中は綺麗にしておきたいですよね。

ということで…
20170319_000.jpg
ミニバンに大量のゴミを積み込んで、向かった先は…

こちら。リコロジーの処理場です。
20170319_001.jpg
サンカルロスにある Shoreway Environmental Center。101を南に行って、オラクルの本社ビルとアビエーションミュージアムの中間くらいにあります。

業者さんなんかもゴミを捨てに来るので、結構混み合います。車で行列に並んで待っていると、いずれ入り口にたどり着くので、そこで「ゴミ捨てに来た」というと、簡単に捨てるゴミの種類と量をチェックされ、お値段を言われるので支払います。去年までは $38.00- per cubic yard だったのですが、2017年から $41.00- per cubic yardに値上げされました。
20170319_003.jpg
料金表はこちら(link)。その気になればソファや冷蔵庫なんかも捨てられるみたいです。

支払う時に、「どっから来たの?」と聞かれますが、この施設は以下の地域の住人にしかサービスを提供しないみたいです。Atherton, Belmont, Burlingame, East Palo Alto, Foster City, Hillsborough, Menlo Park, Redwood City, San Carlos, San Mateo, the County of San Mateo and the West Bay Sanitary District。

支払いを済ませたら、レシートを持って、ゴミ捨てスポットへ。
20170319_004.jpg
ここで車に積み込んだゴミを、ぽんぽんと放り投げて捨てていきます。あたりに充満するゴミの臭い。そこを超巨大ブルドーザーが、ゴミの山を綺麗に掃除していく様は圧巻です。

こちらの施設には、リサイクルゴミを捨てるスポットもあります。こちらは無料。
20170319_002.jpg
ダンボールやテレビなどの家電は、こちらで捨てられます。ただし、薬類はこの施設では扱っていないので注意です。サンマテオのWholeFoodsの向かいにある、サンマテオの警察署に捨てる場所があります。FosterCityの警察署には無いので注意です。

お金を払わないといけないのですが、こういう施設があるって、日本に比べるとゴミの処分は楽チンでいいですね。

Shoreway Environmental Center (web)
333 Shoreway Road, San Carlos, CA 94070
(650) 802-8355

↓ にほんブログ村のランキングに果敢に挑戦中!クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ サンフランシスコ・ベイエリア情報へ

Trackback (0)   Comment (2)   2017.03.25    [ Category : 帰国準備編 ]
Template Designed By
ぐらいんだぁ